« 全英オープン第1ラウンドピンポジション | トップページ | 第144回全英オープン2ラウンド目終了 »

全英オープン1日目終了

セントアンドリュース・オールドコースはThe Open開催コースの中でも容易なコースだとよく言われる。距離は比較的短いし、風さえ吹かなければスコアが出るそうだ。

その上、雨で例年より青々とし、グリーンも硬くないから朝スタート組はバーディがおもしろいように出た。フロント9で29を出したデビッド・リングメース、アマチュアのポール・ドゥーンも前半バーディ4つ。

今となっては古(いにしえ)の感があるメジャー優勝者のラティーフ・グーセン(66)、ポール・ローリー(66)、シャール・シュワーテル(67)、前回セントアンドリュース開催の年に優勝したルイス・ウーストハイゼンも67。

Th_dj_7under

今年の全米オープンで苦渋をなめたダスティン・ジョンソンは今週の有力な優勝候補だが、期待を裏切らず、イーグル1つ(パー5で7番アイアンを打つのだから叶わない)、バーディ5つで7アンダーの首位。彼はトップの位置で左手の甲を曲げるので有名。これでエクストラに大きく切り返しするから飛距離が出るのでしょうかね?

今週始める前の記者会見で、ジョーダン・スピースのグランドスラムの可能性を聞かれ、表情も変えず、「僕が次だから・・」と言ってのけて大したものだと思った。

そのスピースもメジャー狙いの意思を隠さない。バック9でスコアを2つ落としたが、最後にはバーディで1つ取り戻し、67。いやはやそのタフなこと、恐れ入る。

今、もっともパットが上手いプレーヤーと言われているが、今シーズンのスタティスティックで、20~25フィート(6~7.5m)のパット率が1位、15~20フィート(4.5~6m)のパット率が5位。短いパットを時々ポロっと外すのが欠点で、4~8フィート(1.2~3.2m)のパット率が168位。今日も17番で短いパーセーブパットを外していた。

*

わたしはタイガーを見るために徹夜で朝スタート組の中継を見たので、午後組がスタートする前に寝てしまい、最後の1時間を見たのみだが、かなり厳しいコンディションに変わっていたようですね。

Th_zach_66_afternoonwaver

終わり3ホールのミケルソンは疲労困憊した顔をしていた。70は良いプレーだったと言えよう。風が強くなった午後で、スコアを出したのが、「ブルドッグ」のアダナを持つザック・ジョンソン。66。ヨーロッパツァーのダニー・ウィレットも午後組で66。

*

Th_tiger_swilcanburn_75

さてさて、2週間前のグリーンブライアー最終日でほぼミスショットなしのゴルフをしたタイガー。過去2回も優勝しているこのコースで期待されたが、1番アイアンのティーショットでミス。セカンドをダフり、グリーン前のスウィルカン・バーンに入れボギースタート。

それで、本日のトーンが決まってしまったかのように、アイアンの距離は悪い、パットは入らない、チップは大ショートと良いとこなし、多くがロースコアを出している最中だっただけに見るも無残なゴルフであった。76の4オーバー。明日の天気予報からみて、カットラインは2オーバーか3オーバーになるのじゃないかと推測するが、さあ予選通過出来るか・・・。

金曜日は朝は寒い雨が降り、風も強く、午後のほうがマシになる予報が出ている。その通りなら、木曜日午後スタート組は金曜日も悪いコンディションのほうに当たるわけだ。明日は多くが、今日のスコアを維持出来ないのではないかと予測される。ということで、第2ラウンドは午後スタート組のプレーを優先して中継を見ようと思う。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 全英オープン第1ラウンドピンポジション | トップページ | 第144回全英オープン2ラウンド目終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全英オープン第1ラウンドピンポジション | トップページ | 第144回全英オープン2ラウンド目終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ