« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

揺れる日本列島

わたしが帰国して1ヶ月半になるが、まず初めは箱根大涌谷の水蒸気噴出(箱根は横浜から近く、もっとも手軽なリゾート地だったのに残念)、それから埼玉が震源地の地震があった。(埼玉では震度5弱) 

次は、ほんの昨日金曜日、口永良部島の新岳が噴火。

昨日の今日で、さきほどは小笠原が震源地でマグニチュード8.5の地震!ここ横浜市東部は、怖いというほどではなかったがゆーらゆらと長く揺れた。

ゴルフネットワークでミズノオープンの再放送を見ていたわたしはすぐにNHKに変えた。2階から嫁が幼児2人と一緒に階下に下りてくる音がしたので、わたしもリビングルームへ。

大した被害はなかったようで何よりだが、『この地震で停電し、東海道新幹線は運転を見合わせています』とニュースが言ったときには、嫁と「えーっ、今の地震で停電したのー?」と呆れる。地震のあとは、異常がないか点検のため新幹線は止るものと思っていたが、停電とはね~。

『東京電力は停電の原因を調べています』って・・・。

もっと驚いたのは生中継の渋谷駅ハチ公口に来る人の多さ!地震のあとほどなくで、ああ多いようじゃ、電車が動き出すまでにどれだけ増えるやら。

わたしが来週の平日でも渋谷へ映画を見に行くと行った時、渋谷は人が多すぎるからやめとけと息子と娘両方に言われた。ともかく、どこもかしこも人がうじゃうじゃ、ぞろぞろと歩いているのだそうだ。わたしが子供達を連れて渋谷に出ていた頃とは人の数が違うのだという。(ちなみに30年以上前の話です・・・爆)

いやはや中々安住の地もないものですね。日本では再び大地震が起こって原発がころころ倒れるかも知れず、アメリカに戻っても迎撃態勢が整わぬうちに北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもだ。

*

昨日の記事に、ヨーロッパツアーのアイリッシュ・オープン開催コースをニューキャッスルと書きましたが、コース名はロイヤル・カウンティ・ダウンGCでした。

さきほどから3日目のライブ中継を見始めていますが、悪天候の中、初日から多くのギャラリーで、ヨーロッパツァーの解説者が「北アイルランド人はみな今週仕事を休んでいるのじゃないかと思うほどだ」と言っていた。

初日と2日目、両方ともアンダーで回ったのはデンマークのソーレン・ヨルドセン、イギリスのクリス・ウッド、ルーク・ドナルドの3人だけ。

連日最高気温が11,2℃の寒さのうえ、強風に横殴りの雨。今日はまだコースの景色がまともにカメラに写っている。(笑)

素晴らしいコースですが、なぜアイリッシュ・オープンのホストコースになるのが70数年ぶりなのか聞いたところ、あるアイルランド人は、コースのメンバー達は非常にスノッブでプロトーナメントを開催するのを嫌がるからだと言っていた。真実かどうかはわからないが、実に惜しいですね。全英オープンを開催してもよかりそうなものだ。

リーダー・ボード

明日は娘宅で子守。次回はいつインターネット復帰か不明ですが、今日はこの辺で。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

梅雨でしょうか・・・?

日本では運転する車がないので(先日は愚息がめずらしく、『俺の車に乗っていく?』と聞いていたが遠慮した。こんなに運転が下手な人ばかりの街で人の車は責任持てない)、うんと暑い時間は外出をさけるかタクシー(苦笑)、あとは歩いてどこにでも行く。幸い、というか偶然というか愚息一家と長女一家は同じ駅利用のエリアに住んでいる。坂がたまに傷だが、だいたい太りすぎてるんだから、このぐらい歩くのは健康に良い。

・・・・とは思いますが、気温が高い日に湿度が高いのは閉口する。

今日は午後から細かい雨が降りだし、風も出てきて傘をさして歩いてもすこぶる気持ち良かったが、わたしの娘ぐらいの世代の主婦3人組が「今日は寒いわね」と言っていて、驚いた。

娘宅に着くと、彼女はカレーを作りながら窓を閉めているので、ラーメン屋のキッチンのような熱気!! 「除湿ぐらいつけなさいよ!」(あんな暑い日が続いたのに、この娘は風邪を引いているのだ。despair

*

雨にぬれながらの帰路、スポーツ新聞を買いにコンビニに寄り、若いサラリーマン風の人がいた。わたしが立っているそばで彼が100円傘を取るとき、またその後レジの近くで商品を見ていたので、彼の番ではないかとわたしが聞いたときの、この男性のマナーの良さに、ああ日本にもこんな若者がいたと嬉しくて、そこから鼻歌うたいながら帰った。(爆)

言いたくないが(いえ、言いたいです)、こういう住宅地で明らかに一番態度悪いのは主婦ですな。

娘宅の近くは郊外型ファミリー分譲マンションが多く、朝は幼稚園の「園バス」が子供達を迎えに来る。子供達が行ったあと、アホママ達は30分、40分、50分と立ち話。10人近くが、ここらの広い歩道いっぱいを占領して喋り捲る。なぜ時間までわかるかというと、わたしは娘宅の6階のベランダに洗濯物を干すからだ。smile (今度写真撮ってきましょうかね)

毎日、毎日同じ顔ぶれで何をそんなに話すことがあるのか?・・・無いのだ。何を喋っているのかというと、人の悪口だ。(これは「園バス」の停留所が戸建ての自宅前という人の証言あり。coldsweats01

*

彼女らの交通ルール無視の厚かましい運転ぶりには、よくこれで人を殺さないものだと思うぐらい。わたしの観察するところ、交通ルールを無視するというより、ルールに「無知」なのだ。正しい交通法規を知らないうえ、自分中心、車乗っているほうが偉いの態度で運転するから極めて危険だ。

もちろん、たまにはオッサンも同じようなのがいる。しかし主婦のほうが、子供達や乳母車押すお母さんが歩く時間帯の住宅街を運転するので、より悪質だ。

タイヤをパンクさせる鋲を持ち歩き、そんな車の前に撒いてやろうかしらんとしばしば思う。娘に言ったら、「やめなさいよ。それは犯罪じゃないの!」(そんなこと分かってますよ。)

*

それから近頃の学校の先生の怠惰なこと。

これは都会だけの現象だろうか、それとも全国の傾向なのだろうか。「宿題が多いと塾の勉強が出来ないから宿題を出してくれるな」という声が多いので宿題が少ないのだそうだ。shock 

(日本仕様の)ミドルクラスが多いここら辺でも、子供全員が塾に行くわけではない。(娘宅は貧乏人の子沢山なので塾など選択枝にないのだ。)そもそも学校の勉強より塾の勉強が優先とは何という勘違いか。

わたしは、そんなことだから日本の子供の学力は中国に抜かれ、韓国に抜かれるんだ。そのうちアメリカにも抜かれるぞと脅してやる。あんた達が大きくなる頃は、アホばかりになって日本は世界で落ち目になる一方だろうと言ってやった。

*

というわけで、戯言を言っているうち、ヨーロッパツアーのアイリッシュ・オープン2日目のライブ中継が始まったので、この辺にします。

北アイルランドのニューキャッスルというコースは素晴らしいですね。雨と時折の突風になる風で、1日目は厳しいコンディションでしたが、それにしてものローリー・マックロイの初日80(9オーバー)でした。

人の不幸は蜜の味じゃないが、横殴りの雨のなかプロがプレーするのを見るのはおもしろい。これこそ、ゴルフですよ!smile

これより前、このコースでアイリッシュオープンが開催されたのは1939年だったそう!

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

照ノ富士初優勝わはは

我ながら自分は見る目があるのじゃないかと自惚れたくなる。smile

日本に帰国すると相撲を見るが、娘宅や息子宅は小さい孫がいて夕刻はテレビどころじゃない。そこへいくと母宅は静かで毎夕相撲を見ていた。

年に一度しか帰国しないので、有名な白鵬を除きなかなか相撲取りの名前も覚えないが、母に「この人、何ていう名前?わたし、この人好きなんだ。」「いい面構えしてるじゃない?」・・・・と言っていたのが照ノ富士なのだ。

ここ数日見逃していたので、白鵬が2敗のままかと思っていた今日、千秋楽。ちょうど関脇照ノ富士と碧山の一番から見始めた。

Terunofujiaoiyama_may24_2015

あぶなげなく勝った照ノ富士。解説の北の富士が「何も心配するようなことはありませんでしたね。」と言っていて笑った。取り組みの前に、さぞかし予想される悪いシナリオが語られたのだろう。12勝3敗。

そうして、何と白鵬が負ければ照ノ富士の優勝が決まり、白鵬が最後の一番に勝てば優勝決定戦になるとアナウンサーが言う。

この後、照ノ富士が上の画像に写っている白鵬の隣に座り、両者の表情の差が印象的だった。ほとんど視線を動かさず表情を変えない白鵬。横顔が似ている。二人とも眉間の上の骨が出ているが、あれはモンゴル人の骨相なのだろうか。

今場所は白鵬らしからぬ負け方や、危ない勝ち方が見られたが、千秋楽も日馬富士に上手い相撲を取られて破れた。日馬の富士は同じ伊勢ヶ浜部屋の兄弟子ということで、あたかも照ノ富士の初優勝を助けたかのような形になってさらに盛り上がる。wink 

母が先週、照ノ富士のことを、「この人は横綱になるんじゃないかねぇー、強いもの。」と言っていたが、この優勝で大関昇進は確実らしい。わたしも目をつけた力士がさっそく優勝で嬉しい。

Terunofuji_flag_may24_2015

伊勢ヶ浜親方が優勝旗授与役で、相撲部屋の親方も今日び大変だろうが、日ごろの苦労も報われた日でしょう。

北の富士が、「こういう優勝争いに日本人力士が一人、二人は入っていてほしい。」「(外国人力士との)差は一向に縮まっていない。」と苦い表情で言っていたが、外国人力士を受け入れたときに、日本人のみの大相撲は終わってしまったのだから、今更何を、とわたしは思う。

ロスにいると見られないことは、日本でぜひ見たいと感じるが、桟敷席に座るのが嫌なわたしはまだ大相撲は見たことがない。たとえ正座しなくても、あんなところに何時間も座っていては、立ち上がれなくなること間違いなし!coldsweats01

しかし、いつか行ってやるぞ。というわけで楽しい5月場所でした。

*

あまりゴルフをしないのも、大きな筋肉を使うことがなくなって肩が凝るので今日久しぶりに練習場へ。

25℃という予報が27℃に上り、湿度は80%ぐらいあったのじゃなかろうか。それに1時間20分も打席待ちにかかった!! 打ちっぱなしでああ蒸し暑いんじゃあ、コースに出たら熱中症間違いなし。わたしはそうまでしてゴルフする気はない。

本日の収穫は打席待ちの間、ロビーのテレビでアメリカのシニアPGAチャンピョンシップ3日目を見られたことだ。smile 

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

下手なのと違います?

日本はゴルフの中継が少ない、時間も短いと文句を言いつつ、だいぶその中継パターンが分かってきた。PGAツアーでは予選はゴルフネットワークで、週末はNHKBSでやることが多いようだ。最終日の中継が1時間50分というのはいくら何でも残念すぎるが。

日本のツァーは地上デジタルで、週末だいたい3時ごろ見られる。

そういうわけで、ここ1,2週日本のツァーを見ていた感想。男子ツァーのギャラリーの少なさには驚くが、日本の男子プロは下手なのと違います?

例えば先週の『日本プロゴルフ選手権大会』。最終日、アダム・ブランドが6打差でリードしていたとは言え、フロント9はイーブンパー。逆転しないまでも、一人や二人プレッシャーをかけられる位置まで伸ばせるプレーヤーが出てもよかりそうなもの。

岩田プロは12年優勝がなくて去年ブレークしてツァー初優勝だったが、12年勝てなかった理由も想像出来るバック9のまずいプレーに驚いた。3連続ボギー!

土曜日は宮里聖志、優作兄弟が同組で、お兄さんのほうは見たことがなかったし兄弟を一緒の組で見るという楽しさはあった。昔からこんな体型なのでしょうかね?think 優作プロはかなり体を鍛えているのが分かる。

淡々とプレーをすると言えば聞こえはいいが、全般に日本人プロは表情がなく、ミスしても口惜しそうに見えない。むしろ、口惜しがっていないのじゃないかと疑いたくなる。(笑)

日本のゴルフ業界に長く働いておられる方が、今のプロは練習しないと度々ブログに書いていたが、口惜しがらなければラウンド後に練習場に直行もしないだろうし、そこが松山英樹と日本ツァーの選手達との差じゃないかと感じる。松山の練習時間の長さは、内部情報ではなく、試合の中継中にしばしばアナウンサーがレポートすることだ。

丸山茂樹さんが先週の解説で、グリーン周りからのチップショットに関して、「日本のプロはパンチが入ったように打って強すぎる傾向がある、もっと柔らかく打つ練習をしたらいいように思う。自分ならそうしますけどね。高麗芝のコースが多いせいもあるかも知れませんが。」と言っていたのが興味深かった。誰かのチップが大きすぎた直後の説明だった。

丸ちゃんの指摘は、日本人プレーヤーがアメリカPGAに行って、その最も苦労することの一つだろうと思う。松山英樹は若い年齢に行っているし(チップ練習場で他のプロの技も観察したことも容易に想像出来る)、早くアジャストして、ショートゲームがあっという間に上手くなったように思う。

松山英樹ばかり誉めるつもりはないが、このツァーから出て行ってPGAでツァーカードを維持しているのだから、彼も石川遼も大したものだと感服する。

*

対して、女子ツァーのほうはほとんどの試合は見ていて楽しい。3日間競技が多い点はわたしは好きではないが、開催コースも良い。距離が短くてもいいので、チョイスが広がるせいだろうか。

プレーを見ていて、アメリカのLPGAプレーヤー達との差はおそらくパットだろうなと感じる。

今は突出したプレヤーが出ず、トップ選手達も入れ替わる。

上田桃子ちゃん、いつからあんなにパットが入らなくなったのだろう。それとももともとパットは強くないのだろうか。先週の『ほけんの窓口』では連日パットで2,3打は落としている気がした。

あれほど強かった森田理香子もどうしたことか。あの髪型がゲンが悪いのじゃない?coldsweats01

ギャラリーは多いですね。先々週出ていたジェシカ・コーダがギャラリーの多さに驚いたと言ってたそうだが、アメリカLPGAは幾つかの試合は少し取り戻したが、まだまだ少ない。

見ている限りでは日本ではグリーン周りからも男子プロより上手いと思った。smile 同じコースで男子に7000ヤードのティー、女子に6000ヤードのティーからプレーさせたら女子が勝つのじゃないの?

私見ではアメリカでは逆と思う。男子と女子のゴルフ力の差は、グリーン周りからのショートゲームと感じる。チップショットやバンカーショット。コースセッティングがタフだからでしょうね。

ということで、ゴルフ中継は見られても、ブログ更新が出来なかったり、ネットアクセスがなかったりでなかなか書けませんが、歯医者通いと子守は続く・・・。think

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

このごろの日本

愚息から聞いた話。

「最近の若い子はねー、日本語もろくに喋れないヤツが多いよ。」

「うちの会社のヤツがさぁ、『カクショ、送ってきました』って言うから、カクショって何?って聞くと、『カクショです』って。」

「持ってきてみって言ったら、覚書(おぼえがき)だったよ。」(爆)

「これ、オボエガキって読むんだよ。おまえ、大学出て何なの?って言ったんだけどさぁ。」

もう一つの話。

「新入社員にさぁ、△△(会社名)の〇〇さんのところに、これ届けてって車で行かせたんだ。」

「あとで、おまえ届けてきた?って聞くと、『ハイ!』って。誰に渡したのか聞いたら、『代役の方に渡しました』って言うんだよ。」「おまえ、代役じゃなくて代理の方にだろう?」(爆)

漫才のネタのような話ですが、こんなことはしょっちゅうだそう。

家族間でも会話がないことから全ては始まっているのは明らか。

しかし、今日息子宅で留守番している時、何とか証券の新規顧客開拓のセールスマンからの電話は日本語が立派だった。かなり若い人とみたが、つい嬉しくなり、わたしも思い切り丁寧な言葉で上品に答えてあげた。(笑)

*             *

スマートフォーン。

アメリカでもスマートフォーン中毒者は多く、かなり多くの交通事故は運転手が電話の画面を見ていたり、テキストメッセージを送っていたのが原因と見られている。ロスで運転していて、前後左右の車で、運転しながら目を下に向けている人を目撃するのは毎日のことだ。

このところわたしは年1ペースで帰国している。今回は格段にスマートフォーンを見ながらの歩行者が増えていると感じる。

ここら辺は新興住宅地で、歩道も広いところが多い。歩行者が安全な分、なおさら携帯を見ながら、前方にまったく注意を払わず歩く。

今夜もマッサージに向う時、駅方向から来る高校生の女の子と正面衝突しそうだった。どのぐらい近寄ったらその子が気がつくか試したが、わたしの正面60cmに来た時、やむを得ずを声をかけたら飛び上がっていた。smile

*            *

防衛についてトンチンカンな人々。

この度、提出された法案の前も、自衛隊は「軍隊」だった。日本を防衛するときのみ軍事力を使うという限定であったが「軍隊」という本質には変わらない。

「軍隊」に入るのに、武器をもって戦うことなと有りえない前提で入ったのだろうか?

今回の法案で、感想を聞かれた自衛隊員が「この法案のおかげで海外に派遣され、命の危険にさらされることになっては困る。家族もいる身なので。」と答えていてわたしは驚倒した。ではこの人は、国内で自然災害が起こったときに、救援に行くのが自衛隊の仕事と思って入隊したのだろうか?

日本の国と日本国民を守るのが職務などとは毛頭考えてないと言われてもしょうがあるまい。

そうして、自衛隊員の息子を持つ母親も、うちの息子に何かあったらどうしてくれるんですという論調で、これまた驚倒した。

日本人は平和や安全はタダではないということが分かっていない人が多い。中国が近海で何をしているか、北朝鮮の動き、全世界で起こっているテロを見ただけでも日本はそれ相応の努力、責任分担をして平和維持に貢献せねばならないのは分かりきっている。

以前も書いたが、日本はニュースの時間に海外のニュースが少なすぎる。そもそもニュースの回数とトータルの時間も少なすぎる。気をつけて、BSやケーブルのチャンネルから探さないと、海外の出来事を知らないままに終わる。そこらも感覚がずれた防衛感、世界観になっている理由と思う。

*             *             *

ルースのBB・キングが亡くなりました。89歳。彼のライブは聴いたことがないが、最も好きなミュージシャンの一人です。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

ゴルフ人生初OB/Fカントリークラブ後編

すっかり間があき、後編を楽しみにしていた方happy02、ごめんなさい。

プレーヤーズチャンピョンシップも終わってしまいましたが、NHKBSがライブでプレーオフ決着まで放送してくれ、予選のたった1時間の中継はまあ許してあげよう。think

*

さてゴールデンウィークのゴルフ、午前10時15分スタートの前半は暑くて18ホール回れるかと危ぶんだが、ランチはかき揚げ丼を食べたせいか、何とか元気が出て後半のアウト9ホールへ。

何時頃から風が強くなったか、ともかく風が出て帽子もかぶれないぐらいで、午前のラウンドと違ってしのぎやすかった。まあ風が強いと言っても、我々素人ゴルフレベルには影響ない程度でした。

以下、画像はクリックすると拡大します。

Fuchu1_besidetee_s

1番ティー横の藤棚。もう終わっていましたが、それでも綺麗だった。

Fuchu1_par5_s

1番パー5。このコースを回るのは数年ぶりだったが、こんなに傾斜がきつかったっけ?と感じるほど傾斜があった。これはわたしが歳をとって体に堪えるせいもあるだろうし、カートに乗ってもカート道限定だから右や左の横方向に余分に歩くからじゃなかろうか。キャディーがクラブを運んでくれるなら、わたしはむしろ全部歩きたい。

9日前のことで、あいにくよく覚えていないのだが、ティーショットもセカンドショットも3打目もミス、やっとかっと4オンしたのに4メートルかそこらのパットが入って、パー。ひっちゃかめっちゃかでスコアも同伴者と数えて「5打」と分かったぐらいだ。

Fuchu2_coursephoto_par3

2番パー3。スコアカードには124ヤードと書いてある。この画像はコースサイトから拝借。かなり上っているように見え、7Wを打ったと思うが、怒トップ風味でミスショット。花道からのチップもトップ風味。

ボールはころころころころ、グリーンの奥へ転がり視界から消えた。「あぁー、奥に転げ落ちたぁー?」 ちょっとの沈黙の後、「OBだね。」「えぇーーーーーっ、奥はOBなの?」「うん、今打ったところから打ち直しだね。」

ショックのあまり、声もない。これが聞きしにまさる、日本のアンフェアなOBかと思い知る。人が待っているのだから、立ち直る間もなく、頭真っ白のうちに再びチップしてエッジに乗っただけ(4打)、5打で乗せて、ファーストパットもわけわかめ(古っ)、パー3で7打叩いたのでした!!

Fuchu2_par3

↑がそのホールのイラストですよ。何でこんなところをOBにせなならんのだ。ぷりぷり。

*

Fuchu3_par4_s

3番パー4。ここはスコアカードでは341ヤードになっているが、右斜め前にティーグラウンドがあり、かなり短かったと思われる(いつもなのか、その日だけか不明)。セカンドは9Wを打って、パーオンパーだった。

Fuchu4_par4_s

4番パー4。ティーグラウンドからのホールの景色が綺麗なホール。グリーン右手前の池は去年の改造で新設されたそうだ。池には入れなかったが、ダブルボギー。bearing

Fuchu5_par4_s

5番パー4。このホールは前が空いたか見るためだろう、キャディーさんが前方の左ラフで待っていた。ワンパットボギー。

Fuchu6_par4_s

6番パー4。この写真は白や青ティーグラウンドから撮ったが、ゴールドティーは画面左後方にある。ほとんど高所恐怖症になりそうな、けったいなティーグラウンドだった。上り傾斜で飛距離のしょぼいこと。左足あがりからの2打目をフェアウェイウッドを打つのはランチョで慣れているはずが、頭叩きチョロなどし、あげく3パットで、ここでも「7」。いったい1日に何回7を叩く気か・・・。weep

*

ここでキャディーさんの話題を。

わたしは日本でゴルフを始め、その当時はどこもキャディー付きだった。ビギナーのうちにロスに引っ越したので、キャディー付きのゴルフをそう多く経験しているわけではないが、この日のキャディーさんは能力がないことダントツだった。

改造してから、ヤード表示も変わり、ティーグラウンドの表示やスコアカードの表示はグリーンセンターまでの距離。フェアウェイの地面にある、残り150、100、50ヤードの表示はグリーンフロントエッジまでである。

例えばこうだ。パー3ホールのティーグラウンドで、「キャディーさん、この133ヤードというのはエッジまでですか?」「はい」

同伴者の上級ゴルファー「センターです!」(爆)

Fuchu7_par3

7番パー3、133Y。画像はコースサイトから拝借。ほかの人は知らないが、このコースのパー3は全て難しい。バンカーが囲んでいるうえ、わたしは飛距離がないのでフェアウェイウッドが要るからだ。

この日、ピンはうんと右。しかし、花道の開口部を蹴上がらせねばならない。グリーン左端をターゲットにフェードを打った(爆)。当然フェードはかからず、しかし運良く左端にオン。4サムのうちオンしたのはわたしだけで、男性陣はおもしろくない様子だった(爆)。

バンカーからホームラン、チップも寄らなかった男性がパットしようとすると、キャディーさんがパターがないと言う。彼女に、もう一人の男性も手伝ってカートのバッグ全てを探す。

「最後にパターを持ったのはどこ?前のホールのグリーンでパター使ってから、キャディーさんに渡したよ。グリーンのそばに置いたんじゃない?」

キャディーさん、速足で6番グリーンへ探しに行く。戻ってくるまでずっと待っているのも何だから、「わたしのパターを使ったら?」と差し出す。男性はやる気のないストロークでショートし、ダブルボギー。

(まあダブルボギーにしたのは腕のせいと思いますが・・・smile

やがて駆け足でキャディーさんが戻ってくるのが見えた。「あ、パターを持ってる!」とみな口々に。

キャディーさんが年配なので、わたしは気が気でなく、着く前から、「走らなくて大丈夫ですよ!」と声をかける。大して息は切らしてなかったが、さすがに水を飲んでいた。

Fuchu8_par4_s

8番パー4。この上り傾斜を見ると想像つくと思うが、もう疲れて何をやってもうまくいかないトーンになり、奥ピンへ長い上りパットが全然届かず、3パットの7!shock

Fuchu9_par5_s

9番パー5。ここがまた左ドッグレッグのうえ、上っているからプレー距離が長くて、お決まりのようにダボを叩いていつもはランチになるわけだけど、この日は最終ホールとなり、ボギーパットも入れてやろうという根気も消えうせ、やはりダブルボギー上がりだった。

ということで、50/51の三桁、パットは18/15。crying

台風6号は横浜は大したことなく夜中に強い雨が降ったのみ。台風一過は快晴の朝で気持ち良かったが、午後には耐え難く暑くなり、暗くなるまで外に出なかった。もう日本でゴルフは出来ないのじゃないかと思う。このコースは設計が良いので、リベンジしたいものですけど。think

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

*

*

ゴールデンウィークゴルフ/Fカントリークラブ前編

昨夜は再びインターネットのライブストリームでプレーヤーズ・チャンピョンシップ3日目、タイガーとグラハム・デラエートのプレーを見ていたが、目の下に隈を作ってまで見る価値があったか疑問だ。think

今日は母の日でした。息子夫婦にプレゼントと、色紙をもらい、上の男の子(4歳)がわたしの似顔絵を描いて「おばあちゃん だいすき」の文字。涙が出そうになった。子供を生まなければ孫も見られないわけで、あー生んで良かった。smile

*                *               *

プレーヤーズチャンピョンシップ3日目は何か書くほど見ていないし、今日は日本でのラウンド第1弾を書いておこうと思う。去年は3月半ばから3ヶ月近くも帰国していて、このコースを回りたかったが改造工事で夏まで閉めていた。

初めてこのコースを回った時は、グリーンが速くて難しく、ひどい目に遭った。その記憶が頭にこびりついて、2度目に回った時はそれほど速くなかったのに今度はパットがショートしてばかり、やはり3パットが多かった。

ということで早く着いたので、練習グリーンで入念に練習しようと思ったら・・・グリーンが遅い!

かなり打って、やっとカップ周辺に行くようになった。重い分、あんまり曲がらないから短いのはよく入る。

陽射しが既に強く、たいがいで切り上げる。

*

数年前、初めて回った時は、歩きオンリーでした。普段、ロスで乗用カートでコース内乗り入れに慣れているから、きつい傾斜を歩くうち、後半は腰痛が酷かった。その頃、メンバーはお年寄りが多いから、カートを導入したほうがいいのじゃないかと、ネットに書いている人がいましたが、今回はカート道が整備され、どうやら全組カート使用のようでした。

コースはガラガラだったが、なぜかインから回され、それがケチのつき始めだった。bearing

ルフコースというのは18ホール、トータルで設計されているものだと思う。1番ホールからスタートしてこそ、設計者のフィロソフィーが分かろうというものだ。(爆)

あわてる必要もないのに、あたふたとスタートし、スコアカードのアウトに記入し、5ホールも終わって誤記に気がつく有様。ということで、1週間も前で、記憶はおぼろですが・・・。

ティーはトーナメントティー、青ティー、白ティー、ゴールドティーと4箇所。男性陣は最初は白から打っていたが、あんまり短いからと途中から青にしていた。その日は女性の少人数のコンペ(たぶん試合の練習ラウンドか何か)があったようで、白ティーやゴールドティーを使っていた。

ホール写真はどれもクリックすると拡大します。

Fuchu10_par5_s

10番パー5。ティーショットまあまあ、左ラフ。5Wまあまあ。3打目左足下がりから5Wダメダメ、4オンして早くも3パット!bearingダブルボギー。

Fuchu11_par3_s

11番パー3。このコースはパー3がどこも上っているうえ、バンカーが囲んでフェアウェイウッドで打つ身には難しい。5W、完全にミスショットだったわりにはよく転がりthink、右フロントバンカーへ。バンカーショットはプロ並だったが(あっそー)、パット入れられず。

Fuchu12_par4_s

12番パー4。3打目のギャップウェッジをミスし、奥ピンに遠く、お約束の3パット、ダブルボギー。bearing

Fuchu13_par4_s

13番パー4。日本ではめずらしくないかも知れないが、ここの景色はおもしろいと思う。向こうの街並は八王子じゃなかろうか・・?ゴールドティー(292Y)ははるか下。2打目が池にかからないアングルにするために、どこに向かってティーショットを打つか難しいものがあった。どのぐらい傾斜で右に転がるか分からなかったので。ドライバー◎。

Fuchu13_par4_2nd_s

13番グリーン。どこにボールがあってもセカンドは左足下がり。池越えは狙えないから、グリーン左端のラインで打ったつもりが9Wミスショット。花道から右へ右へ転がり、あぁああああああ、池の土手をくるりと回って酷くも池へ。shockピンからのライン、土手にドロップして4打目のチップはピン左、入れてボギー。

Fuchu14_par4_s

14番パー4。このホールはかなり上りがきつく、ティーショットをミス、3Wもミスで3打目で3Wが要る始末。ダブルボギー。

Fuchu15_par5_s

5番パー5。ドライバー◎、3W◎、3W△、4打目のPWをダフってショート。SWでのチップも悪かった。言い訳だが(爆)、フェアウェイもラフも芝が薄く、実に打ちにくかった。これは改造してまだ芝付きが悪いゆえだろうか?ダブルボギー。

Fuchu16green_par4_s

16番パー4。ここもグリーンが相当上っていてプレー距離が長い。ボギー。

Fuchu17_par3_s

17番パー3。ここは最初に回った時、2つのグリーンをくっつけたので横に長いグリーンになったと聞いた。改造でいじったのか不明。ピンうんと左。3Wのティーショットは花道を上りかけて、左バンカー上のラフに止る。ボギー。

Fuchu18_par4_s

18番パー4。ドライバーがミスショットで左ラフ。ダブルボギー。

10:15のスタートだったが、最初の1時間が過ぎた頃から暑くて暑くて(27℃)、18ホール完遂出来るだろうかと不安になった。わたしは極端に暑さに弱く、すぐ脱水症になる。

コース改造してランチのメニューも新しくなったようだ。前は食べられそうなものもなく、仕方なく鴨南蛮のうどんにしたが、この日はかき揚げ丼にした。(男性陣から「よくそんな重いものを食うな」という目で見られた。)

ということで、前半は50、3パット2つでパット数18というていたらくでした。

後半のレポートはまた後日。プレーヤーズチャンピョンシップ、最終日のタイガーを見ねばなりません。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プレーヤーズチャンピョンシップ予選終了

今日の横浜は気温20℃か21℃ぐらいではなかったかと思うが、午後遅くシャワーの予報が出ていたぐらいで湿度が高かった。

娘宅に届け物をするのに、いつもと違う道を歩いたら、遠回りしたのか40分もかかり、帰路デパ地下でサバの開きの味醂干しなど買い(smile サバが好きなのだけどロスではなかなか食べられない)、再び歩いて愚息宅に戻った。数十年前、東急が山を崩して造った住宅街だから、この辺は坂が多く、着く頃には服の下で汗が流れ落ちていた。

嫌だぁーーーーー、この湿度。3年連続旱魃のカリフォルニアから来た身には堪えます。

*

プレーヤーズチャンピョンシップはNHKBSで、たった1時間の中継。ゴルフチャンネルで2時間のハイライト。しかし、PGAツァーのサイトで、昨日はタイガーの全ホールライブ中継がネットのストリームで見られて、嬉しかるがる。終わったのが午前2時半ごろだったと思う。

ここ4年、予選カットラインはイーブンパー、今年もその数字だろうと解説者はいう。タイガーは1オーバーで10番ホールからスタート。

初日ほど風が強い予報は出ていなかったし、朝スタートなので、アンダーは容易に出せるだろうと思ったが、やはりティーショットが悪い。11番パー5、ドライバーで右ラフ。12番344Y、3Wでのティーショット、打った途端"No!"の声。松の葉で被われた左ラフからのボールはグリーンで止らず、ボギー。

アイアンも良くない。13番パー3、171Yではグリーンにショート。14番461Y、ドライバーは良いスイングでフェアウェイをキープしたと思ったら、152Yからのセカンドを左に引っ張る。15番、16番で連続バーディで、イーブンパーに戻した。

難しい17番と18番をパー。後半に入り、1番で3Wで怒フック、左ツリーライン。距離は170数ヤードしか出ていなかった。再び1オーバーへ。まさにシーソーのように上がったり下がったり。

ボギー、バーディ、パー、ボギー、バーディ、パーと1アンダーで来た7番431Y。ドライバーでのティーショットは右ラフへ行き、ボールはバミューダグラスにもぐっている。右の大きな木を避けて低いショートで左に抜いたが、ボールはグリーン左バンカーの奥のラフ。きつい爪先下がりからタイガーならではチップを打ったが、10フィートのパーセーブパット入れられず。1オーバーへ。ビデオ↓

残り2ホールで、最低でもイーブンパーにしなければ予選落ち。タイガーファンも固唾を呑んでプレーを見る。予選通過を願う動機は、人それぞれだろう。わたしなんぞは、何でもただただタイガーのプレーが見たいほうだ。coldsweats01

9番588Y、タイガー、1Wでフェアウェイキープ。見ろ、やれば出来るじゃないか。happy01 セカンド、アイアンで良い位置にレイアップ。ピンはフロント左寄り。3打目、102Yからピンハイ左9フィートへ。

カイマー、20フィートからのバーディパットを外し、アダム・スコットはピン下10フィートからのバーディパットを外す。

タイガー、予選通過がかかるバーディパット。こんな場面で9フィートを外すタイガーではない。スルスルスルーと転がって、ストンと入る。71、トータルイーブンパーで予選通過。まるで優勝パットのようなギャラリーの沸きようだ。ビデオ↓

そういうわけで、機嫌良く寝たが、朝6時からのテレビ中継には起きれず寝過ごした。

-5、首位タイでスタートの松山は2オーバーを叩き順位を落としたが、ハイライトを見ると、グリーン周りのラフからなど、テクニックが上達しましたなぁ。メモリアルの優勝者にそんな誉め言葉も失礼というものだろうが、PGAツァー参戦2年目、どれほど練習してきたことかと思う。

最近の石川遼はスイングが良くなったと感じる。飛距離を伸ばすためのスイング改造をしていたのか、いっときスイングが暴れていたように思う。

ゴルフネットワークで、彼ら二人の日本語のポストラウンドインタビューを見ていたが、両極端ですね。松山は言葉が少なく、自分のプレーを一々説明する気はないようだ。遼君はよく話すうえ、質問に丁寧に答える。

批難する人もあるが、わたしはどっちが良いとか、適切とか思わない。人はみんな同じである必要はなく、ゴルファーもしかりだと思う。どちらが好みかと聞かれると、プレーヤーとしてのメンタリティーという意味で、松山のスタイルのほうが好きだ。彼はおそらく、メディアとごたごた話している時間があったら、1秒でも長く練習したいのだ。

タイガーだって、それが許されるなら、インタビューなど受けたくないだろう。

3日目、タイガーはカナダのグラハム・デラエートと9:10。松山はバッバ・ワトソンと11:50。石川遼はイアン・ポルターと12:40。

リーダー・ボード

昨夜と同様に、PGATOUR.comのWatch @ Liveでフィーチャード・グループの全ホールがライブストリームで見られます。午前はもちろんタイガー組。日本時間夜10時半には、始まると思います。

PGATOUR.ライブストリーム (これで見られると思います)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

第2ラウンド/フィーチャード・グループライブストリーム

御存知かも知れませんが、PGAツァーサイトで、フィーチャード・グループとしてタイガー、カイマー、アダム・スコットのライブ中継が見られます。タイガーの組はさきほどティーオフ、10番ホールから。

PGATOUR.com

トップページの、Watch Live @ をクリックでライブストリームに繋がります。

以上

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プレーヤーズチャンピョンシップ1日目

放浪の旅から帰宅wink、久しぶり自分のラップトップPCを見てほっとしました。

先日の、日本帰国初ラウンドはなかったことに。coldsweats01 あれほど無駄金を使ったことはない。その話は後日、気が向いたら書きます。

昨日木曜日、横浜に戻ってきてプレーヤーズチャンピョンシップが始まる直前にネットをチェックしてびっくり。タイガーはガールフレンドのリンゼイ・ボンと別れたのですね。

日本では知名度は低いと思うが、ボンはスキーでオリンピックの金メダルを獲った現役アスリート。練習や試合転戦と、一緒に過ごすのが難しかったとその理由を言っていますが、どっちが言い出したか気になる。coldsweats01 

まあしかし、わたしはタイガーの私生活に興味はない。好きにしてくれ。(笑)

*

ということで、プレーヤーズチャンピョンシップ初日、リーダーボードをチェックすると松山英樹がリーダーではないか!

先週のマッチプレーで、わたしは松山を優勝候補にしていたが、ベスト16でマックロイに完敗。まあそれはマッチプレーであるから、相手が誰でも負けるときは負けるわけだけど、日を追うごとにジリジリと調子を上げていったマックロイが結局優勝するのだから、負けたのは順当だったかも知れない。

松山、今日もショットは決して好調ではなかったらしいが、しぶといですなぁ。負けても負けても、立ち上がって向かってくるというか、早くPGA2勝目が見たいものだ。

早いスタートではほとんど無風だったように見えるが、午後はかなりの風が吹いて、午後組はババを引いた。

その一人がタイガーだったが、わたしはテレビを見なかったので、リーダーボードのプレーbyプレーで追った。(第5のメジャーとも言われるプレーヤーズチャンピョンシップなのに、だいたい日本では何でこんなに短いテレビ中継なのだろう?)

以下、ゴルフチャンネルのハイライトを見たあと、訂正と加筆。

タイガーのミスショットは想像外のひどさ。8番パー3、210Y、タイガーのティーショットは179Y地点、池の右ラフへランド、跳ねて池ポチャ。13番パー3、179Yではティーショットが158Yのグリーン左下を打ち、池ポチャ。

1番ホールから、ミスショットは左へ行っていたが、18番のティーショットはホールの左サイドへ池ポチャ。

こういうひどいミスショットは、スイング改造している時に出る類いか・・・?おそらく日を追って、スコアにしていくと思う。いい加減、調子を上げていかないと、人生は短いのだ。(爆)

初日のハイライトビデオ。

*第2ラウンドは既に始まっています。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

WGCキャデラックマッチプレー4日目終了

起きてネットでチェックしたらすでにマックロイと松山のマッチは決着がついていた。これはまあ予想していたと言えば言える。

松山は今週はまずティーショットが安定していなかったし、アイアンも良くない日もあった。これまで勝ち抜いてきたのは、パットが良かったことと、強い相手、あるいは良いゴルフをする相手に当たっていなかったこと、それと忍耐心でしょう。(笑)彼は若いのに忍耐が良いところが長所。

3日目終了後のインタビューで彼自身も、(その時点でマックロイかホーシェルか分からなかった)相手はワールドナンバーワンかフェデックスチャンピョンだから、今日の前半のようなゴルフをしていたら引き離されると思うので、と言っていた。マックロイは13ホールで6個のバーディ、松山もベストのプレーをしないと対等に戦えなかっただろうから、致し方ないと思う。

*

ということで、午後はクオーターファイナルの4つのマッチ。

今日、アメリカは忙しい日であった。まず昼間は、競馬ケンタッキー・ダービー。アメリカン・ファラオという馬が勝ったが、そのトレーナーは去年に続き2年連続制覇だそうだ。

夜はラスベガスでボクシング夢の対戦。メイウェザーとパッキアォの試合。そんな日に、クオーターファイナルの最終組のマッチを午後4時スタートにするスケジュールは誰が立てたのか。ベスト16の試合を朝早く始めなかったのは、あんまり早くすると視聴率が取れないからと思われる。(笑)

今日サンフランシスコの日没は8時2分。マックロイとポール・ケイシーは延長3ホール、21ホール目まで行ったが決着つかず、明日の朝に勝負持ち越し。

たった今、ゴルフネットワークで言っていたが、ラスベガスのボクシングの試合にリングサイドの席をとっていたマックロイは、結局ベガスには行けず、クラブハウスのテレビで見たそうだ。think

今週の記者会見で聞かれ、「(その席に)幾ら払ったか言わないけど、結構な額だった。」と答えていた。10万ドルはゆうに越えたろうと言われている。そりゃ明日、マッチに勝たなければやってられませんね。smile

セミファイナルは、マックロイとケイシーの勝者vsジム・フューリック。もう一組はイギリスのダニー・ウィレットvsアメリカのゲーリー・ウッドランド。

イブスコアボード

*           *           *

日本では、誰かがコンペの賞品で貰ったのだろう白いゴルフバッグがガレージにあったのを使っていたが、1年室内に置いておいただけなのに、今回見るとパールがかった白の表面があちこちはげて、カントリークラブのコースに行くには恥ずかしいので、仕方なくバッグを買ってきた。アメリカでいう、カートバッグ。乗用カートに乗せるタイプで、担ぎ用バッグではないが、スタッフバッグほど大きくない。うちから徒歩圏内なので、近年はビクトリアゴルフで買い物している。

明日はゴルフで、その後、偶然コースのすぐそばに住んでいる母宅に滞在するので数日ネットにアクセス出来ません。来週はプレーヤーズ・チャンピョンシップ、タイガーが出場するので(ので?coldsweats01)、横浜に戻ってきます。まだまだ歯科通いも続きます。この前は1時間座りっぱなしで削られた。gawk

ではまた。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

WGCキャデラック・マッチプレー予選終了/むっとした練習場

暑いっ、暑いっ、暑いっ!どーするんだ、5月早々こんなに暑くて。

今日はむっとしています。昨日は歯医者で、ゴルフの練習は我慢。明後日ラウンドなので、今日暑くならないうちにと、午前中打ちっぱなしに行ってきました。

10時20分から打ち始め、それでも暑くて汗だらだらだった。隣の年配男性は週末は打ち放題ゆえか、いつもそうなのか、たくさん打って(その時点で280余球)、気分が悪くなったようだった。

顔を上げ、こちらに向き、はぁーはぁーと放心の表情。すぐに、口を開けて深呼吸。わたしは心臓発作を起こされるのじゃないかと気が気がじゃない。真後ろに飲み物の自動販売機があるので、「お水を買ってきましょうか?」と言いたかったが、プライドを傷つけてもとぐっとこらえる。

小さいテーブルの上にはペットボトルの日本茶。ほらね、お茶はダメなんだ、暑い日は脱水を助長するから。その男性も自動販売機に行ってお水を買っていた。それで休憩するか、もうやめて帰るかと思ったら、座ることなくまた打ち始める。もー知りませんよ!

*

わたしは1時間の打ち放題にしたが、人のことは言えない、115球も欲たれて打ってしまった。(いつもロスでは60球か70球)

帰るとき、フロントでタクシーを呼んでもらおうとしたときのこと。

メリー「申し訳ありませんが、携帯を持っていないので、タクシーを呼んでいただきいのですが。」

カウンター内の女1「お客さまにお電話は貸せないことになっておりますが、特例で・・・。」

カウンター内の女2「携帯持ってないんですか!!」(馬鹿にしたトーン)

だから最初に持ってないと言ったじゃないのよ!何ちゅうビッチか。

カウンター内の女1「お客さま、ご自分でおかけいただくことになります。」と、ワイアレスの電話器をわたしに渡す。

先週、長女の婿と一緒に練習に行った日以外、わたしは仕方なくタクシーで練習場通いしている。帰路は毎度、上記のように電話を頼み、同じことを言われるが、たいていは気持ち良く貸してもらっている。まったくサービス業に従事してなっとらん。東急に勤めているだけで、このスノッブな態度はどうしたことか。

ここは練習場も成金の客ばかりだが、従業員まで成金メンタリティーだ。下らない!

*

・・・とむっとしながら帰宅して、楽しみにしていたマッチプレーの続きを見ようとしたら、録画は確かにセットされていたと思うが、リモートのどこをクリックしたら録画していたものが見られるのか分からなくて、誰かに聞くまで見られそうもないのです。shock

ということで、家を出る前、見ていた感想。

ビリー・ホーシェルは最近やっと調子が上がってきて、今週はディタミネーションもなかなかのものがあると睨んでいた。

3日目、グループ1の、2-0同士、ローリー・マックロイとの対戦は、2UPで残り2ホールに入り、これで押し切るかと思ったが、マックロイが逆転した。17番パー3、遠かったマックロイが先にバーディパットを入れ、ホーシェルが入れ返せなかった。あれが大きかったのでしょうね。18番もマックロイに取られ、20ホームまで行ってホーシェルが負けた。

17番、マックロイの26フィートからのバーディパット。↓

*

さてさて、松山英樹。ケビン・ナのミスでホールは勝っていったが、松山は7フィートや9フィートのバーディパットを外していて、こんなことでは、ゆくゆくは勝ち残れなくなると思ったが、後半爆発したようですね。(まだ見てません!think

前半のプレーを見ていたら、とても5&4で勝つ人とは思えませんでしたが、いやはや強い。最後の5ホールでバーディ4つ。

松山の3日目14番ホール、バーディで決着をつけた。↓

マッチプレーは新しいフォーマットになり、最初の3日が予選で、1グループ4名の総当たり戦。4人のうち二人が、2-1の同じ勝ち点になった場合、その前のマッチで勝ったほうが進む。3人いる場合は、プレーオフ(グループ7)。

ライブスコアボード

ベスト16の組み合わせは・・・と見るとマックロイと松山がトリを務めます!(笑)

明日4日目の組み合わせとティータイム

*

お昼前で東名高速下りが25kmの渋滞。世のお父さん達、出来ればどこにも行きたくないでしょうね。bleah

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*


人気ブログランキングへ

*

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ