I spoke to Arnold today and told him that I will not play in his tournament this year. I'm sorry I won't be in Orlando next week, but I know it will be a really successful event.

I hope to be ready for the Masters, and I will continue to work hard preparing for Augusta.

I want to thank everyone again for their support.

「今日アーノルド(パーマー)と話し、今年の彼のトーナメントには出場しないと伝えました。来週オーランドに行かず申し訳ないが、トーナメントは成功します。自分のゴルフに多くの時間をさき、どんどん進歩している。しかし前に言ったように、試合仕様のゴルフになり、高いレベルで競技できるようになるまではPGAツァーにもどりません。マスターズまでに間に合うよう願っています、そしてオーガスタへの準備にこれからも頑張ります。みなさんの応援に再び感謝したい。」(と、いちいち訳さなくてもいいようなものですが・・coldsweats01

Bayhill_mon_tigerarnie_laugh1

画像は2013年ベイヒル・インビテーショナルでの優勝セレモニー時。

ボールを打つのはタイガーなのだから、ほかの誰が心配しても始まらないというのがわたしの考えですが、ちょっと気になったのが、発表があってしばらくしてゴルフチャンネルがタイガーの親友ノータ・べゲイにタイガーの復帰はいつになるのか等を聞いたとき。べゲイーはNBCスポーツに雇われ最近はゴルフチャンネルやNBCのコースレポーターや解説をしている。

べゲイはここ2,3週間タイガーの自宅に滞在しているそうで(今に始まったことではないが、これだけでどのぐらい親しいかが推察される)、1週間前にタイガーと色々と話したという。試合復帰について、勝てるゴルフになってから、自分が充分だと思ったときに復帰するとタイガーは言ったそうで、これは1ヶ月も前に本人が既にコメントしたことだから目新しくない。そのあとべゲイは、「タイガーはショートゲームが気になっているのではないかと思う」と懸念が顔に出た表情で語っていた。

フェニックスオープンやサンディエゴのファーマーズインシュアランス・オープンでのグリーン周りからのひっちゃかめっちゃかは、わたしはイップスとは思わなかったが(というか自分でかかったことがないのでイップスが分からない)、このべゲイの言い方を聞くと、タイガーが自信を持てないようなところがあるのだろうかと思った。

というわけで、ツァー復帰は早くてマスターズになるもよう。いつであれ、また元気なタイガーが見たいものです。

*

今週のPGA、バルスパー・チャンピョンシップ開催コース、イヌスブルックリゾートのコッパーヘッドというコースは難しいそうですが、なるほど大して風もないのに、初日はジョン・デイリーが81、2日目は5人も80越えのスコアを出している。

カットラインは1オーバー。ディフェンディングチャンプのジョン・センドン(+3)、ジャスティン・ローズ(+4)、アダム・スコット(+4)、アーニー・エルス(+4)も予選落ち。

回ったアマチュア達によると、大胆な攻めをすると大怪我をするという、ターゲットコースだそう。

リーダーボード