« 第2ラウンド/フィーチャード・グループライブストリーム | トップページ | ゴールデンウィークゴルフ/Fカントリークラブ前編 »

プレーヤーズチャンピョンシップ予選終了

今日の横浜は気温20℃か21℃ぐらいではなかったかと思うが、午後遅くシャワーの予報が出ていたぐらいで湿度が高かった。

娘宅に届け物をするのに、いつもと違う道を歩いたら、遠回りしたのか40分もかかり、帰路デパ地下でサバの開きの味醂干しなど買い(smile サバが好きなのだけどロスではなかなか食べられない)、再び歩いて愚息宅に戻った。数十年前、東急が山を崩して造った住宅街だから、この辺は坂が多く、着く頃には服の下で汗が流れ落ちていた。

嫌だぁーーーーー、この湿度。3年連続旱魃のカリフォルニアから来た身には堪えます。

*

プレーヤーズチャンピョンシップはNHKBSで、たった1時間の中継。ゴルフチャンネルで2時間のハイライト。しかし、PGAツァーのサイトで、昨日はタイガーの全ホールライブ中継がネットのストリームで見られて、嬉しかるがる。終わったのが午前2時半ごろだったと思う。

ここ4年、予選カットラインはイーブンパー、今年もその数字だろうと解説者はいう。タイガーは1オーバーで10番ホールからスタート。

初日ほど風が強い予報は出ていなかったし、朝スタートなので、アンダーは容易に出せるだろうと思ったが、やはりティーショットが悪い。11番パー5、ドライバーで右ラフ。12番344Y、3Wでのティーショット、打った途端"No!"の声。松の葉で被われた左ラフからのボールはグリーンで止らず、ボギー。

アイアンも良くない。13番パー3、171Yではグリーンにショート。14番461Y、ドライバーは良いスイングでフェアウェイをキープしたと思ったら、152Yからのセカンドを左に引っ張る。15番、16番で連続バーディで、イーブンパーに戻した。

難しい17番と18番をパー。後半に入り、1番で3Wで怒フック、左ツリーライン。距離は170数ヤードしか出ていなかった。再び1オーバーへ。まさにシーソーのように上がったり下がったり。

ボギー、バーディ、パー、ボギー、バーディ、パーと1アンダーで来た7番431Y。ドライバーでのティーショットは右ラフへ行き、ボールはバミューダグラスにもぐっている。右の大きな木を避けて低いショートで左に抜いたが、ボールはグリーン左バンカーの奥のラフ。きつい爪先下がりからタイガーならではチップを打ったが、10フィートのパーセーブパット入れられず。1オーバーへ。ビデオ↓

残り2ホールで、最低でもイーブンパーにしなければ予選落ち。タイガーファンも固唾を呑んでプレーを見る。予選通過を願う動機は、人それぞれだろう。わたしなんぞは、何でもただただタイガーのプレーが見たいほうだ。coldsweats01

9番588Y、タイガー、1Wでフェアウェイキープ。見ろ、やれば出来るじゃないか。happy01 セカンド、アイアンで良い位置にレイアップ。ピンはフロント左寄り。3打目、102Yからピンハイ左9フィートへ。

カイマー、20フィートからのバーディパットを外し、アダム・スコットはピン下10フィートからのバーディパットを外す。

タイガー、予選通過がかかるバーディパット。こんな場面で9フィートを外すタイガーではない。スルスルスルーと転がって、ストンと入る。71、トータルイーブンパーで予選通過。まるで優勝パットのようなギャラリーの沸きようだ。ビデオ↓

そういうわけで、機嫌良く寝たが、朝6時からのテレビ中継には起きれず寝過ごした。

-5、首位タイでスタートの松山は2オーバーを叩き順位を落としたが、ハイライトを見ると、グリーン周りのラフからなど、テクニックが上達しましたなぁ。メモリアルの優勝者にそんな誉め言葉も失礼というものだろうが、PGAツァー参戦2年目、どれほど練習してきたことかと思う。

最近の石川遼はスイングが良くなったと感じる。飛距離を伸ばすためのスイング改造をしていたのか、いっときスイングが暴れていたように思う。

ゴルフネットワークで、彼ら二人の日本語のポストラウンドインタビューを見ていたが、両極端ですね。松山は言葉が少なく、自分のプレーを一々説明する気はないようだ。遼君はよく話すうえ、質問に丁寧に答える。

批難する人もあるが、わたしはどっちが良いとか、適切とか思わない。人はみんな同じである必要はなく、ゴルファーもしかりだと思う。どちらが好みかと聞かれると、プレーヤーとしてのメンタリティーという意味で、松山のスタイルのほうが好きだ。彼はおそらく、メディアとごたごた話している時間があったら、1秒でも長く練習したいのだ。

タイガーだって、それが許されるなら、インタビューなど受けたくないだろう。

3日目、タイガーはカナダのグラハム・デラエートと9:10。松山はバッバ・ワトソンと11:50。石川遼はイアン・ポルターと12:40。

リーダー・ボード

昨夜と同様に、PGATOUR.comのWatch @ Liveでフィーチャード・グループの全ホールがライブストリームで見られます。午前はもちろんタイガー組。日本時間夜10時半には、始まると思います。

PGATOUR.ライブストリーム (これで見られると思います)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

« 第2ラウンド/フィーチャード・グループライブストリーム | トップページ | ゴールデンウィークゴルフ/Fカントリークラブ前編 »

プロツァー」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2ラウンド/フィーチャード・グループライブストリーム | トップページ | ゴールデンウィークゴルフ/Fカントリークラブ前編 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ