« 2014年全米オープン2日目終了 | トップページ | 2014年全米オープン完結 »

2014年全米オープン3日目終了

全米オープンは3日目にして始まった。(笑)

テレビをつけると、既にオープン仕様のグリーンから転がり落ちるボールを次々と写す。予選2日間で10アンダーが出たナショナルオープンに不満だったのか、説明するアナウンサーの声も嬉しそうだ。

昨夜降る予報だった雨はとうとう降らず、USGAのマイク・デービスが2日間で10アンダーが出た設定はどうなの・・?の批判に猛然と応えたのか、ピンは信じられない場所に切ってある。松山英樹も写らないので、トップグループがティーオフしたあと、のんびりと見始める。

2番515Yパー4。グリーン下からチップしたステンソンのボールは、打った場所に戻ってくる。解説のピーター・ジェイコブソン「ロフトがあるクラブじゃあダメなんだ」と言う。ステンソンのすぐそばからマット・クーチャーが、その「ロフトがある」ウェッジでチップ。同じようにころころ戻ってくる。(グーセンが優勝したシヌコック・ヒルズみたいだ)

いやー、ついに全米オープン仕様になった!と嬉しい。これでテレビ観戦するのも張りが出ようというものだ。同じ2番で、カイマーはグリーン前からパターを使うが大ショート。同組のブレンドン・トッドはファーストパットが強すぎ、グリーン奥へ転げ落ちてしまう。カイマー、-9へ。

74、トータル+7で終了したペニー・ケリー(53歳)、「(今日は)自分の経験したメジャーで最も厳しい設定の18ホールだった。左右へ少しのミスも許されない。基本的にグリーンの手前に打って、グリーンに上らせるんだ。」

前半はブレンドン・ド・ジョーングやケビン・ナがー4まで上るが、ド・ジョーングは見る度、ラフからやフェアウェイバンカーからで12番から16番でボギー3つ、Wボギー1つ。あれだけ良いショットを打ち続けていたのにと、全米にはつきものとは言え、ちと気の毒になる。

 

Saturday_na14thgreen

ケビン・ナはこのところ良いゴルフをしている。彼は乗ってくるとどんどん攻めるので、癖があるプレーヤーだが見ていて楽しい。14番でWボギー、16番で再びWボギーにした。17番パー3のティーグラウンドで、コース・レポーターのマーク・ローフィンが「このグループには全くエネルギーが感じられない」と言っていたが、そりゃそうだろう。ナは失礼ながら虚ろと言いたくなるような顔つきだった。

厳しいピンポジション以外に、今までと違う方向の北から風が吹いていたこと、スティンプメーター少なくとも12.5あったと書いていた記事を読んだが、それで亀の甲グリーン、芝芽はグリーンの外側向き、グリーン周りは芝が刈り込んであると来れば、それはタフだったろう。

フィル・ミケルソンの5番ホール(グリーンで止らず)と6番ホール(左バンカーから)とラウンド後のインタビュー。

 

今日3ラウンド目でアンダーで回ったのはたった二人。リッキー・ファウラーとエリック・コンプトン、共に67。

エリック・コンプトンが心臓移植手術を2回受けた人であることは有名だ。今日のプレーを見ているとパットが上手い!心拍が常に速いそうで、コースを歩く時を含め何事もゆっくりしなければいけないのだという。体力をセーブするため、今週も月曜日から9ホールずつ練習ラウンド。

今日のラウンド後のインタビューでも息が上がっていて聞いていて冷や冷やした。何とか明日まで体力がもって、自分のゴルフが出来れば最高でしょう。

ま、あの終わり方を見たら、カイマーが優勝すると思う。最終ホールはティーショット、アプローチ、パットと完璧で、-8にしたのはフィールドへのメッセージだろう。

全米オープンを初日から首位のままで優勝したのは、今まで二人だけ。タイガー(2回達成)とマックロイだという。(解説のジョニー・ミラーによる) なんか聞いて納得するものがある。(笑)(訂正:初日から首位を維持して優勝した全米オープン制覇は史上7回。2000年以降では上記の通り)

最終日の組み合わせとティータイム

最後に松山英樹。

今やチャンピョンズツァーで活躍するベテラン、ペニー・ケリーが今までのメジャーで一番タフな設定だったというのだから、今日のパインハーストは松山には勿論最もタフなコースだったろう。

Saturday_hideki_3rdhole

3番のWボギーも、本人は良いショット2つだったのだけどと言っている。早い時期に、こういう典型的全米オープン仕様コースを経験出来て、彼はラッキーだと思う。(画像は3番グリーン後方からのチップ。ここに何人ものボールが転がり落ちた。)

どんなプレーヤーでも、同じスコアならボギーも多いかわりバーディも多いというスコアが良いとわたしはいつも思う。フィールド平均スコアが74だったらしいが、松山はバーディも4つ獲っている。

 

Saturday_thomasotoolemikedavis

さて、明日はどういう設定にするか。土曜日のコースを歩くUSGAエグゼキュティブディレクターのマイク・デービス(右)とUSGAプレジデントのトーマス・オトゥール。

リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年全米オープン2日目終了 | トップページ | 2014年全米オープン完結 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年全米オープン2日目終了 | トップページ | 2014年全米オープン完結 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ