« コブラバフラー5Wは今いちだった(嘆) | トップページ | ドイッチェ・バンク・チャンピョンシップ終了 »

LPGAポートランド・クラシック帰結

相変わらず日中の暑さを避けて日が暮れてから活動しているので、夜8時パットの練習、帰路食料品店で買い物して駐車場を歩いているとき日本の長女から電話。孫に送った服が着いたとのこと。

「日本は夏終わっちゃったのよ~。」(そんなこと言われても・・送った服はほとんんどが半袖)

羨ましい。ロスはここ10日ぐらい暑く、向こう10日間も同じもよう。3WをeBayで落としたので、着くのが楽しみ。

*

今週はPGAのドイッチェバンク・チャンピョンシップは月曜日が最終日、LPGAは今日が最終日だったから見やすいと言えばみやすかった。やはり最終日の中継はライブで見たいですからね。

3日目終了では最終日が楽しみなリーダーボードだった。ディフェンディング・チャンプのスザンヌ・ピーターセン、わたしの好きなカロータ・シガンダ(スペイン)、韓国のミー・ジャン・ハー(なかなかの美人)が11アンダーで首位タイ。IK・キム、ソーヨン・リューが1打後ろ。

ところが首位タイの3人全員が早い回からオーバーパーのプレー。そこへこんな人いたっけと名前に馴染みがない、アメリカのオースチン・アーンストがトップに躍り出た。最初の7ホールで4アンダー、トータル13アンダー。

強豪ソーヨン・リューや毎週のように上位に来るIK・キムが数ホール後ろにいるから、まあ追いつかれるだろうと思っていたらとうとう16アンダーまで伸ばした。

これは・・・このまま残りホールをパーにしたら、逃げ切るかも・・・。しかし次にテレビに写ったのは、アーンストが17番397Yの左ツリーライン、木の根元近くに立っている。キャディーとグリーンに届かなくてもいい、グリーン手前でもと話しながらハーフショット。ボールはグリーン右下。テレビカメラからではそうは見えなかったが、そこからのチップは難しいそうだ。それにしても悪いチップショットで、ボギー。去年がツァールーキーのまだ経験少ないプレーヤーだ。プレーオフに行ったら、おそらく負けるだろう。何としても最終ホールをパーで上がらないと・・・名前も知らなかったくせに何故か応援している。(笑)

18番(402Yだったか)、ティーショットは終わりで少し右に曲がった。右フェアウェイバンカー、コースレポーターのカレン・スタープル(最近までプレーしていたLPGAプレーヤー、イギリス人)がライが良いから問題ないだろうと言う。砂を取りすぎて(スイングも良くなかったろう)、ボールは高く上がり左池方向へ、しかしフェアウェイに留まった。(笑)このホールもボギー。今日67の14アンダー。

*

さあ、怖いお姉さん達が後ろに迫る。IK・キム、最終18番をバーディなら1打先行。パーならプレーオフの可能性。18番、ティーショットを右フェアウェイバンカーに入れ、そこからのセカンドをトップ。グリーンを駆け抜け、ギャラリースタンドの下部に当たり、跳ね返ってグリーン奥で止る。アナウンサーがOh, my goodness!と言っていた。(笑) パーセーブ、14アンダーで終了。

先週カナディアン・オープンで優勝したばかりのソー・ヨン・リュー。優勝こそその1回のみだが、今年は抜群の安定度、プレーオフにいったらまず彼女が勝つだろうと気が早い予想。

しかし、リューもまたティーショットを右フェアウェイバンカーに打ち込む。あろうことかバンカーショットは天ぷらフックであえなく池ポチャ(んー、あの球は何だったのだろう)。ダブルボギーで脱落。リューほどのプレーヤーが最終ホールで考えられないミスだった。

女子プレーヤーではフェアウェイバンカーショットが上手い人はいないのね・・と思った。最近ではアナ・ノードクビストがナイスショットを打ったのを見たきりだ。

*

というわけで、IK・キムとLPGA2年目のオースティン・アーンストのプレーオフになった。

Portlandclassic_austinernst_sunday_

18番フィニッシュで腰をやるのじゃないかと思うほど背をのけぞらすアースト、良いティーショットを打ち、キムも少し手前にティーショット。キムはセカンドを6番アイアンじゃなかったかと思うが、右に打ち上げて右バンカーの左アゴのラフ。アーンストはピンハイ右へ。少しピンに遠いが、キムのセカンドを見たあとだから安全ラインでしょうね。キムのチップはピン右8,9フィート。

Portlandclassic_austinernst_playoff

アーンストは入りそうに見えた良いパットをしてタップインでパー。結果を見ずしてIK・キムがパーセーブパットを入れられそうにないと分かる。そして、やはりボールはカップ左を走り抜けた。彼女の肝心なところでパットを入れられないのは気の毒になるが、今日に限って言えば、プレーオフの2打目のミスが敗北の原因でしょう。

オースティン・アーンスト:22歳、南カロライナ州生まれ、ルイジアナ州立大学ゴルフ部出身。お父さんはPGAクラブプロ、なお今週はお兄さんがキャディーを務めた。

ポートランド・クラシック・リーダーボード

*             

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« コブラバフラー5Wは今いちだった(嘆) | トップページ | ドイッチェ・バンク・チャンピョンシップ終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コブラバフラー5Wは今いちだった(嘆) | トップページ | ドイッチェ・バンク・チャンピョンシップ終了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ