« USGAゴルフルールの変更 | トップページ | CIMBクラシック(マレーシア)3日目 »

新コース挑戦

大仰なタイトルですが、近年新しいコースに行ってみることがほとんどなく、旅行した時に普段行く機会がない地域のコースを回るぐらい。

来月、州外から知り合いが来るというので、遠いと思い込んで行こうと考えたこともなかったコースも範疇に入れて捜すうち、(高速が混んでいなければ)存外遠くないことに気がついた。

*

毎日まだまだ暑い中、朝から曇天、気温が上らなかったので先日下調べに行ったコースを回ってきました。

こんなことはめったにないらしいが、わたしがコースに着いた時間、予約されたティータイムはぽっかり空いていて、すぐ出られるという。初めて回るので、誰か2サムか3サムの組にくっつけてくれと頼んだのだけど、その後も4サム、その次も4サムというので、仕方なく一人でティーオフ(笑)。

*

1sthole

1番338Y(一番前の赤ティーから)、ホール平坦、グリーンは上っている。まともなスイングが出来てないが、高速飛ばして着いてすぐコースではこんな風だ。coldsweats01 △印ショットが3回でオン。レビューを読んで知っていたが、まだ砂撒きの砂が残っているグリーン。砂撒きとはいえ、下りなので警戒してパットしたらやっぱりそこそこ転がった。ボギー。

2番284Y。乗用カートを降りると、若い男性がゴルフバッグを持って大急ぎで歩いてくる。彼は1番を飛ばしてわたしと合流する気だと分かった。むちゃくちゃよく喋る、陽気な人だった。サンフランシスコから出張で来たが、延々と続くミーティングが退屈だから、理由を作ってちょっと抜けてゴルフしに来たそうだ。smile 

これこそアメリカのパブリックコースの良さではないか!

2ndhole_doglegright

ただでもあたふたとしたゴルフなのに、彼にカートを同乗させ、さらにあたふたとティーショットを打ち、少し右曲がりホールなので、ファアウェイ左寄り狙ったら右端へ行ってしまった。彼は左ツリーライン。わたし、何とか3オンしてボギー。

3番左ドッグレッグパー5、457Y。4打目55Yをピン上に打ちワンパットパーnote

*

4thholegreen

↑4番右ドッグレッグ344Y。ティーショット、セカンドのミスがひびいて3打目9Wでも乗らず、ダブルボギー。bearing このコース、何も難しいところがないように見えて、グリーンがタックしているから自分の飛距離のアングルに打てないとスコアに出来ない。

5thhole_doglegleft

↑5番左ドッグレッグ351Y。1W△、5W×、SW〇(長いものががこれほど当たらないと苦しい)、ボギー。

6thhole_par5

6番パー5、497Y。1W◎、3W△、3W△。

6thhole_green

↑同6番グリーン。4打目121Yだったが、アゲンストの風が強く7W、それでもショート。coldsweats02 SWでチップしてボギー。

7番右ドッグレッグ、334Y。フェアウェイ右が池。まったく当たらない。ボギー。

*

8thhole

↑8番左曲がり、357Y、右側池。1W〇、2打目3打目ミスしたと思われる。ダブルボギーbearing 左奥にグリーン。

8thhole_rightside_ngc

同ホール、右側に見えるコースサインの植木。さて、ここはどこでしょう?(わかるわけないcoldsweats01

9thhole_par3

9番122Y。赤ティーからプレーしてハッピーな瞬間。しかーし、左斜め前からアゲンストの風。ピンフロントでGPSでは111Yとあったような、それで6番アイアン打ったら全然足りず。パー。よく見たら、ものすごく横長のグリーンで、真ん中や右寄りにピンがあったら、難度が上がるでしょうね。

<フロント9総括coldsweats01

赤ティーから3084Y、男女ともパー37。スコア46。

これまたレビューを読んで予備知識があったが、フロント9のほとんどのホールは海に向っており、重いアゲンストの風が吹く。途中帽子がかぶれないほどの風の時もあり、天候としては涼しくて楽ちん。フェアウェイは状態が悪いところが多く、しばしばボールに泥がつくうえ、芝がまばらでフェアウェイウッドを打つのが非常に難しかった。

砂撒きでもグリーンは転がり、上りパットもぎょっとするほどオーバーする。普段の状態になったらどれだけ速いかと思う。

(ちなみに、おもしろい同伴男性は途中で帰りました。「ミーティングでどやされたくないから。」と。"Let me hug"と別れ際にわたしに言ってハグし、故郷の母親を思い出したのだろうかとおかしかった。)

*

ではバック9。幾つかのホールは横風、13番パー5が海に向うアゲンスト、数ホールはフォローの風。

10番左ドッグレッグ346Y。1W△、3W〇(右ラフへ)、残り98Yで9W◎。ラフは深くないが草の種類はタフ。場所により草が違う。ボギー。

11thhole_par3

11番パー3。スコアカードには135Yとあるがピンは左の奥の奥、156Y+上り。1W、相変わらず飛ばず左フロントエッジで止ってしまう。ここの砂撒きグリーンはパットでボールは転がっても、ショットでは転がらないので思い切って大きくSWを打った。ピン下50cm、パー。

12thhole_shortpar4

↑12番グリーン手前から直角左折れ、280Y。フェアウェイ茶色で草ぽやぽや。ティーショットも飛ばないうえ、フェアウェイウッドも球が上がるかわかったもんじゃない。当然大きく池を避け、右にレイアップ。9W◎、52度のアプローチが遠く、ボギー。(2打目レイアップしたボール)

フロント9は風が吹き、大して太陽が出ないせいもあって涼しかったが、バック9に入り、だんだん蒸し暑く、疲れが出てきた。前がフォーサムでわたしは一人だから、毎ティー、毎ショット待つせいもあるだろう。

それは仕方がないのに、途中、スナックショップで前の男性が謝るように、「今日は君には疲れる1日になったね。僕等もフォーサム、その前のフォーサムとみんな一緒だから、悪いね。」と言った。実にナイスな人ではないか。lovely

*

13thhole_par5green

13番パー5、448Y。1W△、3W×、3W△。このホール、あちこちに池があり、どうも怪しいなと思って、3打目を打つ前に乗用カートでダダダダと行って、グリーン手前を確認。やっぱりクリークが横断していた。4打目9W◎、ピンハイ右。ボギー。

デジカメにバッテリー切れのランプが度々つき、写真はこれ以降なし。

14番パー4、400Y。400ヤードってそんな無茶な。1W〇、3W〇、6番アイアン×weep、SWでピンに20cmにチップ。ふん。ボギー。

15番パー3、111Y。グリーン上り、ピン奥左、9W◎。パー。

16番、17番、18番は海に背を向けてクラブハウスのほうの戻っていくホールで、曇りながら遠景の山々が見えた。晴れていたらどんなに綺麗だろうと思った。

16番377Y、1W〇、3W〇、もうどう気力をふりしぼってもスイングする力がなかった。そこそこの当り2回でも、奥ピンに残り135Yもあった。上りなので、思い切って3Wを使った。2パットボギー。パー4の3打目、パー5の4打目でフェアウェイウッドはきつい!

17番パー3。スコアカードには赤からでも198Yとあってぞっとしたが、行ってみるともっと前にティーグラウンドはあり、フロントピンへ147Y。3W×でボギー。

18番478Y、青から565Y。最終ホールはすごく長いとは聞いていたが、クラブが振れず、もう完全な手打ち、ショットは左に右にばらけ、案の定ダブルボギーにしてしまった。

<バック9総括happy01

赤から2763Y(訂正)、パー数男女とも35、スコア43。トータル89(パット31)

スコアカードを見て、フロント9は3084Y、バック9は2763Yでちと短いと思っていたのだけど、パー数が37と35と2打も違うから、ホール自体のプレー距離は同じだと思う。

グリーンは見た目、ものすごくうねっていたり、2段グリーンだったりするが、大して曲がらない。普段の速さになったらもっと曲がるかも知れないが。短いパットは上りも下りも、ほとんどがまっすぐで、カップインサイドで打てば入る。

青から6780Y、男性コースレート72.6/スロープ120

白から6463Y、男性コースレート71.1/スロープ125

赤から5847Y、女性コースレート74.5/スロープ131

*               *

PGAのCIMBクラシック、松山英樹は7アンダーと良いゴルフをしています。DVRをセットするのを忘れ、途中から録画したので最後の3つのバーディしか見ていない。2日目以降が楽しみです。石川遼も3アンダー。

リーダーボード

*


にほんブログ村

*

« USGAゴルフルールの変更 | トップページ | CIMBクラシック(マレーシア)3日目 »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USGAゴルフルールの変更 | トップページ | CIMBクラシック(マレーシア)3日目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ