« ちゃっくりが伝染した | トップページ | プレーオフ7ホール/オーストラリアPGAチャンピョンシップ »

ちゃっくり+怒トップのラウンド

明日の夜からまた雨が降るというので、今日は用事もないことだし、道路状況を調べたら朝のラッシュがひいてきて大渋滞もないし、一山越えた平坦退屈コースに電話で予約をとって行ってきました。

最近雨が降ったのは先週の火曜日と水曜日だったが、コースが濡れていて毎ホールでボールに泥がついて閉口した。

2番パー5、426Y。フェアウェイ真ん中のボールには左側にべっとり泥。左に泥がついていると飛球は右に曲がるとテレビが言っていたので、左め狙ったが、やはり右に曲がった。

2nd

右ラフからの3打目3Wは快心、しかしグリーンに届かず。

4打目ギャップウェッジ、ちゃっくり。そばで見ていた同伴者のおじーさんは、後ろを打ったっていうのだけど、自分では何でちゃっくりしたのか分からなかった。5打目、SWのチップもあまり良くなくてピン右上5m。coldsweats02

ここのグリーンはあまり曲がらないから芯で打てばチャンスはある、と自分に言い聞かせてパットしたら入ったぁー!ひくひくのボギーセーブ。

4番パー5、403Y。ドライバーが快心の当たり・・・だったのに160Yちょっとしか行ってない計算になる。やはりボールに泥が。セカンド3W、アプローチを9W◎で、パーオン。ファーストパットは4mもオーバーしたが、入れてパー。

5番パー4は白ティーと同じで358Y。ボギー。↓

5th

6番パー3の右側の木。ま、ロスの紅葉はこんなもんです。(爆)↓

6thpar3

145Y、砲台グリーン。3Wがトウ寄りに当たってグリーン右下ラフ。そこからSWをまたちゃっくり。weep どうしてこんなことになっちゃんたんだろう。いくらタイガーのひどいチップショットを見続けたといっても、こんな基本的なチップも出来ないって、どういうわけでしょうか?

それからダフらなかったチップショットもピンにショートばかりして、ショートアイアンのフルショットのほうがまだピンに近かったぐらいだ。

というわけでフロント9は女性にパー37。スコア44、パット14。

このコースは女性のパー数が多いので、相当パーを取らないと90越えになる。言っちゃあ何だが、ゴールドティーからはコースレートもむちゃくちゃ低いし、80台は出さないとね~、の気分なのですが、気持ちと腕が一致してない。

10番パー5、441Y。1W◎、ボール左側に泥。次の3Wはかなり快心の音がしたが、終速でバナナのように右に曲がって右ラフ。ラフに行くと、濡れた草でボールがこそがれて泥がとれるのだ。3打目3W◎、4打目、今度はSW◎。右奥ピンにボール2転がりショート。sad

11番短いパー5ではティーショットがミスで右ラフ。左足下がりのラフから、久しぶりコブラのバフラー5Wを使った。ちょっと左に行ったが、フェアウェイ。3打目5W◎でパーオン、パー。少しも拾えないので、パーはパーオンしたホールしか取れない。情けない!! こんな容易なコースで何やってんのかね。

12番のパー4では、アプローチショットのPWがグリーンにショート。これはパターで寄せてボギー。

13番パー4は3打目がギャップウェッジでは足りない、PWでは大きすぎるかという場面で、PWを短く持って打ったら、キクユグラスのフェアウェイに噛んで大ショート。こんなところでダボだ。

14番短いパー4、右ドッグレッグ。ここは白から308Yだが、ゴールドティーから261Y。今まで打ったことはないが、今日はドライバーが割りと当たっているからショートカットを試みた。↓

14th_shortcut

グリーンは高い木々の向こう側。普段はピンクのコースマネージメントで打っていく。安全策だがセカンドでグリーンに届かないことが多い。ゴールドティーはさらに前だから、ショートカットしても右のラフが食いこんだ先まで行くのじゃないかとドライバー思い切り振った。残り6番アイアンだった。

さてさてこれからが人の不幸は蜜の味。

15番パー3、白と同じティーで196Y。1Wは×だったが、グリーン左手前まで転がっていた。そこから何でもない上りチップショットなのに、SWで怒トップ!cryingグリーン奥も下りになったラフ。ショットもパットもやけくそでちゃかちゃか打つ。ダボ。

16番、何も障害がないパー5をパー。↓

16thpar5

17番パー4、ゴールドティーから144Y。このゴールドティーが曲者で、右は木がティーグラウンドに張り出しているし、グリーンは左斜め方向になって非常にアングルが悪い。ほかの白・青・黒ティーははるか左後方ひな壇にある。↓

17thpar3_leftgoldtee

3Wのティーショット、当たりは悪くなかったが、左バンカーへ入った。ピンはうんと右奥。(よってゴールドティーからはピン方向へ打てない)長いバンカーショットなのでギャップウェッジで打ったが、バンカー出ただけ。次は左足下がりのラフから、SWで怒トップ!!despairグリーン奥、下り傾斜になった濡れた泥に草がぱやぱやのラフ。グリーンに乗らなかったら大事だから、しっかり打ってピンをかなり越え、あぁあぁあぁ、あまりに長いファーストパット。2パットトリプル。

最終パー5、451Y。4打目、グリーンが受け皿なので大きめに7番アイアン。ワンパットならずボギー。バック9は女性にパー38、スコア48、16パット。

ちゃっくりと怒トップで、何打についたろう。そんなことを言っても始まらないが、わたしは普段、ちゃっくりもトップもしない。たぶん4打は増えたろう。それもこれもタイガーのせいだ!

ほかの選手ならひどいプレーをしだすと写さなくなるでしょ。タイガーは、今回は4ヶ月ぶりの試合復帰ということもあって、ティーショット以外はほとんど全ショット写った。そして、わたしはタイガーならどんなひどいプレーをしてもテレビに写るものは全部見る。だからですよ。(爆)

もちろん良いこともある。あれほど悪くなっていたドライバーが当たりだしたのは、タイガーのスイングをじーっと見ていたからでしょ。毎日スローモーションでスイング解析していたし。

ま、いいや。チップ練習場ではちゃっくりは出ないので、コースで回数こなすしかないですね。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ちゃっくりが伝染した | トップページ | プレーオフ7ホール/オーストラリアPGAチャンピョンシップ »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちゃっくりが伝染した | トップページ | プレーオフ7ホール/オーストラリアPGAチャンピョンシップ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ