« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年ライダーカップが終わった

Europeanteamrydercuptrophy

Rydercupchampagne

*ヨーロッパチーム優勝

1日目と2日目は10時間もの中継で、わたしのように時間がある者でも全部は見切れなかった。やはりゴルフをライブで見ているとおもしろいので、不満が残った。

ライダーカップの良さは、普段は見せないプレーヤーでさえ感情の高揚を体全体で出し、その興奮が伝わってくることと、それと勝ったチームの心の底からの喜びを見ることにあると思う。それが近年、毎度毎度ヨーロッパチームで、いい加減アメリカも勝たないとライダーカップのたびにプレッシャーは膨らむばかりだろう。

*

アメリカチームにとって今年の一番の収穫は若いジョーダン・スピース(21歳)とパトリック・リード(24歳)の活躍だった。キャプテンのトム・ワトソンはこのルーキー二人をペアにする大胆な組み合わせをしたが、はっきり言ってこれが唯一感謝された作戦だった。

わたしは特にパトリック・リードが気に入った。彼は今季前半に2勝した後、インタビューで答えて世界のベスト5のプレヤーだと言ったのか、ベスト5のプレーヤーになりたいと言ったのか、いずれ真意はさておき、悪く取られてテレビの解説者さえ中継で嫌味を言うぐらいだった。

今週の彼の態度と強さを見ていて、このふてぶてしさと自信が良いなと思った。土曜日の4ボール、スピースと組んでトーマス・ブヨーン/マーチン・カイマーを5&3UPで破る。

【注:ビデオにより音が大きいのがあるので注意して下さい】

*

ヨーロッパチームで印象強いマッチは、最終日シングルマッチの1番手マクドーウェル。対するスピースに9ホールで3UPにされたが、10番から13番まで連続で取り、15番でとどめのバーディ。

*

見ていて楽しかったのが、金曜日午後フォーサムのガルシア/マックロイ対リッキー・ファウラー/ジミー・ウォーカー。ガルシア組は16番までで2ダウン。17番パー3でマックロイが長いバーディパットを入れて、1ダウンへ。18番パー5はマックロイのティーショットが右の木に当たり右ラフ。しかし前方の木の右を抜けるアングルでガルシアが5Wでピンハイ左へスーパーショット。マックロイのイーグルパットは惜しくも入らなかったが、バーディでこのホールも取って、ハーブしにした。

*

ヨーロッパチームのルーキー、ビクター・ルビーッソンも良いプレーをした。キャプテンのマッギンリーはおもしろい使い方をした。ルーキーの面倒を見る役にマクドーウェルを配し金曜日、土曜日両日4サムしか出さなかった。よほど気性と各プレーヤーのゴルフが分かっているのでしょうね。土曜日、4マッチ目で疲れていたであろうリッキー・ファウラーとウォーカーに5&4で勝つ。

*

土曜日終了時でヨーロッパ10ポイント、USA6ポイント。シングルマッチ10番目のジェーミー・ドナルドソンが4&3でキーガン・ブラッドレーに勝ったのがウィニングマッチになった。勝利を飾るにふさわしいショットでした。38歳にして初出場。彼も渋いプレーヤーですね。

*

トム・ワトソンは1993年アメリカが敵地で開催されたライダーカップに勝ったときのキャプテンだったことが理由で今回選ばれたが、発表されたときから年がいきすぎているという危惧をいう人が多かった。

それが現実になったと思う。レジェンドとして尊敬される立場の人になり、今のツァープレーヤー達と接点がない、出場メンバーのゴルフを知らないというマイナス面のうえ、ワトソンは選手の意見を取り入れて作戦に生かす人ではなかったようだ。

キャプテンと出場選手間の何らかの気まずさは、現地入りする前からあったとみるほうが自然だろう。

ミケルソンとブラッドリーが初日の2マッチに出場して、翌日は1日中休んだことは説明がつかない奇妙さだ。出場10回目のミケルソン、しかも午前の4ボールで強豪マックロイ/ガルシア組に勝っているのに。

終わったあとの全員そろった記者会見で、2008年にアメリカが勝ったときとその後勝っていない年とどこが違うのかと聞かれたミケルソンが、2008年のキャプテン、ポール・エイジンガーはこうした、ああしたと、言葉を選んで慎重に答えたものの、それはワトソンがまったくしなかった事柄であるのは明白で、現キャプテンの批判ととられた。

ワトソンがキャプテンに選ばれてからの数々のコメントや、今週の作戦、連日終了時の記者会見を総合して判断するに、これはわたしの全くの私見であるが、「老い」が大きく影響していると思う。

ではキャプテンが理想的采配をしたら勝っていたかを考えると、それはまた次元が違う話だけれども。アメリカは2日に渡る4サムマッチで8ポイントのうち1ポイントしか取れなかったのが、大きな問題点なのだ。そんなこんなで、プレー以外の人間模様のニュースもおもしろかった。(笑)

ヨーロッパ16.5ポイント:アメリカ11.5ポイント

スコアボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ライダーカップ1日目終了/土曜日4ボール組み合わせ

ヨーロッパ開催のライダーカップは中継が終わるのが日本の午前2時ごろと思うので、比較的見やすいのでは?わたしは夜中から朝4時まで、初日のモーニング4ボールを見て、しばし仮眠(笑)。今、ネットでヨーロッパのスポーツ中継チャンネル、スカイスポーツで午後の4サムのハイライトを見ている。

今回のライダーカップはアメリカのゴルフファンでさえ始まる前からUSチームの負けを予想する人が多く、初日午前の4ボールも悲観的だったが、予想より良い結果になった。

もっとも意外な健闘は、ルーキー2人組のジョーダン・スピースとパトリック・リードの5&4という圧勝(対ガラシャー&ポルター)。

Fri4ball_reed_9thgreen_2

コースでの二人を見ていると表情が良い意味でビジネスライク、淡々と勝つために集中していると言おうか・・・両者ともルーキーで派手なプレーヤーではないため練習ラウンド、本番とネットに出て来る画像が少ない。

ポルターは今季まったく良いゴルフをしていなかったから、やはりライダーカップで急に方向転換は出来なかった。あれほどの記録を持っているとプレッシャーも大きいでしょう。

Fri4ball_rosestenson

目だったのはジャスティン・ローズのスイング!今日出ていたプレーヤーでは最もスイングが良かった。

午前の4ボールの結果。

ローズ/ステンソン5&4でB.ワトソン/シンプソン(見た中ではシンプソンが最も良いとこなしのプレーだった)。2マッチでUSAが勝ち、T.ブヨーン/カイマーとファウラー/J.ウォーカーがハーフ。

*

午後の4サム。

トム・ワトソンがライダーカップ初日にスピースとリードを組ませた大胆さに比し、午後の4サムで一番ホットなペアを休ませたのはどういう根拠か?

4サムの発表直後からテレビの解説者達、ゴルフファン達から批判の声が多かった。4サムのラインアップを発表したころ、すでにスピースとリードはマッチを終えていた。最終マッチのミケルソンとブラッドレーは結果的には勝ったが、苦しい戦いで最後まで分からないのは目に見えていた。

ミケルソンは服用している薬のコマーシャルに出ているぐらいで関節炎持ち、寒い天候は最も悪い。朝しばらくはパットの時さえ両手にグローブをしていた。午後の4サムでは疲れが出ているのは明らか。休ませるべきだったろうし、采配ミスと言われてもしょうがないと思う。

歴代のアメリカのキャプテンは組み合わせ、マッチの順序などで多くの失敗を生んでいる。結果論だ、とばかり言えない。

*

午後4サムは終わりのほうとハイライトしか見ていないが、満を持して待っていた感がある、ドナルドソン、ウェストウッド、マグドーウェル、ドビーソンが期待にいたがわず良いプレーをした。

Fri4some_donaldson_14thgreen

ドナルドソンは何回か長いパットを入れていたが、彼はヨーロッパツァーでいつもあんな感じです(笑)。すごい努力家らしいが、彼も渋いプレーヤーですね。ライダーカップは普段大人しい人が感情をボディーラングエージで出すから楽しい。(ドナルドソン、14番のバーディ)

Fir4some_donaldonwestwood

ウェストウッドは今季さっぱりの戦績で、キャプテンピックで選ばれたから、緒戦で勝てたのは嬉しかったろう。

Fri4some_birdie17_rorygarcia

圧倒するだろうと予想されたマックロイとガルシア組は、ティーショットが左右にばらけて午前は負けた。午後の4サムもティーショットが悪かったらしいが、上がり3ホールで飛距離、ショットのレベルの差を見せて(はっきり言ってそうだろう)、ファウラー/ウォーカー組とハーフに分けた。

午後4サムの結果。ドナルドソン/ウェストウッド1UPでクーチャー/フューリック、ローズ・ステンソン2&1でメイハン/ジョンソン、ドビーソン/マクドーウェル3&2でミケルソン/ブラッドレーに勝ち、マックロイ/ガルシアはファウラー/ウォーカーとハーフ。

2日終了で、ヨーロッパ5ポイント:USA3ポイント

ライダーカップスコアボード

<明日午前4ボールの組み合わせ>

     SATURDAY MORNING FOURBALL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

n
d

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ライダーカップ金曜日フォーボール組み合わせ発表

ようやくライダーカップ。盛り上がらないと愚痴っていても、いざ組み合わせが発表されると、ペアリングが良いの悪いの、大胆だの、守勢すぎだの、素人解析が始まる。選手のツィッター、ゴルフメディアの報道でその表情を追っていました。

Rickie_barbershop_21sunday

第1弾、リッキー・ファウラーのUSA刈り。

Bubbarickie_cockpit_21sunday

アメリカチームは日曜日にジョージア州アトランタに集合、チャーター機でスコットランド入り。

Rory_range_22monday

一番早くから練習していたのがローリー・マックロイ。練習風景ではほかの誰も写っていなかった。新しいライン、ナイキVaporを試していたようです。

Edinburghairport_mcginleywifescottl

欧米人のホスピタリティー。ヨーロッパチームキャプテン、ポール・マッギンリー、その奥さん(右)、スコットランドのスポーツ相が空港に出迎える。

Usteam_arrival_22monday

ちょっと疲れ顔のUSチーム。(笑)

*

Gleneagles_bypoulter_21sunday

もうすぐテレビで見られますが、グレンイーグルズ。(日曜日到着時にイアン・ポルターがツィッターにアップしたもの)

*

Bjorn_12th_24wednesday

コースはジャック・ニクラウス設計。周りの風景はスコットランドそのもの。水曜日の練習、トーマス・ブヨーン、12番ティー。

Rickie_2nd_24wednesday

昨日2番ホールをプレーするリッキー・ファウラー。

*

Openingceremony_phil_25thursday

オープニングセレモニーも終了。(選手紹介時のミケルソン)

Openingceremony_poult_25thursday

ヨーロッパチーム、ライダーカップの週のはるか前から最も興奮していたのが御存知イアン・ポルター。今回も圧倒的強さを見せるか?

*

そういうわけで、アメリカの今朝、金曜日朝の4ボールの4組のマッチ組み合わせが発表された。

      FRIDAY MORNING FOURBALL

練習ラウンドや過去のライダーカップからペアの相手はだいたい予想できる。

Bubbasimpson_practice_25thursday

木曜日の練習ラウンド、バッバ・ワトソンとウェブ・シンプソン。

ジミー・ウォーカーは年は若くないがライダー・カップルーキー。若いリッキー・ファウラーと組ませるのは良いかもしれない。

ゴルフファンが驚いたのは第3マッチのUSチーム、ジョーダン・スピースとパトリック・リード。両方ルーキーのうえ若い。

ライダーカップ命のポルターにベテランだがルーキーのギャラシャーを引っ張らせるのも良いアイディアと感じる。

Rorygarcia_6thgreen_25thursday

モーニングマッチのアンカーは、ガルシア&ローリー・マックロイ対ミケルソン&キーガン組。(画像は木曜日の練習。ヨーロッパチームはどの写真も笑顔で自信のほどとライダーカップ好きがうかがえる。)

Philkeegan_course_23tuesday

キャプテン、トム・ワトソンのコメントを聞くと、ミケルソンとキーガンが早くも最後の砦の雰囲気。プレッシャーいかばかりか。(笑)(火曜日の二人。連日一緒に練習しているようだ。)

*

Kuchfuryk_16thgreen_25thursday

これも意外だったのが、フューリック、マット・クーチャー、ハンター・メイハン、ザック・ジョンソンを待機組にしたこと。(木曜日の練習。金曜日の午後はこのままのペアでしょう。)

Zachmahan_13thtee_25thursday

やっぱり寒そうですね。(笑)ロスでは夜中0時から中継開始と思う(スコットランドの朝8時)。DVRをセットするけど、どの時間見るか難しいものがある。楽しみです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

このごろのニュース

このところ社会ニュースを見るのに忙しく、ライダーカップについてはテレビ、ゴルフサイト、選手のツィッターと追っかけてはいますが、どうも書くほどのニュースもなくて。(笑)

アメリカがついにISISや他のテロリスト軍に対する空爆を始めました。すごいですね、今の戦争は。いちいち一般市民に説明するのだものね。昨夜はこことここを攻撃しました。これが映像です・・・と学校の先生みたいに教壇に立ってメディアに説明するのがテレビ中継される。

CNNが世界一のニュースステーションとは思わないが、大きなニュースがあるとCNNを見る。今国連総会が開催されているが、今日はオバマ大統領が39分ものスピーチをした。

ニュース番組には、何か事件があると今まで見たこともなかった「専門家」がゲストで出て来る。今日見た人は、(ISISに対して)武力で攻撃するのは間違っている、シリアから逃げてきた難民は住むところも飽和状態で食べ物も不足している、彼らを救い解決法を探すのが先だと言って、わたしは耳を疑った。

女性アンカーも、呆れて聞き返していたが。ISISから逃げてきたから難民になったわけでその原因を叩かなければ、難民は増えるばかりだろう。

80カ国もの国から1万5千人以上が外国戦闘員としてテロ組織に入っているそうだ。この前、日本から戦闘ごっこが好きな馬鹿ちんが行って、ネットに映像が出ていたが、どうなったのか。

信じがたいのは、女性や若い女の子まで盲信してシリアに渡り出している。現代のように何でもインターネットで情報が入る時代に、恐るべき無知と「かぶれ」具合だ。

*                *

わたしはこのブログに日常の話として、ロスでは子供だけで学校に行かせない。幼稚園、小学校と学校の門まで親か親に代わる人が送迎を義務づけられていると何度も書きました。

孫は12歳、中学生になったが、娘かわたしが毎日車で送り迎えしている。子供だけで歩くことは全くない。

その理由は犯罪の予防、安全対策です。「お母さんが交通事故にあったから代わりに迎えに来た」などと言われても決して車に乗らないように、たとえ親類の人でもついていかないようにと、小さいときから何度も言いきかせます。

自宅にいる時間も、いまだに一人では留守番させない。誰もほかに大人が家にいないときは、買い物でも何でも孫を同行させる。よって、子育ては日本とは違った部分で非常に手がかかり、親の時間も束縛される。両親とも仕事を持つのが当たり前のアメリカ社会で、このやりくりも大変だ。

日本でも格段に変質者や社会に適応不能のはみだし者が増えています。都会、田舎に限らず、登下校はもちろん、子供一人だけでは歩かせないことを徹底するしかないのでは?

アメリカでは「アンバー・アラート」と言って、子供が明らかに誘拐されたと思われる場合、子供の特徴や目撃者情報がテレビやラジオ、高速道路の電光掲示板で流れる。

小さい子の場合、居場所が不明の場合は日本はどうやっているのだろう?アメリカの感覚からみると、日本は狭い。スピーカーから大音声で「△歳の〇〇ちゃんを探しています」と町中流したら、すぐ見つかるのじゃないか・・。

死なずにすんだ子供が死ぬと、わたしは腹が立って寝つきが悪い。

*                 *                 *

Mormontemple_1

先日、孫を迎えに行き、早く着きすぎたので近くのモルモン教寺院を写す。綺麗な青空ですが暑かったぁ。以前これはキリスト教の教会だったのをモルモン教が買い取ったのだそうだ。ウェストロスアンゼルスからはよく見えて、昔ロスに遊びに来たとき、道に迷うと目印にした。(笑)

Mormontemple_2

尖塔のてっぺんの像は後ろ向きだし、よく見えなかったが、孫によると聖オーガスチンのはずだそうだ。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

驚きのアナライズ

新しいクラブを買うと、わたしはいつも一応レッスンで見てもらう。

このクラブはこういうところに気をつけて振らなきゃ・・というのがあるかも知れないし、そもそもスイング見てもらわないとクラブが合わないせいか、単にスイングがなってないのか自分では分からない。

ということでやっと新しい3Wのスイングを見てもらった。前の生徒のレッスンが終わるのを待つ間、ウォームアップしていたが9番アイアンもノーミスで、9Wも気持ち良く当たる。オカシイなぁ、昨日のラウンドは何だったのだろう。

しかし、3Wではそうはいかず、なかなかボールが空中に上がらない。

レッスンでは頭が動いている、スパインアングルが一定じゃないともう何十年も直らない悪癖を言われ、それでも当たらない。

2,3秒静かになった先生、「そのシャフトはソフトすぎると思うよ。」

メリー「は?」

先生「ソフトすぎる。」

(わたし、聞き間違えたかと思ったので)

メリー「スティッフすぎる?」(硬過ぎる)

先生「違う!ソフトすぎる。つまり・・・」

リー「えぇ~~?ソフトすぎるんですか?このシャフトがぁ~?」

先生「シャフトがソフトすぎる時はどうスイングするんだ?やわらかくスイングするんだよ。女の子みたいに打てよ。」

Σ( ̄ロ ̄lll) はっ?

(バアサンみたいに打てよの間違いじゃないかと言い返したかったが、やめといた)

先生「女の子のスイングしてみろよ。君は男のようなスイングをする。」

・・・・・・・・そんなこと初めて言われた。これだけヘッドスピードが遅いのに、これ以上遅くするのかしら??

・・・・・・・・・だいたいこの3Wはヘッドを地面に押し付けてみても、打った感触もシャフトが硬い感じがして、困ったなと思っていたのに。

しかしそう言われて、次は、ふんわかサンドウェッジでグリーンに球を上げるイメージで振ってみた。ボールはポッコーンと高い弾道で飛んでいった。

先生「ほら見ろ。そうだろ?」

ふんわか振って、シャフトを背中によっこいしょと背負うフィニッシュ(爆)

これを書いている今も、ツァーエッジのシャフトが柔らかすぎるとは信じられない。

今まで使っていたテーラーメイド・レディーズバーナーの3W(2007年型)のスペックデータは見つからなかったが、もっと後年のラインを2、3調べてもトルク4.6ぐらいでシャフトもかすかに重い。

ツァーエッジエクゾチックXCG6はシャフト重量49gのトルク5.5。う~~む、そうなのかもなぁ、先生が言うことのほうが正しいのかも知れない。(わたしのほうが正しいわけない

*

話は違うが、昨日はバンカー2箇所に入れた。

スプリンクラーの水がかかったのか漏水か、1番グリーン下のバンカーはぐじゅぐじゅだった。人様のブログを読んでも、濡れた砂のバンカーからはホームランしやすいらしい。

ふかふかの砂とか、濡れた砂とか、殊に難しいバンカーショット用のためにグラファイトシャフトのレディースの軽いサンドウェッジを買おうかと探している。

昔日本で人にクラブを借りて回ったとき、SWだけはキャラウェイのビッグバーサ、大きなヘッドのレデイースで、シャフトはくにゃくにゃだった。

グリーン周りからのチップは全く使えなかったが、バンカーからは全部1mから2mに寄せるという神業で(笑)、あれはクラブが軽いからだと後で思った。

ゴルフショップに行って見たが気に入るものがなく、ネットで、グリーンサイドバンカー専用のレディースSWを見つけた。バウンスが14度もあって、そりゃ出るでしょーという感じです。(笑)

*              *             *

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ん~~~~、13ラウンド目/ランチョ

暑いのもいい加減あきあきした。何より困るのは健康のためにしている夕方のウォーキングが出来ないこと。

暑い日は6時や6時半では気温が落ちなくて。暗くなってからは歩くのは無謀なので、ずっと運動不足です。

天気予報では今日が一番涼しくなり、再び気温が上がるというので、急遽予約を取って行ってきました。

今週から砂撒きグリーンになり、グリーンフィーが割引になっていた。

あんまりコンディションがひどいとグリーンオン後は自動的に2パットにするなど、いつもは適当に仲間内ルールでやるんだけど、長年の知り合いの女性と同組になり、彼女は砂だらけだろうが、3パットになろうがカップインまでパットする人で、わたしだけパットしないのも白けると悪いと思ってやりました。

1番ホールはコメディでした。ティーショットまあまあだったのに、何かの間違いかと思うほど飛んでなくて、次の3Wがスライスで右ラフ。キクユグラスのラフからコブラの5Wも大して進まず。

言い訳は6時に家を出て高速に乗ったところで忘れ物に気づき、高速を降り、下りに乗りなおし、家に戻って・・・と、7時スタートに余裕を持って着くはずが、チェックインデッドラインに間に合わないかとヒヤヒヤ。

4打目でまだ7番アイアンが要る有様。右プッシュアウトスライスでグリーン右下の大きなバンカーに入り、雨でも降ったかのようにバンカーの荒い砂がぐじゅぐじゅで、ボールだけ打とうと思ったらトップして奥ラフ・・・(なかなかこうは出来ない)。ダブルパー。「8」

知り合いの女性もびっくりしたろー。(げーっ、メリーはこんなに下手だったの?と思ったでしょうよ。20数年もランチョに通ってるのに

2ndgreen

2番女性にパー5。ティーショットは良く、(新しい)3W△、3打目が上り125Yもあるのに9Wがバッグに入ってない!!

7Wじゃあ大きすぎるから、仕方なし、持って行ったアイアンで一番長い6番アイアン。フロントのエッジのちょっと下まで行き、チップで50cmに寄せてワンパットパー。

3番123Y。ピンはセンター。ここも9Wだけど無いから7Wをちょっと下げてティーアップ。快心でピンハイ左。

ちなみにボールも濡れた砂だらけ、スコッティーキャメロンのフェースも砂だらけになるので頭に来て、このホールからサンドウェッジの歯をパターのようにストローク、ボールの赤道を打ってパットした。昨夜近所のコースのチップ練習グリーンで練習しといたんだ。(笑)

4番右ドッグレッグパー5。3打目の3Wが右に出てしまい、大きなバンカーの麓。ここはタフなキクユグラスのラフってことを忘れて、次のチップを普通に打ってしまいショートしてバンカーへ。

これがまた濡れた砂で、大トップ。グリーン後方のカート道も横切り、5番ホールのバックティの麓のラフ。まさにホームラン(爆)。

大輪のキクのように伸びた硬い草の真ん中にボールは鎮座。それこそ後ろ打ったらおしまいだから、ボールだけ打つチップで☆☆☆のショットが打てた。ピンに当たりそうだった。ここも「8」。

ボギーゴルフはどこへ行ったのだろう。

5thgreen

5番上り。ティーショット今いち、右ラフ。次打も右ラフにステイ。木がかかるので、6番アイアンで低いショットを打ち、距離足りず右ラフ・・・ったって草が無いのだ。案の定SWでヘチャし・・・こんな下手な人もめずらしい。トリプルで「7」

こんだけ打ってしまうと、挽回のしようもない。50は打ちたくないが。

6番パー4をボギー。

7thgreen

7番パー4はティーショットが良かったが爪先上がりのライで3Wはグリーン右下。良いチップしたが、ピンハイ1.5m。どうパットしても入らん。(グリーン左側から。フェアウェイは画面右方向)

8thgreen

8番パー3、150Yだが土手になるので、ドライバーでピンハイ右へオン。パー ここのグリーンからパットは6番アイアンを使い、歯はボールの赤道ラインに当てる。6番アイアンのほうが打ちやすかった)

9thgreen

9番パー4。3オンでボギー。グリーンが白いのは砂です。右、大きなユーカリの下部の幹が折れていた。木の病気?

ということでフロント9は2740Y。スコア49

*

後半になり薄日もさしてきて暑く感じる。10番上りパー4。3打でやっとグリーン左下ラフへ。良いチップでピン横1mぐらい。ボギー。

11thgreen

11番女性にパー5。奥ピン左2mにつけたがパット入らず、ボギー。

12番パー3、ここもティーショットだめだめ、チップでちゃっくりとひどかったが最後のチップで30cmに寄せてボギー。

3番パー4、ティーショット、80Yぐらい 4打目グリーン手前、左足下がりからチップをピンハイ右2.5mにつけ。これは入ったぁ!

14番パー4、順当にボギー(笑)

15番374Y。ティーショット右ラフに当たりフェウェイに降りて来ず。5Wコブラバフラーで渾身も、ラフがきつくて大して飛ばず。最後のチップで1mにつけてパット入らず。しくしく

16番122Y、左グリーン。知り合いの女性に左のグリーンは苦手なのよと話していたのだけど、ティーショット右スライスでグリーン右下のラフ。溝ぎりぎり。旗の上しか見えないところから20cmにつけた(今日はSWのチップがめちゃ良かった・・それだけが取り得だった)。パー

17th_leftgreen

17番461パー5、左グリーン。1W△、3W◎、3W◎、9番アイアン〇、ボギー。(フェアウェイから左グリーンのピン。)18番440Y、1W◎、3W〇、3W〇、SW△、ボギー。

バック9、2904Y女性にパー37、スコア46。

*

グリーンに穴を開けて砂を撒くエアレーションもランチョほどたくさん砂を入れるコースを見たことがない。なぜか悪い伝統でグリーンキーパーやコースマネージャーが誰に変わっても同じだ。

Sandypracticegreen

↑クラブハウス前の練習グリーン。(ポルシェ・カレラはわたしの車ではありません・笑)

呆れるでしょ?(クリックすると拡大)わたしが朝到着した時からこうだったから昨日撒いたと思われる。同伴の男性が6週間たったら良いグリーンになるだろうから、11月にまた来ると言っていた。(笑)

<新しい3Wの使い心地>

Touredge_exotics_xcg6_3w_sole

ランチョで打ったのは初めて。クラブは慣れだと思って、多少打ちにくそうなライでも使いまくった。爪先上がりの、殊に薄いライでは難しかった(当たり前)。

バック9で幾つか良い当たりが出た。バックスイングでトップの位置に来た時、背中がターゲットに直角に向かないと当たらない。ひっ 1日中、ドライバーと3W打ってたら疲れたー。

しかし、どうしてこう今のドライバーはデカイのか?いくらフェースが大きくても(わたしのようなヘタレは)真ん中で打てるわけじゃないんだから、もっと小さくすればいいのに。

*

これアップしたことありましたっけ?

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

本年12ラウンド目@ランチョ

 

今日と明日はちょっと涼しくなるようなことを天気予報で言っていたので、朝6:48の予約を取っておいた。昨日も暑くて、やっぱりキャンセルしたほうがいいかなと思ったが、いつまでも18ホールを回らないと18ホール回る体力がなくなると自分を鼓舞し(ん?)、行ってきました。

今春日本で3ラウンドしたのを入れると12ラウンド。それでも息子の2倍ぐらい、婿の3倍ぐらいやってるんだから恵まれている。(可哀相すぎる)

*

本日のギア

6thhole_woodclubs

ウッドがすごいことになっている。右からキャラウェイXホットドライバー、テイラーメイド・バーナー3W/15度(2008年型ぐらい)、先日買ったコブラ・バフラー5W/20度、TM・バーナー5W/18度、キャラウェイXフェアウェイウッド9W/24度、そのうしろTMバーナー7W/21度。

8番アイアンを入れるのを忘れたので、それでもトータル13本。

*

1sthole

1番338Y上り。朝5時起き、6時に家を出て高速を飛ばすと、最初の1,2ホールは足がアクセルを踏んだまま状態で、ショットを地面に打ち込めない。(新規言い訳)ダボ

2ndhole_leftrough

2番367Y女性にパー5。1W◎、2打目の3Wが左ラフへ行ってしまった。バミューダグラスで、むむむのライだった。こんな時こそ!と新しいコブラ・バフラーの5Wを打ったら大成功でグリーンへ上っていく。(画像はその左ラフ。打ったあとで撮った・・)グリーン左エッジ。そこからのチップが遠すぎてパー拾えず。

よかったー、この5Wが無駄にならなくて。

3rdgreen

3番123Y。朝だから湿度が高くベトベトする感じ。空気が重いから、いいか、と思ってコブラ5W(20度)を2クラブの長さ後ろに下がったところから打ったのだけど、奥ラフまで転がっていってしまった。ウッドで2番手大きすぎた。チップが話にならないほど大ショート。

4thhole

4番右ドッグレッグ、445Y。ティーショットはスイング悪く右ラフへ。今度はキクユグラスのラフだが、ところどころハゲでライは良くない。再びコブラ・バフラー5W◎(距離は大して行かない)。3打目3W◎、グリーン下から52度でピン後方大きすぎ。ボギー。

5番335Y上り。ティーショット右ラフ、あろうことかセカンドをポップアップ、ボールは右へ飛んだ。ダボ。

6番346Y上り、ミスショット、ミスショット、最後の7番アイアンが良くてボギー。しかしパットが入らん。

7番308Y。1W◎、残り130Y。グリーン前から上っているので5W・・低空飛行で右テンポラリーグリーンへ転がる。なぜかグリーン右手前に乗っていた。これがリッジ越えの右3mから曲がる上りパットで、ファーストパットはカップの後方を回りはるか左上。今度は下りのスライスパットで・・・3パットダボ。ミケルソンのようにグリーンでウェッジ使う勇気なし(当たり前)。

8番150Y砲台、1W×、チップはピンハイ左。パット入れられず。今日はストロークはさほど悪いと感じなかったがまるきり入らず。

9thhole

9番328Y、グリーン砲台。1W×、3W◎、52度〇、ちょっと大きすぎ。下りパットはカップをかすめ転がりが止らない。何とか入れて2パットボギー。

ショートゲームがむちゃくちゃ悪い。チップで寄せられない、パットで拾えないじゃあね~。フロント9は47(19パット)。パー無し(涙)。19パットってホームコースで何てザマだ。

*

湿度が高いので朝から汗が出たが、曇っていたので消耗する感じはしない。この分ならバック9も全部回れるかなと思う。

 

10thgreen

10番344Y上り。1W〇、3W◎、PW〇、2パットボギー。何だかなぁ、最近練習したこともないのに今日は3Wがよく当たる。新しい3WをeBayで落札したんだけど・・。お金もないくせに、すぐ無駄遣いするんだわね。

11番371Y上り、女性にパー5。1W△、3W◎、残り125Yだが砲台グリーンなのでコブラ5W。だめだめのミスショット。このクラブは薄いライでは打ちにくいと思う。(それはアンタだけじゃないの?)グリーン下からまたチップが寄らずパットも入らず。ボギー。ああ口惜しい。女性にのみパー5のホールはパー取らなくちゃ。

12thhole

12番134Y、5W◎、グリーンエッジへ。パー。

13番352Y。3打目、PWでハーフショットしようとしてワケわからんミスショットになった。グリーン前からSWでピン横に寄せボギーセーブ。やっと寄せワンが出来た!!

14thgreen

14番306Y、グリーン砲台。3打目、8番アイアンを持ってこなかったので7番アイアンでハーフショットしたら、ヘナチョコスライスで横広いグリーンの右に乗る。ピンはうんと左。ぞっとする長いパットだったが、カップ横につけてタップイン。(画像、青空が見えているが、この頃からぐんと暑くなった)

15thhole

15番374Y。1W△右ラフ、5W〇、3W×、4打目何打ったか忘れたが4オン。左ピンへ4mぐらいのパット入れてボギーセーブ♪やっとパットが入りだしたよぉー。

16thgreen

16番122Y右グリーン。奥ピン。5W◎、貴重なパー。

17th_rightrough_cobra5w

17番461Y右ドッグレッグ。1W×で右ラフ。キクユグラスのラフ。コブラマンの出番です(爆) 抜けましたよぉ。いやーこのバフラーはラフでは素晴らしい。(画像、フェースの草)

17thgreen_ball

フェアウェイが下り傾斜にかかるところから、どうせグリーンに届かないのでバンカー前を狙ったが、右ラフへ一直線。ピンクがコースマネージメント、赤が結果。4オン2パットボギー。

18thhole

18番440Y左曲がり。練習場を改造する時木を伐採したので、すっかり景色が違う最終ホールになってしまった。

18thgreen_ball

3打でグリーン左手前まで来て、SWでピン下3mへ。画面右の男性、わたしぐらいの年齢だと思うが上手だった。グリーンを逃したは3ホールだけだと思う。グリーンオンしたほとんどがバーディチャンスの距離だったが、前半まったくパットが入らず。しかしタップインパーばかり。バーディ2つだったと思う。

「今日は(普段より)調子が良い。ラッキーチャームの同伴者のおかげだろう」と言っていた。わたしも、最後のパーパット入れてご機嫌でラウンドを終了。

バック9(女性にパー37)、43(15パット)。バック9はイエローティーからでも2904Yと長いから嬉しいな。あとはフロント9を縮めるだけだ。

ランチョを18ホール回ったのは7月3日以来の2ヶ月ぶりでした。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ