« アメリカカレッジゴルフのアンフェアさ | トップページ | 近年のベストスコアか・・・ »

映画"Martian"

 

実はここ1ヶ月余で4本映画を見た。同じ映画を2回見たのもあるから5回映画館に足を運んだことになる。多い年でも年間7、8本しか見ないのに、なぜそんなに頻繁に行ったかというと、暑さが続いたから。(笑)

何度も書いたが、わたしは暑さに弱くて、しかもすぐに脱水症になるので、暑い間は外に出ない。暑さはこれでもかというほど続き(まだ続いている)、まあ時間つぶしです。happy01

子供達の学校が始まると、平日の映画館はすいている。今日見てきた映画は、"Martian"(火星人)

テレビの宣伝スポットを見てもおもしろそうだったし、主役はマット・デーモン。彼が主演の映画で下らない映画や、不出来の映画があったろうか?彼はそういう意味で、前の世代のアル・パチーノみたいなものですね。この人が出ているから見に行くと言える俳優はそうそういない。

アカデミー賞候補かと今から言われるぐらいだから、世界同時オープンかと思ったが、日本公開は来年の2月公開だそうだ。(YahooJapanによる)wobbly

邦題が"オデッセイ"

だぁああああああ。shock

(わたしの小型辞書では「長期の冒険旅行」と訳していたbearing

むむむむむ。

*

映画というのは大して紹介も書けないものだが、オープンしたばかりの映画を見てきて、「あんまりおもしろくなかった」、「映画料金払って見るほどじゃなかった」、「見てがっかりした」などとネットに書いたり、人にこぼしたりする人はどんなインテリジェントレベルとモラルを持っているのかと思う。

映画や芝居、ミュージカルなどは人の嗜好があるから、あなたに理解不能、おもしろくなくとも、ほかの人は違う感想を持つかも知れないのだ。

と、前置きが長くなったが、わたしは大いに楽しめたので書いておきます。

*

Martian_mattdamon1

映画は、人類は火星まで行ける時代になっていた。火星探測の旅に出たアメリカの宇宙飛行士達、着地して土などのサンプルを採集しているうち、大きな砂嵐に見舞われた。事故でそのうちの一人マーク・ワトニー(マット・デーモン)は死亡したとみなされて、宇宙船は彼をおいて飛び立つ。

Martian_mattdamon2

火星に取り残されたワトニーの長い孤独なサバイバルの日々が始まる。以下、見てのお楽しみ。

*

Martian_ridleyscottmattdamon_2

監督はリドリー・スコット。失礼ながら、もう監督出来る年とは思っていなかった。来月に78歳になる。(画像は試写会でマット・デーモンと)

一躍有名になったのが、1979年の"エイリアン"(1作目のみ監督)。怖かったー。

日本でも撮影したのが、1989年の"ブラック・レイン"(マイケル・ダグラス、アンディー・ガルシア)。2000年の"グラディエイター"、2001年の"ハンニバル"、2007年"アメリカン・ギャングスター"、2008年"ボディー・オブ・ライズ"(レオナルド・デ・カプリオ主演、興行的には不成功だったがわたしは好きだった。椅子から飛び上がる怖さ。)

まだ撮り続けているようで、来年早々クランクインの映画もある。素晴らしい意欲。

*

ということで、ゴルフは日本女子オープンが見たいものですが、それもかなわず。3日目終わってアンダーパーが5人のみ。なかなかコース設定もいいと思われる。さて明日は誰が出てくるか。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« アメリカカレッジゴルフのアンフェアさ | トップページ | 近年のベストスコアか・・・ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカカレッジゴルフのアンフェアさ | トップページ | 近年のベストスコアか・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ