« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年メモリアル・トーナメント初日終了

日本にいる間、欧米のツァーは主にゴルフネットワークで見たが、朝出勤して夜帰宅する人々にはゴルフ中継を見るのは週末以外ほとんど無理ではないかと思った。ライブの中継は朝4時から、その再放送は夜7時半(だったと思う)から。

わたしがそうしたように、「毎ラウンド、少しずつは見た」という観戦になるのでは。そこで、メジャーになるとゴルフファンは睡眠をけずって見るのでしょうね。

*

Bmwpga_rory

メモリアルトーナメント初日のマックロイを見て、先週ヨーロッパツァーで優勝した最終日を見なかったのが悔やまれてならない。プレーヤーのプライベートライフに関して言及するのは品がないと思うが、やはりこれは触れずにはいられない。わたしが彼に関して気がついていたことがあるから。

マックロイは今月初めに25歳になった。去年は24歳だったわけだが、去年は画像を見ても、ゴルフ中継で見ても年より老けているというか、疲労した顔に見えた。先週のBMW・PGAチャンピョンシップを見ていて、顔が若々しく元気になっていると感じた。

原因は一つだけではないかも知れない。元エージェントのせいでオークレーとの契約がこじれ、訴訟沙汰になって毎週弁護士に会う有様だったこと。もう一つは、世界を転戦して歩くテニスプロのガールフレンドのスケジュールに合わせるため、自分もさらにきついスケジュールになったこと。(アメリカでの試合直後、ガールフレンドのカロライン・ウズニアッキの滞在先に飛び、疲れて爆睡しているマックロイの寝姿をウズニアッキがツイッターにアップして物議をかもしたことがある。)

それからナイキへギアへ全面変更によるプレッシャー。聞こえてこない、ほかの事情もあったかも知れない。BMW・PGAチャンピョンシップのプロアマの後(水曜日)、記者会見したマックロイはガールフレンド(婚約していた)と最近別れたことを公表。

*

いまどきの若者はデートの様子、婚約や、妊娠、我が子の誕生もツイッターで公表する人が多いから、彼らの交際も常にパブリックであった。驚くことに、ウズニアッキは「今は自分にとって辛い時期だけど、暖かいメッセージをありがとう。」と22日、ツイッターに書いている。

まあゴルフファンのわたしにとって、彼らの私生活は関係ないが、マックロイが自分のゴルフに沿ってスケジュールを組み、その才能をフルに活用しだしたとすると、嬉しい限り。先週の優勝はヨーロッパツァーで1年数ヶ月ぶり。去年は両ツァーで優勝無しという、それまでの破竹の勢いからは想像できない停滞だった。

しかし去年11月末のエミレーツ・オーストラリア・オープンに勝ったのを見て、彼は復活したと感じた。もう大丈夫、今年はメジャーの1つ2つ勝つだろうと言ったら、それは大胆は推測だと言われた。

Memorial_th_rory_13thhole

乗ると止らないマックロイの怖さを久しぶりに見た第1ラウンド。7番ホールのティーショットで左膝をねじったのが心配ですが、ま、大したことないでしょう。(笑)

Memorial_th_keegan_putting

ほかにニュースとしてはキーガン・ブラッドレーが水曜日の練習からパターをアンカリングしないでパットしており、今日本番もそのままで67(5アンダー)の好プレー。インタビューで本人も嬉しそうだった。きっかけはこの前の日曜日、お母さんに「これから言うことは気に入らないかも知れないけど・・・・」「短いパターに変えなさいよ」と言われて、変える気になったそう。今はパットすることが新鮮で楽しいと言っていた。頑張れ。

タイガーが5回も優勝しているのだから、各ホールどこも記憶がある。PGAサイトのネット中継でタイガーが優勝したときのハイライトを見せて懐かしかった。

さてあと3日、どう動くだろうか。ポール・ケーシーもこのところ良いプレーをしている。天気予報はずっと好天。最終日が一番気温が上がる。明日から多少風も出るようだから、コースはどんどん硬く速くなっていくでしょう。

メモリアル・トーナメント・リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

時差ボケまっしぐら

ロスに夕刻着き、娘が買っておいた天ぷら丼を食べ夜中0時に就寝。

で、朝4時に目が覚めてもう眠れない。家人を起こさぬよう、コソコソと朝食を食べる。

(月曜日、ロスはメモリアルデーで祭日)

やがて起きてきた孫にポテトスカロップを作ってやる。卵の買い置きが無い!

暑くなりそうな空に見えたので、10時、孫を誘って近所の公園にウォーキングへ。(孫はたいがいのとき、わたしが誘うと乗ってくる)

メモリーアルデーの祭日にビーチに行くのは愚の骨頂だと意見が一致(夜のニュースでビーチに通じる道路の3車線大渋滞が写っていた)。路上駐車するので、付近をぐるぐる2周してようやくとめるスペースが見つかった。前後の留めてあったトヨタ「プリウス」の小ささに感謝。

Park_1

車を止め、公園の入り口までサイドウォークを歩く。右側の土手の草に早くも感銘。この草はロスのどこにでも生えているよと孫に教えられる。

Park_3_jacaranda

出ました、ジャカランダ! 街にジャカランダが咲くと、ロスは夏の到来と言われる。真面目な顔でジョギングする若いカップルや若者とすれ違う。

Park_2

 

公園内の遊歩道はダートと砂を固めたよう。コンクリートよりはるかに下肢や膝に良いので嬉しい。

 

Park_4_flowers

小さい花も群生していました。名前は聞かないで下さい。極度に無知なのです。

Park_5_flowers

可愛い。カルバーシティーが公園を管理・手入れをしていると思われますが。よく世話している様子。

Park_6_flowers

また、最も気に入ったのが、この市では犬を公園内に連れてきてはいけないのだそうだ。

てっぺんには広い野原と、幼児用の大きな遊具がいくつか置かれていた。

Park_7_eucalyptus

巨大なユーカリの木。木の大きさが分かるように、右側の木の下に孫を立たせている(青ティーシャツ)。

 

Park_8b_2

この日の孫。12歳になったばかり。中学1年生。日本でわたしが買ってきたスヌーピーのTシャツを着ている。日向は10分も歩くと陽射しが強くて、水休憩が要る。湿度が低いから、これぞ南カリフォルニア!という感じ。

せっかく日本で歩く生活をしたので(1日約1時間)、ロスでも何とか続けねばと思う。明日はぜひ練習に行こう。

*

大きな錯覚。

わたしの車に孫を乗せ、ガーレージ前のドライブウェーから公道に入る時、50ヤードほど左側を走って、アメリカでは車は右通行だったと思い出した。

今回の帰国では一度も運転する機会がなかったのに、頭は左側通行に切り替わってしまっていたのだ。

何とケッタイなことだろう。

テレビの2チャンネルをつけてはNHKのニュースが出てくると勘違い、孫と買い物に行って日本語で返事をしている。

わたしは近年飛行機に乗ると睡眠薬を飲んでぐーすか寝てしまうので、あっという間に着く。あんまり便利すぎて、頭が切り替わらないのか・・?

あるいは、仕事もせず、孫の世話とおさんどんにゴルフ。太平洋のどっち側にいても同じような生活をしているからか・・?

 

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ごきげんよう⇒こんにちは

ほほほ、別に横浜からロスに戻るだけですけれども。もうすぐ羽田に向かいます。

水曜日から3泊、再び老母宅に身を寄せ休養していました。腰、背中、肩、首とコリコリで疲れがたまり、体力を挽回しないと飛行機にも乗れやしない・・・ということで、前回母宅に滞在したときはわたしが炊事したのに、今回は母が食事を作る有様。

60ン歳の娘をいまだに甘やかす、母は長生きするでありましょう。

アメリカに移住して以来、こんなに長く日本に滞在したのは初めてでした。楽しかったです。娘や息子、その配偶者達にも良くしてもらって、ほんとに罰が当たりそうなぐらいです。

孫に大人気のおばあちゃんで(苦笑)、あー疲れた。

早くラウンドしたいものですが、明日からの気温24℃、24℃、24℃、24℃、24℃。

雨の確率が0%・0%・0%・・・・・以下同じ。

*

小さい孫達の画像。年齢は現在。

Japan2014_may8

1歳3ヶ月。育てやすい大人しい赤ちゃんと思っていたのに、ここ1,2ヶ月でえらい難しい人になって。(笑) 前髪が目に入るのでてっぺんを結いましたが、男の子です。

Japan2014_may17

右、愚息、左、その長男3歳7ヶ月。この子はユニークでおもしろいキャラクター。日本の学校教育で彼の良さをつぶさないでほしいと思う。駒沢ですが、わたしはどこをどう歩いているのかまるで分からなかった。

Japan2014_may14

長女宅の末っ子。ショッピングモールのディスプレーの中に入ってしまって。

Japan2014_may14_2

左が上の写真の女の子、右はその母親(わたしの長女)。孫のような子供で、みんなのアイドル。わたしが老母のことを「お母さん」と呼ぶので、この子も曾おばあちゃんを「おかーしゃん」と呼んでいた。

*

離日前にアップしていこうと思ったのに、孫が邪魔するので断念。

羽田日本時間月曜日午前0時5分離陸

太平洋の空の旅

ロス日曜日夕方6時到着

空港に迎えに来た12歳の孫を見て、ガリバー旅行記かと思った。1歳、2歳の小さい孫達を見たあと、163cmの孫は巨人のようです。

指折り数えて帰りを待っていたそうで、わたしの部屋にずっといてお喋りをしていましたが、アメリカの中学生ですから話も仰天の内容。

せっかく日本で身につけた歩く習慣を失くさないよう、明日は孫とビーチに行ってウォーキング。

大相撲の千秋楽も見逃したし、ヨーロッパツァーも見てない、PGAも見ていません。やはり白鳳だったのかな・・?

ひぃーっ、ヨーロッパツァーのBMW・PGAチャンピョンシップはローリー・マックロイが7打下から優勝したのですね。見たかったー。

4ラウンドのハイライトとゴルフセントラル

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガー、久々の記者会見

3月31日に腰の手術を受け、翌4月1日に公表。エイプリルフールだろうと疑ったプレーヤーもいたほど突然の手術でした。

手術後7週目の今日、メリーランド州のコングレッショナル・カントリークラブでタイガー主催“クイック・ローン・ナショナル”(前AT&Tナショナル)のメディアデーがあった。

Qlnational_tigerpress_may19th

久しぶりのタイガーの登場。Quicken Loansというのは新しい冠スポンサー。今年が8年目になるこの試合はワシントンDC地区の米軍従事者と家族への感謝と、またタイガー・ウッズ・ファウンデーションへの寄付集めに貢献してきた。この地域にタイガー・ウッズ・ラーニングセンターが3つ開かれたそうだ。

*****記者会見でのタイガーの話*****

手術する前は、幾日かはベッドからも出られず、このままリタイアーを強いられるかと考え始めていた。

手術をしたあと、そんな考えはただちに消えた。その種の腰痛は手術で無くなり、身体にメスを入れたための痛みにとって変わった。しかし、それは一時的痛みで、今では回復さえすれば今後長い期間ツァーでプレー出来ると信じている。

アダム・スコットにワールドランキング1位を獲られたことについては、それは自分がフォーカスしていることではなく、自分がコントロール出来ることでもない。自分のフォーカスは毎日毎日のリハビリで、再び自分は爆発出来るんだ(“Explosive again”)と感じられる地点まで復帰することだ。

この試合クイック・ローン・ナショナル(6月26日~29日)に出場出来るかと聞かれ、今日にでもプレーしたいぐらいだがそれは出来ない。出場するかしないかは自分次第ではなく、医者次第で、我々もまだ分からない。

手術後、時間をつぶすのに子供達と遊んだり、ビデオゲームをやって、今やすごく上手くなった。

自分が試合に出られるどうか、自分自身でどう分かるのかと聞かれ、それは自分の爆発力を取り戻したときだ。1日36ホール回って痛みを全く感じなくなったら、そのころには我慢するのが難しくなって、わくわくエキサイトして試合でプレーすると思う。

コースに出たいし、ボールを打ってプレーしたい。あと何週間、こんなペースで自分がやれるか分からないが(筆者註:こんな退屈なリハビリ期間をこのあとどのぐらい自分が辛抱出来るか分からないが、という意味と取った)、少なくとも外に出てチップやパットが出来るようになった。

試合でプレーするレベルのゴルフに仕上げるのにどのぐらいかかると思うかと聞かれ、2,3週間以上はかからないと思う。

どのぐらいゴルフが錆びているかは、時間を長くくれれば、くれるほど、良くなっていると思う。

(肉体)トレーニングとゴルフスイングで、少しアジャストする必要があるが、それでも自分はまだ爆発力を持っていたいし、強く、機動性も持っていたい。僕の(トレーニングやスイングコーチ等)チームは素晴らしい。正しい方向に向かっていることは確かだ。

タイガーの会見での話は以上。

*

タイガーの外見の様子と会見の内容に、試合復帰は我々が想像していたより早いのではないかと感じるファンが多いように見受ける。

焦らずリハビリに勤めてもらいたい。長いゴルフキャリアーを望めるなら、今年勝とうが来年勝とうが関係ない。

タイガーのこととなると、CNNで報道するから可笑しい。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

大阪

ゴールデンウィークの最終日に大阪に行ってきました。たった1泊でどこを見るといって見て来たわけでもありませんが、写真を幾つかアップします。

毎年のように帰国しているにもかかわらず、日本の美しさに感動する。

綺麗なのは富士山や北アルプスや京都だけではない。住んでいる街の周りにも緑がたくさん残って、大都会からほんの少し走れば田園風景が見られる。

(しかし、この美しさも厳しい気候の変化があるからこそと思う)

写真は撮りませんでしたが、新幹線での行きは富士山が見られてラッキーでした。何と素晴らしい山容だろう。次回帰国するときは富士山が飽きるほど見られるどこかに滞在したいものです。

(そういうことすると、滞在期間中曇って一度も見えませんでした・・・という帰結になるものだ・・笑)

*

夜はミニ宴会のあと、大阪の繁華街(?)を車でさっと通り案内してもらった。日本に住んでいるころ大阪には何度も来たが、遊びに出たことがなく、どこも初めて。

御堂筋は車で通っただけですが、綺麗な街並でした。ちょっと銀座に似ている。最近までビルの外に広告を出すのは禁止だったからだそうですね。

Osaka_1_soemoncho

車で通った宗右衛門町。

Osaka_2_yobikomi

若い見た目の好い男の子がたくさん出ているので、あれはホストクラブのホストなのかと聞いたら、そうではなくて色々な店の「呼び込み」だそうだ。祭日の夜10時過ぎ。歩行者の数の20倍も呼び込みの人がいる。

Osaka_3_ebisubashi

小さい橋があって、ここら辺はかなりの人手でした。

Osaka_4_ebisubashiplate

名前はよく聞く戎橋だったのです。

Osaka_5_ebisubashi_river

阪神タイガーズが優勝するとファンが飛び込むという川がコレだそうで、(わたし)「えっ、こんな狭い川に?水も汚なそうじゃないの。」・・・ま、自分が飛び込むわけじゃないから大きなお世話ですけれど。(今、地図で調べたらこれは道頓堀川だそうです)(碁盤の目みたいで、歩きなら割と簡単なのかも)

このグリコの広告も有名なのだそうですね。

Osaka_6_sega1

同じ通りだったのか忘れましたが、SEGA。

Osaka_7_sega2

いわゆるゲーセンとは雰囲気が違う・・・。外国人旅行者も多かった。

Osaka_8_sega3

画面とタイミングを合わせてこの太鼓を叩くのですが、この女の子は上手かった。

ここらは孫にしてもいいような若い子が多く、歩いて見物するのも違和感があった。(笑)

*

Osaka_park1

一泊した翌日、泊まった家の近くにあった広い公園。池で誰も釣りをしている人がいないのは不思議。

Osaka_park2

元は何だったのか、地形は自然のままを公園にしたとは思えない。こういう芝を見ると、チップの練習したくなる。もちろん公園内には『ゴルフの練習をしてはいけません』の立て札がある。

Osaka_park3

遊歩道の両側は全部桜の木!! さぞかし綺麗だろうと思われるが、花見の時期は遠くからも人が来て混むそうだ。さもありなん。

Osaka_park4

『木や竹を切ったりタケノコを採ると法律で罰せられます』の立て札。奥左手には傾斜がきつい竹林。

Osaka_9_shinkansen

というわけで駆け足、行ってきただけの大阪行きでした。新大阪から東へ1時間20分ぐらいの窓外の景色。なんと美しい日本の田園だろう。新大阪から新横浜まで2時間10数分というのも驚きです。カモノハシのような頭の「のぞみ」に乗ったのも初めてでした。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

オーバースペック?

先日東京のKカントリークラブを回った後、レストランで歓談していてメンバーの人に、「もっと柔らかいスペックにして思い切り振ると、球がこういう回転になってもっと飛距離が出るようになりますよ。」と言われた。

(「こういう回転」のところはフック回転の身振り付き)

わたしは「はぁー」と言ったのみ、返答に困って間抜けな顔をしたに違いない。全て日本メーカーのレディースクラブにしているのに、これ以上どう柔らかいスペックにするのだろうか・・・と内心思った。

でも彼は上級者で、単に腕だけではないゴルフ歴なので、言ってることは正しいと思われる。

ゴルフを一緒にすると、多くの人に、「(あなたに)もっと飛距離があったらねぇ・・」と言われる。年齢、スイングを差し引いても飛ばない方なのだろう。

わたしは自分の飛距離の無さも自分のせいと思っているので、気にならないが、もちろんもっと飛べばスコアメークが楽になるに決まっている。

う~~~ん、どうしよう。(笑)

Yamaha_inpress_rmx_purchased_march1

ドライバー、今回買ったヤマハinpress Rmx レディース11度。

Yamaha_inpress_rmx_shaft2

シャフトにはRとあるが、これはレディース用のシャフト。こういう呼称にしているだけです。トルクが6もあれば充分でしょ。打てないのは持ち主のせい。(苦笑)

Japan_clubsetting

フェアウェイウッド(9W~3W)はヤマハinpress iFF。のっくさんから譲ってもらったのですが、ロフトが1度多いせいもあり打ちやすいクラブです。

アイアンはオノフレディース。アイアンは柔らかいスペックで飛ばす必要もないだろうが、良いスイングすると飛ぶこともある。わはは

*

Xhotdriver_sole

アメリカで使っているクラブにも同じことが言えるはずですが。去年買ったキャラウェイXHotレディースドライバー。10.5度。

以前ドライバーを探していた時、コブラのレディースがシャフトがくにゃくにゃで驚いたことがある。ほかには、どのメーカーのレディースも似たようなものじゃなかろうか。

自分の見解は、スイングが効率悪いからと思っていますが。もっと腰を回すことと右膝をキックすることを練習しよう。(大笑い)

*

日本でのスコアは、91、百叩き、百未満。ま、次回に期待。

では出かけるので、また後ほど。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

スイングイメージ (-_-;

贅沢を言っても切りがないものである。4月5月という日本の一番良い気候に滞在するはずが、今日この頃の湿度の高さは耐え難い。

乗る車がなく、タクシーか徒歩のわたしは健康のため大いに歩いている。それも湿度50%未満の話で、歯科に行けば歯科医に恐縮するほど汗だく。9時半の予約で9時に家を出てそんな風だ。

乾燥気候に慣れた自分には、サウナに入っているような気分だ。

あと10日の日本滞在、ロスの気候が恋しい・・・と思ったら、南カリフォルニアのあちこちで山火事発生というニュースを見た。ウェストLAでは水曜日36℃、火曜日35℃だったそう。(平年なら日中の最高気温は21度)

日本だってこんなに早くから真夏日があるのは、「平年並み」じゃあなかろう。

天候で、平年並みという言葉はもう無意味になっているのじゃないか。

*

今日は雨のおかげで今週唯一の気温が低い日。わたしは練習場カードの残り球数を消化のため、練習へ行った。やっと使い切った。

ロスにいてさえスイングは一定ではなく、日本に来て練習不規則、ラウンドの間隔があくでは、当たるわけがない。

当たらないと(レッスンを取る)先生もいないので自分であれこれ模索します。

わたしの悪癖はスイングテンポがものすごく速いこと。以下は、わたしの色々な方法(笑わないで下さい)。一つの方法が効果がないときは、別の方法に切り替える。

1.数を数えながらバックスイング。“One thousand, Two thousand, Three thousand”

2.「アーム、アーム、アーム」「ハンドル、ハンドル」と心で唱えながらバックスイング。(テークバックの始動は腕だけで引いていき、それからコックしていく)

3.宮里藍ちゃんのスイングを思い出し、そのゆっくり加減でテークバック。

以上は、速いテークバックが直らないとき。

以下は、テークバックがまあまあになってから、ダウンスイングやインパクトでイメージすること。

4.トップでもう一押しコックを強くする。

5.インパクトからフィニッシュまでの間に腰を回すこと。

6.岡本綾子さんのイメージで(ぎゃはは)、インパクトのとき(およそそのぐらいでの意)、右膝をボールへ向かって下方へキックする。

今日はウッド(7Wと5W持参)がどうにもこうにも当たらず、「6」を思いついてやったら、パコンパコン球が上がって、本日の開眼でありました。(笑)

*

その他。

右端から数打席目にして、端の大鏡で度々チェックした。

ギャップウェッジの当たりがどうも変な具合で、鏡に横向きになってチェックしたら左肩の位置が高すぎる。左肩とアゴの間があくように・・・というか、左肩で後方に押すようにすると肩とアゴの間の距離が一定で、左腕はまっすぐ伸び、右上腕は右脇にくっつき、コックは天に向かって立つ。

スイングはすべで繋がっているのねと思った。

*

今週のヨーロッパツァー、Open de Espana(スペイン・オープンか・・?)は既に始まっています。

早いスタートで、ピーター・ユーレインやセルジオ・ガルシアがー3でホールアウト。番組表では、今晩10時半からゴルフネットワークでライブ中継になっている。

PGAツァーのほうは、テキサス州でHPバイロン・ネルソンチャンピョンシップ、まもなくスタート。テレビ中継は金曜日早朝4時からライブ放送。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

日本のゴルフコースの印象

などというタイトルにするのはあまりに厚かましいが、まあ話題ということでお許し下さい。

渡米以来、何度帰国したか覚えていないが、帰国する度にラウンドしたわけでもなく、ゴルフを日本で始めたとは言え、わたしの回ったコースは10箇所あまりじゃないかと思う。範囲は千葉、東京、神奈川、静岡、長野。

(アメリカでも大した数のコースは回ってない。おそらく70コースぐらいか・・)

☆キャディー付きゴルフ

ホームコースを持っている人のホームでのプレーは別にして、日本でゴルフする時はキャディー付きのほうがいいと思う。ああブラインドホールやOB杭が多いんじゃあ、打つ前に知らないと1打2打ついて勿体ない。(出た、勿体ないが!)

☆グリーン

7thgreenmountains

グリーンの曲がりの推測しにくいこと、これはわたしだけなのだろうか?

アメリカでも初めてのコースはグリーンが読めず、毎グリーン2パットで良いと割り切って回るが、それにしてもグリーン周りに木があったり、ガードバンカーへのアングルが著しかったり、あるいはラフのしこりぐらいで、どっちから水が流れるか推測出来る。かなりのコースでグリーン前60ヤードぐらいからグリーンを眺めるとおよその傾斜は分かるものだ。

いっぽう日本のコースでは、砲台で奥が上がっている受け皿グリーンはまだ読みやすいが、グリーンが浅いお皿を伏せたような形状のグリーンで、周りに木もないと、どっちがハイサイドかさえ分からず、打ってみてからゲーッ、これ下りだったの?というぐあい。

☆山岳コース

Out8_tee

日本特有の「山岳コース」。あれは自分で運転しても、電磁誘導でもカート道のみの乗用カートより、むしろずっと歩いたほうがマシじゃないかと思った。フェアウェイをキープして打っているのに、カートへ行ったり来たり。効率が悪いので、わたしはカートに乗らずかなり歩いた。モーター付きの手押しカートでキャディーさんがフェアウェイ真ん中歩いていくれたらさぞかし楽だろう。(笑)

いわゆるトリッキーなコースは嫌いじゃない。山岳コースもホームコースにして、打ち所がわかるようになったら楽しいだろう。

☆OBゾーン

狭いところに無理くり18ホールを造るから仕方がないと言えばそれまでだが、ほとんどのホールでティーグラウンドからグリーンまで両側OB、あげくグリーン奥はOBというコースはアンフェアすぎる設定だ。球を真っ直ぐ打てる中級者未満のレベルの人は楽しくないゴルフを強いられる。

プレーイング4は何をかいわんや。

☆ランチ及びランチ休憩

アメリカでもゴルフ人口の減少が起きている。日本でも同様だろう。ゴルフコースは倒産どころか、コースが閉鎖されるところも出ているそうだ。

団塊世代ゴルファーがゴルフを諦める時期が来たら、さらにゴルフはさびれるだろうと言われている。

なんだかんだ理由を挙げてみても、わたしはその最大の原因はゴルフにお金がかかりすぎるからだと思う。景気が悪くなって、人々はゴルフにかけるお金、娯楽にかけるお金をまっさきにけずったろう。

サラリーマンの愚息や娘婿を見ていると、扶養家族がいてゴルフにお金をかけるのは贅沢なのだろうと思う。

限られたメンバーコース、ハイソ気分のリゾートコースは別として、ランチ無し、お風呂無し、ちゃっちゃか回って家路につくというゴルフにしたほうが時世にあっているのでは?

ゴルフコースに行く途中には必ずコンビニがある。それも田舎の景色で、こんなところにもコンビニ?というほどコースに近い。オニギリ買っておいて、パー3で詰まっている時食べたらよかろう。(笑)

今時はそういう人も増えているのか、今回の帰国で3ラウンドしたがラウンド後お風呂に入ったのは(風呂好きの)婿だけ。あとは自分を含め誰一人入らなかった。

*

ということで、ロスに戻るまでもうラウンドはしないと思います。

昨日練習場カードの残りボール消化のため練習に行って、やっとスイングを思い出した。

時既に遅し。(-_-;)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

プレーヤーズ・チャンピョンシップ終了

2日目までのマーチン・カイマーの12アンダーというペースを見て、優勝スコアがそれほど良いスコアになるのかしらんと思っていた。去年タイガーが優勝した時が13アンダー。

最後は結局帳尻を合わせて(?)、13アンダーが勝利スコアになった。(さきほど調べたら今回を含め4年連続13アンダーが勝っている。)

BS1のライブ放送で、天候延期からプレー再開した直後から見始めたが、マーチン・カイマーが17番のパーセーブパットを入れたところで、わたしは歯医者の予約があり家を出た。

Players_sun_kaymer_17thteeshot

 

Players_sun_kaymer_17thchip

Players_sun_kaymer_17thparsave

あのパットを入れたのを見て、カイマーの勝ちは確実だろうと思った。28フィート余だったそうだが(8メートル半)、カップセンターから入っていた。ああいうゴルフが出来る日は、18番だってパーがバーディで終わるのが普通。

*

マーチン・カイマーは温和で大人しい人と言われるが、今週は勝つ意欲を隠さなかったと感じた。

今日の彼のプレーを見ながら思い出したが、PGAチャンピョンシップに勝つ前、非常に才能があるゴルファーで大器になる可能性があるとテレビは言っていた。唯一の弱点はショートゲームで、当時猛練習して上達しつつあるとも聞いた。

最終日ジョーダン・スピースと同組で、両者にはショットの音に歴然とした差があった。カイマーが打った時の音がピュアなこと!ショットの内容から言ったら、雷中断の前に、あと2,3打伸ばさなかったのが不思議なぐらいだ。

Players_sun_kaymer_trophy

25歳でワールドランキング1位になったことがあるのですから、やはり只者ではなかった。今年終わりに30歳になる。

*

マックロイは最終日ようやく良いスコアを出した。今季のメジャーは残り3つ。いい加減調子を上げなさいよ。才能を無駄にしてはいけない。(笑)

1打及ばなかったジム・フューリック。5月12日で44歳になる。今季から出場試合数を減らし、家族と過ごす時間と試合とメリハリをつけたスケジュールにしたのが功を奏し好調だと言っている。

先週のウェルスファーゴ・チャンピョンシップでも1打差の2位。いずれも最終日に好スコアを出しての結果。メジャーに勝つのは難しいかも知れないが、まだまだPGAで優勝していいプレーヤーだと思う。

*

ジョーダン・スピースはこの若さで、すでにPGAで勝っている人だが、どうも週末のどっちかの日に叩くか精彩ないプレーをする傾向がある。気合が入りすぎるのだろうか。今日のラウンド後のインタビューでも、口惜しさをそのままに出していた。

来週、再来週と彼の出身州テキサスの試合なので、また活躍するでしょう。

ザ・プレーヤーズ・チャンピョンシップ・リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ザ・プレーヤーズチャンピョンシップ3日目終了

あと数分で日本LPGAのサロンパスカップ最終日、録画中継が始まるので大急ぎで書きます。(笑)

タイガーは不出場、ミケルソンは予選落ち、マックロイはまだまだ目が覚めていないもよう・・・ということで興奮する材料がない試合のように思えるが、そこはそれ悪名高いTPCソーグラス開催がこんな年には大いに役立つ。

根性の悪いコースを、誰がミスするか見ているだけで楽しいですから。(人の不幸は蜜の味・・というか、あのコースはアマチュアが回って楽しいものだろうかと思う)(メンバーのVJ・シンによると試合の週以外の時はまったく別物のコースになるそうだ)(1箇所回って語るのも何だが、わたしはピート・ダイコースが好きじゃない。難関だからではなく・・・一番前のティーから回っても難関はそうそうない・・・古いタイプの林間丘陵コースが好みなので。)

*

Players_sat_kaymer_6thtee

まず初日から首位を維持しているマーチン・カイマー。この人がPGAチャンピョンシップに勝ったときは、これほど早く失速するとは誰も思わなかった。それから1年ぐらいしてからだろうか、スイングを変えているとテレビで言っていた。理由は、もっと高い球を打ちたいだったか、低い球を打てるようになりたいだったか忘れましたが。(記憶がおぼろですみません)

当然、なぜ好調なのにスイングを変えるのかと言う人も多かった。

上位に行くことも少なかったが、その割に長いことメジャーの度、優勝候補の一人に挙げられることが続いた。

アメリカPGAで最後に勝ったのは11年か、明日のプレッシャーはすごいでしょうね。

*

Players_sat_spieth_chip

騒がれる20歳のジョーダン・スピース。驚愕のショートゲームですね。英語放送で聞いていたら、解説のジョニー・ミラーが、今年の(サンディエゴ)ファーマーズ・インシュアランスオープン、予選で同組だったがタイガーがスピースの一挙手一投足を見ていたと言っていた。「普通タイガーは人のプレーを見ない。スピースには何かがあるのかも知れない。」とミラー。

3日目までのプレーを最終日、最終ホールまで出来れば、簡単。そうはいかないのがゴルフと我々は知っている。

天気予報をみると日曜日も風の向きが同じ。土曜日と同じようなコンディションになるのではと思われる。

マスターズでも2位タイになっているが、この大きな舞台でサンデーバック9をどうプレーするか、見ものです。

小兵だからか、わたしはスピースがトム・ワトソンのようなプレーヤーになるような気がする。

*

Players_sat_garcia_18thgreen

ガルシア。これほど罠がたくさんあるコースで意外に思えるが、ガルシアはこの試合でしばしば良いプレーをする。

彼はどのコースでも、どのホールでも、あれっ!?今までの好プレーはどうしたの、というような、ポカとでも呼びたいようなプレーが出る。

あれが無ければねぇ・・・。ガルシアがガンガン来るか、1つのアンラッキーショットから逆の流れになってしまうか、開けてみるまで分かりません、ですね。

*

Players_sat_hideki_11th

松山英樹。グリーンは読めてないが(パッティングストロークのせいより読めてないことが大方だろう)、しぶといゴルフをしていますね。

ショートゲームも大したレベルだと思う。

度々左親指の付け根や手首の故障を言われるが、長期休養や手術の事態にならないよう祈るばかりです。

70・71・72が大したことないスコアと考える人は、たいがいゴルフ中継も見てないのだと思う。

彼も成長しましたね。日本にいる頃はインタビューでまともに答えられないなどと言われていたのを読みましたが、PGAに来て聞く限りはゴルフのことは真摯に答えているとわたしは感じる。

ザ・プレーヤーズ・リーダーボード

*

藍ちゃんはちょっと上向きになってきていますね。今年は、見る限りショットが悪い週はなかったと思うので、パットが回復してくると大丈夫でしょう。

藍ちゃん目当てにギャラリーがつめかけ、毎ホール応援しているのを見るのは嬉しい。素晴らしいプレーヤーですね。

夕刻から出かけるので、この辺で。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

念願のコースでラウンド実現その2

筆者訂正。

 

一つ前のラウンド前半の記事で、『・・・わたしのために計画してもらったラウンドなので』と誤解を招く書き方をして反省。訂正しておきます。

招待してくれたメンバーの人は、彼が20代の頃から付き合いのある人で、わたし達が渡米したあと、人生の転機があって成功されたわけです。それで、日本でも最もステータスがあるとされるコースのメンバーになった。

そうでもないとわたしはこのコースを回る機会はないので、懇願して実現しました。昔からの付き合いのよしみで、時間を割いてくれたのでしょう。

キャディーさんが「毎ホール写真を撮られているんですか?」と聞くので、「はぁ、これが最初で最後でしょうから。」と言ったら笑っていました。あのキャディーさんは実に笑顔が可愛い人でした。

*

コースのアウトとインのスタートというのは大体クラブハウスの近くからですが、このコースは一般道路の上にかかった橋をわたって10番ホールティーグラウンドへ行きます。

10thgreen_s

10番353Y。クラブハウスを出ると、ほかの3人もキャディーさんもいないのでキョロキョロ。キャディー室(?)の人に聞いて、あわてて走る。橋の途中までキャディーさんが迎えに来ていました。(恥ずかしい)

1W〇、3W〇、9番I〇でバックエッジへ。1mのボギーセーブパット外す。何というチキン。(このグリーン周りの景色がうるわしいと思いませんか?)

11thhole_s

11番415Y。1W〇、3W◎ショットは良かったが左ラフへ。5W◎、SW〇。ダボ。

11thgreen_s

同11番グリーン。ああ、後半はボギーペースで行こうと思っていたのにダボダボスタート。

12th_par3_ball_s

12番117Y。レギュラーから168Y。一番前のゴールドティーと他のティーからの距離が大きく違うのは、このホールと17番パー3のみ。9Wのティーショットは一番右のバンカーの上のラフ(赤丸)。バンカー内に立ち、AWを短く持って上手く打てたが、ピン下へかなり転がる。ボギー。

13thhole_s_2

13番375Y。前半の途中から風が出てきたが、後半はほとんど毎ホール、アゲンストの風で、フォローのホールは1箇所だけだったと思う。このホールから特に強くなった。

1W◎、3W◎。3打目、ボールはフェアウェイのディボットの中だった。砂は入れてあったがディボットの前側に芝がポヤポヤと。5Wを短めに持ち、スリークオータースイングで渾身ショット。グリーンオン。このショットはメンバーの人に激賞される。彼は(当然ながら)かなりの上級者です。

13thgreen_s

同13番グリーン。2パットボギー。やっと実力が出てきた。(馬鹿を言えっ!)

14thhole_s

14番342Y。フェアウェイは狭くないし、わたしは飛距離がないからプレーにはかからないがティーグラウンドから見るとバンカーがたくさんに感じる。1W×、ドライバーでダフルってあんた初心者か。3W〇、7W◎、これもピン筋でオン(笑)。

14thgreen_s

同14番グリーン。こういう風に花道が開いているとフェアウェイウッドで蹴上がらせられる。アイアンだと男性のショットでも傾斜で止ってしまうことが多い。

15th_par5_doglegright

15番パー5、右ドッグレッグ、482Y。1W×。この新しいドライバーを打てないこと、恨みがましく、もう少しで払った値段を口に出すところだった。(貧乏人はわたしだけ・・笑)

15thgreen_s

同15番グリーン。グリーンへ下り傾斜でも、グリーン前からはどこも砲台になっている。3Wを3回打ち、4打目SW〇でボギー。

16thhole_s

16番346Y、右ドッグレッグ。フェアウェイバンカーが右から張り出している。1W☆、本一ショット、というか初めてドライバーでまともなスイングが出来た。が、セカンドの3W×で右ラフ。9番Iで右バンカーに入れダボ。

16thgreen_s

同16番グリーン。

17th_par3_s

17番パー3、127Y、レギュラーから203Y。この差!ひゅーひゅー♪ Aグリーンは左側。ティーショットは3Wで、Aグリーンの右ラフ(Bグリーンとの間)、SWで寄せパー。あ~あ~あ~~~、本日初めてのパー。(笑)

18thtee_pinetrees_s

18番ティーグラウンド横の松の木。何と言う松なのか無知にして知らないが、綺麗でした。

18thhole_s

18番パー5、492Y、左ドッグレッグ。1W〇、3W〇、3☆。

18th_doglegleft_s

同18番、左へ曲がる角。

18thgreen_myball_s

同18番グリーン。黄丸がわたしのボール。4打目7W☆、ピン上、3mぐらい。ほぼわたしのラインでピン上5m余の同伴者が先にパットした。キャディーさんもメンバーの人も上からはものすごく速いですよと言う。同伴者のボールはカップを大きく通り越した。

わたしのパットは下りでもそう速いラインには見えなかったが、慎重のうえにも慎重に(爆)、この日初めてパターのうんとトウ寄りで触るだけのパット。カップの50cmぐらい前で止るかに見えて、と~ろとろと転がり、入った~~~!

思わず歓声を上げてしまった。「そのパーは凄いですよ」とメンバーに誉められる。

迷惑をかけまい、メンバーの人に恥をかかすまいと、長いコースで必死だったが最後にパー・パーで終え、何とか100叩きをまぬがれた。

パットがさっぱりだったのは実に不本意だったが、メンバーの人にも同伴者にもグリーン周りのチップが上手いと誉められた。

*

今までこのコースのラウンド経験者本人から聞いたり、ネットで感想を目にしたりしたが、なぜネガティブな印象を持つ人がいるのかわたしには理解出来ません。

コースは素晴らしく、ゆるやかな傾斜の林間コースはそもそもわたしの好み。メンテナンスが良いコースはショットも打ちやすく、プレーしていて気持ちが良い。

キャディーさんはたまたま良い人に当たったのかも知れないが、日本でのゴルフ経験中最高な人だった。アメリカでのセルフゴルフの常でわたしはクラブを自分で取り、自分で戻すが、その度に「ありがとうございます」「助かります」と小声で言う。アドバイスも適切、若いだけに動きも敏速。

初めて尋ねたコース、しかも同伴者達の誰も来ないうちに到着したわたしに、コースのスタッフは案内も説明も、居心地の悪さを全く感じさせなかった。

まあほんとに色々な意味で格があるカントリークラブです。

一度経験してみたかったコースでプレー出来るチャンスに恵まれ感謝でした。

*

メンバーの人、同伴者の人達にはばかりがあるのでコース名は書きませんでしたが、読んだ方はお分かりと思う。日本で女性メンバーを認めないカントリークラブってここだけじゃないですか?

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

念願のコースでラウンド実現その1

あー忙しかった。5月5日、今日は子供の日だねーといいながらラウンド。朝5時起き。翌日大阪へ。その日、意味もなく朝4時半に目が覚める。一泊して5時半起床、今日夕刻横浜帰還。

運動のため、新幹線と地下鉄利用時はすべて階段を昇降。(いい加減にしとけ)

ということで、今はラウンドの前半の話のみ書いておきます。

*

招待してくれた人に迷惑がかかっては恐縮なので、コース名は書きません。日本一敷居が高いと言われている、東京のコースと書けばわかると思う。

かねてからそのコースを回りたかったのは、一つは「かの有名なコース」であることと、ラウンド経験者の印象が二つに分かれ、その根拠を自分で確かめたいこと。ゴルフコースとして良いコースだと確信を持っていたので、単純にゴルフしたかったからでもある。

こちらからお願いし、わたしのために計画してもらったラウンドなので、直前に転んだり、ぎっくり腰になったりしないよう、最善の注意を払いました。(爆)

目標、100叩きしない。(笑)

コース紹介を中心にレポート。

*

一番先に到着し、コーヒーを飲んで既に積んであるゴルフバッグへパターを取りに行く。キャディーさんは若くて可愛いタイプ。(ちなみにわたしは日本でキャディー付きゴルフを何回かして、嫌なキャディーさんに当たったことがない。いつも感じが良いキャディーさんで仕事も申し分ない。)

ここはキャディーさんが電動のカートを押して歩き、プレーヤーは歩きオンリーです。

女性メンバーがいないのだから、レディースティーがない。ティーグラウンドはバック、レギュラー、ゴールド(シニアティーらしい)。

この日はラッキーにもAグリーンでヤーデージは各6760、6430、6101。(どうも長いな長いなと思っていて途中でキャディーさんに聞いたら、我々女性が回っているのは6101Yだって・・・。どこかでシニアティーから5800と読んだが、それはBグリーンかららしい。)

距離はいずれもゴールドティーから。画像はクリックで拡大します。

1stgreen_s

1番491(パー5)。出た、出だしロング。キャディーさんにコースの写真を撮っていいか聞く。1番ティーグラウンドではまずいので、先のほうへ行ってからなら良いですと言われたのでグリーンの画像しかない。

ドライバー、フェアウェイウッドと相変わらずショットが悪く、4打目ギャップウェッジでピン横1mにつけ、そのパット外す。情けない根性なし。ダボ。

2ndhole_s

2番379Y右ドッグレッグ。ドライバー×で、だらだらとダボ。

2ndgreen_s

2番グリーン。どのホールのグリーンもこのように上がっている。東京は夕方から雨の予報だったが、暗い空で湿度が高い。

3rd_par3_s

3番パー3、144Y。レギュラーから158Y。3W〇、SW◎。パットは入るようなストロークしていない。ボギー。

4thhole_s

4番335Y、右ドッグレッグ。左の池は飛距離がない女性でもプレーにかかるような距離ではないが、何となく嫌な感じ(笑)。4打目のチップSW◎でボギーセーブ。

4thgreen_s

4番グリーン。ほとんどのグリーンでバンカーがプレーにかかるか、通り道をふさいでいる。前の晩の予習で、グリーンガードバンカーを何としても避けるべしと思った。

5th_par5_s

5番パー5、482Y。少し右曲がり。1W〇、フェアウェイ右寄りと思ったら右ラフにかかっていた。ラフは高麗。メンバーの人が5月でこれほどラフを長くしているのは見たことがないと言っていた。7W×、7W〇、3W×。

5thgreen_s

同5番グリーン方向。

5thgreen_up_ball

同5番グリーンのクローズアップ。わたしは花道のピンクボール。万がイチにもバンカーのアゴにかかることがないよう、大きめのクラブで打たざるを得ない。8番Iはピンを越え奥ラフまで。トリプル。

パー5でトリプルはスコアに堪えるなぁと内心独り言。

6thhole_s

6番331Y。1W×、すくい上げ左引っ張りのひどいスイング。左ラフへ。草がしこり、ボールは沈んでいたので9Wを打ったらボールの下をもぐった。もう一度左ラフから9W、これも×。ダボ。

7th_par3_s

7番パー3、127Y。レギュラーから131Y。5W〇、ラインとしてはピン方向だったが(苦笑)、ちょっと足りずフロント左バンカーに転がり落ちる。立つのが困難なアゴ近く。1回で出ず、「6」

8thhole_s

8番347Y。ティーショットは上り、2打目はゆるやかな下り傾斜。1W〇、3W〇。

8thgreen_ball

同8番グリーン。わたしはピンクボール、ここから8番Iでピン上へ。長い下りパット、みんなに「速い」「速い」と脅され大ショート。どのホールもグリーンは重かったのに、ここだけそんなに速いわけない。むっとしながら、長いセカンド入れた。イエイ!

9thhole_s

9番416Y。416Yでパー4はすでに酷いのに、この上り傾斜!ついにポツポツと雨も降り出し、ますますプレー距離は長くなる。1W〇、3W〇、3W△、9番I◎、ダボ。

9thgreen_s

同9番グリーン。ほかの3人はこのホールの途中から傘をさしていたが、わたしは面倒くさいので我慢。このクラブハウスも古風で有名ですね。(笑)

練習グリーンでも重かった。キャディーさんがスティンプメーター9コンマ幾つかと言っていたが、湿度が高く空気が重いせいか、それより遅い気がした。

当然ながらコースメンテナンスは非常に良い。あまりにショットが悪くて、言うのも気が引けるが、フェアウェイの状態が良いと打ちやすい。

フロント9はレギュラーから3136Y、ゴールドから3052Y。2つとも同じ箇所も幾つかあった。グリーンが上っているので△△ヤード足して下さいとキャディーさんは毎ホール言う。ほんとにその通り。

グリーン奥からのパットや奥からのチップでは、キャディーさんに聞かないとラインがとんちんかんでとんでもない方向に転がってしまう。

(わたしはグリーンの読みに特別能力が欠けているのかも知れない)

50はゆうに越えているのは知っていたが、ランチを食べて後半は良くなりそうな根拠なき予感がしていた。わはは

メンバーの人は前の4サムが時間がかかりすぎるとぷりぷりしていた。ゴールディンウィークのこと、メンバーが3人招待するという組が多かったろう。「今日は多い」と彼は言っていたが、駐車場もレストランも混んでいるようには見えませんでしたけどね。

48分のランチ休憩。何から何までパーフェクトで感心する。

ランチはカツサンド。肉を食わねば戦は出来ぬ。

後半は明日へ続く。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

大変、大変

中日クラウンズの3日目を留守番に行った娘宅で見ていた。

あの風!トップグループの選手達も、しのいでしのいでのゴルフ。それでも、時にボギーが避けられないようなコンディションだった。強いフォローの風でテークバックが乱れ、ボールは左右に飛ぶ。パットだって何度も仕切り直しするのが写る。

木曜日のわたし、そりゃゴルフにならなくて当然でした。わたし達が足柄森林をプレーした時は、フロント9の途中から後半の15,6ホールまで、幾つかの場面で土曜日の和合より風が強かったろう。ダボでがっかりするほうが厚かましかったのかも知れない。

婿がパットする間、自分のボールの後方にしゃがんでラインを見ていたら、ボールはころころころとわたしのほうへ転がったぐらい。

日本でのラウンド、1回目はブラインドショット続きの山岳コース(天候は良好)、2回目は山岳コースで強風、3度目の正直じゃないが、次はおだやかなゴルフをしたいもの。(笑)

*

明日回るコースは、「林間コース」でホール毎にはある程度の傾斜はあるが、付近の地形自体がフラットなので、大した高低差はないそうだ。

嬉しい。

初めて回るので、コースレイアウトを見たり、YouTube画像を眺めたり、予習に余念がない。

悲しいことに練習出来ない。腰が持つか持たないか、この前からぎりぎりの綱渡りをしている。母のうちへ行く頃は危なかったが8泊もしてのんびりしたのでかなり回復。

木曜日の山岳コースは、カートが電磁誘導でホールの端を走るのと、婿のボール探しなどでかなり歩いた。歩くのは健康に良いというが、上り傾斜を歩くのは腰に来るし、下り傾斜を歩くのは膝に来る。(まー要するに年だからです)

わたしにはほとんど毎回初挑戦のコースばかりだが、今度のコースは特にめったに回れるコースではないし、同伴者のうちの二人は一緒にゴルフしたことがない人達。せめてたくさん練習して臨みたかった。(下手には違いないにしろです)

自分に出来る準備として、昨日今日と2日連荘でマッサージにかかり、そこでゴム製の腰痛用ベルトを買ってきた。同じものをロスに置いてあるが、このところ腰の調子が良かったので持ってこなかったのです。なぜか数年前より\1,000も安かった。(嬉) 

今夕は、帰国以来初めてほんとの鮨屋に入って、カウンターでたらふく食べた。レジでお金を払うとき後悔したが。(爆) 

ではジュータンでパターの芯で打つ練習をして、早寝しよう。

なおゴルフの翌日は大阪に行く予定です。時間があればラウンドレポートを書きますが、数日後になるかも知れません。

Wish me good luck! (^-^;)

*

5_4_2014_tamazoo_s

↑今日多摩動物園に行った孫、3歳半。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

コースから富士山が見えた!!

♪まさかりかついだ金太郎、くまにまたがりお馬のけいこ~

ハッシドウドウ、ハイドウドウ、ハッシドウドウ、ハイドウドウ

足柄山のやまおくで~、けだものあつめて相撲のけいこ~

はっけよいよい、のーこったー、はっけよいよい、のーこったー♪

―足柄山の金太郎ー

*

昨日、5月1日。

長女の婿の運転で東名高速川崎インターから下りへ向かい、足柄で降りる。

メリー「ここがゴルフコースですか?」

婿「いえいえ、これは足柄サービスエリアです。」

ぷっ。たいがいお馬鹿なおっかさんと思ったろう。

メリー「あーそうですか。ずいぶん変わったクラブハウスだなと思ったんです。」

婿「お母さんはおもろいですね。ははは」

婿はコースに持っていく飲み物を買うのだそうだ。駐車場を歩きながら、

「お母さん、あっちに富士が見えますよ。」(後方を振り返る)

「わ~~~~、富士山が大きく見える!嬉し~~~い!」とわたしは手を叩く。

富士はーにーっぽーんいちぃーの~やまぁ~♪

あー嬉しい。足柄SAの駐車場から見る富士山はことのほか大きく見えた。

*

何という運の良さ。気の毒ながら、一昨日(4月30日)静岡でゴルフをした方は傘も飛ぶような風雨だったそう。わたしはこの2日間数十回天気予報をチェックした。

そして、コースに着くころには雨は上がっているはずと確信していた。

雨が上がるどころか、晴れて富士山が見えるじゃないか。

1_ashigarashinrin_fuji_from2ndfloor

コースのどこから富士がよく見えるのか知らないので、見える度にカメラを出す。これはクラブハウス2階のロビーから。(窓ガラス越しに撮ると今イチだ)

2_ashigarashinrin_fuji_fromputtin_2

まずはパットの練習。練習グリーンは見た目ほど速くない。時間が来て1番ティーグラウンドへ。そこから見た、クラブハウスの後方に見える富士。

では画像中心にコースレポート。距離はAグリーンへのレギュラーティーから。レディースからの距離記載がないので、分かる場合のみ書きます。

Ashigarashinrin_1sthole_s

1番パー5、505Y。まあ何とかまともなゴルフが出来たのはこのホールまででした(爆)。風がねぇ、どんどん強くなって・・・え~っとぉそれから・・・。

時としてゴルフはスコアではない日もあるのだ。(^-^)

2b_ashigarashinrin_fuji

1番をホールアウトして次のホールへ行くときの富士。練習グリーンで、このコースを回り慣れた様子の人を見かけたら、パットのラインは富士山と反対側に流れるのか聞こうと思っていたが、それらしきゴルファーも見あたらなかった。

どなたか御存知ですか?

Ashigarashinrin_2ndhole_s

2番パー4、325Y。出たー、スキー場フェアウェイ。ここのほうが広いというだけで、東名厚木CCそっくりだ。前日相当な前が降ったと思われる。ティーショット大ミスで、わたしのボールがあった辺りはフェアウェイはじゅくじゅく、ボールには泥が。このグリーンで3パット第1弾。(泣)

Ashigarashinrin_3rdhole_s

3番パー5、490Y。最初の3ホールでパー5が2つはめずらしい。ドライバーショットがどうもこうもならんほど悪く、ここも右土手下に行くかと思った。このコースのパー5はどれもレディースからでも女性には非常に長いです。

Ashigarashinrin_4thhole_longpar3_s

4番パー3、190Y。レディースからも180Yはゆうにある。それにこの上り+風でプレー距離は220Yぐらいだったのじゃないか。女性にパー4でいいんじゃない?ぷりぷり。

5番パー4、368Y。レディースティーは50ヤードぐらい前。写真を撮りそこねた。3打目、52度の距離からダフり4打もかかって初心者か!

Ashigarashinrin_6thhole_s

6番パー4、360Y。実にうらめしい上り。婿はお昼休憩に、「ここはいわゆる林間丘陵コースで、山岳コースは・・・・云々」と言っていたが、わたしに言わせればここも立派な山岳コースだ。ここはめずらしくドライバー〇、5W△だったのにアプローチの52がまた大×印。

あぁ~あぁ~あ~。近所のショートコース回ったときは完璧だったのに、いったいどうしたことか。しくしくしく。

3_ashigarashinrin_fuji_from7thtee

7番ティーグラウンド横から見た富士。これがコースから富士が見えた最後。すぐにガスが出て以後ずっと雲に覆われていた。朝寄った足柄SAで最初に見てから3時間は富士山が見られたのはほんとにラッキーでした。

この日払った\15,570は富士山拝観料だったかも。(笑)

Ashigarashinrin_7thhole_s

7番パー4、320Y。ものすごい打ち下ろし。さぞかし遠くまで飛ぶかと期待したがドライバーのスイングがあまりに悪く、そこら辺にポトン。グリーン手前60ヤードぐらいに大きなバンカーがあるので、2打目をそこに届かないように7番アイアンでレイアップ(アホらし)。

左上に見える2つの建物はコースのほぼどこからでも見える。布団を干してある部屋があったから分譲マンションか・・?

Ashigarashinrin_7thgreen_s

7番グリーン方向。こういう景色はロス近郊、山沿いのコースにもある。

Ashigarashinrin_8thhole_par3_s

8番パー3、135Y。グリーンは上段のAグリーン。GPSのヤーデージとティーグラウンドの各ティーの位置とで、ピンまで幾つなのか混乱。あとで考えると130Yぐらいあったろう。わたしは115Yかと勘違いし、9Wで左バンカーの右横へ。コースレビューでGPSが取り付けられ分かりやすいと書いている人があったが、自分はカートについたGPSの解釈がいまだによくわからない。

またピンまでの距離を赤字で表示するときと、表示がなくなる時があるのは、どのカートもそうなのだろうか?わたしには、カートがどこでもその日のグリーンの、その日のピンへの残り距離を出し続けてもらったほうがまだ分かりやすい。カートからのアングルを差し引きして距離が測れるからだ。

腕時計のような形になったGPSを身につけるタイプが出ているらしいが、それ買おうかなと思っているぐらい。

Ashigarashinrin_9thhole_s

9番パー4、400Y。レディースティーは10Yか15Y前。ティーショットは上りなのに無茶苦茶距離が長い。ホールの半分からは下りになる。スタートしてからどんどん風が強くなり、わたしはすぐに帽子は諦めた。ここのティーショットは突風でクラブをまともに振れず。

Ashigarashinrin_9thapproachshot_s

9番フェアウェイ。これは婿。婿はティーグラウンドでもフェアウェイでも何度も帽子が飛ばされていた。この人は気の毒にも仕事が忙しく、なかなかゴルフもままならないらしい。ラウンドしている間、4、5回は仕事の電話が入った。彼が今日会社を休んでいることを知っていて電話してくるのだ。普段どれほど多忙か分かろうというもの。

愚息が仕事を抜けられず、婿と2サムになって申し訳ないことでした。

Ashigarashinrin_9thgreen_s

9番グリーン。何から何まで悪いというのに、グリーンではトドメの3パット。どっちがハイサイドかさえ分からないようなグリーン。硬く、速そうに見えて速くないがカップに蹴られると、ものすごく転がって閉口した。

府中CCを最初に回ったときもグリーンの難しさ、超速に驚いたが、速くはなかったがここもラインの読みはまるきり出来なかった。

フロント9はすべてAグリーン(ベントと思う)。レギュラーティーから3093Y。5番ホールだけはかなり前にあったが、あとは10Yから20Yの差。レディースからでも2900Y近くあったように思うが、どうだろう。どこにもヤーデージがないとはけしからん。

前日の雨で、グリーンガードバンカーには随所に大きな水たまりがあった。前夜コースサイトのコースレイアウト図と注意をメモしていったのと、カートのGPSで再確認して避けていたので、前半は一度もバンカーに入れなかった。

コースレイアウト

*

ランチは、動物性タンパク質をとるためチキンカツセットにした。ま、3分の1は残すようなお味でしたが、わたしはご馳走食べにゴルフしに行ってないので何でもよろしい。お味噌汁が美味しく感じた。

バック9。風はますます強く、大きなヘッドのドライバーは振り切れず、途中3Wでティーショットしたぐらいだった。

Ashigarashinrin_10thhole_s

10番パー5(出だしで長いホールは勘弁してくれ)、513Y。レディースティーは30Yぐらい前。フェアウェイが黒っぽくなっているが、下が濡れている。フェアウェイウッドをダフルともう最悪。(-_-||

Ashigarashinrin_11thhole_s

11番パー4、398Y、レディースティーも10Yか15Y前。長すぎる~~。ティーショットがまともに当たらないので3打目が9Wの有様。それが残り距離の読み間違いでグリーンにショートするのだからもう八方ふさがりの気分。

Ashigarashinrin_12thhole_par3_s

12番パー3、右(B)グリーン。バック9は2箇所だけBグリーンだったと思う。スコアカードではレギュラーから135Yになっていたが、この日はレディースも150Y。

Ashigarashinrin_12thhole_rightgreen

12番右グリーンのクローズアップ。これむちゃくちゃと思いません?右側ずっとOBですよ。日本のコースのOBゾーン設定は多すぎるが、殊にグリーン周りをOBにするのは実にアンフェアだと思う。(わたしはOBゾーンにも打ってないし、ロストもしませんでした。念のため・・笑)

わたしはどうせ届かないと5Wでフェアウェイ真ん中狙いましたが(爆)、それもミスショット。ボギーホールと割り切ったが、その通りボギーになった。

Ashigarashinrin_13thhole_s

13番パー4、405Y。男性にはティーショットは谷越え。レディースティーは谷を越えた向こう側。前の年配ご夫婦2サムをしばしば待たねばならなかったので、わたしはふざけて、人工芝がおいてある(普段の?)レギュラーティーグラウンドから打った。ものすごい向かい風で、低くティーアップしてゆっくりテークバック。(目が悪い婿は)「残念!少し足りませんでした」と言ったが、レディースティーグラウンドの前まで飛んでいた(笑)。

Ashigarashinrin_14thhole_approach_s

14番パー4、340Y。レディースティーは15ヤードぐらい前。ここは1W〇、5W〇と、やっと自分なりのゴルフが出来たのに3打目の7番アイアンがバンカー左に置いてあったレーキに当たり(もっと左を狙ったのでミスショットだったが)、ころころとバンカーへ落ちる。

Ashigarashinrin_14thhole_frontbunke

今日初めてのバンカーショット。砂はおそらく普段から少ないと思われる。砂のつぶが大きい。水でしまっているのは明らか。泥に打ち込むつもりで打った。一番高いアゴの真下にボール。自分には上出来のバンカーショットが打てた。(画像は一つ前のご夫婦。掲載すみません・・笑)

Ashigarashinrin_15thhole_s

15番パー4、335Y。左側、谷、OB。何やらホールは暗く、強風アゲンストでいい加減うんざりする。

Ashigarashinrin_16thhole_leftrought

16番パー4、336Y。左ドッグレッグ。わたしのボールがここに来たわけではありませんが(笑)、左ラフから左グリーンを見たところ。ここもバンカーに入った。やはり同じような状況で、エッジまで出した。

Ashigarashinrin_17thhole_par3_s

17番パー3、右グリーン。125Y。レディースティーから116Yぐらいと見たが、7W快心で惜しくもバンカーの上に当たって転がり落ちたからもっとあったかも。

Ashigarashinrin_18thhole_longpar5_s

18番パー5。バックから620Y、レギュラーから590Yという名物ホールだそうですよ。レディースティーは70Yぐらい前か。それでも左へドッグレッグだし、非常に長いです。

Ashigarashinrin_18thhole_approach_s

グリーンまで下り傾斜だが、左足下がりは打つのが難しいか何のメリットもない。(笑)

ということでスコアは本年ワーストでしたので聞かないで下さい。ひひひ。

 

Ashigarashinrin_lunchtime_s_5

ランチ前にロッカーで撮った自画像。わたしは近年非常に太ったのだけど、ここのロッカーの鏡は全部「うぬぼれ鏡」だと思う。ほかの鏡だともっと太く見えるのですが。ちなみに、ノースリーブのゴルフシャツにナイキの薄いセーター。ラウンド中の半分はセーターを脱いだ。21,2℃だったろう。

平日ランチ付きプランで\12,000らしいが、愚息の代りに行く人が見つからず、2サム割り増しを各自2千円余もとられた(怒)。婿に気の毒で、その分はわたしが払うと主張したが受けとらなかった。

ランチのあとにコーヒーを頼んだのと、ホールアウト後疲れて白玉あんみつを食べたので(笑)、結局わたしは1万5千円余。

ゴルフをしながら富士山が見られて感激でした。

5月5日にはまたラウンドする予定。これから長女宅に泊りがけ留守番に行きます。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ