« 別世界のゴルフ | トップページ | やっと18ホール回ってきたーーー! »

ジェイソン・デイ強し!プレーオフ第1戦バークレーズ優勝

ゴルフの流れは時に激流になるものだと感じる。去年12月のヒーロー・ワールドチャレンジ(タイガー主催、18人のフィールド)での優勝は今年活躍の予兆と信じていたが、今年はジョーダン・スピース一色だった。

トッププレーヤー達はメジャーに合わせ自分のゴルフをピークに持ってくる、とは昔から言われることだが、スピースは3月半ばバルスパー・チャンピョンシップで優勝、下旬バレルロー・テキサスオープンで2位、シェル・ヒューストンで2位、4月半ばマスターズで優勝。

6月上旬メモリアル・トーナメントで3位タイ、2週間後の全米オープンで優勝。7月半ばのジョン・ディア・クラシックでも優勝。1週間後の全英オープンで4位タイ。

8月に入り、上旬のWGCブリジストンで10位タイ。そうして先々週のPGAチャンピョンシップで2位。今シーズン既に23試合出場(今週含む)、勝率17%、獲得賞金$10.3ミリオン。怒涛のゴルフですね。smile

*

プレーヤーズチャンピョンシップとメモリアル・トーナメントで予選落ちした以外(これも腰痛やめまいからの不調と思われる)、年を通して良いプレーをしていたジェイソン・デイ。コースで倒れるほど目眩がひどかったにもかかわらず、全米オープン9位タイ。耳の中に問題があったと判明、体調は好転して、RBCカナディアン・オープンで優勝(7月下旬)。

2週間前、PGAチャンピョンシップで優勝してメジャー初勝利。そうしてプレーオフ戦第1弾の、今週のバークレーズで優勝。今シーズン、18試合出場で4勝は凄い勝率。22%。

今時のプレーヤーはメジャー優勝すると、モーチベーションを維持するのが難しくなるらしいが、それはトッププレーヤー達が莫大な契約金で若くして夢のような生活が出来ることもあるし、一人のプレーヤーにスイングコーチ、フィジカル・トレーナー、スポーツ・サイコロジスト、エージェントやキャディーが付き、精巧な機械でも作るように、改良し整備して「勝てるプレーヤー」に仕上げていくツァーゴルフになってしまっているからではないか・・・。

その点、このジェイソン・デイはまだしばらくはモーチベーション維持が続くと思っているのだが、どうだろう。

*

今週ケッサクだったのは木曜日・金曜日のジョーダン・スピース!金曜日、ティーショットのほとんどを大きく左へ曲げていた。アイアンのアプローチショットも左に逃した時もあったし、あまりの乱ショットに、テレビの解説者やコースレポーターも、かばう言葉も出て来ない様子だった。

木曜日、パー3で池に入れたティーショット、素人目にもスイングに体がのっこんでいるのが分かった。

悪いプレーをしている時は彼ほどのプレーヤーでも判断がにぶるのか、金曜日12番のパー5、左ラフからのセカンドショットをハイブリッドかフェアウェイウッドで打ち、グリーン前の溝を越えなかった。あのホールはティーショットがよく転がるからスピースのいた辺りは下り傾斜じゃなかったか。このコースのラフは深くてねちっこい。あの場面はレイアップが正解だったのじゃあ?

おまけに、あろうことかボールがすっぽり埋った深いラフを不用意に歩いて自分のボールを踏んだ。shock

その時点で、スピースはトータル4オーバー。12番からの残りホールで2つバーディを取り、残りはパーで予選通過出来たはずだった。think

ローリー・マックロイもそういうところがあるが、流れが悪いほうにいくと、今の若いプレーヤーは必死にスコアを作って何としてでも予選通過にこぎつけようという気力、胆力がないと感じる。

*

開催コースのプレインフィールドCCはドナルド・ロス設計。グリーンのうねりがすごく、難グリーン。相当遅くしないと、素人じゃあホールアウト出来ないのじゃないかな。coldsweats02

ということで、日曜日のラウンドはデイの圧勝でした。4ラウンドのハイライト。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 別世界のゴルフ | トップページ | やっと18ホール回ってきたーーー! »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 別世界のゴルフ | トップページ | やっと18ホール回ってきたーーー! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ