« 2014年全米オープン前夜 | トップページ | 2014年全米オープン2日目終了 »

2014年全米オープン1日目終了

 

Pinehurst_clubhouse1900_2

 

左は1900年のパインハーストのクラブハウス。右は今週のクラブハウス。現地で今週ボランティアをしている人による提供。

*

今日は9時間ぶっ続けでライブ中継を見た。西海岸では、朝6時から正午までスポーツ専門局のESPN、12時から2時までネットワーク局のNBC、遅いスタート組のホールがまだまだ残っていて、2時からESPNに戻り、それでも終わらず3時以降も続いたらしいが、もう充分と午後3時で見るのはやめた。

まず驚いたのはグリーンの柔らかさ、それから大して速くないグリーンスピード。グリーンの傾斜に乗って奥までこぼれるショットはあったし、ラインがかすかにずれるとグリーンから左右にこぼれるショットもあったが、良いショットを打てばピンへ寄る。

こんな設定では午前スタート組の中から4アンダー、5アンダーが出るなと思ったが、朝組はグレーメ・マクドーウェルとケビン・ナの2アンダーが首位のまま。結局午後1時47分スタートのマーチン・カイマーが追い抜くまでもった。

コースが柔らかく、グリーンも硬くないのは、前の晩、雨が降らずに終わり、早朝に水を撒いたらしい。風は無いし、スコアを出すには絶好のコンディション。おそらく4日間で今日が一番スコアにしやすい日になるのではないか。午前と午後で、スコアが違ったのかどうか知らないが、おそらく変わらなかったろう。スタート時間によるアドバンテージは無かったということで、明日の天候次第。

USGAのマイク・デービスは公平を期すため、2ラウンド目に向けて(グリーンを硬くするなどの)設定の変更はしないと言ったそうだ。

首位カイマーの65はパインハーストで開催の全米オープンでは最小スコア。1,2週間前に見たインタビューで、カイマーが手の豆がつぶれて血が出るまで練習したと語っていたが、その時にインタビューされたのか、もっと前に撮られたものを流したのか分からなかった。長いスランプだったから、そこから抜けてきたのは相当な努力だったろう。

彼はもともとフェード打ちだったが、2010年PGAチャンピョンシップに優勝したあと、さらに強くなるためにはドローも打てるようにならなければと考えてスイングを変えようとした。それがスランプの始まり。(メジャー制覇選手が同様の理由で、ついに復活できなかったのはよく聞く話)

以前の全米オープンのパインハーストを覚えていないが、今日見たぶんでは、このコースはティーショットで(右利きでは)フェードが要るホールが多い気がする。(よってバッバ・ワトソンにはまるきり向いてない・・・?彼は左利きゆえ、そのフェードでオーガスタ・ナショナルを攻略しやすいと言う)(笑)

グレーメ・マグドーウェル(-2)、ヘンリック・ステンソン(-1)、マット・クーチャー(-1)、ダスティン・ジョンソン(-1)、キーガン・ブラッドレー(-1)らは、いつ上位に来てもやっぱりねーと納得するが、誰がどこまで生き残るか。

ミケルソンはまあまあのゴルフだったと思う。全米オープンでイーブンパーは好位置だが、ドライバーがあれだけ良くて31パットじゃあ勿体ない。

ローリー・マックロイ(+1)は想像していたより調整できていない感じ。この全米には間に合わなかった。(笑)

ヤングガン3人衆、ジョーダン・スピースが抜き出るかに思われたが全米オープンコースでは拾えなくなるホールが出て来る。松山英樹、先々週メモリアル・トーナメントで優勝したばかりとはいえ、3人の中でオーバーパーは松山だけとなると写してもらえないのだ。(笑)(どんなゴルフをしていても写されるのはタイガーとミケルソンだけだ。)

わたしが見ていた時は、松山が入れたバーディは下りパットばかりだった。今日のグリーンは大して速くないといっても、下りは相当速かった。彼が基本的にパットが上手い人なのか知識がないが、下りパット入れるのはパットに強い人だと思う。おそらくショットは大して良くなかったのだと思う。彼のゴルフを見始めて大して経ってないが(日本人は活躍しないとテレビに写らないので)、ほとんど見る度、最終ホールのパットを入れるような印象がある。バーディパットであれ、パーパットであれ。そこが良いですね。あと3日間、「おしん」のゴルフで頑張れ。(古すぎて誰も知らないでしょーよ)

大怪我をしないよう、今日は慎重にプレーしていたプレーヤー達も、カイマーの65を見て、明日の天候次第でもっと攻めて来るのではないかと思う。

明日は午後から所々雷雨の予報。

*

2ラウンド目のスタートタイム

松山英樹の3サムは1:58pm、1番ティーから。

全米オープン・リーダーボード

最後に、今日の中継を見てギャラリーの少ないことに驚いた。特に各ホールのギャラリースタンドに空席が目立つ。もちろんタイガーの不出場が早くからわかっていたからだ。前売り券の売れ行きが悪く、どんどん値下げしていると報道されていたが、これほどとは思わなかった。

人の数だけではない。TVブース内の活気、コースの雰囲気も何か違うように感じる。タイガーの存在はそれほど大きいのだと、いまさら思い知らされる。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年全米オープン前夜 | トップページ | 2014年全米オープン2日目終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年全米オープン前夜 | トップページ | 2014年全米オープン2日目終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ