« 2015年マスターズ歓声がこだました土曜日 | トップページ | 日本到着/マスターズ後日談 »

2015年マスターズ終了

メジャーというのは終わってしまうと一種、虚無感を覚える。この独特のマスターズというメジャーがあと1年見られない寂しさと、待ち遠しさ。単にテレビを見ている我々でそうなのだから、勝つチャンスがあったが思い通りのプレーが出来ず敗退したプレーヤー、前半にもう少しスコアを伸ばしていれば、筋書きは違っていたかも知れないと思うプレーヤーはどんな思いでオーガスタを後にするのだろうと思う。

まず初めに松山英樹。終わって気がついた最終日のスコアと内容の良さ。18番の下りバーディパットを入れたときは、いつか、同じラインのパットを入れて彼が勝つなと感じた。最終日はマスターズ.comのアーメンコーナーライブ中継、15番16番のライブ中継とCBSのテレビ中継をかけもちで見ていた。松山のプレーが出来るだけ見られるように。

松山英樹の4日間のスコアカードを見ると、アーメンコーナー(11番12番13番)を初日パー・パー・バーディ、2日目パー・バーディ・バーディ、3日目パー・バーディ・バーディ、最終日バーディ・パー・イーグル。驚愕のゴルフ力。松山も「例年よりソフトなグリーンだった」と言っている。

11番パー4のバーディ

http://www.masters.com/en_US/watch/2015/r4_32839_11.html 

13番のイーグル 

http://www.masters.com/en_US/watch/2015/r4_32839_13.html 

18番のバーディ 

http://www.masters.com/en_US/watch/2015/r4_32839_18.html 

(歴代の優勝者はよくこれと似たラインの下りパットを入れると思う)

早く優勝が見たいものだ。

*

ものすごい記録が作られると、向こう100年はこの記録は破れまいとか、こんな選手は二度と出ないとか考えがちだが、いつか記録は破られる。ジョーダン・スピースはマスターズの最少スコアを達成目前で、最終ホールをボギーにして18アンダー。1997年タイガーが優勝した時と同スコア。

個人的には天候やコースセッティングでスコアは大きく左右するから、最少スコアにそれほど重要性があるとは思わないが、予選2日間の14アンダー、これが優勝の敷石になったことは確かだろう。

ジョーダンの脳ミソはベテランゴルファーのようで、今週はコースマネージメントのミスを見たことがない。水曜日バック9をマスターズチャンピョンのベン・クレンショーと回ってコース攻略を教えてもらったこと、クレンショーがマスータズをプレーする度に雇った(ハウス)キャディー、カール・ジャクソンにも教わったことが優勝に貢献していると記者会見で言っていた。

プレッシャーを感じなかったわけはないと思うが、昨日も今日もショットのミスやグリーン周り、あるいはグリーン上でのミスでボギーにしても、決して崩れない。次のホールで良いティーショットを打ち、バーディにして取り返す。

Sun_13th_spieth_s

そうして21歳とは思えない、忍耐心。テレビの解説者もマスターズ.comのネットライブ中継のレポーターも13番のこのライからレイアップするだろう、レイアップする必要があると口を揃えていっていたが、3Wでグリーンオン、ピン右14フィートにつけた。下から追いかける者は4打差、5打差からのスタートだから、これではいつまで経っても追いつけない。見事な完勝でした。

*

なぜかミケルソンは少し優勝から遠ざかると、これから急坂を駆け下りるように戦績が落ちるだろうとか、メジャーはもちろん二度と勝てる日が来るか疑問だなどと、ゴルフファンから切り捨てられる。その度に彼は予想を裏切り、強いミケルソンに復帰するが、今週も才能は死なずを証明した。まだ満足ではないだろうが、特に昨日今日は渾身のプレーだったと思う。

何としても最終日に最終組に入りたかったと昨日述べたそうだが、一つ前でスコア的にもプレッシャーがかけられなかった。少なくとも60台半ばのスコアを出さなければいけない場面だったが、3つのボギーでブレーキをかけてしまったと記者会見で。

ミケルソンは去年からグルテン抜きのダイエットをしており、体重が減りストレッチをよくして最近はティーショットが生涯ベストだと言っている。まだまだメジャーの優勝候補の一人だろう。

*

最後にタイガーだが、わたしもタイガー観察歴が長く(笑)、今日の練習グリーンにいる時のタイガーの顔を見て、今日はダメだなと分かっていた。そこは素人もプロゴルファーも同じで、昨日まで良かったことが翌日ウォームアップでは何を打っても良くないということがあるそうですね。

そういう日だったのか、あるいは寝違えたとか、寝不足とか、何か理由があったのか、それは不明だが、ティーショットはばらける、パットは短いのを外すで昨日のタイガーがどこかへ行ってしまった。

Sun_9th_tiger

9番のティーショットが松の針葉が積もったラフへ。その針葉の下には木の根が張っていて、気がつかずに打ったタイガーは右手を傷める。

8番ホール、今日最初のバーディ 

http://www.masters.com/en_US/watch/2015/r4_8793_8.html

フェニックスオープンやファーマーズ・インシュアランスのゴルフに比すと、2ヶ月足らずでこれだけ調整してきたのは喜ばしい。当分は試合に出ない、またこもって今までやってきたことを続けると記者会見で語っていた。世界ランキングの位置が落ちてWGCの試合には出場資格がないので、次は5月上旬のプレーヤーズチャンピョンシップでしょうか。

*

ということで、21歳8ヶ月のマスターズチャンピョン、ジョーダン・スピースは新しいアメリカのスターに正式になりました。(笑)

リーダーボード

私事。

明日の夜ロスを発って日本行きです。ブログは時々更新すると思います。明日から日中の気温が20度台前半になるようで嬉しい。今回は2ヶ月余滞在します。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

*

« 2015年マスターズ歓声がこだました土曜日 | トップページ | 日本到着/マスターズ後日談 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年マスターズ歓声がこだました土曜日 | トップページ | 日本到着/マスターズ後日談 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ