« 新ウェッジで練習してみたが・・・ | トップページ | 桜を満喫の3月末日 »

ミチオマツムラ、インドネシアPGAチャンピョンシップ優勝

このインドネシアPGAチャンピョンシップは毎日ちょこちょこと見ていて、しばしばテレビがMichio Matsumuraと言うので、4日間を通じて良いプレーをしていたのだと認識していた。

名前と顔をかろうじて知っている程度だったが、鍛えられた上半身に、日本人プロは練習しないor レイジー(怠け者)というのはウソじゃないかと思った(笑)。いや、そういう批評をネットでよく読むので。

あいにく、長男一家と早めの外食に出ていて、帰宅後もすぐにはテレビに戻れなかったので、松村プロの最終ホールから見た次第。えらい長時間ライブ中継していたのですね。見逃して無念です。

外食に出る前は日本LPGAを見ていたが、決着がつく前に家を出た・・・良いところを全部見逃したじゃないのよ。(-_-;)

*

18番グリーン奥からの松村のチップ。ありゃ入りそうだった。というか入らなかったのはちょっとした不運だ(笑)。

アナウンサーは6,7フィート、カップを通り越したと大仰に言っていたが、ああいう良いチップをしたらプロは普通パットも入れるものです。

入れるオーラが出てたでしょ?(笑)

ラインが見えるから入りそうなチップを打てたのだし、ラインが見えてるから自分のパッティングストロークをしたらパットも入る。

プロとはそんなものです。

Indonesiapga_matsumura_sunday_fistp

終わって彼のスコアカードを見て仰天した。フロント9は38叩いたのですね。直後にハイライトが流れて様子は分かったが、バック9で30は見事。最終パー5はバーディで締めくくらねば。それがプレーオフに行かずの優勝パットでした。

Indonesiapga_matsumura_sundayfront9

前半はオレンジのゴルフシャツ。天候中断のあとは白シャツ。その中断が松村プロには良いほうに向かった・・・いや、今週は勝つゴルフをしていたってことじゃないかなと感じる。

日本のプロはほとんどテレビ観戦の際の記憶もなく、知識もないが、今週気がついたのは小平智という若手はスイングが良いですね。アイアンのスイングしか見てないが、下半身と上半身の動きが、良いスイングのお見本をスローモーで見ているようだ。頑張れ。(笑)

インドネシアPGAチャンピョンシップ・リーダーボード

*

日本LPGAは、藤田幸希があそこまで行って負けるんだから、ゴルフは怖い。

渡邊彩香っていう人は(初めて見た)、ティーショットのスイングも思い切りが良いし、攻めのゴルフをしていた。追う立場だから攻めのゴルフは当然だけど、若い子は怖さ知らずのパットしますね。今プロフィールを見たら、まだ二十歳ですね。

172cmって、現代的サイズで有望だ。

*

アメリカではフィル・ミケルソンが3ラウンドの10番ホールで棄権。この世代の2人の巨人が身体に故障が出だし、寂しい限りです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 新ウェッジで練習してみたが・・・ | トップページ | 桜を満喫の3月末日 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新ウェッジで練習してみたが・・・ | トップページ | 桜を満喫の3月末日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ