« 難関コースでひどい目にあった(むっ) | トップページ | 度胸づけ »

難関ベーブコース、色々とアンフェアなバック9

2,3日前から火曜日は雨が降る、雨が降ると各局の天気予報で言っていたが、ウェザー・ドット・コムで調べるとWロスアンゼルスは雨の確率10%で、午後は北東の空が真っ暗だったがやはり降りませんでした。降ると多くの人が助かるのだけど。

アメリカは今日ベテランズ・デーの祝日。ベテランとは従軍して退役した人達のこと(この項訂正)。黒地に「ベトナム戦争ベテラン」と黄色い字が入ったTシャツを着た、年配の黒人男性がランチョの練習グリーンにいた。ヒッコリーシャフトのパターだった。wink

昨日のラウンドの続きですが、書いていてバック9のほうがタフなホールが多いのじゃないかと感じる。

10番362Y右ドッグレッグ上り。このホール、毎度ティーグラウンドに立つ度に威圧感がある。わたしはゴルフであんまりビビらないほうだと思うが、ここは見るだけで負けちゃってる。(笑)

B_10thtee_teeshot_babe

腰が張って痛いもので小さいスイングで手打ちになっているのは間違いなく、こうせねば、ああせねばと頭の中で考えるから打つときはとんでもないタイミングで振り下ろし、ドライバーのティーショットはタイガーのスティンガーかってぐらい地面すれすれの低さで、左カート道に当たったのは見えたのですが、同伴の女性が「右に跳ねたの。そこよそこ。」と教えてくれた。フェアウェイになる前のラフ。crying

B_10thgreen_cup_2

同10番グリーン。3打でやっとグリーン前の花道に来て、4打目ギャップウェッジでピン後ろ2mに打ったのだけど、入れられずダボ。カップがすごいところに切ってあった。

B_11thtee_doglegleft

11番パー5、434Y。ホールはCの字を反対にしたように、左の山をぐるりと左に周っている。ここが最もアンフェアなホールだろう。despair それをまともに当たってないショットが4連続では、どもならん。

B_11thgreen_flag

同11番グリーン。horse第3コーナーにかからないとグリーンは見えない。必ずやグリーンは上ってるのだ。アプローチを8番Iでピンハイに打ったがダボ。

*

B_12thtee_flag

12番下り305Y、グリーン上り。何となく見ためが可愛いホールで、ここは好きだ・・・と言ったら同伴の女性も同感だって。

B_12thgreen

しかしわたしは左足下がりのフェアウェイからバンカー越えのショットなど打てないので、どっちみち3打オンホール。(5Wをミスしたくせに何を言うbearing)ギャップウェッジでピン下に打って、これもかすりもしない。ショートアイアンやウェッジでピンにそこそこの距離へ打ってるのだから、たまには入れないとねぇー。weep

*

B_13thwhitetee_flag

13番パー3。このホールは距離が短いティーからのほうが容易と限ったものではないという見本のようなホール。まず上は白ティー151Yからの画像。

B_13thredtee_flag

赤ティーグラウンドから、133Y。白ティーグラウンドから右下へ下った途中にある。どうです?むちゃくちゃ打ちにくそうでしょ?だいたいフォローでクラブヘッドが出る方向に、ススキの山(ススキじゃないだろうけど似たようなもんだ)。それから右のはげちょろけの痩せた木、これもプレーにかかる。同伴の女性(ちなみにここのメンバーだそう)が葉っぱにかすったと言っていた。アンフェアだ。

わたしは左寄りにティーアップしてグリーン右バンカーを狙って打った。池の奥行きが一番短い地点であり、右ラフからのアップ&ダウン目指す作戦。3W◎右ラフ、チップ◎、またしてもパット入れられず。weep

*

B_14thothertees_coursesite

14番パー3。5つのティーの場所。コースサイトのイラスト。右側、カート道から前にあるのが赤ティー。その後ろが青ティー、最後方が黒。ずーっと左にあるのが白ティー。

B_14thgreen__whitetee_coursesite

コースサイトにあった画像。白ティー144Yからと思う。プロのカメラマンが撮った写真は綺麗ですね。

B_14thredtee

わたしが撮った赤ティーからの画像。センターまで120Y。3Wは快心の音がしたが、右バンカーに激突。このバンカーはかなり高さがあり、あの勢いじゃあ目玉になっているかも、と暗~い気分でグリーンへ。

B_14thgreenredtee

何とグリーンには2つボールがあるじゃないか。隣のホールから誰かが打ち込んだかと思った。

「これ誰のボール?」

同伴女性「あなたのよ。バンカーに入って飛び上がって出てきたのよ。」

「え~~~~~っ!」heart02

こも2段グリーンで、わたしのボールはピン右下。上りのきつさで曲がりはちょっと相殺されると思って、右外40cmのラインで打った。距離7,8m。

同伴女性、ボールがまだカップ前のときに「バーディー!!」

入ったんです、これが。smile入るまで、「パー3でバーディ取るぞ」のポリシーをすっかり忘れていた。(爆)

*

怒りの15番↓

B_15thhole_groundkeeper

15番上り、右ドッグレッグ319Y。フェアウェイ左寄りに芝刈りのトラクターが写っていますが、このオッサンが人がティーショット打とうとしていうに、フェアウェイをこちら向きに来る。ゴルファーを完璧に無視している。いくら何でも顔が真正面で打ちたくないから待っていると、Uターンして後ろ向きなりちょっと前進してまたUターンしてこちらに向かってくる。いつまでも待っていられないので仕方なく打つ。オッサンを避けたい心理が働いたのか、単なるミスショットか、右にかちあげた。shock

2打目、ほとんど真左に近い角度でフェアウェイに出し、9Wでオン出来る距離になった。

3打目打とうとすると、今度はグリーン下からわたしのほうへ向かってトラクターがドッドッドッドガーガーガーガー。彼がフェアウェイ右寄りに行った一瞬をついて9Wを打ったら、やはりオッサンを避けたい心理が働いて(爆)、左バンカーへ入れてしまった。

ガンコントロールっていうけど、ガン持ってたらあのオッサンの頭撃ってたと思うわ。ダボ。

この頃、午前11時前後。コースにとってはプライムタイムにフェアウェイを占拠して重機を動かすのは弁解の余地がない。昔は・・・というか前回来たときまで、コースで働くグラウンドキーパーはゴルファーのショットの度に仕事をやめて根気良く待ったものだ。ラウンド予約サイトのレビュー欄で、そのことをこき下ろして書いている人がいたが、このことだったのね。

*

B_16thtee_doglegleft

16番上り、左ドッグレッグ383Y。なぜかドライバーで快心が出た。唯一のまともな当たりだった。なぜかじゃなくて、ここで突然バックスイングで左肩を入れることを思い出したのだ。フェアウェイが濡れていて、フェアウェイウッドが泥んこになった。

B_16thgreen

3W◎、5W◎でエッジまで。ボギー。

*

B_17thothertees_coursesite

17番パー3。コースサイトのイラストより。ここも赤ティーグラウンドは左横の変なところにあってアンフェアだと思う。

B_17thwhitetee_course

白164Yから。コースサイトの画像より。

B_17thpar3_leftpin

赤から145Y。かなりひどいと思いません?右の木と左の木とティーショットの目の邪魔になるし、その割には右の池だってちょっとスライスすれば入る位置。この日のピンは左バンカーのすぐ後ろ。わたしは3Wで打って◎だったが、グリーンフロント部分左寄りにオン。

パットのアングルがなかったweep。バンカーからのラフとエッジがグリーンに食い込み、パターでは不可能。グリーンを傷つけたくないからチップも出来ず、涙をのんで3パット。

*

B_18thtee_doglegleft

最終18番上り、左ドッグレッグ483Y。ショットだめ・だめ・だめ・だめで、アプローチはPWがエッジへ。ワンパットダブルボギー。

B_18thgreen

18番グリーン。グリーン周りは罠がいっぱい。どのホールも、グリーンのスピードもラインの読みも難しい。バック9は赤から2684、パー35、スコア46despair、16パット。トータル91(20オーバーですからね)、33パット。

*

途中から一緒になった同伴女性はここのメンバーだと言っていたが、日本でいう年間会員制度。

彼女の英語も今イチ、わたしの英語も今イチのうえ、歯抜けでマスクをしているもので、発音が明瞭でないらしく何度も聞き返されたが、話もおもしろく、人をエンターテインしようとする人柄でアジア人女性の良さが出ている人だった。

ホールアウトして握手しようと彼女のカートに行ったら、余分なスコアカードに自分の電話番号を書いて、「今度回る時はいつでも言って。前の晩に言ってくれたら回れるから。出ないときはメッセージ残して。」と。

これは感激しました。初対面で、どこの誰とも素性が分からないのに、電話番号まで教える人は少ないですよ。こちらの電話や連絡方法は聞こうとも、聞きたそうな素振りも全く見せなかった。メンバーゆえ、コースのことは出来るだけ教えてあげたいという姿勢と共に、人相もそうだったが器の大きな人だと感じた。こういうアジア人女性に出会うと嬉しくなる。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 難関コースでひどい目にあった(むっ) | トップページ | 度胸づけ »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難関コースでひどい目にあった(むっ) | トップページ | 度胸づけ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ