« USGAハンディキャップインデックス=JGAハンディキャップインデックス | トップページ | カーリー・ウェブ5度目のオーストラリア女子オープン優勝 »

ボールの後ろ1cm

ひゃー、またまた大雪だそうで、っていうかああいうのは大雪とは言わないのだけど、雪は降っても積もるのは年に一度あるか無いかの地方では30cmは大雪だ。

どこも人間は同じですね。アメリカではこの冬何回かウィンターストームに襲われ、普段雪が積もることが少ない地方では家の周りの雪かきが重労働だとか、外出を取りやめただの大仰に騒ぐ。

それを聞いてカナダ人はなーにがそのぐらいでとアメリカ人を笑う。

Feb15_2014_snow_2

今回は金曜日夜降ったのですか?横浜の愚息がフェースブックにアップしていた(日本)この土曜日の画像。ガレージの上のベランダ。

Feb15_2014_snow2_3

孫(3歳)が真面目に雪かきしているビデオがあったが、転載できないので写真だけ。大人には不便が生じるが、子供は雪が大好きですよね。

都内で人が足首まで水につかって歩いているニュース映像を見た。夏の豪雨と違って、冷たいでしょー。

* 

ロス開催のノーザン・トラストオープン、石川遼は見たことがあるが、松山君はまだ見たことがないので行きたかったのですが、歯医者通いがあって断念。

初めてのコースで健闘していると思う。硬くて速いグリーンが難しいと語ったそうだが、例年なら冬は雨季だからそこそこ雨が降って、超一流のコースにしてはグリーンがバンピーな(凸凹している)年が多いが、今年は雨はまだ1日しか降っていなくて(笑)、高温乾燥が続いたから硬いのでしょう。

歯医者に行く前にちらっと見ていた中継で、松山くんのエッジからのパットが写っていた。もうちょっと曲がってカップインするかーというパットだったのにカップかすめて向こう側にかなり転がった。恐ろしや。3アンダーで予選通過。

松山英樹の好きな点は、わたしが思うに彼は「勘違い」が無い。こういうプレーヤーはメンタルミステークを犯すことが少ないのじゃないかと思う。

韓国のサン・ムン(相文)・バエ君が頑張っています。(まだ27歳だから君でもいいだろう。) たまたま日本帰国中に日本の試合で見たことがあり、好きなプレヤーです。

ノーザントラストLAオープン/リーダーボード

*           *           *

タイトルの「ボールの後ろ1cm」。

高名なコーチが言っていたように思うが、誰だったか失念したので名前は思い出したら書きます。

パットの時、ボールの後部を見るのではなく、ボールの後ろ1cmぐらいの芝を見るようにしている。打つ前も打った後も見る。

言うは易しで、打った後も見続けるのはかなりの意志力が要る。(笑)

これをやると短いパットは百発百中で・・とは言いませんが、まず外さない。

中ぐらいの距離のパットも当てはまる。

ロングパットは?

ロングパットの距離感や打つ時のコツは人それぞれと思うので、書かないでおきます。やはりボールの後ろ1cmの芝を見て打つのですが、どのぐらい見続けているかは各人のフィーリングと思う。

*

金曜日の午後歯医者で、そのあと何もしないのも勿体ないから、夕方ランチョを数ホール回って練習。

前に一人で回っていた男性が3球も4球も打って練習しているので、イライラした様子で待つのも失礼かと(爆)、わたしもミスするともう1球打ちました。

2nd

数日前に見たときより、フェアウェイははるかに青々していた。ほとんどの地点はフェアウェイウッドでもアイアンでも打てるライ。上は2番女性にパー5。最初の2ホール、スライスやらトップやらゴルフにならず。

3番パー3は、白から140Yちょっとだったので白ティーから5Wを打つ。1球目、5Wにしては超低い球筋だったがグリーン右に飛んでいく。(故意に右め狙いでラフからグリーンへ転がり落ちるのです) 2球目、どこに飛んでいったか分からず。(苦笑)

3rdgreen_tee

行ってみると2つもボールがあるじゃないの!ピン左下とピン真後ろ。画像はピンの後方から。似たような距離で、3メートル半ぐらいか。

どちらもバーディパット外した。(ー_ー||

4thtee

4番右ドッグレッグパー5からやっと当たり出した。まあしょーがないな。練習量も少ないし、体はガチガチだし。

暗くなってきて写真は撮らなかったが、次の5番上りパー4。白ティーや黄色ティーからはフェアウェイがそそり立っているが、フェアウェイのある点を越えるとかなり転がるようだ。黄色(335Y)から打ったら185ヤードぐらい行っていて嬉しかった。2打目でグリーンすぐ下まで。あいにくディボットの中。SWでターフ取って打った。(爆) ピン下2mにつけたがこれも外す。

情けない!

ここでクラブハウスのほうへテクテク引き返し、こんなことではいかんとパットの練習した。練習グリーンじゃあ『ボールの後ろ1cmを見てパットする』が出来るから入るんだ。

コースに出ると、パットを入れたがるからこれが実行できないのです。修行が足りない。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« USGAハンディキャップインデックス=JGAハンディキャップインデックス | トップページ | カーリー・ウェブ5度目のオーストラリア女子オープン優勝 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USGAハンディキャップインデックス=JGAハンディキャップインデックス | トップページ | カーリー・ウェブ5度目のオーストラリア女子オープン優勝 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ