« ボールの後ろ1cm | トップページ | 映画"Frozen"(邦題『アナと雪の女王』) »

カーリー・ウェブ5度目のオーストラリア女子オープン優勝

最近LPGA観戦は気が乗らないことが多かったが、先週、今週と久々に楽しみました。

男子ツァーの退屈なこと。それにむさくるしいのばかり出てきて、何だあれは?帽子から長髪がはみだしているか、ヒゲぼうぼうか、その両方か。ゴルフウェアのセンスもひどい。

オーストラリア女子オープンのライブ放送は予選のみ、週末2日はラウンドが終了して10数時間後、アメリカの翌日午後に録画放送される冷遇ぶり。オーストラリアLPGA、レディースヨーロッパツァー、アメリカLPGAの共催にもかからわらずだ。

わたしはオーストラリアツァーによるYouTubeでのライブストリームを見ていました。画像も悪く、度々画面がストップするが、競技スポーツは生で見ませんとね~。

*

いつもスイングが素晴らしいカーリー・ウェブ、今週は特に良いように見えた。2日目だと思うが、メーカブルパットを3つは外した。ピン筋に良いショットを打っても、パットが入らないと優勝出来ない。ベテランプレーヤーになると、まずパットが入らなくなる、ウェブもその年齢になってきたのかと考えてしまった。

3日目、粘って4アンダー。トータル8アンダーは優勝のチャンスを保持。トップグループと4,5打の差だが、若いプレーヤー達だからどう展開するか分からない。

4日目、実を言うと娘と夜映画に行っていたので、ライブストリームでは最後のほうしか見ていない。カーリー・ウェブが首位で欣喜雀躍。(笑)

Australianwomensopen_webb_shot_4thr

ウェブは現LPGAプロの中では一番好きなプレーヤー。わたしは“ナチュラルスイング”というものを信じないが、もしあるとしたら彼女のようなスイングを言うのじゃないか。

いつも思うが、カーリー・ウェブのスイングを繰り返し見せるビデオをあればいいのに。ゴルフはイマジネーションだ!(笑)

プレーオフになる可能性を考えて、ずっと練習しているウェブの姿が度々写る。

ウェブは長々待った。風が強かったことを差し引いても、みなプレーに好き放題時間をかける。最後の2,3組は遅いッ!

*

Australianwomensopen_webb_trophy_fe

ほとんど唯一プレーオフに持ち込む可能性があった、チェラ・リーが最終ホールをパーで終えてウェブの優勝が決まった。

オーストラリア女子オープン・リーダーボード

*

ウィキピディアでこのオープンを調べると興味深い。なぜか2回、中断があるが初回は1974年で、何と優勝者は樋口久子プロ。その翌年は名物女子プロのジョアン・カーナー。

長い中断後、近年ではアニカ・ソレンスタム、ローラ・デービス、ヤニー・センの名前が並ぶ。

ウェブは今回以前では2000年、2002年、2007年、2008年に優勝。飛び飛びに、長きに渡り優勝しているところが、ウェブの底力を思わせる。

*

最終ラウンドのハイライト。2分15秒からウェブのハイライトですが、グリーン向こうの大きなフラッグで風の強さが分かる。またグリーン、フェアウェイ、バンカー内とかなり葉っぱが落ちていますね。

オーストラリア人の英語は聞き取れなくて慣れるのにかなりかかったが、「8」eightのことを「アイト」、バーディが「ブーディ」に聞こえる。女性レポーターの声はこのオープンに優勝したことがあるジェーン・クラフター。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ボールの後ろ1cm | トップページ | 映画"Frozen"(邦題『アナと雪の女王』) »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボールの後ろ1cm | トップページ | 映画"Frozen"(邦題『アナと雪の女王』) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ