« 石川遼、全英オープン出場リスト入り | トップページ | 2014年全英女子オープン終了・驚きの優勝者 »

2014年全英女子オープン2日目終了

今週はテレビ観戦で気が抜けない。どうしても見たい全英女子がイギリス、ヨーロッパ男子ツァーがスコットランドで開催なので、連日朝4時半起床だ。(→のち昼寝bleah

全英女子はロイヤル・バークデール。ヨーロッパツァー、スコットランドオープンはロイヤル・アバーディーン開催。どちらも古いリンクスコースだけど、バークデールのほうがいかにも全英オープンのローテーションに使われるリンクスでタフに見えるがどうだろう。今年の設定が例年より厳しいのかも知れない。

*

アメリカではESPN2というチャンネルで予選は3時間の中継だから、早朝スタート組はまったく見られない。(今調べたら日本ではゴルフネットワークで5時間もライブ中継があるのですね!)

よって初日の上原彩子の68は見ていない。風があまり無かったのとピン位置が難しくなかったので、おそらく結果的に4日間でこの日は一番スコアが出しやすいコンディションになるのではと思った。今までアメリカでは活躍したことがなかったので、上位を維持出来るとは思わなかったが、2日目の今日、崩れだすとビッグスコアが出た。(15番パー5でトリプル)

解説のドッティー・ペッパーやジュディ・ランキンが、2日目の上原を「彼女はああいう場所(草の丈が高いラフ)から打つ身体的強さを持ってない」と言っていたが、わたしは初日の大山志保を見て、同じ感概を持った。身体的強さもそうだが、こういうコースの経験が無い(or少ない)のでトラブルからのマネージメント、ショットの選択や打ち方の引き出しが少ないのではと思った。

コースの設定がタフな年は、リンクスコースの経験値、トラブルからの正しいマネージメント、特に天候がプレーにかかってくると、辛抱辛抱また辛抱のゴルフになるから強靭な精神力と集中力が要求されるのではと思った。週末2日間、あまり容易な天候とコンディションにならなければおもしろいのですけどね。(笑)

Britishopen_fri_martin_2

2日終了時の首位のモー・マーティンはLPGA下部ツァーに何年もいた人で、今季のLPGAでも上位に入ったことがない。

わたしがメジャーの度にマークしているのがソン・ユン・リュー(日本での呼び名を忘れました)。彼女はステーシー・ルイスと共に現在最も安定したゴルフ力を持つ人だと思う。全米女子オープンでも、とても彼女のAゲームではなかったが、それでも5位タイ。今週、71&70で-3で好位置。

1アンダー、6位タイ、エイミー・ヤンがまた来ている。今季はクラフト・ナビスコで10位、全米女子で4位。今までにメジャー優勝していておかしくないと思うが、気持ちが優しいのかプレッシャーに弱いのか最後で踏ん張れないパターンが多い。

2日目、どかんと出てきたのが、アンちゃん。テレビの発音ではピンと来なくてアン・ソン・ジュと分かったのは今日のハイライトが流れた時。彼女はポッと来て、ポッと勝っても納得出来るゴルフ力がある。

昨日は遅いスタートだったので藍ちゃんのプレーがかなり見られた。去年から始まり、今季に入り、さらに不調が続く彼女がティーショットでフェアウェイキープ、安定したショットでイーブンパーの好プレーは嬉しい驚きだった。短いのを外さなかっただけ良いが、それでもまだパットが本来の強さに戻ってないと感じた。2日目は32パット。

アザハラ・ムーニョス、ジェシカ・コーダ、インビー・パクがそろって72&72のイーブンパー。パクは初日パットが入ってなかったが、それでも踏みとどまる地力。

森田理香子、あのゴルフじゃあとても予選は通るまいと思ったけど、カットラインで通りました。彼女は去年セント・アンドリュースで出場、予選通過したが強風で86叩いたそうだ。普段からパットが弱点なのか知識がないが、今週は33&30パット。

解説のジュディー・ランキン、「難しいコースはロングヒッターが有利とは限らない。リンクスコースは飛ぶと高い草のラフに入ったり、ポットバンカーに入ったりするので、飛距離がないプレーヤーも勝てる。設定が容易なコースでは圧倒的にロングヒッターが有利だけれど。」と言っていた。そういう意味では日本人が勝つチャンスはあると思う。

Britishopen_th_wie

(大きなお世話かも知れないが、中年のオバサンゴルファーみたいな、このヒサシが大きなバイザーはやめたほうが・・・)(画像は木曜日のミシェル・ウィー)

今年に入りこれほど強いゴルフを見せ、ついに全米女子オープンまで制覇したミシェル・ウィーがあっさり予選落ち。今週はスイングのテンポがおかしく、ついにゆっくり振るようにし始めたらしいが、テレビブースでジュディー・ランキンは不快な口調を隠せなかった。(笑)

ウィーが勝てない時期にずっとかばうコメントを言い続けてきたランキンだったが、全米からたった1ヶ月弱でこのチャンピョンらしからぬゴルフを見せたウィーに呆れたのかも知れない。

全英女子オープンリーダーボード

スコットランド・オープンはミケルソン、マックロイ、ジャスティン・ローズ、ルーク・ドナルドなどトッププレーヤーが出ているので、早朝から見るようにしているが(テレビは西海岸6時からだが、インターネットのライブ中継はそのずっと前から始まる。3時ごろか・・?)、初日7アンダーでスタートのローリー、今季のジンクス(データ)通り金曜日の大崩れ。64から78って、それはないでしょー。

1番ホールと2番ホールの短いパットの外し方を見ていたら、来週の全英オープン優勝の目はとてもあるまいと感じた。

アルゼンチンのゴンザレスは後半スコアを伸ばせずダブルボギー上がりで、-6の3人が首位で週末へ。カットラインが+2だから、予選通過したプレーヤーまで優勝の可能性ありか。

スコットランドオープン・リーダーボード

アメリカのジョン・デア・クラシックまで見る余裕がない。正直言って毎年退屈な試合だが、今年はいっそう退屈そうだ。この顔ぶれならザック・ジョンソンが優勝すべきと、個人的には思う。(笑)

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 石川遼、全英オープン出場リスト入り | トップページ | 2014年全英女子オープン終了・驚きの優勝者 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

初めまして、還暦ゴルファーの斉藤と申します。
数日前このブログに辿り着いた経緯は忘れましたが・・(60を過ぎると記憶力が・・・・笑)
とても面白く興味を持って拝見させて頂きました。
米国でのゴルフライフ羨ましい次第です。
巨額の震災義捐金を集めながら、その明確な使用用途を国民に開示しない?
マスコミも知っていながらその事に触れない?
不思議な国、日本からまだ脱出できておりません(笑)
結局、この国の民族は秀吉さんの刀狩以降、精神まで狩られてしまい長いものに巻かれろ精神がDNAに刷り込まれているようですね。
その昔、香川県の田舎素封家であった祖父・祖母・母は戦時中お国に多大なる供出したそうですが・・・・領収書も取らなかった国民性ですし、集めた国もそのままシカトしてしてすまされる不思議な国なのであります。
真夜中の2時3時でも女性が一人で歩ける安全な国でも有りますが・・・
65歳までには完全にリタイアーしてゴルフにのめり込みたいヘッポコゴルファーです。
私のブログは http://ameblo.jp/s177chiaki/ です。
よろしければ遊びに来てください。


>斉藤さん

はじめまして。コメントをありがとうございました。
斉藤さんのブログも拝見しました。まだ全部は読んでいませんが、あちこちのコースを回っておられ参考になります。
わたしも日本帰国時に日程に余裕があるとゴルフします。
この春は3ラウンドもしました。

世界中から集まった東北大震災への寄付金がまだ使われてないらしいと聞いたときは、仰天しました。
アメリカからライブで津波を見たのですから、アメリカ人にも衝撃は大きく、アメリカから単独でも相当な金額が送られたはずです。
NHKワールドのドキュメンタリーなどでも見ますが、特に年齢がいっている方たちがいつまでも狭い一時避難住宅に住んでいるのを見るのは心が痛みます。
まだまだ豊かな日本、たった数千人やそこら援助できないはずはないと思います。

頭に血が上ったのが、被災地から遠くの地に転入した学校で子供達がいじめられた話や、福島からの転入者から放射能が移りはしないかと嫌われた話。
島国根性極まれり、人間の品性がここまで落ちては日本も早晩衰退すると思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川遼、全英オープン出場リスト入り | トップページ | 2014年全英女子オープン終了・驚きの優勝者 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ