« 恥多きランチョ10ラウンド目後半 | トップページ | 買い物、買い物、また買い物/クリスマスショッピングの毎日 »

2014年ツァー回顧/その1松山英樹

現代は毎日毎日世界中で何かが起き、時は飛ぶようにすぎてゆくためか、ツァーの記憶も3ヶ月も経つと薄れる感じで、今記憶に鮮明なのはジョーダン・スピースの3週連続の活躍と、タイガーのすっかり変わったドライバースイングだ。(笑)

2014年もあと10日ちょっとになったので、今年のツァーゴルフ、思い出に残る優勝やプレーヤーを書いておこうと思う。

*

見てる人は見てるというか、アメリカのアマチュアゴルファー達の一部は、早くから松山英樹はPGAで優勝するだろうと見ていた。わたしの記憶に間違いなければ、去年最初の頃からだと思う。おそらくアジアパシフィック・アマチュア優勝時から注目していたのでしょうね。

往年のプレーヤー達や世界トップのプレーヤー達は、メディアに聞かれて、どの国から来たプレーヤーでもアメリカの新人でもネガティブなことは言わない。(当たり前)

誉めるところを探してでも良いことを言うものだが(笑)、PGAでも活躍するだろうという理由の一つに、「ヒデキは今まで(PGAに)出てきた日本人と違って体が大きい。飛距離のために体に無理な負担をかけることがない。」とほとんど異口同音に言う。

松山が故意に体重を増やしたのは有名ですが、どこで読んだか失念したけれども、マスターズでローアマとしてミケルソンの横に立ったとき、彼の大きさに驚いたという。自分も体が大きくならなければPGAでやっていけないと思ったそうだ。(そんなに早くからPGAを目指していたとは知らなかった)

プロはよくチップインをする。言っちゃあ何だけど、バンカーもグリーン面もああ整備が良ければ、入る頻度も高かろう。(笑)しかし、試合の行方を左右するような日、ホールでチップインするのが運の強さ、力があるということだろう。

Memorial_sun_hidekinicklaus

今年6月メモリアルトーナメントでPGA初優勝。タイガーが5回も優勝したトーナメントで、ほとんどのホールが記憶にある。ミュアフィールド・ビレッジがオープンしたのは1974年、ジャック・ニクラウスがまだ34歳のとき。土地の購入やコースの構想を練ったのは彼が20代の頃でしょうね。ジャック・ニクラウスからトロフィー授与というのも、強運でしょう。(アーノルド・パーマーやニクラウスがいつまでも出席出来るわけではないのだから)

メモリアル・トーナメント最終日のハイライト

72番ホールのセカンドショットもすごいが、プレーオフでのパーセーブパット入れたのも大したもんだ。

このあと、いつごろ髪を切ったのでしたっけ?(爆)

*

今年早い時期に日本のツァー機構はツァーカード維持の最少出場試合数を変えてファン達の顰蹙を買ったが、松山英樹は去年の賞金王で、いままではそれで5年シードが保証されていたのでしょ。

日本とアメリカと両ツァーかけもちで、石川遼は体もメンタルもくたびれ切って、松山英樹も左手首などの故障で苦しんだ。

フェデックス・プレーオフシリーズを終え、休養してさっそくの日本ツァー優勝は小気味よかった。(笑)

Training_bfactory_dec15_2014

12月15日にアップされた、トレーニング中の松山英樹。2014年のツァー優勝者ですから、来年早々、ハワイのヒュンダイ・トーナメントof チャンピョンズから出場すると思われます。

今や多くのアメリカ人ファンやゴルフ界が、松山が日本人初のメジャー優勝者になると予想しています。故障しないよう、長丁場をしぶとく戦ってほしい。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 恥多きランチョ10ラウンド目後半 | トップページ | 買い物、買い物、また買い物/クリスマスショッピングの毎日 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恥多きランチョ10ラウンド目後半 | トップページ | 買い物、買い物、また買い物/クリスマスショッピングの毎日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ