« 速報岩田寛メジャー記録タイ63/PGAチャンピョンシップ2日目 | トップページ | 第97回PGAチャンピョンシップ終了 »

PGAチャンピョンシップ第3ラウンド終了

昨日金曜日はやはり天候中断になり、今日土曜日は残りホール消化が早朝から。プレーヤー達も疲れるだろうが、見ているほうも疲れる。(笑)

ツァープロというのはすごいものだなと思う。ウィストリング・ストレイツも初経験ならアメリカのメジャー出場も初めてという岩田プロが63出すのですからね。ネット中継ではメジャーも出るのは初めてと言っていたと思うが、去年と今年全英オープンに出場したのですね。

日本帰国中にテレビ中継で見たが、地味な感じで、口数も多くないという印象でしたが、どうなのでしょう。

金曜日は早いスタートだったので、2,3のホールのハイライトを見ただけだが、17番のスーパーショットより(1つ前の記事にビデオをアップ)、18番の右ラフから小高い丘越えのブラインドチップショットに感激した。こういうコースは勿論日本にないと思うので(アメリカでも他に見ないsmile)、練習ラウンドや試合中にどんどん慣れていくというかアジャストしていくのではないか。

ビデオを見ていても観客の歓声がわかるが、近年の日本男子ツァーはギャラリーが少ないから、こうして良いプレーには大きな声援があるのはプロの醍醐味を感じるのではないかと思う。明日も良いプレーをしてほしいものです。

*

2日目で印象が強かったのは、いっときは岩田プロの63より低いスコアが出るのではと思われたマット・ジョーンズのパット!結局65で予選終了、11アンダーで首位。今日土曜日はバック9の後半で、ボギー・ボギー・ダブルボギーにして73、10アンダー、6位に後退した。金曜日、8番の長いバーディパット。

*

さてさて、今週も予選落ち、これで今年のメジャー3試合連続予選落ちのタイガー。

悪いゴルフをしているとラッキーブレーク(ひどいショットが好い位置に転がり出たりなど)のツキもなくなり、コースマネージメントも判断を誤るのだろうか、今週のタイガーを見ていてそう感じた。初日は悪いショットでもなかった時まで跳ねて酷いライに飛び込む。

2日目、例えば4番489Y。このホールは初日に18ホール中最難関だった。ティーショットは右ラフで、ボールはスタンスよりかなり高い位置。

グリーン手前に刻むべきじゃなかったのか。ショット自体ミスショットだったと思うが、グリーン左のバンカーへ行く。ボールは2段グリーンのように段差があるバンカーの上の段にあり、スタンスは下の段に取らねばならない。難関バンカーショットはグリーンに上り切れず、左隣のバンカーへ。ダブルボギー。

その次のパー5。セカンドをピンハイのグリーン右、カラーから少し下がったところ。ピンへの途中にスプリンクラーのヘッド。その外を通るライン。カラーの芝もスムーズではなかったのにパターを使った。案の定、ボールはポンポンと跳ね、ピンにショートしてバーディパットも外した。shock

予選通過がかかっている時、1打も無駄に出来ない状況でタイガーともあろうプレーヤーが、メンタルミスをするのは、見ているほうも血圧があがる。coldsweats02

さらに悪いことに、14番でセカンドをグリーン左のラフへ打ったところで、天候中断。プレー再開は翌朝。土曜日は朝8時からボギーで再開し、トータル5オーバー。残り4ホールで3アンダーにせねば予選落ちという状況になり、通過かなわず。

タイガーは(エージェントが)金曜日の締め切り30分前に、来週のウィンダム・チャンピョンシップへ出場通知。しかし実際に出場するかどうかは月曜日までに決めるということです。(おそらく出場すると思うが)

フェデックス・プレーオフは出場出来ないとしても、今年海外を含め、まだまだ試合予定があるので、ゴルフを立て直すためと言っていた。

*

すっかり長くなったが、3ラウンド終わって首位はジェイソン・デイ。今日66のトータル15アンダー。

彼もメジャーごとにたくましく優勝圏内に来る。全米オープンではめまいにやられ、全英オープンでは18番のバーディパットが入らずプレーオフに1打不足。今週こそメジャー優勝させてやりたいというゴルフファンも多いようです。昨日や今日のような粘り強いゴルフが出来たら勝てるでしょうね。

11番のイーグル。下りで風がフォローだったかも知れないが、ティーショット374Yって。(呆れ)

*

映画「ジョーズ」のように、ダンダンダンダンダンダン、ピュルルルーと後ろから追ってくるのが、ジョーダン・スピース。

1995年リビエラCCでのPGAチャンピョンシップに優勝したスティーブ・エルキントンが自分のツイッターで、「スピースは謙虚で素晴らしい男だが、ゴルフコースでは冷血な殺し屋になる。」と言っていたが、わたしも同じ感想を持つ。

タイガーの若い頃のようなフィールドに対するインティミデーションはないと思うが、これでもかと畳み掛けるようにスコアを縮めてくるメンタルの強さとゴルフ力は他の選手から見たら恨めしいものがあるのじゃないか。(笑)

フロント9はバーディ1個という大人しさがバック9はバーディ6個!ダメ押しのような18番のセカンドショットとバーディーフィニッシュは圧巻だった。今日65でトータル13アンダー。

そのあと、1打差につけているのがブランデン・グレース。数年前から彼はメジャーに勝つだろうと思って見ていたが、ちょっと低迷して再び頭角を現してきた。同じく12アンダーのジャスティン・ローズ。これだけパットが入らなかったり、短いのを外してもこの位置に来るのは、いかにショットが良いかだ。11番パー5では3フィート10インチ(1m)のイーグルパットを外す。bearing

それから、11アンダーのマーチン・カイマー。予選ではタイガーと同組でスコアはそこそこだったが、えらいスイングが良いなと思っていたら、3日目、どーんとスコアを出してきた。ちなみにコンディションは初日が一番きつかったと思う。今日は風らしい風もなく、ほとんどのホールでピンポジションが容易で、そうなるとプロはいくらでもバーディをとってくる。

ということで、今年最後のメジャーもあと1日。多少風が出る予報で、今日ほどスコア日和にはなるまいと思われる。

リーダーボード

第3ラウンド、ハイライト。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 速報岩田寛メジャー記録タイ63/PGAチャンピョンシップ2日目 | トップページ | 第97回PGAチャンピョンシップ終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 速報岩田寛メジャー記録タイ63/PGAチャンピョンシップ2日目 | トップページ | 第97回PGAチャンピョンシップ終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ