« がっかりする日本人 | トップページ | 2014全米オープン・パインハーストNo2プレビュー »

メモリアル余話

ほかの人は知らないが、わたしはまだ松山英樹22歳にしてPGA初優勝の余韻にひたっている。

あんまり何年も経たないうち勝って良かったと思う。

藍ちゃんはLPGAのQスクールで大差をつけて優勝してのアメリカ本格参戦だったので、誰しもすぐにでも優勝するだろうと期待した。これまたプレッシャーいかばかりかと可哀相だった。弱冠20歳の女の子。

彼女は初優勝まで3年半かかったでしょ。後年、当時を懐古してもう辞めようと思ったこともあると言っていた。

*

さっき見つけた記事ですが、松山の左親指のつけ根の話。

痛んで棄権したこともあったのに、だましだましプレーしているのかなと思っていたら、トレーナーの努力で治っていたそうだ。

ニッカンスポーツ.comの記事はこちら

トレーナーの飯田さんという方が日本に帰国した際、いろいろな人に聞いて回り、『・・・1つの推論に達した。痛みが出る指の付け根とつながっている、ひじや肩の筋肉に問題があるのではないか。治療の方針を立て直すと、一気に痛みはとれてきた』(記事から引用)

先々週のクラウンプラザ・インビテーショナルでは全く痛みを訴えていなかった・・・と書いてあったが、ということはそれまでは試合の度痛みに苦しんでいたのでしょうね。去年こちらの中継では、松山は練習場が真っ暗になるまで練習しているとよく言われていた。

*

メモリアルトーナメントのギア。

Memorial_hideki_bagclubs

DRIVER: Srixon ZR-30 (9.5 degrees, with Graphite Design Tour AD DI-8 TX shaft)

FAIRWAY WOOD: Callaway Razr X Black (15 degrees, with Graphite Design Tour AD DI-9 TX shaft)

HYBRID: Tour Stage X-UT (19 degrees, with Nippon NS Pro Modus 3 shaft)

IRONS: Srixon Z-945 (3), Z-925 (4-9) with True Temper Dynamic gold S400 shafts

WEDGES: Cleveland 588 RTX CB (48), CG-17 prototype (54, 60 degrees) with True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue shafts

PUTTER: Scotty Cameron for Titleist Newport 2 prototype

BALL: Srixon Z-Star XV

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと驚きました。いろいろなメーカーが混在。しかしドライバーとアイアンとボールがスリクソンですからスリクソン契約なのでしょう。同じ契約プロということで、グレーメ・マクドーウェルが松山のビデオをツイッターにアップしていた。

 

パター、やっぱりねー、アップの時スコッティーキャメロンとそっくりと思ったんだ。若い頃はこういうパターを使わないとダメですよ。(偉そうに・・笑)でもキャメロンでトウを上げるパッティングスタイルはちょっとユニークかも。たいていブルズ・アイのような両面平ぺったいパター使うでしょ。

今週はメンフィスでのセント・ジュード・クラッシック。全米オープンの前ゆえ、トッププレーヤーの出場は少ない。先週のメモリアルに出場して、その翌日オハイオ州のセクショナルクオリファイに出、それからメンフィス入りした人は忙しかった。ポール・ケーシーもその一人。もう2週間の頑張り。(笑)

石川遼はクオリファイ通過せず。明暗を分けた1週間になった。最近、いつ見ても疲れた顔をしている気がする。焦らず、自分のゴルフをしてほしいと思う。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« がっかりする日本人 | トップページ | 2014全米オープン・パインハーストNo2プレビュー »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« がっかりする日本人 | トップページ | 2014全米オープン・パインハーストNo2プレビュー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ