« お上りさん渋谷へ行く | トップページ | 第115回全米オープン予選終了 »

全米オープンまであと4日

関東も梅雨入り。もう日中の外歩きは限界になってきた。今日午前中に娘宅から息子宅に歩いてきたが、娘のうちはマンションの6階だからベランダに出ても風が通って涼しかった。下へ降り、近くのパン屋(ここらのベーカリーと美容院の多いこと、いかに成り上がりで怠け者の主婦が多いかわかろうというものだbleah)に寄って店を出て来る頃にはむっと暑くなり、無料サービスのコーヒーをもらったことを後悔。

熱中症にならないよう、日傘を差し(陽なんか照ってないのだけど)、ゆっくりゆっくり歩く。何度も書いたが、元は山だったところをけずって住宅地にしたから坂が多くて、暑い時は汗が数倍出る。体から顔から汗がタラーリ、タラーリ。

ほうほうの呈で着き、4歳の孫が、「あっ、おばあちゃんが帰ってきた」と迎えてくれたのが何よりの清涼剤であった。smile

*

テレビをつけると日本LPGAのサントリー・レディースオープン、BSフジ1番ホール中継がやっていた。JLPGAのサイトには生中継と書いてあったのに、録画じゃないの。

そうして夕方のフジテレビの中継を見た。ゴルフ業界に働く方から一般のゴルフファンまで、戸張さんの解説を嫌う人が多いと思っていたが、むべなるかな。わたしに言わせれば、彼はコースの説明、解説は上手いが、プロのプレーの解説はしょせん、ロープ内で生きたことがない人だから・・・。

成田美寿々、16番池越えパー3で見事バーディを取り、2位のイボミに2打差をつけたあと、次のホールで「1打差と2打差ではティーショットを打つときの気持ちが違います。」・・・そんなことはわたしでも言える。

17番グリーン、イボミがすでにバーディパットを外したあと、成田のパットを「これをトゥーパットしてもトゥーストローク差ですからね。」・・・は、それは分かってます。トゥーパットはともかく、トゥーストロークは『2打差』でいいんじゃないかと。(爆)

18番ホールで、(4日間首位を続けて優勝することを)「英語で”ワイヤー・トゥー・ワイヤー”と言いますが・・」・・・それはそうだが、NHKEテレの英語の時間じゃないんだし、う~~~~む。

ところで、わたしは日本に住む長女にしばしば日本語を直される。この前は冷麦を食べるときの「つゆ」を「タレ」と言ってしまった。デパ地下で食べ物を買うときも言葉が出てこなくて、適当なことを言うが、売り場の人は勘がいいから通じている。coldsweats01

日本のLPGAプレーヤーは名前だけは知っているとか、顔もゴルフニュースの写真でという人がほとんどなので、中継を見る度、新鮮だ。成田美寿々は細く上がった目にあの髪型がよく似合って、なかなか魅力がある(プロゴルファーとしての面構えの話)。彼女は今年10月で23歳になるのでしょ。すでに7勝は強いプレーヤーですね。

*               *              *

早くも全米オープンまで数日になりました。今年開催コースのチャンバーズ・ベイは非常に興味深い。

一つは、海沿いの本格的リンクスコースということ。実をいうと、わたしの生意気なコース観ではスコットランドやアイルランド以外では本当のリンクスコースは有りえないと思っているが、チャンバーズ・ベイは見た目と立地条件はかなりのリンクスだ。

残念ながら自分の目で見たことはないが、たまたま2010年同コース開催の全米アマチュアの中継を多少見ていた。金曜日だったか、土曜日だったか風が強く、コースのタフさは出場者が気の毒になるほどであった。その年は決勝マッチでピーター・ユーレイム(オクラホマステート大学)がデビッド・チャン(スタンフォード大学)を破った。

ちなみに、ユーレイムはプロ転向後、PGAのQスクールに落ちたので、ヨーロッパに渡り、ヨーロッパツァーで1勝。今も同ツアーでプレー中。

チャンバーズ・ベイには3,4週間前から、出場予定プレーヤー達が続々と練習ラウンドに行っていますが、メモリアルトーナメントの週の日曜日から火曜日までに行ったタイガーは寒い雨が降っていたため風邪を引いていた。ハーフで3時間以上もかけてグリーン周りとグリーンを特に入念にチェックしていたということです。

全米オープンの間は20度前半の気温で、毎日晴れの予報になっている。風が吹いたらさぞおもしろかろうとわたしは思っているが。smile

画像が悪いですが、2010年の全米アマチュアのハイライトビデオが、一番試合でのコースの様子がわかると思うので最初にアップしておきます。ユーレイムの21歳の誕生日に優勝。8月なので芝が枯れた色だが、来週の全米オープンではもう少し緑色と思われる。

次はチャンバーズ・ベイのコースマネージャーがコースの紹介をしているビデオ。フロント9の中ばにタフなホールが続き、フロント9の終わりとバック9の初めのほうは少し息抜きできる。13番ホールから最終までは頭が狂いそうになると表現しています。

13番はパー5を全米オープン用にパー4にした。15番パー3は左右のいろいろなティーを使ってさまざまに変化する。全米オープンでは165Yからフルバックの246ヤードまで少なくとも3つ違うティーからプレーするだろう。フェアウェイは広いが、ピンを狙える場所となると、20ヤードの幅以内に限られたりすると言っています。

すでに第1ラウンドの組み合わせとティータイムが発表されています。

8:06、10番ホールから松山英樹、グレーメ・マグドーウェル、マット・クーチャー。

1:22、10番ホールから石川遼、ルーク・ドナルド、JBホームズ。

2:28、1番ホールからタイガー、リッキー・ファウラー、ルイス・ウーストハウゼン。

組み合わせとスタートタイム

Practice2_hideki_june13

昨日練習ラウンドをしている松山。彼がメジャーを勝つとみているアメリカ人ゴルフファンは多い。リンクスタイプではないコース開催の全米オープンだろうと予想する人がいたが、どうでしょうね。いずれ楽しみです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

« お上りさん渋谷へ行く | トップページ | 第115回全米オープン予選終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お上りさん渋谷へ行く | トップページ | 第115回全米オープン予選終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ