« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

ジェイソン・デイ強し!プレーオフ第1戦バークレーズ優勝

ゴルフの流れは時に激流になるものだと感じる。去年12月のヒーロー・ワールドチャレンジ(タイガー主催、18人のフィールド)での優勝は今年活躍の予兆と信じていたが、今年はジョーダン・スピース一色だった。

トッププレーヤー達はメジャーに合わせ自分のゴルフをピークに持ってくる、とは昔から言われることだが、スピースは3月半ばバルスパー・チャンピョンシップで優勝、下旬バレルロー・テキサスオープンで2位、シェル・ヒューストンで2位、4月半ばマスターズで優勝。

6月上旬メモリアル・トーナメントで3位タイ、2週間後の全米オープンで優勝。7月半ばのジョン・ディア・クラシックでも優勝。1週間後の全英オープンで4位タイ。

8月に入り、上旬のWGCブリジストンで10位タイ。そうして先々週のPGAチャンピョンシップで2位。今シーズン既に23試合出場(今週含む)、勝率17%、獲得賞金$10.3ミリオン。怒涛のゴルフですね。smile

*

プレーヤーズチャンピョンシップとメモリアル・トーナメントで予選落ちした以外(これも腰痛やめまいからの不調と思われる)、年を通して良いプレーをしていたジェイソン・デイ。コースで倒れるほど目眩がひどかったにもかかわらず、全米オープン9位タイ。耳の中に問題があったと判明、体調は好転して、RBCカナディアン・オープンで優勝(7月下旬)。

2週間前、PGAチャンピョンシップで優勝してメジャー初勝利。そうしてプレーオフ戦第1弾の、今週のバークレーズで優勝。今シーズン、18試合出場で4勝は凄い勝率。22%。

今時のプレーヤーはメジャー優勝すると、モーチベーションを維持するのが難しくなるらしいが、それはトッププレーヤー達が莫大な契約金で若くして夢のような生活が出来ることもあるし、一人のプレーヤーにスイングコーチ、フィジカル・トレーナー、スポーツ・サイコロジスト、エージェントやキャディーが付き、精巧な機械でも作るように、改良し整備して「勝てるプレーヤー」に仕上げていくツァーゴルフになってしまっているからではないか・・・。

その点、このジェイソン・デイはまだしばらくはモーチベーション維持が続くと思っているのだが、どうだろう。

*

今週ケッサクだったのは木曜日・金曜日のジョーダン・スピース!金曜日、ティーショットのほとんどを大きく左へ曲げていた。アイアンのアプローチショットも左に逃した時もあったし、あまりの乱ショットに、テレビの解説者やコースレポーターも、かばう言葉も出て来ない様子だった。

木曜日、パー3で池に入れたティーショット、素人目にもスイングに体がのっこんでいるのが分かった。

悪いプレーをしている時は彼ほどのプレーヤーでも判断がにぶるのか、金曜日12番のパー5、左ラフからのセカンドショットをハイブリッドかフェアウェイウッドで打ち、グリーン前の溝を越えなかった。あのホールはティーショットがよく転がるからスピースのいた辺りは下り傾斜じゃなかったか。このコースのラフは深くてねちっこい。あの場面はレイアップが正解だったのじゃあ?

おまけに、あろうことかボールがすっぽり埋った深いラフを不用意に歩いて自分のボールを踏んだ。shock

その時点で、スピースはトータル4オーバー。12番からの残りホールで2つバーディを取り、残りはパーで予選通過出来たはずだった。think

ローリー・マックロイもそういうところがあるが、流れが悪いほうにいくと、今の若いプレーヤーは必死にスコアを作って何としてでも予選通過にこぎつけようという気力、胆力がないと感じる。

*

開催コースのプレインフィールドCCはドナルド・ロス設計。グリーンのうねりがすごく、難グリーン。相当遅くしないと、素人じゃあホールアウト出来ないのじゃないかな。coldsweats02

ということで、日曜日のラウンドはデイの圧勝でした。4ラウンドのハイライト。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

別世界のゴルフ

一昨日、ランチョの練習場に行った時、ゴルフの旧友がいて、久しぶりーとハグしました。(異性でもこのように久しぶりに会った時などハグするのは普通です・・念のため説明smile

彼も2,3のコースのマンズクラブに所属してUSGAのハンディキャップを持っている。ここらではそれは自動的にSCGA(南カリフォルニア・ゴルフアソシエーション)のメンバーになります。(わたしもいったい何の意味があるかよく分からないが、USGAのハンディキャップを持っている。coldsweats01

彼が、SCGAのメンバーなら、月に1回か時には月に2回、カントリークラブでプレー出来る、素晴らしいコースを回れると勧めていた。「(パブリックコースとは)全く別世界だよ。」と言う。

わたしにもメールで知らせが来るから知っているが、遠いコースばかりだから行きたいと思ったことがない。

来週の月曜日にバレンシアCCに行くそうだ。なるほど素晴らしいコース。ロス近郊では一番綺麗なコースかも知れない。1998年のニッサンオープンはリビエラではなく、このバレンシアCCで開催され、わたしも観に行った。プレーオフの末、ビリー・メイフェアがタイガーを抑えて優勝。

ここは暑くなる地域で、今日の最高気温は36℃、明日と明後日は38℃の予報。来週の月曜日は31℃になっているが、わたしはそんな暑いところでラウンドする気は毛頭ない。(彼は暑いのを苦にしない人で・・・think

実はゴルフはビギナーの頃、2回ラウンドしたことがあり、あんなに下手でバレンシアを回るのはもったいなかったし、顰蹙を買うことであった。

*

わたしは「別世界」のゴルフも、パブリックコースで行ってみるまでどんな人と組ませられるか分からないゴルフも両方好きだ。

キャディー付きで歩きのゴルフは最高です。日本のコースは(軽井沢のような)リゾート地以外、乗用カートがカート道限定だから、「歩かないゴルフ」をする意味がない。カートに行ったり来たり、倍ぐらい歩くことになってかえって体にきついと思う。山岳コースは特にひどい。

今年日本でラウンドした時、乗用カートがカート道限定で、キャディーさんと5人で乗るから効率が悪く、歩いたほうがマシと気づいてからかなり歩いた。

わたしのようなせっかちで気使い屋には向いてない。(笑)

打った後、ほかの人がカートに乗って待っていると(この歳で)小走りでカートに戻り、ほかの人が中々打たないと、みんな待ってるんだから早くしろっと内心叫ぶ。(爆)

*

昨日は午前中曇天だったので近くのコースにパットの練習へ。何と、長いこと工事中でいつになったら開くのかしらと思っていた、ショートゲームの練習場がオープンしていた!!誰もいなかったでさっそく写真を撮ってきた。

Shortgamearea_1

練習グリーンのはずれに、この表示版があった。有料。運転していて通ると、左の緑のフェンスが見苦しくて嫌なのだけど、「通りに向って打たないように」と書いてある。ボールマークの修理、バンカー内をレーキで均すなどなど。($6で30分、1時間は割安になる)

Shortgamearea_clock

反対向きに時計が置いてあった。smile(この後方が練習グリーン) この頃、気温はまだ26℃だったが湿度83%shock ロスでは考えられないほど蒸し蒸しした。

Shortgamearea_2

 

Shortgamearea_3

 

右側の高いフェンスは18番ホールからのアプローチショットがシャンクした時のため。(爆)

*

練習してみたかったが、パットの練習をしていても湿度で気分が悪くなったのでやめといた。ここはコースもナイターゴルフをやっているので、夜間もたぶん利用出来ると思う。

最近パットだけは良くて、練習に行っても10分か15分でやめてしまう。長々やって、入らなくなるのはアホらしいと思うので。coldsweats01 練習グリーンでも知り合いに会い、帰り際には別な知り合いに会った。会う人ごとに、長いこと見てなかったけど元気だった?と聞かれる。もっとゴルフしないとダメだ。catface

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

*

マリナ・デル・レイ散策

夕方トワイライトでハーフでも回ろうとランチョに行ったが、陽射しが強くてやめた。練習も暑くて小一時間で音をあげた。

ゴルフ全体があまりに少なく、とても打てまいと最近3Wを使っていなかったが、それでは全く打てなくなってしまうので、今日は心新たに、3Wを・・・。

Touredge_exotics_xcg6_3w_sole

買ったことさえ忘れていた、TourEdge Exotics XCG6。ヘッドを地面につけてグイグイ押してみても、シャフトが硬いとは感じないのに打ってみると結構タフなクラブです。もちろんレディースなのだけど、グリップはやたら細い。低くティーアップしてもあんなショットしか出ないんじゃあ、地面からはとても打てまいと思われます。coldsweats02

*

10日近く前のことですが、絶好のウォーキングスポットを見つけたから行かないかと娘が誘うので、孫も一緒に行ってきた、マリナ・デル・レイの写真です。マリナ・デル・レイはヨットハーバーで有名。(画像はクリックで拡大)

Marinadelrey1_yacht

ハーバーの横に、海に突き出た突堤のような遊歩道があります。

Marinadelrey2_waterfront

ビーチに面した家やアパート。Water front と言って買うのも借りるのも非常に高い。海面と同じ高さで、津波もハリケーンも考えないものと思われる。

Marinadelrey3_beach

マリナ・デル・レイのビーチ。翌週から新学期が始まるという夏休みも終わった感の、金曜日夕方で人影もまばら。しかしここはいつもガラガラだと娘が言っていた。

Marinadelrey4_yachtlesson

このヨットは「ヨット教室」のレッスンをしているらしかった。生徒は高校生かそこらに見えた。

Marinadelrey5_anotheryacht

これは明らかにレッスンではない。オジサン2人。

Marinadelrey6_sportfishing

釣り船。スポーツフィッシングと字がある。黄色い釣竿が立てかけてあります。目の下の海をみて、わりと水がきれいなのに驚いた。水質もきれいとは思わないが。coldsweats01

Marinadelrey7_3beaches

右手がマリナ・デル・レイのビーチ。左にそっていくとベニス・ビーチ、さらに左がサンタモニカ・ビーチ。画面左方向が北になる。

Marinadelrey8_canalsmoke

上から2番目の画像の家やアパート群の裏手で、ビーチと平行に流れている。ベニスの運河の下流。遠くの山の上空に灰色の雲がかかっているが、あれは雲でなく山火事の煙です。この1,2週間、西部の州のあちこちで山火事があった。

ということで、写真を撮りながら、お喋りしながらたらたら歩いたので大して運動になったとも思えないのに、帰路はちゃっかりピザを食べて、まったく反省がないことである。

なお、前の記事で書いたタイガーの今後のスケジュールで誤りがあったので訂正しておきました。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

ウィンダムチャンピョンシップ終了/意外な勝者

ゴルフは終わってみるまで分からないとはこの事か。まさかと言っては失礼ながら、51歳のラブⅢが来るとは思わなかった。

このコースは今のツァーの基準にしては距離が短いし、気温が高くボールは飛び、今週は特にロースコアが出る。トップグループより後ろにいる誰かが良いスコアでホールアウトして勝つとは予想出来たが、いやはや、老兵は死なずではないか。smile

ラブⅢは首の故障持ちで有名だったが、ここ2,3年で大きな手術を2つもしたそうである。今年は4月に足の手術。そのあと早く試合復帰しすぎて(本人談)、6月半ばのフェデックス・セント・ジュード・クラシックから2試合予選落ち、グリーンブライヤークラシックで54位タイ。そのあとまた2試合予選落ち。

最後の予選落ちが先週のPGAチャンピョンシップ。

前に書いたように、今週は火曜日、このウィンダム・チャンピョンシップに初めて出場するタイガーの練習ラウンドに付き合い、雨の中9ホールを回って、コンディションの変化によるコースの変わりようやグリーンの曲がりなど教えたという。

それほど深読みすることはないと言われればそうかも知れないが、わたしはこんなところにも、ゴルフのおもしろさと因果応報を思う。最後のPGA優勝は2008年11月チルドレン・ミラクル・ネットワーク。2011年までは優勝はないながらも毎年1ミリオン以上の賞金額をあげている。

最近の彼のツイッターはお孫さんの子守をしている写真をアップしてまことに微笑ましい。しかし優勝後のインタビューを聞くと、PGAツァープレーヤーとしての競争心は衰えていない。

初日と最終日に64を出している。17アンダーでホールアウト。最終組だったジェイソン・ゴアが16アンダーで終え、追いつけなかった。

PGAツァー最高齢優勝者は1965年のサム・スニード、52歳10ヶ月。奇しくもこの試合。2番目が51歳7ヶ月だったアート・ウォール、1975年。今週のラブⅢは51歳4ヶ月。ちなみに、ラブⅢはこの試合は3勝目。前回と今回がこのコース。

*

今週は良い話がいっぱいで、プレーオフに1打足りなかったジェイソン・ゴアだが、この2位で来週からのプレーオフシリーズに進出。いっときはツァーゴルフから引退する計画を立てていたそうだ。2010年から去年までウェブドットコムツァーでプレー。PGAツァーは幾つかのスポンサー招待で出場していた。彼も南カリフォルニア出身。ジュニアゴルフ時代はタイガーと試合転戦していた。

1990_eddiehoganmemorialcupmatches

1990年のエディー・ホーガン・メモリアルマッチという試合でのタイガーとジェイソン・ゴア。ゴアのほうが1年ちょっと年上。タイガー14歳、ゴアが15歳か16歳じゃないかと思う。可愛いですね。smile 記者会見で聞かれても、ゴアはタイガーのことを、タイガーもゴアのことを懐かしそうに話す。

土曜日、タイガーが最終ホールをボギーにしなければ、最終日は二人で最終組になっていたはずだった。タイガーファンはその組み合わせを見たがったが、それも運だったろうか。

15番パー5のイーグル。

ロースコアが出た土曜日にタイガーが68しか出せなかったのは、まだ勝てるほどのゴルフはしていないという気がしたし、わたしは密かに(?)、タイガーが腰か臀部の凝りに来ていると観察していた。

試合が始まる前の記者会見で、なぜ月曜日まで正式に出場を表明しなかったのかと聞かれ、「(PGAチャンピョンシップのあと)体がどう反応するか様子を見たかったから。」と答えていたが、それはわたしの観察を裏付ける言葉だと思った。PGAチャンピョンシップの週で、その準備による練習量の多さで既に少し腰に来ていたのだと推測する。

タイガーは言い訳ととられるのを極端に嫌うので、ラウンド中は痛がった仕草をしないよう、足をひきずらないよう努力する(涙ぐましい)。ラウンド後の記者会見で、どこか痛かったようだが腰かと聞かれて否定。さらに突っ込まれて聞かれ、腰じゃあない、ヒップだと答えた。

それがどの程度影響したかは分からないし、まだ良いゴルフが4日間続かなかったということもあるだろう。そう簡単に勝てれば世話はない。

それにしても11番は愚かなトリプルでした。今週は素晴らしいショットもいっぱい打ったし、昨日をのぞいてパットが良かった。タイガー真骨頂の良いパーセーブも久方ぶりに見た。

今日の圧巻は最終18番、左足下がりのセカンドカットラフから、ピン後方へ打ち、ピンハイ右、5フィートに止ったショット。

これでフェデックスプレーオフには出場出来なくなり、9月は試合無し。新しいシーズンになる10月のフライズ・ドットコム・オープンに出場が決まっており、(このあとの項、訂正)メキシコ開催のブリジストン・アメリカズ・ゴルフカップにマット・クーチャーと出場予定(非公式イベント)。それ以降は海外の試合に出ると予想されます。

あと2ヶ月もタイガーのプレーが見られないとは寂しい限りです。

*

最後になったが、石川遼、最終日に66を出し、フェデックスポイントは124位。プレーオフにも出場資格が出来、ツァーカードの維持出来るようです。いやー頑張りましたね。試合数が多くて、体が持つのかと心配するアメリカの石川遼ファンもいるぐらいで、体調維持も気をつけてほしいと思う。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ウィンダム・チャンピョンシップ第1ラウンド

これだからタイガーが出場してくれると嬉しい。

何度も書いたが、PGAツァーでは予選2日間、朝スタートの人気プレーヤー達をネット中継する。マーキーグループとして1つのグループか2つのグループを18ホールカバーするので、全ショットとパットを映す。(視聴は有料で毎月$5)

今週のように松山英樹がタイガーと同組だと、松山のプレーも逐一見られるのです。ということで早起き何のその。

*

この試合の開催コース、セッジフィールドCCはドナルド・ロス設計コースで唯一のPGAツァー開催コースだそう。開催コースは違うところですが、2003年に丸ちゃん(丸山茂樹)がこの試合に優勝しています。

昔はこのセッジフィールドやスターマウント・フォレストCCが数年おきに交互に開催。サム・スニードが8回優勝していることで有名。初めての優勝が1938年、最後の優勝が1965年(53歳)。

近年では2008年からセッジフィールドCC。あまりコースに覚えがなく、今週(タイガーゆえ)初めてよくよく観察。happy01 実にわたし好みのコースである。濃いツリーラインにフェアウェイが傾斜している。

パー70にも関わらず、きわめてロースコアが出るのはヤーデージが短いからだろうか。2008年のカール・ピーターセンは21アンダー。去年のカミロ・ビジェガスが17アンダー。

*

ということで最初から飛ばしてスコアを出さないといけません。タイガーは昨日のプロアマで、NBAクリッパーズの選手クリス・ポールとプレー。出て来る映像では二人とも馬が合って、楽しそうでした。

はて、タイガーのティーショットは如何に?

10番スタート。435Y。アイアンでティーショットしたと思うがそれでも左ラフ。セカンド198Yは、グリーン左ラフ。ピン左寄り。あぁあぁあ、ボギースタートの危機。と思ったら、チップインバーディで、ギャラリーの湧くこと湧くこと。-1。

4日間トーナメントの最初のホールでこれだけ客が興奮するのだから、タイガーも気分が良かったろう。

11番475Y、ドライバーのティーショットは右ラフ。このコースはほとんどのホールでラフは無いも同様。しかし、タイガーのボールは運悪くかなりもぐっていた。セカンドでグリーンに届かず、ボギー。イーブンパー。

12番233Yはパー。13番上り402Y、タイガーは3Wでティーショット、フェアウェイ左寄り。143Yからピン右上へ、5フィート余。こういうダウンヒルの速いパットはプロは外さない。-1へ。松山、11フィートの上りパットが入らない。ラインの読み間違いだろうか・・?

14番478Y、左曲がりホール。ティーグラウンドからはフェアウェイが広く見えるが、彼らはフェアウェイが左に曲がったあとまで飛ぶから広くはないのですね(笑)パーセーブ。

15番555Y。ホール残り3分1ぐらいが右曲がりで右が池。タイガー、ドライバーを思い切りウィップして振った。フェアウェイへ。「今日のベストスイング」と解説者。セカンド208Yからピン上空を飛ぶ5番アイアン。ピン上41フィート。イーグルパットはラインの読み間違いだったのだろう、カップの右5フィートへ、入れて、-2へ。松山もセカンド213Yからグリーンフロントエッジへ。やっとバーディ。

*

16番166Y、タイガーは27フィートからのファーストパットがピンを通り過ぎ10フィートも越えた。このパーパット入れた!17番389Y、パー。

18番、ドライバーをフェアウェイ右寄りに打ち、セカンド162Yから10フィートへ。バーディでー3へ。

1番、右ファーストカットからのセカンド172Yを6フィートにつけバーディ。-4へ。

2番424Yでもファーストパットが7フィート以上も越えたが、パーセーブパットを入れる。4番426Y、アイアンでティーショット。セカンド183Yからピンハイ左10フィートへ。このパットは右に外したと思ったらしいが、入ってー5へ。良いゴルフをしているとこんな風だ。

*

5番526Y。タイガー、ドライバーで再び良いスイングをしてボールの行方も見ずティーを拾う。224Yからセカンド5Wを打ったあと、Goddamit! が出た。左エッジから右ピンへ40ヤードある。パター使ったがピン下7フィートへ。入れてバーディ。-6へ。

6番423Y、ティーグラウンドからグリーンまで全て見えるホール。パットが入らなかった松山は、ここで12フィートのバーディパットをやっと入れた。

7、8番パーで、今日の最終ホール9番403Y。アイアンの低いティーショットはフェアウェイ。セカンド146Yはグリーンにショート。次、パターを使ったら転がり止らず、ピン上11フィートへ。下りパット、左から右に曲がるラインをカップ左からくるりを入ってパーセーブ。

ラウンド後のインタビューでティーショット、セカンドと良いショットを2回打ってボギーにしたくなかったと言っていた。何が良かったと言って、パーセーブパットを幾つも入れたのは昔のタイガーを彷彿させた。今日のタイガーのハイライト。

首位と2打差と言っても7位タイ。明日からも毎日ロースコアを出さないと、順位は転がり落ちると思われます。

ゴルフとは不可解なものだとも思う。タイガーは今季これだけ予選落ちや、ひどいスコアを叩いているが、200Y以上からのアプローチではピンへの平均距離でトップ。また10フィート(3m)以内からのパット率もトップだそうた。ちょっと信じがたいですね。今日は15フィート以下のパットが18回、そのうちの17回を入れている。タイガーは速いグリーンが好きなのは有名だが、今日のグリーンも速かった。

松山英樹、前半はなかなかパットが入らなかったが、終わりの4ホールで3つバーディを取り、帳尻を合わせてきた。明日からも楽しみです。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

今週のツァーニュース/アーニー・エルスとタイガー・ウッズ

ロスは先週後半から昨日月曜日まで暑い日が続き、夜ゴルフの練習にさえ行かなかった。わたしが住んでいる地域はロスでも一番涼しいところで28、9℃でしたが、陽射しが強くて外から家屋に照りつけるので午後はずっとクーラーをつけっぱなし。冬場にゴルフに行くバレー地区は、40度、41度にもなっていた。bearing

カリフォルニア州ではあちこちで山火事が起きています。

*

さてさて、今年のメジャーは終わったが、ゴルフはまだまだ続きます。

まずは書いておきたいニュース。

アーニー・エルスの息子さんが自閉症であることは御存知の人も多いと思うが、エルスと奥さんのリーズィルが自閉症を支援する"Els For Autism"というチャリティーを運営。

今週、念願の自閉症の子供達の学校、"Els the Center of Excellence"を開校した。

エルスは長年アメリカPGAツァーとヨーロッパツァーの試合に出場していたが、以前は家族とイギリスに住んでいた。息子ベン君が5歳の時に、自閉症であることを公表。やがてフロリダ州に転居してきた。アメリカは自閉症の研究と治療が最も進んでいるからという理由だった。(本人がインタビュー記事で語っていたこと)

Els_for_autism_southafrica_2010

毎年募金目的のプロアマイベントを開催しており、現役プロや引退したプロらも無償参加。画像は2010年ウェスト・パームビーチのPGAナショナルで開催されたチャリティープロアマ。左が息子のベン君。

Els_for_autism_westpalmbeach_2011

同、2011年、左は奥さんのリーズィルさん。

Els_for_autism_groundbreaking_westp

エルスの自己資金6ミリオン、寄付金30ミリオンで去年3月工事着工。日本でいうところの鍬入れ式でしょう。(一番左はエルスの長女サマンサ。赤ちゃんから6歳ぐらいまでエルスとコマーシャルに出ていてそれは可愛かった。)

*

Els_thecenterofexcellence_building_

上は建物の正面。敷地は26エーカー(広い!)

Els_thecenterofexcellence_ribboncut

16日夕刻の開所式典。エルス達はPGAチャンピョンシップの最終日のプレーをしてフロリダに飛んできた。左からロバート・アレンビー、エルス、ウーストハゼン、シュワーツェル。

17日月曜日が学校の初日でした。現在は生徒数115人、3歳から14歳まで。20クラス。早い時期からの治療、あるいは自閉症の可能性がある子供の治療のため、3歳未満のプログラムもある。練習グリーンと打ちっぱなし練習場も備える。その他、子供達や親、見学者も考慮したまさに夢のような施設です。興味がある方はこちら。(英文です)

欧米のツァープレーヤー達が数々のチャリティー活動をしているのは周知の事実だが、このアーニー・エルスと、恵まれない子供達への勉強・研究場の提供や大学の全額援助をしているタイガー・ウッズ・ファンデーションは規模の大きさ、子供達の人生へ与えるポジティブな影響力が特に突出していると感じる。

*          *           *

続いて、そのタイガーのニュース。先週金曜日、まだタイガーがPGAチャンピョンシップをプレー中、タイガーのエージェントが今週のウィンダム・チャンピョンシップに出場意向を通知。しかし確定ではなく、実際出場するかは月曜日には表明するということだった。(いや、やっぱりやめた、とも言えまいに。think

月曜日に出場表明の知らせが入った。これが大会ディレクターの「喜びの」ツイッター。

トーナメント・ディレクターの反応にしては、驚くものがある。嬉しさが伝わってきて可愛いが。coldsweats01

*

そして火曜日午後、ゴルフレポーターの一人がタイガー到着のニュースを抜いた。これもツイッターで速報。

練習場でボールを打っているのがタイガー。みなちょっと離れたところから見ているのが可笑しい。

この試合、サム・スニードが8回優勝したことで有名。タイガーは出場したことがなかった。出場表明したことで、グリーンズボロの大会関係者、ゴルフファンは大喜び。4万9千枚の入場チケットを増刷したそうだ。smile

*

フロント9のみの練習ラウンドに、ぞろぞろとついて歩くギャラリー(爆)

メジャー3連続予選落ちの直後というのに、タイガーは別格ですなぁー。タイガーファンは一度自分の目でタイガーを見たいと思うようだが(当たり前)、広いアメリカ、PGAの試合がない州もあるし、タイガーのようにほぼ毎年決まった試合しか出場しないと、見る機会がない人も多い。グリーンズボロの近隣に住む人なら、万障繰り合わせてかけつけるだろう。

ということで、すでに組み合わせとティータイムも発表されました。何と、タイガーは松山英樹、ブルックス・クープカと同組。木曜日7:50、10番ホールから。金曜日は12:50、1番ホールから。

石川遼も出場。ツアーカード保持がかかる最後の試合。上位に入ってほしいものです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

第97回PGAチャンピョンシップ終了

歴代のPGAチャンピョンシップでも、このウィスリング・ストレイツ開催の2004年、ビージェイ・シンがプレーオフで勝ったシーンは印象深く、2010年マーチン・カイマーが優勝した年、ダスティン・ジョンソンが18番グリーンで2罰打を知らされたシーンは克明に覚えている。それだけ良くも悪くも(それは人それぞれの評価による)、ピート・ダイ設計のこのコースは他に類を見ない、形状が特異だからだろう。

メジャーの週はゴルフメディアがドラマチックに仕立てようと、あれやこれやの題材で「煽る」のは近年の特徴だ。今週のPGAチャンピョンシップは、ジョーダン・スピースが世界ランキング1位の座を奪い取るかどうか。

もう一つは、年間メジャー3試合優勝という記録を達成するかであった。今までに1953年のベン・ホーガンと2000年のタイガーしかいないというのだから、いかに難しいか、稀であるかが分かる。(実をいうと、わたしはこの記録の稀さから今週スピースは勝てまいと推測していた。53年のホーガンと2000年のタイガーは言葉は悪いが一種異常な、神がかり的なシーズンだったと思う。)(しかしそのうち、スピースやマックロイ、あるいは未知の誰かがやりとげるかも知れないが)

*

最終組はー15スタートのジェイソン・デイとー13スタートのジョーダン・スピース。

はっきり言って、今年のスピースには2打差などあってなきがごとき。デイは飛ばしに飛ばして、アクセル踏みっぱなしのゴルフをしようと思ったのに違いない。(ラウンド後のインタビューで似たような表現をしていた)

見ているほうもサンデーバック9どころか、早いホールから集中して、ほとんど1打1打に一喜一憂する。

2番589Y、デイがバーディを取ったら、次の3番パー3でスピースがバーディ。

5番597Y、スピースの右ラフからのアプローチはピン右上、少し大きすぎた。デイのチップショットも右上へ。最初にスピースが5m弱のバーディパットを入れた!14アンダーへ。このあと、はるかに短いバーディパットをデイが入れなければ、流れが変わる恐れもある・・・と思っていたところでデイの2.5mのパットは左サイドから回って入る。17アンダーへ。

6番326Y、デイもスピースもドライバーでグリーン近くに打ち、両者バーディ。

7番227Y、右側が湖で金曜日にジョン・デイリーはティーショットを湖、ドロップゾーンからも2連続湖、10打にした。今日は右奥ピン。デイ、6番アイアンでグリーンセンター。ピンにかなり遠い。スピースはさらに遠かった。

デイ、16ヤードのパットを入れる。19アンダーへ。

*

最終組の前に南アフリカのブレンデン・グレースが7番バーディで16アンダーへ。バック9に入って、ジャスティン・ローズが10番11番で連続バーディで16アンダーまで伸ばしたが、両者ともそのあと、スコアを落とし、首位と2位を脅かす位置まで来なかった。

*

2打差でスタートしたデイとスピースだが、2打差だったのはスタート時と3番でスピースがバーディ、デイがパーだった時のみではないかと思う。バック9に入り、10番でスピースがバーディを取ると、次の11番ではデイがバーディ。13番でスピースがバーデイ、14番はデイがバーディ。smile

抜きつ抜かれつ・・・ではなく、どこまでも追いつかない、追いつかせない実に強いゴルフだった。

スピースがデイの優勝を覆せないのは濃厚になってきた最後のパー5、16番563Y。二人とも、ここも良いプレーだった。デイはフェアウェイから残り232Yを4番アイアンでピンハイ左カラーへ。2パットバーディで20アンダーへ。

スピースのフェアウェイからのセカンドショットは(3W)はグリーンサイド左バンカーへ。そのバンカーショット。バーディにして17アンダーへ。

*

そして難関18番、今日は502Y。ジェイソン・デイはドライバーを渾身ショット。解説のニック・ファルドーが「炸裂のティーショットだった」と感嘆の声。 セカンドをピンハイ右に打ったあと、キャディーを振り返ってニヤリとした顔が印象的だった。

長いファーストパットをピンそばに寄せ、スピースがパットするのを待つ間、タオルで汗と涙をぬぐうデイ。ウィニングパットを沈める前に泣く優勝者を初めて見た。smile

優勝して泣くことを嫌う人が多いが、何度もメジャーに勝つチャンスがありながら勝てなかったジェイソン・デイに、今日はゴルフファンも感情移入したようで、みな目がうるんだと言っていた。

ゴルフチャンネルの最終日ハイライト(6分24秒)

 

優勝スコア、20アンダーパーはメジャーの新記録。

Sun_day_wanamaker_18thgreen_s

トロフィーを持って立つ18番グリーン。ゴルフ中継のカメラではわからないフェアウェイの傾斜やグリーン周りの難しさが見てとれる。

Sun_daysun_walkingoff18thgreen_s_2

今年のどのメジャーが良かったか、おもしろかったか、人によって違うと思うが、感動的だったという意味ではPGAチャンピョンシップに軍配が上がるのではないか。良い試合でした。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

PGAチャンピョンシップ第3ラウンド終了

昨日金曜日はやはり天候中断になり、今日土曜日は残りホール消化が早朝から。プレーヤー達も疲れるだろうが、見ているほうも疲れる。(笑)

ツァープロというのはすごいものだなと思う。ウィストリング・ストレイツも初経験ならアメリカのメジャー出場も初めてという岩田プロが63出すのですからね。ネット中継ではメジャーも出るのは初めてと言っていたと思うが、去年と今年全英オープンに出場したのですね。

日本帰国中にテレビ中継で見たが、地味な感じで、口数も多くないという印象でしたが、どうなのでしょう。

金曜日は早いスタートだったので、2,3のホールのハイライトを見ただけだが、17番のスーパーショットより(1つ前の記事にビデオをアップ)、18番の右ラフから小高い丘越えのブラインドチップショットに感激した。こういうコースは勿論日本にないと思うので(アメリカでも他に見ないsmile)、練習ラウンドや試合中にどんどん慣れていくというかアジャストしていくのではないか。

ビデオを見ていても観客の歓声がわかるが、近年の日本男子ツァーはギャラリーが少ないから、こうして良いプレーには大きな声援があるのはプロの醍醐味を感じるのではないかと思う。明日も良いプレーをしてほしいものです。

*

2日目で印象が強かったのは、いっときは岩田プロの63より低いスコアが出るのではと思われたマット・ジョーンズのパット!結局65で予選終了、11アンダーで首位。今日土曜日はバック9の後半で、ボギー・ボギー・ダブルボギーにして73、10アンダー、6位に後退した。金曜日、8番の長いバーディパット。

*

さてさて、今週も予選落ち、これで今年のメジャー3試合連続予選落ちのタイガー。

悪いゴルフをしているとラッキーブレーク(ひどいショットが好い位置に転がり出たりなど)のツキもなくなり、コースマネージメントも判断を誤るのだろうか、今週のタイガーを見ていてそう感じた。初日は悪いショットでもなかった時まで跳ねて酷いライに飛び込む。

2日目、例えば4番489Y。このホールは初日に18ホール中最難関だった。ティーショットは右ラフで、ボールはスタンスよりかなり高い位置。

グリーン手前に刻むべきじゃなかったのか。ショット自体ミスショットだったと思うが、グリーン左のバンカーへ行く。ボールは2段グリーンのように段差があるバンカーの上の段にあり、スタンスは下の段に取らねばならない。難関バンカーショットはグリーンに上り切れず、左隣のバンカーへ。ダブルボギー。

その次のパー5。セカンドをピンハイのグリーン右、カラーから少し下がったところ。ピンへの途中にスプリンクラーのヘッド。その外を通るライン。カラーの芝もスムーズではなかったのにパターを使った。案の定、ボールはポンポンと跳ね、ピンにショートしてバーディパットも外した。shock

予選通過がかかっている時、1打も無駄に出来ない状況でタイガーともあろうプレーヤーが、メンタルミスをするのは、見ているほうも血圧があがる。coldsweats02

さらに悪いことに、14番でセカンドをグリーン左のラフへ打ったところで、天候中断。プレー再開は翌朝。土曜日は朝8時からボギーで再開し、トータル5オーバー。残り4ホールで3アンダーにせねば予選落ちという状況になり、通過かなわず。

タイガーは(エージェントが)金曜日の締め切り30分前に、来週のウィンダム・チャンピョンシップへ出場通知。しかし実際に出場するかどうかは月曜日までに決めるということです。(おそらく出場すると思うが)

フェデックス・プレーオフは出場出来ないとしても、今年海外を含め、まだまだ試合予定があるので、ゴルフを立て直すためと言っていた。

*

すっかり長くなったが、3ラウンド終わって首位はジェイソン・デイ。今日66のトータル15アンダー。

彼もメジャーごとにたくましく優勝圏内に来る。全米オープンではめまいにやられ、全英オープンでは18番のバーディパットが入らずプレーオフに1打不足。今週こそメジャー優勝させてやりたいというゴルフファンも多いようです。昨日や今日のような粘り強いゴルフが出来たら勝てるでしょうね。

11番のイーグル。下りで風がフォローだったかも知れないが、ティーショット374Yって。(呆れ)

*

映画「ジョーズ」のように、ダンダンダンダンダンダン、ピュルルルーと後ろから追ってくるのが、ジョーダン・スピース。

1995年リビエラCCでのPGAチャンピョンシップに優勝したスティーブ・エルキントンが自分のツイッターで、「スピースは謙虚で素晴らしい男だが、ゴルフコースでは冷血な殺し屋になる。」と言っていたが、わたしも同じ感想を持つ。

タイガーの若い頃のようなフィールドに対するインティミデーションはないと思うが、これでもかと畳み掛けるようにスコアを縮めてくるメンタルの強さとゴルフ力は他の選手から見たら恨めしいものがあるのじゃないか。(笑)

フロント9はバーディ1個という大人しさがバック9はバーディ6個!ダメ押しのような18番のセカンドショットとバーディーフィニッシュは圧巻だった。今日65でトータル13アンダー。

そのあと、1打差につけているのがブランデン・グレース。数年前から彼はメジャーに勝つだろうと思って見ていたが、ちょっと低迷して再び頭角を現してきた。同じく12アンダーのジャスティン・ローズ。これだけパットが入らなかったり、短いのを外してもこの位置に来るのは、いかにショットが良いかだ。11番パー5では3フィート10インチ(1m)のイーグルパットを外す。bearing

それから、11アンダーのマーチン・カイマー。予選ではタイガーと同組でスコアはそこそこだったが、えらいスイングが良いなと思っていたら、3日目、どーんとスコアを出してきた。ちなみにコンディションは初日が一番きつかったと思う。今日は風らしい風もなく、ほとんどのホールでピンポジションが容易で、そうなるとプロはいくらでもバーディをとってくる。

ということで、今年最後のメジャーもあと1日。多少風が出る予報で、今日ほどスコア日和にはなるまいと思われる。

リーダーボード

第3ラウンド、ハイライト。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

速報岩田寛メジャー記録タイ63/PGAチャンピョンシップ2日目

初日77を叩いた岩田プロ、金曜日は朝スタート。メジャー記録タイの63。

17番パー4のバーディ。

*

PGA.comのツイッター。

*

PGAチャンピョンシップサイトの記事はこちら

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

PGAチャンピョンシップ1日目終了

ライブストリームでの中継が始まるのが西海岸朝6時、タイガー/マーチン・カイマー/キーガン・ブラッドレーのスタートが同6:15(現地8:15)というので6時に目覚ましをかけていたのですが、なぜか3時過ぎに目が覚めwobbly、テレビではなくラップトップPCの小さい画面で見ているから何度か落ちそうになりました。腹を立てながら、何とかタイガー組のホールアウトまで見ました。

松山英樹は6:55スタートで、現地の様子を見ているとまだ風も大したことなく、スコアを出す絶好のチャンス!

練習ラウンドの様子やインタビューのコメントを読んでも、調子は良くないようでしたが、10番からの最初の9ホールは、取るべきところでバーディを取っていたゴルフだったのでしょうね。18番でバーディはびっくり。今日は519Yになっていたのではないかと思う。セカンドは5W。ピンに27フィートのバーディパット。

スコアカードのスタティスティックを見ると、フェアウェイキープ率85.71%。素晴らしい!

上がり4ホールで3つもボギーを叩いたが、これは風が強くなってきたせいもあるのではないかと思う。松山のプレーは全く見ていないしビデオも見つからなかったが、明日は午後12:10スタートなので、たくさん写るといいのですが。

*

タイガーは最初に現地入りしたときは、レンジや練習ラウンドの様子はあまり良くは見えなかったが、水曜日になって練習場でもスイングが良いし、コースでもショットが良かったそうだ。(タイガーとなると、練習ラウンドもレポートが出る)

世間の注目が、故障から復帰のローリー・マックロイと年間メジャー3勝の記録がかかっているジョーダン・スピースに集まっているところで、タイガーは案外良いプレーをするのではないかと期待していたが、相変わらずイライラがたまるゴルフだった。

隣のホールに行くようなティーショットの暴れもなく、風があったコンディションを考えれば、特に前半(10番スタート)はフェアウェイキープが良かった。

11番564Y、セカンドを爪先下がりの右ラフからグリーン左へ。ピンまで26ヤード。パターを使った。これがピンを9フィートも通り過ぎ、返しを入れられずパー。ここらから悪い予感がしてきた。(笑)

12番139ヤード。カイマーやブラッドレーよりはるかに近くピンに打ったが、7フィートのバーディパット入れられず。

10番と11番はリーダーボードの上のほうにいるプレーヤーのほとんどが両方でバーディを取っているホールだから、パー・パー・パーで終わっている時点で、わたしは既にイライラがつのる。think

14番394Yはティーショットが左のファーストカット。ピンまでたった111Yだがブラインドショット。グリーンにランドしてピンへ遠く転がる。56フィート(16m)の上りパットをショート。4フィートのパーパットを外す。このパットはストロークが悪かった。曲がるパットだったとは言え、こんな距離からローサイドに外してどーする!+1へ。

16番パー5をバーディにしてイーブンパーに戻す。しかし難関18番、フェアウェイからの216Yを右バンカーへ。ライがひどく、ボギー。

1番400Y、ピンハイ右18フィート、外す。

3番202Y、横幅が広くけったいなグリーン。ティーショットは左エッジへ。これもスイングは良くなったように見えたが。ピンまで56フィート。これを7フィートもショートさせる。3パットにしてボギー。+2へ。

この後、罵っていたそうであるが(無理もない)、解説が機関銃のように喋ってうるさいのでボリュームをしぼっていたから聞きのがした。

まあこんな調子で取り戻してはまたボギーの繰り返し。3オーバーにするほど悪いゴルフではなかったと思うが、しょせんパットが入らなければどうしようもない。

ラウンド後のインタビューで、これほどパットが悪かったのは長いことなかった、スピードが全くあってなかったと言っていた。明日はアンダーを出さないと予選落ちかも知れません。

*

テレビ中継の6時間分は夕刻DVRで見たが、目玉商品のsmile、ローリー・マックロイ、ジョーダン・スピース、ザック・ジョンソン組。わたしの邪推通りcoldsweats01、マックロイは試合から遠ざかっていたので不安定。それにパットも入ってなかった。しかしスイングは良いので、日を追うごとにスコアも出てくるのではないか。

スピースはこれでもかというほどパットが入らず最初の10ホールはパー。彼も学習能力が高いというか、出だしが悪くとも自分のゴルフを修正してくる。

ザック・ジョンソンの+3はちょっと驚いたが、ま、風が強い1日で後半はエネルギー切れか。

リーダーボードの上位は、2位のデビッド・リングマース以外すべて朝スタート組。ダスティン・ジョンソンは2010年のこの試合で苦汁をなめ、今年の全米オープンでも最終ホールをスリーパット。しかし、試合に戻ってくればロースコアを出すから、大したものですね。

明日金曜日は午前も午後も、今日ほど風は出ないもようですがお昼ごろ雷雨の可能性も。午後半ばは32℃に上る予報。松山英樹は12:10スタート(日本時間午前2:10)。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

第1ラウンドが始まりました/木曜日ピンシート

天気予報によると午後から風が出て来るし(強風ではない)、夕刻は雷雨の可能性もあるので朝スタート組のほうが有利と思われます。松山英樹は6:55AM、10番ホールスタート。

最後のコースメンテナンス

これが今日のピンポジション。(クリックで拡大)

 

Th_pinpositions

*

いやはやすごい時代になったものです。メジャーチャンピョンシップのスタート直前に出場選手がツイートする。(笑)

リッキー・ファウラー

*

スマートフォーンでピンシートをチェックしながら朝食を食べるマーチン・カイマー。(たったこれだけ?coldsweats02

*

アメリカではPGA.comがインターネットでマーキーグループやパー3ホールのライブストリーム中継をします。午前は朝8:15スタートのタイガー/マーチン・カイマー/キーガン・ブラッドレー組をカバー。

インターネット中継とテレビ中継で9時間連続中継です。coldsweats01

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

PGAチャンピョンシップ練習風景

お盆の入りは13日だけれども、すでに休暇に入った人も多いと思います。ロスに住む娘が、夏に入ってロスはどこも外国人観光客が多いのに、日本人の姿を見ないと嘆いています。景気が回復して海外旅行熱も復活したらしいけど、今はヨーロッパやアフリカに行く人が多いのじゃないのと言いましたが、どうなんでしょう。

娘の親友の子供(高校最終学年)がバージニア州から遊びに来て数日滞在。毎日毎日、ビーチやらユニバーサルスタジオ、ハリウッドにメルローズとお定まりのツーリストスポットに出かけていたので、顕著に感じたらしい。

*

さて、メジャーの週は早くから練習ラウンドの様子、出場選手の記者会見、優勝者の予想などをゴルフ専門チャンネルやスポーツ局が放送し、それに加えてスポーツライター、テレビの解説者、新旧のプレーヤーがソーシャルネットワークで書きたい放題、言いたい放題。

あちこちクリックしていると1日経ってしまう。それもまあメジャーの期待感とあいまって楽しい。ということで、火曜日の練習風景とコース風景の画像をアップしておきます。

最近PGAは毎週火曜日に出場プレーヤー達が「ロングドライビング・コンテスト」をやる。開催コースのあるホールを選び、任意だけれども、練習ラウンドのティーショットをドライバーで打つ。フェアウェイキープしたティーショットの飛距離を競う。

Tuesday_longdrivecontest_2ndhole_s

今週の優勝者は意外とも思える、インドのアニーバン・ラヒリでした。上の画像はラヒリではありません。

これがそのビデオ。よく見たら同組に松山英樹と岩田寛さんがいます。見ると風がフォローですね。ロングヒッターのダスティン・ジョンソンやバッバ・ワトソンはフェアウェイを外した。

*

ウィスリング・ストレイツでPGAチャンピョンシップを開催するのはこれが3回目だが、ビージェイ・シンが優勝した年はこのコースはもっと黄色や茶色だった記憶がある。今年は雨が多かったのか、青々としています。

Tuesdayspiethrickiephil_walkingoff2

↑2番ティーグラウンドから降りていく、ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマス、リッキー・ファウラー、フィル・ミケルソン組。前者二人と後者二人がチームを組み、ベストボールでお金を賭けたそう。PGAプロは練習ラウンドでお金をかける人がかなりいるらしい。

Tuesday_tigerlove3rd_s

一緒に回るタイガーとデービス・ラブⅢ、3番ホール。

Tuesday_tiger_bunker9thhole_s

タイガー、9番ホール、グリーンサイドバンカー。ウィスリング・ストレイツのバンカーはどこも境界がはっきりしないように造ってあるらしい。記者会見でタイガー、「ここのバンカーからのショットはスピンが効かない。」「空気がいっぱい入っている砂だ。」(この項、筆者よく理解出来ず)

Tuesday_love3rd_bunker9thhole_s

↑ラブⅢ、これも9番ホールのバンカー。

Tuesday_bjorn_9thtee_s

トーマス・ブヨーン、9番ホールティーグラウンド。火曜日は天気が良くて、それこそゴルフ日和だったそうだ

Tuesday_dj_9thhole_s

ダスティン・ジョンソン、9番アプローチ。

Tuesday_9thgreenfairway_s

↑9番グリーン。

Tuesday_tiger_7thteeshot_s

タイガー、7番パー3。風が吹いたら大事のホールでしょう。練習ラウンド用のティーマーカーが赤なのがおかしい。

Tuesday_rory_range_s

これは練習場のローリー・マックロイ。コースでもスイングは良い。土曜日から4日間、連続練習ラウンド。雨の予報の日もあるので試合日は足首に堪えると推測するが、今のところは全く支障がないそうだ。

*

コースの画像と空中からの各ホールの映像はこちら。PHOTOか、VIDEO FLYOVERをクリックして下さい。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

WGCブリジストンインビテーショナル終了

今年最後のメジャーの前週、世界ナンバーワンのローリーマックロイも不出場、この試合で記録破りの8回優勝しているタイガーも世界ランキングが下位すぎて出場資格なしときては、どうしても盛り上がりに欠けるものがあったが、いやいやどうして、サンデーバック9は結局おもしろくなる。

今まで見たこともないほどフェアウェイは硬く、下りのフェアウェイなど数十ヤード転がっていたような。それゆえフェアウェイにランドしたボールも走ってラフに入る。

昨日土曜日のプレーを見ていて、バッバ・ワトソンが抜け出して勝つのじゃないかと感じたが、なかなか予想通りの結果にはならないものだ。

9アンダー、首位タイでスタートしたジム・フューリック、彼は首位で最終日に入るとなかなか勝てない人だ。途中で1つ、2つボギーを叩くうち、ほかの誰かが出てきてしまう。後ろから来て、ロースコアを出し先に終わって待つ勝ち方が向いているのだろう。

ショットは今週誰よりも良かったジャスティン・ローズ、やっとパットが入った土曜日、63を出したが、今日は再びパターに見放された。2番パー5では4フィートのバーディパットを外し、7番で5フィート(1.5m)のパーセーブパットを外した。10番で11フィート(3.3m)から3パット!shock

最後の2,3ホールに来たころには優勝に足りないだろうことは明らかだった。

何しろコースが走るので、ロングヒッターのバッバ・ワトソンはティーショットの平均飛距離が363ヤード。しかし、15番パー3での3パットボギーと、18番で74ヤードからのセカンドをピンに8m余にしか打てなかったことが差になったと思う。

*

アイルランドのシェーン・ローリーはヨーロッパツァーのプレーヤーだが、今年になってメジャー以外にもいくつかPGAの試合に出ている。今季のうちにPGA初優勝するのではないかと思っていたが、今週はノーマークでした。coldsweats01

実と言うと、彼が2009年、アマチュアの頃アイリッシュ(アイルランド)オープンに優勝した時以来注目していた。さきほどウィキピーディアで調べたら、同年11月日本のダンロップ・フェニックスオープンに出場して3位になっているのですね!

今季PGAツァーに出ているときのローリーを見ていると、スイング、ショットの精度と以前よりはるかに良くなったと感じた。今週に限っていえば、彼がこんなにパットが上手い人は知らなかった。

10番ティーショットを左隣ホールのラフに打ち込み、フリードロップのあと、木越えショット。ピンそばに転がり落ち、バーディ。10アンダーで2打差の首位。

14番はティーショットを左フェアウェイバンカーに入れ、ライが悪かったのかフェアウェイに出すだけ。3打目残り61ヤードからショートして、ピン右下17フィート(5m)。優勝がかかっているのに・・・と思ったが、このパーセーブパットを入れたー!これが優勝に繋がったパットだったと思うと、本人がインタビューで言っていた。

*

既にバッバ・ワトソンはホールアウトして9アンダー。シェーン・ローリーは最後の2ホールをパーで上がれば優勝出来る場面。18番のティーショットを左に曲げた。

木も高いし、距離もピンまで153ヤード、10番の木越えショットよりはるかに難易度が高いと思われた。PWで、少し引っ張った分ショットが低くなったと本人。木の枝に当たったが、すり抜けてピン右11フィートへ。ラッキーだったという人もあろうが、勝つ時はこんなものでしょ。

ということで、シェーン・ローリー、28歳、PGA初優勝は難関ファイアーストーンでのWGCブリジストン・イーンビテーショナル。これからの活躍が楽しみです。テレビでも言っていたが、将来のライダーカップ、また一人アメリカの脅威が増えました。(笑)

Wgcbridgestone_sun_lowry_trophy

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

サプラーイズ!/来週のPGAチャンピョンシップ

運動にウォーキングするのもアキアキしたというので、昨夜も近所の短いコースに行ってきました。

バッグは重いとは言えないけど老いの身には軽くもないのですね。ウッドが1W、5W、9W、アイアン7番9番、ギャップウェッジとサンドウェッジ、パター。ウェッジ2本はミズノMPでオリジナルのスチールシャフトだからちょっと重い。

ショットが安定しておらず、良かったのはパットだけというお決まりのパターン。良いと言っても、グリーンをこぼしたのを寄せてワンパットしているだけです。フロントは混んでいたのでバック9を回らせてもらった。

*          *            *

話は変わって、来週はPGAチャンピョンシップですが、7月4日に友人とサッカーをしていて左足首の筋を断裂したローリー・マックロイ。全英オープン不出場、今週のWGCブリジストンも不出場。PGAも危ぶまれたが、出てきたぁー。

画像が大きくてすみません。マックロイの昨日(7日)のツイッター。何のコメントもないが、飛行機のイラスト、アメリカ国旗、Vサインにゴルフコース。プライベートジェットで開場のウィスコンシン州に向っている機内からツイートしたもの。

上記を含め、ここ2,3日のツイッターから、出る気なのではと推測されたが、今日土曜日開催コースに現れ、ストレッチのあとドライビングレンジで練習。それからコースに出て18ホールの練習ラウンドをこなした。それが全てカメラに撮られ、逐一レポートされるから、いやはやマックロイもすっかりタイガーだ。(笑)

レンジでの練習風景でもスイングは良かったし、足首に何の支障も感じていない様子だったが、コースでのスイングはさらに良い。ウィスリングトレイツはアップダウンが多いコースだそうだが(そうだっけ?)、あるホールでは坂を駆け上ったそうだ。足首は大丈夫らしい。

今日の練習ラウンド、ホールは不明。

それでも「まだ正式に出場を表明していない」とメディアは言う。開催コースで練習ラウンドをして、足首に問題ないか試しているというのが大方の見方。しかし、出るでしょう。

マックロイが参戦するとなると一層おもしろくなる。

*

昨日、組み合わせとティータイムが発表された。

☆木曜日1番ホール午後スタートの主要グループ。

1:00 P・リード、G・マクドーウェル、ルーク・ドナルド

1:10 コープカ、アダム・スコット、H・ステンセン

Th_rory3

1:20 J・スピース、マックロイ、ザック・ジョンソン

Th_phil

1:30 J・ダフナー、フィル・ミケルソン、P・ハーディントン

☆木曜日10番ホール朝スタートの主要グループ

6:55 松山英樹、B・スティール、ヨハン・コック

7:45 B・ワトソン、J・フューリック、P・ケイシー

Th_tiger3

8:15 タイガー、M・カイマー、K・ブラッドレー

初日2日目のティータイムと組み合わせ

来週のメジャーを控え、今週のWGCブリジストンは気もそぞろで見ています。coldsweats01

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

クイックンローンズ・ナショナルも終わってしまった・・・

時間が経つのが早いのか時間の使い方が下手なのか、先週のクイックンローンズ・ナショナルが終わってすでに火曜日になってしまった。

別にわたしの仕事が増えるわけではないが、孫が夏休みで家にいると、何か予定通りにいかない。子供がいるということはそんなものだろう。我が子だって孫だって、同じことだ。

今日から、遠くバージニア州から娘の親友の子(高校生最終学年)が一人で遊びに来ているので、にぎやかだ。

日本発信のどのブログを読んでも、今年は早くから異常に暑いと書いてあるが、日本の娘は毎年恒例で7月末から8月初めに従兄弟達と子供連れで長野にキャンプに行く。いつもなら涼しい長野の高原も、今回は暑くて昼間はコテージの中にいられないほどだったという。

そうして横浜に戻ってくると、さらに倒れそうな暑さだと言っていた。Yahooの天気をみると今日は朝9時から34度。shock 湿度74%って・・・crying 

*

というわけでタイガーがテレビに写ったぶんは覚えているし、誰が優勝したかも知っているが、最終日に何を見たか大方忘れてしまった。

今日DVRを途切れ途切れに見たが、ただでも興奮に欠ける最終日を2日も経って見たっておもしろくも何ともないのですね。(笑)

優勝戦線にいたのが、ティーショットを右に左に打ち出して、あーこういう風にボギーを重ねていったのね~、程度のことだ。

タイガー・ウッズのファンではない人には、わたしのようにタイガー中心に試合のことを書いてもおもしろくないと思うが、先週だってしみじみタイガーというのは別格の存在感で、人を惹き付ける力があるゴルファーだと感じた。

土曜日に失速したが、8アンダーからスタートした最終日、フロント9は4アンダー。テレビ中継は10番ホールのバーディから。これで二桁アンダーへ。

しかし11番の3パットボギーがケチのつき始め、12番14番とスコアを落とす。どのホールもタイガーをひと目見ようというギャラリーが、何重にもなっている。

どの日も、ギャラリーは温かい声援を送っていた。タイガーが大きな声援をもらわない試合はないが、この試合は特に彼がホストでタイガー・ウッズ・ファンデーションのための大きな寄付が集まる週だ。アメリカ軍従事者とその家族を応援する試合でもあり、今週は1週間で2万から3万枚の無料入場券を現役軍従事者とその家族に配布。

そのギャラリーの声援に感謝してだろう、タイガーにはめずらしく次のホールに行くとき、ロープ外のギャラリーから差し出されて手にタッチして歩いていた。

ともかく、わたしが言いたかったのはcoldsweats01、タイガーがホールアウトして上がってしまうと、コースの熱気、ギャラリーの気の高揚がすーっと下がってしまったのがテレビを見てさえ分かった。

*

の最終日のように、突出して強いプレーヤーが上位にはおらず(そもそもフィールドにいなかったが)、誰が勝ってもおかしくないというのが10人も団子状になっていると、えてして一番来そうもない人が勝つものだ。

結局優勝したトロイ・メリットもそんなプレーヤーだ。

この試合を入れ最近10試合のメリットの成績。CUTは予選落ちのことですね。言っては何だが、見た目も冴えない人でcoldsweats01、額の髪の毛は後退し、真っ黒で太い眉なのに、あの顔中毛だらけなのはいったい何を考えているのか・・・わたしは若いのが顔の毛を伸ばしているのは嫌いなんだ。

古い世代のプロゴルファーで顔に毛をはやしているのは誰もいない。アーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、トム・ワトソン、もっと下の世代でもチャンピョンズツァーに行ったジョン・クック、マーク・オメーラ、ケニー・ペリー、フレッド・カプルス。みんな顔がすっきりしている。(笑)

話が脱線したけれど、石川遼だって勝って少しもおかしくない・・と思うものでした。来週のWGCの裏試合、バラクーダ・チャンピョンシップで8試合連続出場になるそうだが、フェデックスポイントが125位。さらに上がるように、頑張ってほしい。

クイックン・ローンズ・リーダーボード

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

全英女子オープン@ターンベリー終了

先週は月曜日から日曜日までトワイライトでハーフラウンドを2回、ほかに練習場で球を打ったのが3回。

昨夕はランチョで練習したが、蒸し暑くて最初は気分が悪かった。(そうまでして練習しなくてもねー)

車に戻って顔を見たら、汗がたらたら!新陳代謝に良いかもしれないと思ったけど、どうかしら。

そういうわけで月曜日にアップしています。

*

さて全英女子オープンのほう、ライブではほとんど見ていなくてさきほどDVRで最終日を見た。(正直言って、タイガーが出る週はほかのツァーの試合はおろそかになる。coldsweats01

Womensbritigh_sun_inbee_s

PGAツァーの中継途中のゴルフニュースでそのハイライトが写り、インビー・パクのスイングの良さに「なるほど、これは勝つはず」と納得した。彼女は独特なスイングをするので、高く評価しない人もいるが、今日はその動きは大変に綺麗だったと思う。

土曜日終了時のスコアは-8が2人、-7(スザンヌ・ピーターセン)、-6(宮里美香)、-5が3人。突出したロースコアは出ないと思うので、優勝はスコアー5から上位から出るのではと思った。

美香さん、初日から3日間の寒さや風の厳しいコンディションをサバイブして、4位、首位と2打差の位置に残ったわけだから、優勝のチャンスは大いにあると思ったのですが、1日で7アンダーも出す人がいてはたまらない。パットが入ってなかったですねー。金曜日のコンディションはひどかったらしいが、日曜日もバック9では風があった。風があるとラインとスピードが合ってないと入らないということでしょうか。

インビー・パクのパットは入っていたから、どれだけ彼女がピュアに打っているかがわかる。

Womensbritish_sun_jinyoungko_s

韓国の20歳、ジン・ヤン・コーはメジャー初めて、LPGA出場も初めて、リンクスコースも初体験でこの好プレーと初日からもてはやされていたが、良いスイングしてる!

いっとき12アンダーでインビー・パクと並んでいたが、13番でパーパットをパチンと引っ張って外しボギー。16番でセカンドをグリーン下のクリークに入れた。残り距離146Yからというから、ミスヒットだったのでしょうねー。

しばらく下を向いていて、彼女の年齢を思うとちょっと可哀相だった。

4日間これだけ健闘したのにと慨嘆するファンもいたが、タイガーだって、土曜日たった1打のミスがダブルボギーになって悪いほうへいく流れを食い止められなくなったのだ。(笑)

これからアメリカLPGAに進出するつもりなのでしょうか?ゴルフのために生まれてきたようなプレーヤーだとバッグをかついだ地元キャディーが言っていたが、将来は明るいでしょう。

Womensbritigh_sun_soyeonryu_s

Womensbritighs_sun_lydia_s

結局上位に来るから、やはりすごい。サン・ヨン・リューとリディア・コーが3位タイ。リディア・コーは2、3週間前、今シーズンが終わってからと言ったのか、あるいは特定の試合の後と言ったのか失念したが、しばらくLPGAから離れ、家に帰ると発表した。「ホームシック」だと言ったそうだが、無理もない。

プロ転向して17歳から異国を転戦しているのだ。アマチュアで試合に出ていた頃はいつもコースでにこにこしていたのに、この頃は笑顔が少ない。

*

Womensbritish_sun_minjeelee_s

もう一人、韓国出身オーストラリア国籍のミンジー・リー。最終日はオーバーパーを叩いて、-4、9位タイだったが、この子は本物のゴルフエリートじゃなかろうかと思う。ショットの音が違う。

*

クイーンビー(女王蜂)・パーク。現在のLPGA若手で一番好きなプレーヤーです。彼女のディタミネーションはすごいと思う。彼女は勝つためにゴルフしている。今週は背中の痙攣で火曜日のプロアマも休場したぐらいで、本人は「成績に期待していなかったからだろう」と言っていたのが、ほんとかしら。(笑)

初日にティーオフする前は期待していなかったかも知れないが、最終日の彼女の目付き、顔付きはどう見ても絶対勝つぞと語っていましたが。(笑)

最終日のハイライト

リーダーボード

*

男子ツァーのことはまたのちほど別記事でアップします。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ