« ミソをつけたPGAチャンピョンシップ最終日 | トップページ | 衰退の一途のばーさんゴルフ »

タイガー、ライダーカップ出場辞退、今季休養

昨日水曜日発表。出場する予定だったものを辞退したのではなく、キャプテンピックに考慮されることを辞退したもの。

日本ではライダーカップに興味を持つ人は少ないかも知れないが、特にヨーロッパチームにとっては命をかけるものであり(笑)、アメリカ人は何でも負けるのが嫌いだから(誰も好きではないとしても)いきおいアメリカチームへのプレッシャーも大きく、今年のように大物ミケルソンやタイガーが不調で出場資格ポイントで足りないときは、キャプテンピック(3人)で選ばれるかどうかというのは大きな話題になる。

なおミケルソンは、本人曰く「全英オープンの後半からショットは良くなってきて」、先週のPGAチャンピョンシップでは優勝のチャンスも十分あった単独2位になり、ライダーカップポイントでも一挙に5位に上ってきた。

先週終了時のライダーカップポイント順位(9位まで自動的に出場資格)

1.Bubba WATSON 2.Rickie FOWLER 3.Jim FURYK 4.Jimmy WALKER 5.Phil MICKELSON 6.Matt KUCHAR 7.Jordan SPIETH 8.Patrick REED 9.Zach JOHNSON 10.Jason DUFNER 11.Ryan MOORE 12.Brendon TODD  13.Keegan BRADLEY 14.Chris KIRK 15.Webb SIMPSON

腐っても鯛じゃないが、例え勝つ目はなくてもどんなプレーをするか見たくなるのがタイガーだから、キャプテンもなかなか切りがたい。トム・ワトソンはここ1,2ヶ月「タイガーが(ライダーカップまでに)良いゴルフをするかどうか、健康かどうかにかかっている」と無難な答えというか、興味を引き伸ばす。(笑)

Fri_tiger_2ndteesho

 

 

Fri_tiger_after2ndshot17thhole

しかし、WGCブリジストンでは最終日9番のティーショットを打ったところで棄権、PGAチャンピョンシップでは予選落ち、しかも明らかに腰痛で苦しんでいる様子。(画像上は金曜日2番のティーショットを打ったあと。下は17番のセカンドショットを打ったあと。)

タイガーの今季の成績を見ると、故障と手術後でゴルフになっていないことがよく分かる。シーズンデータ

ということで、とうとう昨日タイガーは自分のサイトでキャプテンピック(選ばれる)の対象に考慮されることを遠慮したいとの意思を表明。医師とトレーナーにラウンドすることも練習することもやめたほうがいいとアドバイスされたと言う。これは筋肉の問題で今年受けた手術とは関係ないと言っています。次に試合復帰するのは12月初めのワールドチャレンジ。今年から開催地を変えて、フロリダー州オーランド、アイルワースになる。

*

今日スタートのウィンダム・チャンピョンシップは日本人が3人出場。みな朝スタートだったので中継前に終わっている。今田さんが-4。松山、-1、石川遼イーブンパー。

リーダーボード

Samsneed_greatergreesboroopen_1938_

この試合は今はPGAチャンピョンシップの翌週、フェデックスカップ・プレーオフに入る前と、トッププレーヤーはほとんど出ないスケジュールに押し込まれているが、古くからある試合で、The Greater Greensboro Openとして1938年始まった。初代チャンピョンはサム・スニード。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ミソをつけたPGAチャンピョンシップ最終日 | トップページ | 衰退の一途のばーさんゴルフ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミソをつけたPGAチャンピョンシップ最終日 | トップページ | 衰退の一途のばーさんゴルフ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ