« 第115回全米オープンとチャンバーズ・ベイ | トップページ | ミケルソンの違法ギャンブル疑惑 »

日本の思い出

日本滞在の後半、2歳男児の孫が風邪を引いていて発熱2日間、熱が下がっても咳と鼻がいつまでも出ていた。うつったら大事と思ったが、うつってしまったもよう。

飛行機に乗るというのに咳が出だし、韓国でマーズも流行っていることだし近くの席の人は嫌だろうなと恐縮していたら、左臨席の若い男性はブーンと鼻をかみ、右臨席の中年男性はわたしのような咳をしている。今度はこっちがうつされないかと心配になり、勝手なものだ。

日曜日夕刻遅く着いて、翌日まではまだ元気もあったが、以来微熱とはいえ熱が下がらないし、肺が破れそうな勢いで咳が出るし、関節は痛いわで、病人から脱出出来ない。

そういうわけで、まだ付近のゴルフコースも見ていない。実は見るのが恐怖だ。わたしがロスを出る前でさえ、ゴルフコース、公園、学校など大きな施設での水使用量を25%減らすと言っていた。住宅ではスプリンクラーの散水は週2回に制限。うちの近くでも、いくつかの家では前庭の芝が完全に枯れている。

ロスは夏は全く雨が降らない。人工的に水をやらなければ、芝生はあっという間に枯れ草色になり、ほどなくハゲ地でコチコチの土になってしまう。

*

わたしは、というかわたしの肺と気管支はロスの気候が合っていないのかもしれない。

去年帰国した時も、最初はロスからひきずって尋常じゃないほど咳が出ていたのに、1ヶ月日本に滞在すると咳はまったく止ってしまう。今年もそうだった。最初は歯医者で咳が出たらどうしようと心配だったが、後半は何も飲まずにすむほど咳は出なかった。極端に乾燥したロスの大気は、呼吸器系が弱い者には堪えるのかも知れない。

日本の、あの湿気は実に不愉快だが、肺にはあたかも吸飲器で水蒸気を入れるようなものだろう。ということで、わたしの部屋は加湿器をたいている。think

*

日本では運動のため、あるいは買い物、あるいは娘宅と息子宅への往復で、雨降り以外は毎日1時間は歩いていた。目的がなく歩くのは腐るから、ある夜駅前通りのBook Offの店へ。

クーラーがついてない店内で、吹き出る汗に閉口しながら、本を物色。選んだのが、落合信彦の「無知との遭遇」(2010年)と藤原正彦さんの「国家の品格」(2005年)。後者は2006年に265万部の売り上げだったそう。両方ともおもしろかった。一見、両者は違うことを言っているように感じるが、実は英語ぐらい話せなければ世界に通じないと主張する落合さんと、小学生から英語を習わせることはない、まずは一に国語、2に国語、3,4が数学という説の藤原氏は、底では日本人に同じことを期待、求めているのかも知れないと感じた。

まず、日本人として国語を身につけるは、ほんとに笑い事じゃない。子供達の日本語力、会話能力は明らかに落ちている。

「うんとね、あれ・・・、〇〇がね、えーっと...」←これが小学校5年生なのだ。しかも頭も良いし、学校のお勉強も不足はない出来の子がこうだ。

お喋りな子でも話を聞いていると、それは友達の話なのか、自分の話なのか、テレビで聞いた話なのか、最後まで分からない。こちらが、「それはRちゃんのことなの?」と聞かなければならない有様。

主語、述語、目的語。あるいは、誰がいつ、どこで何をしたという構築され出来ていない。

前述の藤原氏は以前、アメリカの大学で3年間数学を教えていたそうだが、当時のアメリカの大学生の数学力は、理数系の学生で日本の高校生並、文系の学生で日本の中学生並であったという。

2004年には少なくとも日本の小学生の数学能力はアメリカの小学生のそれと同じレベルになってしまったそうだ。例のわけわからん「ゆとり教育」の悪しき"成果"でしょう。

言いたくないですけども、ロスの孫は今月7年生が終わったところで、13歳。9月に新学年が始まるにしても7年生というのは日本の中学1年生です。今回日本の中学2年生の学校でやっている数学を見せてもらったら、ロスの7年生の数学のほうが進んでいた!

これには愕然としました。両者とも、地域の公立中学に通っています。

誰しも知っているように、日本ほど急激に高齢化している先進国はないし、少子化で、社会を担う人員も先人の時代より激減するわけだから、今いる子供達を賢く、有能で、大志を持つ人間に育てねば、日本沈没してしまうだろうと思う。

*

やり残したことは、日本の田舎の景色を見たかったので、在来線でも北陸新幹線でも乗って小旅行したかったが、歯医者の治療が終わった頃には梅雨にかかってしまってとても出る元気がなかった。

日本は都市を出ると、わりとすぐに田んぼを見かける。田んぼが見えるのは、実に精神衛生に良いと思うのですが、このごろは去年か一昨年まで田んぼだったのじゃないかという跡に何も植わっていなくて悲しくなる。

後悔がなかったのは食べることだった。料理というのは素材が良くなければしょせん美味しく仕上がらないし、素材が良ければ、適当に作っても美味しく出来るものだ。

わたしは和食だか洋食だかイタリアンだか分からないようなものを食べるのは嫌いで(いったいなんのために、食文化ごちゃ混ぜのものを作り客に出すのか?)、外食で行ったところはとんかつ屋、うどん屋、鮨屋であった。それしか作らない店は味が良いと思う。

外食以外では日本のデパ地下ほど素晴らしいものはないと思う。しばしば孫へみたらし団子、餡子の団子を買いました。

*

ところで、日本ゴルフツァーでは初めての開催で、HANDAグローバルカップが山梨県でやっている。招待で、イアン・ポルター、チャール・シュワツェル、ジェイソン・ダフナー、チャーリー・ホフマン、ジョン・センダンが出ている。無人で自動で動くゴルフカートがおもしろかったらしく、ダフナーがツィッターにビデオをアップしていた。

メジャーのあと、ジェット・ラグもあるだろうし・・・と思ったが、みなそこそこのスコアを出している。チャンバーズ・ベイのあとでは、コースも容易、グリーンはスムーズでパットも入るというものでしょう。

ではまた。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 第115回全米オープンとチャンバーズ・ベイ | トップページ | ミケルソンの違法ギャンブル疑惑 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第115回全米オープンとチャンバーズ・ベイ | トップページ | ミケルソンの違法ギャンブル疑惑 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ