« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

雨の合間に

アメリカは明日で2月も終わり。何で31日の月もあるのに、2月を28日にするのだろう?やっぱり一月は30日ぐらい無いと落ち着かない。(笑)

いろいろ仕度もあり、日本へ発つ前にラウンドはもう無理と諦めた。旱魃が続くカリフォルニア、とうとう木曜日・金曜日・土曜日の3日連続雨が降るという予報。2つ、別々なストームが来るのだそうだ。

しかし前倒しで水曜日の夜から降り始め、木曜日の朝が明けたら太陽まで出てきた。

これを逃しちゃなるまい。PGAゴルフ観戦のために寝不足だったが、近所の短いコースへ行った。

*

このところ腰の養生に練習はせず、もっぱらパットの練習だけ。一昨日は短いチップの練習。

雨上がりのコース、新しいゴルフシューズを汚したくなく(汗;)、普段のスニーカーで回った。そういう根性だからティーショットでしばしば足が滑ったけれども。

フェアウェイが転がらないので、グリーンにショートすること間違いなし。よって今日はグリーンを逃してチップで寄せる練習と割り切った。

呆れるほどグリーンを逃す。風が強くて、わたしのふんにゃかアイアンショットはぎゅいんと曲がる。フェアウェイが転がらないので、ウッドのティーショットでもはるかにショートする。

(もちろんスイングが悪くて、グリーンの左まっすぐら、右まっしぐらも数々)

Mizuno_mp_t11_56bounce10s

チップは全てサンドウェッジで。ミズノMP・T-11。一昨年の秋に買った。これは名器ですよ。

昨日のチップ練習中、時々バミューダグラスがついたフェースを掃除していて呆れた。打点がトウ寄りが多い。たまに真ん中。それほどフェースのあちこちで打っても、ボールは狙い通りの方向へ出る。距離はちょっと大きすぎたり、ピンにショートしたりするが、方向は狂わない。

フェースのどこに当たっても、インパクトでスクエアなら真っ直ぐ飛んでいく。何と良いクラブだろう。(笑)

Mizuno_mp_t11_dg_spinners

サンドウェッジとギャップウェッジだけはマンズクラブで、オリジナルのスチールシャフトにする。(このクラブにはダイナミックゴールドのウェッジ専用シャフト、SPINNERが着いている。

ラフからでも芝がザーッと取れるし、最高です。

*

最後のホール、3打目PWでカップすぐ横にランドしてあわやカップインというショットだったが、ギャップウェッジの距離をPWで打っているからピンをかなり越える。

重いグリーン、下り9mぐらい、ころころころ、ガビーンと入ってロスでのゴルフは気分良く終了。

(カメラは濡れるといやなので持参せず)

*            *              *

フロリダ州開催のホンダクラシック初日。タイガーは今日7:35スタート。これはロスの朝4:35です。もちろんテレビ中継が始まるはるかに前。

起きましたよ。目覚ましかけて。涙ぐましいじゃないか。

どうやってタイガーのプレーをフォローするかというと、PGAサイトのショットトラッカーと、他のゴルフサイトの「タイガートラッカー」のライブレポートを読む。

PGAツァーサイトでは、ライブ・ビデオで1つだけのホール中継がネットで見られる(日本で1番ホールの中継だけ朝やるのを見たことがある)。

今日は3番パー5ホールの中継。そのホールをプレーする全てのグループを写す。

そのタイガー、10番ホールからスタートして最初のハーフはショットは良くてもパットが全く入らないゴルフであるのが見てとれた。後半はフェアウェイを外し出し、ボギーを重ねた。終わってみれば、1オーバーの71。81位タイって、腐ってもタイガーなんだから、冬休み中、休養につとめていたにせよですよ、試合に出てきて練習しないでよと思う。

Hondaclassic_th_rory_2

マックロイは去年の大不調は去年に置いてきて、マックロイらしいゴルフでした。7アンダー、63。お母さんの誕生日だそうで、ラウンド後は両親と一緒にディナーに行くそうだ。孝行息子だ。(笑) 

時々コースでの仕草がタイガーに似ていておもしろいなと思う。

Feb27_1992_nissanlaopen_tiger16year

タイガーは22年前の今日、スポンサー招待で初めてPGAツァーに出場した。ニッサン・LAオープン。左、その試合出場時16歳。右、今日のタイガー38歳。

カメラや写真が違うことを差し引いても、タイガーは肌の色が赤銅色に変わっている。近年は冬場の練習はほとんどバハマのコースでするそうです。

明日は午後スタートでテレビ中継で見られる。最近のタイガーで一番嫌なのが、グリーンサイドバンカーやグリーン周りからのチップ。スイング云々ではなく、身体に力が入ってスムーズさがないと思うんだけど、どうでしょう。(汗;)

リーダーボード

PGATウェブサイトは今年新装し、リーダーボードのプレーヤー名をクリックするとスコアカードとライブのショットトラッカーが出るようになりました。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

行ってみたいコース

横浜東部は今日明日が13度。お天気も良さそうで「もうすぐ春ですねぇ♪」と思っていたら、3月入っての予報が9度・8度・8度・7度。

ロスに住み出して20余年、摂氏の気温もちょっとピンと来なくなったので、9度を華氏に換算してみたら、48度F。(えっ!?)

この温度は朝方一番冷えた時刻の気温です。これはちょっと冬服が要りますね(笑) わたしは来月上旬に帰国します。

*

日本で辛いのは、ゴルフコースが遠いことと、天気を見てふらりとコースに行くことが出来ないこと。(練習代が高いのも腹が立つが、都会は土地も高いからしょうがない気もする。)

だいたい雨でキャンセルとか意気地なし扱いでしょ?(笑) しかし今はゴルフ場も雨ならキャンセル料を取らないところが多いそうですね。

実現の可能性は無視して、わたしの回ってみたいコース。

★九州は福岡の古賀ゴルフクラブ

このコースはタフだと思うんですよね(当たり前)。コースから海が見えるのかどうか知らないが、海に近く松林のツリーライン、古いタイプのコースでしょう。どのホールも狭そうです。原則的に2グリーンのコースは好きじゃないが、こういうコースはどちらかが本グリーンなのでしょうね。

★東京の小金井CC

回ってみて誉めない人は、「街中にあるコースですから・・」とか「住宅地にポツンとコースがあるんです・・・」と言うが、そのどこがいけないのかと思う。

超有名なコースだからというより、かのウォルター・ヘイガンの設計したコースだから回ってみたいです。行く価値はあると思うけどなぁ。オイ、目が黒いうちに誘ってよ。(笑)

★山梨県の河口湖CC

富士山が見えて綺麗なコースらしいが、昔JLPGAの試合も開催したそうです。設計者はロバート・ボン・へギーとブルース・デブリン。前者は、WGCキャデラックチャンピョンシップ開催のドラール、ブルーモンスターをデザインした人。(去年タイガーが優勝した。ちなみに、買い取ったドナルド・トランプがブルーモンスターを去年の試合後に改造。)

ロバート・ボン・へギーは栃木の西那須野CCやホウライCCもデザインしている。

★茨城県のサニーフィールドゴルフクラブ。

ニクラウス設計でJGTOのQスクールにも使われ、良いコースのようですがグリーンフィーが高くない。高くないのは歓迎だが、混むんじゃないかなと。常磐自動車道、水戸IC。遠っ。

★長野県の塩嶺CC

上田治設計の27ホール。画像を見ると標高もそこそこありそうな。森林浴という言葉をよく聞くが、まさにそんな感じ。数日滞在して、のんびりゴルフ出来たらと思うが、たぶん混んでいるでしょう。(笑)

*

いろいろなコースを探したのは、このサイトから。あちこちクリックしているとあっという間に時間が経ちます。

ゴルフ場ランキング倶楽部

関東には屈指の難関コースや有名コースも多いが、それだけでは回りたいとは感じない。試す腕もないし、プレー出来るつてを探すのも大変でしょう。

日本に着いて花粉症の状態をみて考えましょう。(-_-;) 最近は家族そろって花粉症です。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

WGCアクセンチュアマッチプレー終了

今年のWGCマッチプレーは早くからミケルソン、アダム・スコット、タイガーが不出場を表明していたので、最初から盛り上がりに欠ける感があったが、若手プレーヤー達が後半まで残ったことと、最終日チャンピョンシップマッチが延長23ホールまで持ち越したことで終わってみた感想は例年よりおもしろいぐらいだった。

最終日のチャンピョンシップマッチを録画してあとで見ようと思っている方は、読まないほうがいいでしょう。(笑) むちゃくちゃおもしろいマッチでした。

*

ベスト8に残ったルイス・ウーストハイゼン、去年からの腰痛はまだ完治ではないようで良いプレーをしていたのに4日目のジェイソン・デイ戦から腰が影響しているのが見てとれた。

ジム・フューリック、毎マッチで2ダウン、3ダウンから這い上がって勝ち残り、粘りのプレーヤーの面目躍如だった。4日目の対リッキー・ファウラー戦でも3ダウンから13、14、15、16番ホール連続で勝ち、この日も同じパターンで勝つかと思ったが、17番で取られ最終ホールではグリーンにショートしたあと、チップが短くて転がり戻ったのは見るほうも辛かった。

マッチプレーはだいたい若いプレーヤーのほうが思い切ってプレーするように感じる。

パブロ・ララザバル、トーマス・ブヨーン、マット・クーチャーを破って4日目にアーニー・エルスと対戦したジョーダン・スピース。弱冠20歳で常にクールを維持していたスピースだが、この日はショットが不調でクラブを投げたり、キャディーに当たったりが見られた。エルスに負けて、後刻、「自分はメンタルが足りなかった」と反省のコメントをしていて可愛い。(笑) 20歳でそうそう聖人のように振舞われるよりよほど安心した。

*

マッチプレーのおもしろいところで、スコアにしたら決して良いゴルフをしていなかったエルスはセミファイナルまで生き残ったが、とうとうフランスのビクター・ドゥビソーンに負けた。

リッキー・ファウラーは勝ったマッチでもしばしばフェアウェイを外して、よくこれでここまで勝ち抜いたなと感じたぐらいで、これもやはりセミファイナルでジェイソン・デイに破れた。

というわけで決勝はドゥビソーンとデイの戦い。

ビクター・ドゥビソーンはフランス人。去年11月のトルコエアライン・オープンでヨーロッパツァー初優勝したが、アメリカではほとんど無名でしょう。この試合もタイガーが出場していたので徹夜で見ていたが(笑)、そうでなければドゥビソーンのプレーも大して注目していなかったろう。ヨーロッパツァーの解説者が、非常に才能あるプレーヤーだと言っていたのが印象に残っている。まだ初優勝の前だったと思う。

オーストラリアのジェイソン・デイは、若いうちにメジャーを獲る才能ではないかと高く買うファンが多かったが、まだPGAツァー1勝のみ。(2010年バイロン・ネルソン・チャンピョンシップ)結婚し子供も生まれたが、まだ26歳。

チャンピョンシップマッチは、ドゥビソーンのショットが悪く、終始ジェイソン・デイの優勢。形勢はひっくり返りそうもなかったが、デイ2UP、残り2ホール。もうデイが勝つだろうなと思った途端・・・。

17番パー4、ドゥビソーンはティーショットをフェアウェイ右バンカーに入れたが、そこからピン右上につける。デイは左ラフからグリーンオン。ファーストパットをタップインに寄せてパー。ドゥビソーンは、このバーディパットを入れ、1DNにする。

18番パー4、デイのセカンドは大きすぎてグリーン上の奥、カップまで68フィート(20メートル)。ドゥビソーンはセカンドを左バンカーへ入れる。グリーンの傾斜がすごく、パットでもチップでもカップに寄せるのは難しい場面。

上はドゥビソーンのバンカーショット。これでパーセーブ。ジェイソン・デイのファーストパットはカップを10フィートほど通り越す。パーセーブパットは一転がり足りずボギー。これでオールスクエア。マッチは延長戦へ。

*

19ホール目(1番ホール)。ドゥビソーンのセカンド、7番アイアンで大きすぎ、グリーン後方の砂地、ボールはサボテンの根元。絶対絶命と思われたが、ドゥビソーンはミラクルのようなパーセーブ。彼のおかしいのは、グリーン方向へ歩いて距離を測り、ボールの様子をうかがったら、あれっという間に打ってしまうところ。飄々としてけっさくなキャラクターだ。

*

20ホール目(9番ホール)。毎ホールのように、ドゥビソーンはハイブリッド、デイはロングアイアンでティーショットを打つ。デイのセカンドはピン後方のエッジへ。ドゥビソーンは残り181Yからグリーン左下の砂地へ。マッチの最初の9番ホールでもここへ打ち込んだ。ブッシュの下、石が転がる傾斜地から再び仰天のチップショットを打つ。ショットを見ていたデイの呆れて笑う表情が良い。パーセーブ。

これらのミラクルパーセーブだけでも、このチャンピョンシップマッチを最後まで見た甲斐があったというもの。

ちなみに、ラストネームのドゥビソーンDubuissonはフランス語でブッシュのことだそうですよ。(解説のニック・ファルドー曰く)

21ホール目は10番へ行き、双方ボギー。22ホール目は14番で両者パー。

勝負は23ホール目、短いパー4の15番333ヤードで決まった。ジェイソン・デイはここで快心のドライバースイングをした。グリーン右のファーストカット。ドゥビソーンはもっと遠い右ラフで、チップは止らずグリーンの向こう側エッジへ。

デイはチップを4フィート足らずに寄せてバーディ。長いマッチは終了。

勝ったデイより負けたドゥビソーンのほうが印象に残った感があった。フランスから遂にすごいゴルファーが出てきたかも知れませんね。おじさんはプロのバスケットボール選手だったという。ドゥビソーンのコーチが、彼のショートゲームを「黄金の手を持っている」と語ったそうだ。

マッチプレースコアボード(名前をクリックするとマッチスコア)

ところで、PGAツァーの新装したウェブサイトは見にくいうえ、視覚的にも美しくない。もっとセンスが良いウェブデザイナーを雇うべき。(笑)

*

さて来週はホンダクラシック。タイガー登場。長い冬休みから明けて、トーレパインズのファーマーズ・インシュアランスオープンといい、ヨーロッパツァーのドバイ・デザート・クラシックといい、腑抜けたようなゴルフだったが、たいがい楽しめるゴルフを見せてもらいものです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

暑かった4ラウンド目(^-^)

回って嬉しい花いちもんめ♪

今日は、わたしもボケたもんだと涙が出そうだった。高速に乗ってすぐ、ベタベタに混んでいたので次のランプで降りた。その直後、財布も携帯電話も家に忘れたことに気がついたのです!

家に取りに戻ったら、とても間に合わないだろう。

予約したティータイムは9時だったのだけど、今日は10時からランチョのマンズクラブのメンバーデーで、逃すと午後まで回れない。

もうランチョを回るのは不可能かと、意気消沈。帰宅してコースに電話、事情を話し、「9時には絶対間に合わないからキャンセルして。」

スターター「じゃあ9時36分はどうだ?」

「ありがとぉー!何とか着くように行くわー!!」

あ~何てラッキーなんだろう。

*

そういうわけで走ってかけつけるほどぎりぎりでもなかったが、やはり慌てふためいてスタートしたので、ティーショット左引っ張り、セカンド左引っ張り、アプローチ右プッシュアウトでダボスタート。

そうお?この前はトリプルだったろーが。

(画像はクリックすると拡大します。興味がある方はどうぞ)

2ndgreen

2番女性にパー5。今度は大きくゆっくりスイングしたつもりだったが見事にスライスで右ラフ。7Wでトップ。9Wも当たり損ない。SWのチップも大きすぎ。よく次々ミスすること呆れる。

3番イエローティーから123Y。ほんと、この距離は嫌なんだ。9W、右の木に当たりポトリと落ちる。乗用カートはカート道にいなければならず、横に止めて打つつもりが、同伴のジーサン2人がもっとカートを前に出せと言う。

むっとしましたよ。カート道の両側が溝のように高くなっているところは越えてはいけないんだ。ジーサン達は、自分達のボールがある場所に先に行きたいために、わたしに先に行かせ、またカートでボールのところまで戻れと言っているわけです。何と我儘な。グリーンに遠い人が打つまで、あのホールはカート道で待ってるのよ。ボギー。

4番右ドッグレッグパー5。ティーショットまたスライスして右ラフだったが、ボギー。

5番パー4、6番パー4ともに順当にボギー。(笑)

<本日のハイライト>

7thgreen

7番308Y。1W◎、残りは150Y切るぐらいかな、いつも5Wを使っていては3Wが一生打てなくなると、3Wを打つことにした。ちょい爪先上がりだったので、短めに持ってアームスイング。(はぁ?) わたしのセカンド地点からボールはグリーンのピンへ向かって転がるのは見えたが、そのあとは見えず。同じような距離の左側にいた人には見えたらしいから、わたしはコンタクトしていてもよく見えてないのだ。

7thgreen_ball

驚き桃の木、何とこんなにピンに近かった。45cm。3Wが転がり上ったのだから、距離が合っていたのは単なる偶然。しかし、バーディは助かる。

8番パー3はボギー。

9thleftroughrange

9番328Y。1Wは当たったと思ったが、左引っ張りで左ラフ。(フェンス左)ランチョの練習場は人工芝で完成したが、打席はまだ工事が終わっていない。

9thgreen_flag

左ラフから7Wでフェアウェイ右寄りに出す。アプローチは9番アイアン。少し大きすぎてピン右上。下りのパットは8,9メートルかな。これが入って思わぬパー。

フロント9、イエローから2740Y。(パー36)スコア43(13パット)

*

今日は気温が上がる予報だったのですが、想像以上に暑かった。27℃余、湿度もそこそこあったのかかなり汗をかいた。

水700cc2本、ビタミン剤入りの水500cc、ゲーターレイド700cc。これ全部飲んで、終わってまた買った。

諦めてなるまじと後半へ。10番ティーグラウンドへ行く頃はひぃ~~~~っという感じ。

10th_flag_2

10番344Y上り。ティーショット、スライスせず。(スライスしないだけで嬉しい)ボギー。(2,3週間前に比すとコースはかなり青々となった)

11th_yellowtee

11番女性にパー5。イエローティーは近年新しく作ったので、往々にして立地条件が悪い(笑)。これはイエローティーグラウンドから撮ったフェアウェイ。左足下がりの爪先下がり。1W△、5W△、9W×、ボギー。

12thtee

12番134Y。イエローティーグラウンドは白ティーの下のほうにある。グリーンまで上っているので思い切って3Wを使った。当たり損ないだったがオン。パー。

13th_flag

13番352Y。1W大スライスで右の大木の後ろ。3Wでフェアウェイに叩き出し、3打目打ったあと、ボールどこへ行ったかわからず。グリーン左のカート道のそのまた左にあった。チップが30cmに寄りボギー。

14thgreen

14番306Y。なぜこのホールをダボにするのか理解に苦しむ。このホールも砲台グリーンの下の土手がハゲだったが、芝を植えて見た目が良くなっていた。

15thgreen

15番374Y上り。このホールは長くてタフ。3打目の9番アイアンをシャンクした!( ̄□ ̄;)

16番122Y。7W◎、ピンハイ左。下り傾斜を2パットパー。

17thgreen

17番461Y。ティーショットとセカンドが当たったときほど、グリーンを見ると悲しくなる。残り130Yでも150Yでもグリーンに打つクラブがないのだ。わたしの飛距離とショット力では、左足下がりの傾斜ライからバンカー越えてグリーンに打てない。

今日も残り145Yぐらいから9番アイアンでレイアップ(爆)。4打目のギャップウェッジが今イチショート。ボギー。

<本日のハイライトその2>

18thgreen

18番440Y。ティーショットは下り、2打目以降は上り。1W◎、3W◎、3W◎。画像フェアウェイ左の赤丸がわたしのボール。ここから3Wを打ってフロントエッジへ。(御存知、アーノルド・パーマーがある年のLAオープンで12打打ったホール)

18thgree_construction

グリーンの手前を工事していて、ダートが積み上げてあった。あれを越えてフロントエッジに行ったのは奇跡的(笑)。パターで寄せてパー!

バック9、イエローから2904Y(パー37)。スコア45(14パット)

トータル88(27パット)

*

今日の感概。

あんまり使わないともう二度と打てなくなると、今日は3Wをフェアウェイから打った。4回打って4回とも◎で嬉しかった。ゆっくり腕で振るように心がけたのだ。

悪いパットもいっぱいあったが、幾つか良いパットを入れた。

どうもショットが不安定でいかん。ショートアイアンが悪いのが納得いかない。(笑) 

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

食べ物の話

この前から日本の積雪のニュースを見ていて考えることがある。

流通が滞って、まずコンビニのパンや簡単食品が棚から消え(災害時と同じですね)、それから野菜が高騰しているという。(都会じゃあよくあること)

孤立した住宅から住人をヘリコプターで救出している映像もあった。

普段雪がある生活をしていない地方だからこその現象だろうが、何でもかんでも便利になると、いざ何かが滞ったときのチョイスが少ない。

『想定外』の雪で(役所は『想定外』という言葉が好きで笑える)、昔の話ばかりしているが、わたしの子供の頃いた雪国の薪ストーブなら雪が何日降り積もろうが凍死することはない。燃やすものがなくなったら、壁をひっぺがして。(笑)

スイッチ1つ入れたら家全部が暖かくなるヒーターや、人が配達してくれる灯油やプロパンガスに暖房を依存しているから、車が通れなくなったらイチコロだ。

笑ったのは、水道管が凍って水が出なくなったというニュース。そんな常識もないのね。水はちょろちょろ出しっぱなしにしておくのです。(あんまりケチると凍る)

それに、数日で家の食料がなくなるって何です?

それが分からない。

お米や乾麺のうどん、そば、魚の缶詰を買い置きしておかないの?納豆や出来合いの佃煮、梅干など余分に冷蔵庫にストックしておかないの?

イワタニの簡易コンロは家庭に1個は必須です。(笑) 災害時のためでなくても、あれはテーブルで鍋などするのに便利でしょ。

贅沢な食生活に慣れた現代人。

こんな時こそ、玄米をいっぱい炊いておいて、梅干をおかずによーく噛んで食べ、体内をきれいにしたら一石二鳥。

*

アメリカはオビース(超肥満)の人が増え、糖尿病も若年化しているので、健康な食生活に関するキャンペーンが多い

テレビでも各分野の医者や栄養士がトークショー、あるいは健康啓蒙番組でレクチャーをする。

ほぼ誰もが同じようなことを言う。体重を減らすための食生活、健康で長い人生を楽しむための食生活、病気予防のための食生活と、目的は違っても内容は同じ。

加工食品を避ける。

「白いもの」を避ける・・・白砂糖、白米、普通の小麦粉、パン。

目指すべき食生活は・・・玄米を使い、パンは精製していない小麦から作ったもの(ウィート)。(外食せず)脂身が少ない肉、脂が多い魚(サケなど)、野菜をたくさん使い自分で料理したものを食べる。オイルはオリーブオイル。

Brownrice_kagayaki_2

玄米は昔はボソボソしてあんなものまで食べなくてもと思ったものだが、今はよく出来ていますよ。わたしは日本食料スーパーで買う。フィリピン系スーパーで買ったものも美味しかった。

Brownriceproduct_precooked_2

アメリカの製品も長く煮るタイプもあるが、こういう既に炊いたブラウンライスも売っている。10分ぐらい強火で煮る。

Brownrice_chickencreolewithbrownr_2

アメリカ人がブラウンライスを使って料理した時。食欲減退間違いなし!(爆)チキンと何が入ってるんだか。わたしはこんなものは食べませんよ。

アメリカ人がレクチャーすることだから、海草やら干し魚の話は出て来ないが、今でも日本人のお年寄りは、完璧な長生き健康食を食べていると思う。

ご飯に煮魚や焼き魚、野菜のおひたしや酢の物、おつけものにお味噌汁。

太りようが無い。

*

いまや、どの地方にどういう天候が襲ってくるかわからない日本。鉄道、バス、道路と積雪に対処出来るよう対応していくべきでしょうね。

毎度「想定外」の積雪があるたび、同じことを繰り返しているようではアホらしい。

ブログを読むと、雪はもう飽きたと書いている方が多い。特にゴルファーにはねー、雪ばっかりはどうもこうもなりませんね。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

映画"Frozen"(邦題『アナと雪の女王』)

日本公開は3月14日だそうですので、ムービーレビューを書いておきます。

その前に、封切りしたばっかりの映画を観にいって、こうこうだったからがっかりしたとか、これこれが意味わからなかったとか、平気でネガティブな映画評をブログに書く「大人」ね。ほんと、あれはどうかと思う。

Yahooの映画欄にムービーレビューとして投稿するのとはワケが違う。(それは良いレビューもあり、けなす人もあると知って参考にしようとチェックしているから)

自分の主義は、薦める点がないような映画の話は人にしないし、ブログでも取り上げない。感激した、観て良かった、あるいは映画料金払って時間をすごす価値があったと思う映画だけ書くことにしている。

*

原題は“Frozen”という、まんまの題名で驚くが、日本ではいつ公開するのかと探している時、邦題『アナと雪の女王』にだとりついた時もかなり驚きました。(笑)

この映画はアメリカでは去年のサンクスギビングデーの週にオープン。11歳の孫と行きましたが、あとでもう1回自分だけで観に行こうかと思ったぐらい良かった。

例外はありますが、アメリカの子供がターゲットのアニメーションやCGムービーはストリーも実によく出来ている。アメリカでは10代半ばになるまで子供だけで映画を観にいかせられないので、大人も行く。大人の観賞にも耐える映画を作る必需性からかと思ったりする。

*

ストリーの導入部だけ書くと、昔々(北欧らしき)ある王室に、エルサとアナという姉妹がいた。姉娘のエルサには幼少から周囲を雪や氷に変えてしまうという魔力があった。

王国のキングとクイーンである両親は、エルサが大人になるまで一家は城の中に隠棲して暮らすことにする。

あとは観てのお楽しみ。

興行成績は同じくディズニー映画である『ライオン・キング』(94年公開)を越えるだろうと言われています。

既に北米(アメリカ&カナダ)で、$378ミリオン、全世界で$957ミリオン突破。

『ライオン・キング』は全世界で$987ミリオン。(映画料金が違うのでこっちのほうが大ヒットだっただろうが)

なおゴールデングローブのアニメ映画賞をとっている。アカデミー賞はアニメ映画とオリジナル作曲賞にノミネートされている。

予告編を幾つかアップしておきます。

これは映画館での予告編と思われる。

*

姉妹がパーティで分かれるシーン。

*

これで大ヒット曲になった“Let it go”を歌うシーン。(日本版では松たか子さんが歌っているようですね)

*

ユーモラスな、雪だるまが「夏」を想像して歌うシーン。

*

ほかにも日本公開前の映画“Lone Survivor”(邦題『ローン・サバイバー』を観たので、後刻アップします。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

カーリー・ウェブ5度目のオーストラリア女子オープン優勝

最近LPGA観戦は気が乗らないことが多かったが、先週、今週と久々に楽しみました。

男子ツァーの退屈なこと。それにむさくるしいのばかり出てきて、何だあれは?帽子から長髪がはみだしているか、ヒゲぼうぼうか、その両方か。ゴルフウェアのセンスもひどい。

オーストラリア女子オープンのライブ放送は予選のみ、週末2日はラウンドが終了して10数時間後、アメリカの翌日午後に録画放送される冷遇ぶり。オーストラリアLPGA、レディースヨーロッパツァー、アメリカLPGAの共催にもかからわらずだ。

わたしはオーストラリアツァーによるYouTubeでのライブストリームを見ていました。画像も悪く、度々画面がストップするが、競技スポーツは生で見ませんとね~。

*

いつもスイングが素晴らしいカーリー・ウェブ、今週は特に良いように見えた。2日目だと思うが、メーカブルパットを3つは外した。ピン筋に良いショットを打っても、パットが入らないと優勝出来ない。ベテランプレーヤーになると、まずパットが入らなくなる、ウェブもその年齢になってきたのかと考えてしまった。

3日目、粘って4アンダー。トータル8アンダーは優勝のチャンスを保持。トップグループと4,5打の差だが、若いプレーヤー達だからどう展開するか分からない。

4日目、実を言うと娘と夜映画に行っていたので、ライブストリームでは最後のほうしか見ていない。カーリー・ウェブが首位で欣喜雀躍。(笑)

Australianwomensopen_webb_shot_4thr

ウェブは現LPGAプロの中では一番好きなプレーヤー。わたしは“ナチュラルスイング”というものを信じないが、もしあるとしたら彼女のようなスイングを言うのじゃないか。

いつも思うが、カーリー・ウェブのスイングを繰り返し見せるビデオをあればいいのに。ゴルフはイマジネーションだ!(笑)

プレーオフになる可能性を考えて、ずっと練習しているウェブの姿が度々写る。

ウェブは長々待った。風が強かったことを差し引いても、みなプレーに好き放題時間をかける。最後の2,3組は遅いッ!

*

Australianwomensopen_webb_trophy_fe

ほとんど唯一プレーオフに持ち込む可能性があった、チェラ・リーが最終ホールをパーで終えてウェブの優勝が決まった。

オーストラリア女子オープン・リーダーボード

*

ウィキピディアでこのオープンを調べると興味深い。なぜか2回、中断があるが初回は1974年で、何と優勝者は樋口久子プロ。その翌年は名物女子プロのジョアン・カーナー。

長い中断後、近年ではアニカ・ソレンスタム、ローラ・デービス、ヤニー・センの名前が並ぶ。

ウェブは今回以前では2000年、2002年、2007年、2008年に優勝。飛び飛びに、長きに渡り優勝しているところが、ウェブの底力を思わせる。

*

最終ラウンドのハイライト。2分15秒からウェブのハイライトですが、グリーン向こうの大きなフラッグで風の強さが分かる。またグリーン、フェアウェイ、バンカー内とかなり葉っぱが落ちていますね。

オーストラリア人の英語は聞き取れなくて慣れるのにかなりかかったが、「8」eightのことを「アイト」、バーディが「ブーディ」に聞こえる。女性レポーターの声はこのオープンに優勝したことがあるジェーン・クラフター。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ボールの後ろ1cm

ひゃー、またまた大雪だそうで、っていうかああいうのは大雪とは言わないのだけど、雪は降っても積もるのは年に一度あるか無いかの地方では30cmは大雪だ。

どこも人間は同じですね。アメリカではこの冬何回かウィンターストームに襲われ、普段雪が積もることが少ない地方では家の周りの雪かきが重労働だとか、外出を取りやめただの大仰に騒ぐ。

それを聞いてカナダ人はなーにがそのぐらいでとアメリカ人を笑う。

Feb15_2014_snow_2

今回は金曜日夜降ったのですか?横浜の愚息がフェースブックにアップしていた(日本)この土曜日の画像。ガレージの上のベランダ。

Feb15_2014_snow2_3

孫(3歳)が真面目に雪かきしているビデオがあったが、転載できないので写真だけ。大人には不便が生じるが、子供は雪が大好きですよね。

都内で人が足首まで水につかって歩いているニュース映像を見た。夏の豪雨と違って、冷たいでしょー。

* 

ロス開催のノーザン・トラストオープン、石川遼は見たことがあるが、松山君はまだ見たことがないので行きたかったのですが、歯医者通いがあって断念。

初めてのコースで健闘していると思う。硬くて速いグリーンが難しいと語ったそうだが、例年なら冬は雨季だからそこそこ雨が降って、超一流のコースにしてはグリーンがバンピーな(凸凹している)年が多いが、今年は雨はまだ1日しか降っていなくて(笑)、高温乾燥が続いたから硬いのでしょう。

歯医者に行く前にちらっと見ていた中継で、松山くんのエッジからのパットが写っていた。もうちょっと曲がってカップインするかーというパットだったのにカップかすめて向こう側にかなり転がった。恐ろしや。3アンダーで予選通過。

松山英樹の好きな点は、わたしが思うに彼は「勘違い」が無い。こういうプレーヤーはメンタルミステークを犯すことが少ないのじゃないかと思う。

韓国のサン・ムン(相文)・バエ君が頑張っています。(まだ27歳だから君でもいいだろう。) たまたま日本帰国中に日本の試合で見たことがあり、好きなプレヤーです。

ノーザントラストLAオープン/リーダーボード

*           *           *

タイトルの「ボールの後ろ1cm」。

高名なコーチが言っていたように思うが、誰だったか失念したので名前は思い出したら書きます。

パットの時、ボールの後部を見るのではなく、ボールの後ろ1cmぐらいの芝を見るようにしている。打つ前も打った後も見る。

言うは易しで、打った後も見続けるのはかなりの意志力が要る。(笑)

これをやると短いパットは百発百中で・・とは言いませんが、まず外さない。

中ぐらいの距離のパットも当てはまる。

ロングパットは?

ロングパットの距離感や打つ時のコツは人それぞれと思うので、書かないでおきます。やはりボールの後ろ1cmの芝を見て打つのですが、どのぐらい見続けているかは各人のフィーリングと思う。

*

金曜日の午後歯医者で、そのあと何もしないのも勿体ないから、夕方ランチョを数ホール回って練習。

前に一人で回っていた男性が3球も4球も打って練習しているので、イライラした様子で待つのも失礼かと(爆)、わたしもミスするともう1球打ちました。

2nd

数日前に見たときより、フェアウェイははるかに青々していた。ほとんどの地点はフェアウェイウッドでもアイアンでも打てるライ。上は2番女性にパー5。最初の2ホール、スライスやらトップやらゴルフにならず。

3番パー3は、白から140Yちょっとだったので白ティーから5Wを打つ。1球目、5Wにしては超低い球筋だったがグリーン右に飛んでいく。(故意に右め狙いでラフからグリーンへ転がり落ちるのです) 2球目、どこに飛んでいったか分からず。(苦笑)

3rdgreen_tee

行ってみると2つもボールがあるじゃないの!ピン左下とピン真後ろ。画像はピンの後方から。似たような距離で、3メートル半ぐらいか。

どちらもバーディパット外した。(ー_ー||

4thtee

4番右ドッグレッグパー5からやっと当たり出した。まあしょーがないな。練習量も少ないし、体はガチガチだし。

暗くなってきて写真は撮らなかったが、次の5番上りパー4。白ティーや黄色ティーからはフェアウェイがそそり立っているが、フェアウェイのある点を越えるとかなり転がるようだ。黄色(335Y)から打ったら185ヤードぐらい行っていて嬉しかった。2打目でグリーンすぐ下まで。あいにくディボットの中。SWでターフ取って打った。(爆) ピン下2mにつけたがこれも外す。

情けない!

ここでクラブハウスのほうへテクテク引き返し、こんなことではいかんとパットの練習した。練習グリーンじゃあ『ボールの後ろ1cmを見てパットする』が出来るから入るんだ。

コースに出ると、パットを入れたがるからこれが実行できないのです。修行が足りない。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

USGAハンディキャップインデックス=JGAハンディキャップインデックス

だそうですよ。

何年か前に日本のJGAハンディキャップインデックスもコンマ幾つになったと思うが、あれは個々のゴルファーの絶対数値のハンディキャップであります。(何を偉そうに)(すみません)

日本のコースハンディキャップは実にけったいな仕組みで、所属するコースのハンディキャップが一度シングルになると少々のことでは10以上に変更にはならないとか、シングルになる時、審査会にかけられたり審査員と一緒にラウンドさせられたり。

ゴルフは西洋から入ってきたのに、どこからそんな日本のコース独自の伝統が出てきたのだろう。

アメリカのUSGAのハンディキャップインデックスは、毎ラウンドのスコアをポストしておくと半月に一度eメールで知らせてくる。日本と同じように、最新20枚のスコアのうち、良いスコア(実際はラウンドごとのインデックス)10枚を取るわけです。

このハンディキャップインデックスは絶対数値で、どこへ行ってもどこの国でプレーしてもこの数字がゴルファーの力量を測る値というわけです。

コースにより、また同じコースでも選択のティーグラウンドにより、コースに対してのゴルファーのハンディキャップは違ってきます。

同じ実力でも容易なコースに行くとコースハンディは少なくなり、難関コースに行くと多くなります。

(コースのスロープレーティングの平均が「113」ということになっています。120以下なら容易なコース、難関コースに行くと女性には135などのスロープレーティングになる。)

コースごとのハンディキャップを出すにはコースの(選択プレーティーごとの)スロープレーティングが要る。

JGAサイトによると各コースに所定の換算表があるそうです。

ここに自分のハンディキャップインデックスとコースのスロープレーティングを入れるとクリックするだけで、自分のコースハンディキャップが出てきます。

Course Handicap Calculator (1番上の自分のハンディキャップインデックス、その下にコースの選択ティーからのスロープレーティングを入れ、calculateをクリック)

(これはUSGAのハンディキャップ計算式ですが日本と全く同じで、日本のJGAハンディキャップインデックスで使えます。

ちなみにこのシステムを導入するからには、各コースのスロープレーティングがJGAにより査定されているということでしょう。

新しいJGAのハンディキャップは、世界に通用するハンディキャップです』 (JGAサイトより)

JGAの説明ページpdf

*

コースによってはスコアカードに、ゴルファーのハンディキャップによる推薦プレーティーが記載してある。素直に従いましょう。(笑)

我ながらUSGAのハンディキャップを取得していることに何の意味があるのか分からないが、OKパットしないで最後まで気を抜かずにパットする癖がついていいかなと・・・その程度です。

*

たった今発見した事実。

日本に帰国したときに回るコースをクリックしたら・・・

◆コース改修工事実施のため

1月14日~7月10日の半年間クローズさせていただきます。

え~~~~~っ、ひどいわ。ついてない。今度こそ花見の時期に回ろうと思ったのに。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

『老醜』

見ても見なくても夜になるとソチオリンピックを放送しているチャンネルをつけっぱなしにしている。テレビはPCに向かっているわたしの背中で、ときおりアナウンサーと聴衆の叫びが聞こえ、首をめぐらして何が起こったのか見る。

これがまた自分が如何に身体が硬くなっているか思い知らされる。それに角度の加減か、スキーヤーが2人に見えたりして、あれれ目がどうかしたのかと立ってテレビに正対して確認する。

いやはや年は取りたくないものだ。

*

アメリカではあまりに高いので、航空運賃を使っても歯は日本で直したほうが安くつくので帰国の往復航空券も買ったが、それまでももたず歯が痛みだした。1ヶ月も歯痛でうなっちゃあたまるまいと先週金曜日歯医者に行った。

20年前に作り直したブリッジをはずし、そのうちの1本の神経を抜いてもらった。その上にテンポラリーのブリッジ(日本では仮差し歯っていうのか・・?)をかぶせた。

翌日の歯磨きでその一部が欠け落ち・・・・また歯医者に行けねばならないことに。

ひどい。

初診でそんな大工事をすることになったもので、歯医者の椅子に4時間半も座ってましたよ!

麻酔の効きが悪くて2回も追加して注射してもらった。

ヤブか。

歯の治療は消耗する。その日の夜は声も出ないほど疲れていたのに、1日おいて昨日はエクササイズでウォーキングをし、そのあとバッグを担いで9ホール回った。あれはやめときゃよかった。

おかげで今日は体調が悪くて、ぐだぐだしていた。夕飯は作りましたが。(笑)

こうなると老醜ですね。

*

ほんと年を取るとロクなことがない。

年寄りのうちに入りませんよとか、今は健康なら長く人生を楽しめるからとか、ちょっと年下の人達は慰めに言いますが、自分と同世代か年上の人を見てるとほんと老醜だわと思う。

わたしが人を見てそう思うのだから、人がわたしを見ても同様に違いない。

人間は幾つになっても自惚れているもので、自分はあの人みたいじゃないと思うのが自然ですが、そうなのよ、あなたもわたしも老醜なのです。

きれいごとを言っても、しょせん年をとると何でも醜くなってくるのです。

上品なお婆さん、そんな幸運は1000人に一人ぐらいしか起きないのであって、999人はデブかブスかボケるか強欲か頭が悪くなるか性格が曲がるか、運が悪いとその全部になる。

*

ということで誰も好きで年取るわけじゃないが、綺麗に年を取るどころか、みな老醜になるのだ。

健康のため食事に気をつけ、適度な運動をし、ストレスをかかえないようなライフスタイル・・・にするより、暴飲暴食、遊び放題、飲み放題、えいヤケクソ、老後のお金は全部ゴルフにつぎ込んでしまおー!

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ん?飛んでない!

首都圏土曜日の大雪は週末でまだしも良かったと思うのですが。月曜日の今日、舗装したところはもう全部解けたでしょうね。

Feb8_2014_snow

愚息が土曜日夜帰宅したら玄関が雪に埋っていたので1時間かけて雪かきしたと自慢げだった(画像は横浜市の自宅、この土曜日)。アホらし。わたしの子供の頃はだねー、ほとんど毎朝毎夕雪かきしましたよ。

家の前の道路は町の雪かきラッセル車が除雪する。除雪した雪が住宅のほうにどどーんと押されて玄関先は除雪する前よりもっと雪がたまる。

これをのけないと、道路までたどりつかない。会社に行けない、学校に行けないとなる。誰がするだの、自分はしたくないだの、そんなことを言えるレベルじゃないのだ。

子供ってすごいと思う。わたしは体力、筋力ないどちらかというとひ弱な小学生・中学生だったが、雪かきで腰が痛くなったりしなかったですね。

雪かきは良い運動で、あっという間に汗をかく。だんだん脱いでしまいにセーター1枚でやる。

毎日の玄関前の雪かき以外に、1ヶ月に一度は屋根の雪下ろしをする。これをしないと木造の家がつぶれたりする。屋根に乗るのはだいたい男で、父や弟が屋根の雪を落とす(わたしも乗ったことがあるが高所恐怖症なので気分が良くなかった)。落とした後、軒下に山のようになった雪をどこかへのける。一家総出で、日曜日の半日以上かかったと思う。

わたしの住んでいた地方はまだマシだった。積雪(根雪)は1階屋の窓から外が見える程度の深さ。秋田でも場所によっては、1階の外は全部雪で2階の窓から出入りするところもあるそうだ。

高校の先輩で山奥からスキーで通学していた人がいた。(爆) カントリースキーってやつです。彼女はスキー部でもカントリースキーの選手でした。毎日がトレーニングになってたのね。(笑)

*

今日日曜日、テレビでPGAツァーのAT&Tナショナルプロアマ最終日を見ていたが、ジミー・ウォーカーが5,6打リードで彼の優勝は覆りそうになかったから退屈で見るのをやめた。ミケルソンはスイングも良かったし、ショットの結果も良かったがパットが徹底的に入ってなかった。

(帰宅してPCで最終スコアを確認してびっくり。ダスティン・ジョンソンがあと1打で追いつくところだった!しょーもない。ジミー・ウォーカーの絶好調も今週まででしょう。)

リーダーボード

*

ということで運動がてらに、先週行った9ホールのコースへまた出かけました。

先週はNFLフットボールの決勝戦、スーパーボールの日でコースは空いていたが、今日は混んでいた。男性4人と組み5サムで回る。

1番ホール、パー4。当たりは今一だったが、フェアウェイキープそこそこ飛び、セカンドは9W(これも先週と同じ)。どトップの大ミスショットがピン筋に転がり、4mぐらいのパット入れてバーディ!

今日スコアはちょっとマシだったが、何せドライバーが飛んでない。

先週と同じスイングをしているつもりなのに、何でかしらん?

まったくねー、これじゃあ元の木阿弥で飛距離は元に戻ってしまったでしょ。

先週飛んで喜んでいたのは、風のおかげで飛んだのだろうか・・。今日は先週より風は弱かったが、アゲンストではないホールで167,8ヤードってところ。この前馬鹿っ飛びしたホール、1Wと8番アイアンだったのに、今日はセカンド5Wでグリーン左手前。

がっかりだったけど、まあしょーがない。

暗くなってきたので7番ホールまででみんなやめたが、驚くことにパットしようとうつむくと蚊が足元に飛んでいた。一時の暑さから最近は平年か平年以下の気温になっていたのですが、今日18度。

テレビで風雨のうえ寒そうなのペブルビーチのゴルフを見ていたら、いくら綺麗なコースでもあそこでゴルフするより、この12ドルのコースを回っているほうがよほど楽しいと思った。

7ホールのスコアは、

バーディ、トリプル(ぷっ)、パー、ボギー、パー、ボギー、ボギー。

日本へ行くまで歯がもたず、差し歯をひっぺがし神経を抜いてまだ頬が腫れています。

飛ばなかったのはそのせいかもね。わはは

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガーの姪シェーヨン・ウッズ、女子ヨーロッパツァー初優勝

叔父タイガー・ウッズの威光はすごいものがある。Cheyenne Woods シェーヨン・ウッズは大学時代からスポンサー招待でLPGAに出場したり、プロ転向後ナイキ契約、またゴルフサイトのリポーターとして男子メジャーに派遣される等はタイガーのネームリューがなければ起こらなかったことだろう。

Cheyennewoods_collegegolf

ウェイク・フォレスト大学ゴルフ部時代の写真。カレッジゴルフでは良いプレーヤーだった。大西洋地区決勝は7打差で優勝。卒業後、フロリダの女子ミニツァーに優勝したことがある。

Cheyennewoods_kengriffeyjr_pgamerch

レポーターとしてPGAマーチャンダイズショーに来ていた野球のケン・ジェフィーJrにインタービューするシェーヨン・ウッズ(去年)。

15歳、16歳でプロツァーに優勝する今の若い子に比すと、彼女は遅伸び型なのかも知れない。現在23歳。顔は可愛いが、ツァープロとして通用するほどのゴルファーだろうかという声が少なくなかったと思う。

2012年大学を卒業、プロ転向して2年連続セカンド・クオリファイで落ち、LPGAのQスクールに進めなかった。去年女子ヨーロッパツァー(LPGAのヨーロッパ版)Qスクールに合格。

Cheyennewoods_childhood

物心ついた時からテレビで(叔父の)タイガーを見ていて、いつか自分もプロツァーに出るぞと夢みていたそうだ。

シェーヨン・ウッズの父親は、タイガーの亡くなったお父さんアール・ウッズ氏の長男。タイガーとは異母兄弟になる。(御存知タイガーはお母さんクルティダさんには一人っ子)

*

今週はオーストラリア、ゴールドコースト開催のレディース・オーストラリア・マスターズ。女子ヨーロッパツァーとオーストラリアツァーの共催。

Australianladiesmasters_cheyenne__2

シェーヨンは1ラウンド目も2ラウンド目終了時も首位タイだった。踏ん張りどころだったのが3ラウンド目。13ホールまででその日2オーバーのプレー。そこから流れを変え、最後の5ホールで4バーディを取り、71(パー73)。1打差の単独首位になった。

3ラウンド目のあとのインタビューで、「今週の自分のゴルフは大きな成果になると思う。今日までのゴルフだけで自分はハッピー。その上優勝出来たら、最高の仕上げ。」

4ラウンド目は、アマチュアのミンジー・リーが追い上げたが、シェーヨン・ウッズがバック9を3アンダーにして振り切った。2打差の優勝。

Australianladiesmasters_cheyenne_fi

「安定したプレーをした。パニックにならなかった。この優勝が今後の自分にどう繋がるか、とても楽しみにしている。」(上の画像カッコイイですね。ナイキがさっそくコバートVRのロゴを入れて使っていた。

Australianladiesmasters_cheyenne_wi

優勝直後、仲間のプロ達に水をかけられている。LPGAは寒かろうか暑かろうが水をかけるので悪名高いが、女子ヨーロッパツァーもやるとは知らなかった。

オーストラリア・レディース・マスターズ・リーダーボード

Australianladiesmasters_cheyenne_tr

アメリカでは放送がありませんでした。ハイライトのビデオが見つかり次第アップします。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ツァー情報2014年2月

夕刻(日本の金曜日午前)長女に電話したら、明日はドカ雪が降るという予報で、子供のドッジボール練習には行かないことにしたそうだ。(車で連れていかねばならない地域のチーム)

それが良いと言ったのですけどね。都会人は雪の日の運転の仕方を知らないドライバーが多いし、運転する自分も怖けりゃ、人がぶつけてきやしないとそれも怖い。

キャンセル出来る用事はキャンセルして、近所で雪遊びでもさせたほうが子供も喜ぶでしょう。

*

Kevinstadler_feb2_2014_2

先週の話ですが、PGAフェニックス・オープンに優勝したケビン・スタドラー。ここ1、2年何度か優勝のチャンスがあったが、いつも日曜日崩れたり、サンデーバック9でスコアを伸ばせなかったり、もうこの人はPGAツァーで勝つ運命にないのかと思い始めたところでしたが、嬉しい初優勝。これで今春のマスターズに出場資格が出来た。

御存知お父さんのクレッグ・スタドラーは1982年のマスターズ優勝者。近年はあんまり歳をとると、マスターズ委員会から出場はご遠慮下さいの手紙が来るそうだが、マスターズ優勝者は一生出場出来ることになっている。

スタドラーは大っぴらに、「まだ出場し続けているのは息子が出場するかも知れないからだ。ケビンが出場したら、その時が俺の最後のマスターズだ。」と言っている。

お父さんスタドラーはわたしの好きなプレーヤーでした。昔、何度も来日して日本のツァーに出場したと思う。日本のテレビで見た記憶がある。何試合に出場したか知識がないが、87年のダンロップフェニックスに優勝している。PGA13勝、ヨーロッパツァー2勝、日本ツァー1勝、チャンピョンズツァー(シニア)9勝。

彼が優勝した試合で2位になった人、プレーオフで負けた人の名前を見ると、トム・ワトソン、トム・ワイスコフ、セベ・バレステロス、レイモンド・フロイドら往年の名プロが連なる。

日本のダンロップフェニックスだけでも当時はセベ、ジョニー・ミラー、トム・ワトソン、ラリー・マイズ、ヒューバート・グリーン、スコット・シンプソン、ラリー・ネルソン、イアン・ベーカー・フィンチ、(当時)若いところでホゼ・マリア・オラザバル、フレッド・カプルス、ジェフ・スルーマンなども出場して、上位に入っていたのですから、パパスタドラーも良いプレーヤーだったのです。

Craigkevinstadler_fatherson

スタドラー父子。これはおそらく息子のケビンが20代半ばぐらいの時の「ファーザー&サン」トーナメント出場時ではないかと思う。

同じ年のマスターズに父子そろって出場は、感動でしょう。素晴らしい。ケビンは親孝行しましたね。

*               *              *

さて、タイガーの次の出場試合が発表されました。2月27日からの、ホンダ・クラシック(フロリダ州パームビーチ・ガーデン、PGAナショナル開催)。続いて翌週のWGCキャデラックチャンピョンシップ(フロリダ州マイアミ、トランプ・ナショナル・ドーラル開催)。

憶測通り、アリゾナ州開催のWGCアクセンチュア・マッチプレーは不出場。

タイガー「その週は(ガールフレンドの)リンゼイ・ボンと同行してソチオリンピックに行くつもりで空けておいた。残念ながらソチ行きはなくなったが(ボンは膝の故障で出場は無理と判断し先日ACLの出術を受けた)、家でフロリダシリーズに向けて準備する。」

*

以前の記事に書いたように、タイガーはドバイのあとインド入り。Dahi Golf Clubでエグジビションの18ホールゴルフをした。

Tigerinindia_munjai_feb4_2014_2

最初の15ホールは、インドのHERO MotorsのCEOムンジャル氏(上の画像右)らと回り、最後の3ホールはインドのプロ、シブ・カプー(下の画像、黒シャツと白ズボン)や女子プロの二コレット(下の画像のミニスカート)と回った。

Tigerinindia_feb4_2014

右隅に座っている子供2人の表情!! メンバーとその家族の招待オンリー。2000人が集まったとあります。

タイガーはバーディ10個、ボギー1つで9アンダーだったそう。ヒーローモーターのムンジャル氏は、「タイガーもコースが気に入ったようだし、(アジアツァー)インドオープンへの出場もぜひ考慮してほしい。」と大喜び。

タイガーも歓待されて、嬉しそうな表情。このたった18ホールのエグジビションゴルフで、タイガーは七桁の報酬をもらったと言われています。$2.5ミリオンと書いている報道もあった。

*

北から南まで何十日も雨が降らなかったカリフォルニア。先日お湿り程度にシャワーが降りましたが、AT&Tナショナルプロアマの試合が始まった途端大降りです。

ロスも朝に一度と、夕方にはかなりの降りで大渋滞。

ペブルビーチでは午前中雨で中断。アマチュアも出場するので必然的にプレーペースは遅いが、フィールドの3分の1近くが1ラウンドを終了出来ず。

天気予報によると毎日雨のマーク。アマチュア出場者にはお気の毒さまです。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

可哀相すぎる日本のサラリーマン

来月早々にロスを発つ日本帰国のチケットを買った。長女に、(婿へ)「またゴルフボール買っていきましょうかって聞いてみて。」

娘「『有り難いけどまだ(前もらったボールを)消化してないのでどちらでもいいです。』だって。仕事が忙しすぎてゴルフに行けてないのよ。」

去年は3月の下旬に帰国、せっかくなら使ってもらうお土産が良いとタイトリストのProV1をダース箱で買っていったのです。それはそれは喜んでくれました。

1年経ってまだ使い終わってないって・・・。

去年うちの愚息と1回ラウンドしたのは知っているが、まさかそれ切りとか??

ボールは腐るものじゃないしとも思ったが、クローゼットに入れっぱなしで使わないと飛ばなくなるので(笑)、今回は買わないことにした。

可哀相すぎる。

サラリーマンだから、ゴルフにつぎ込める小遣いは限られているでしょうけど、それにしても月イチラウンドぐらいは可能と思うが。

愚息は春先花粉が多い時季はゴルフしないし、これも年数回行くか行かないかだろう。

仕事が忙しいと、ラウンドが少ないのみならず練習もゴルフスクールも行けずでしょ。

これじゃあねー、いつまでも百叩きしてるはずだと思う(←愚息の話)。この前彼がロスに遊びに来たとき、夜一度一緒に練習に行った。あまりのスイングの崩れに唖然とした。見ていられなくて、基本中の基本を1つ、2つ注意したら終わりにはかなり当たるようになって、長年レッスンを取ってきたお陰で、わたしも人に教えられるようになったかと自惚れた。(ジョークですよ!)

あれでコースに出たらゴルフになるまいと内心思ったが、この前は(千葉)オークビレッジに行って大叩きしたらしい。近年改造して以前より容易になったとどこかで読んだけど、いずれあれはタフなコースですよ。

*

そのボールの話ですが、昨夕パットの練習だけ近所のコースへ行って、クリスマスプレゼントにもらったボールが1スリーブ残っていたのでそれを持参した。(娘がコースで6個失くして消化)(爆)

Srixonsoftfeelladygolfballs_2

スリクソンのレディースですが、わたしには打感が硬くて諦めたもの。

パットぐらい大丈夫だろうと思ったけれど、パットもダメでした。短いパットでもコツンコツン打ってしまい左に右に外す。

Titleistdtsolo2014

自信を失くす前に止めねばと、車にいつものボール(タイトリストDTsolo)を取りに戻りました。それでパットすると短いのは全部入るし、中ぐらいも長いのも、順調でした。

打感が硬くても入らないはずはないと思うが、パットはメンタルの証。

まだ使ってないが昨日このボールの2014年ラインを買った。歴代のDTsoloの中でも最も柔らかいそうで楽しみ~~~。

各メーカー、良いボールを作るようになったと思うけど、こんなディスタンスボールでもやはりタイトリストが良いのだなぁと感じる。(市場価格$20)

*

先日は18度だったかと思うと、直後から日本全国冷えているらしいですね。立春っていうけど、わたしの経験によると日本では2月1週から10日ぐらいが気温は一番下がると思う。九州福岡でもそうだったし、秋田や東京でもそうだった。

今は冷たい水で茶碗洗うじゃなし、雪が降りこんでくる部屋で寝るわけじゃないので寒いったって昔とは違うのだけど、そこはそれ人間楽してしまうと元に戻れませんね。

↑わたしの子供の頃はそれが当たり前でした。(秋田では)教室の前のほうに1個薪ストーブがあっても後ろや端は無きに等しい。建てつけが悪い古い校舎では窓の隙間から雪が降りこむのです。それで学校が終わったら向かい風の吹雪の中、歩いて帰るのですよ。皮の手提げカバン持って。英語や古語、漢和辞典も入ってるから重い重い。(戦後生まれです、念のため)ははは

原発なんかなくてもやっていけるってば。

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

飛んだじゃないのよ!

確か1ヶ月半ぐらい雨が降ってなかったと思うが、昨日日曜日の夕方から深夜にかけて雨が降る予報だった。雨が降っちゃあエクササイズのウォーキングも出来ないし、ゴルフの練習も出来ない。(青空打席だけなので)

ということで、アメリカ人狂騒のスーパーボールの日曜日午後、空いているだろうと近所のコースにいった。

なんと駐車場ほぼ満杯。コースを見ると人がいっぱい。1番ホールには初心者の男が初心者のガールフレンドに教えている按配で早くも気が遠くなる。(笑)

行き先を変更して別なコースへ。9ホールのエグゼクティブコース。実を言うとここのクラブのメンバーなんだけど、1年に一度も来ない。(笑) USGAハンディキャップ取得のために入りました。今はレディースクラブやメンズクラブに所属しなくても、年間ある額を払うだけでハンディキャップ取得の便宜を図ってくれるコースも結構あります。コースサイトにいくと、表記してあったりする。

*

道路からコースが見えてきてフェアウェイの緑の綺麗さに唖然とした。

旱魃でどのコースに行っても芝は枯葉色、ところどころハゲ地点もあり、ラフには草もなく、よほどお金をかけているプライベートコースは違うだろうが、あとはどこも同様のコースコンディションかと思ったらこれはどーよ!

ロス市営だから予算が厳しいのは同じはず。それともよそがサボってるのか。

友達同士の若い男性2人と、一人で来ていた中年男性と回った。

1st

1番パー4、グリーンまでフェアウェイがずーっと緑じゃないの。ところどころ枯葉色の地点があるけど。(画像、右方向がティーグラウンド。グリーン左ラフの下が荒れていますが、それは1年を通じて。)

赤い旗がはためいています。このコースは海に近く、海に向かっていくホールは風がアゲンスト。

イエローティーから2308Y女性にパー34のコースなので、スコアは省略(笑)

飛んだ、飛ばないという表現はゴルファーによりその距離が大きく違うので、断わるまでもなく自分のしょぼい飛距離の範囲内ですが、この日は飛んだのです!

4th

4番268Y。このホールは海に背を向ける。内陸に向かうわけでホールは上り傾斜になり、風はフォローになる。残りを9番アイアンで打ったから、180Yぐらい飛んでたと思う。(飛距離がある女性は、「180Yしか飛んでませんでした」と言うのだろうけど、放っといてくれ。)

次の長いパー3は省略しまして。白ティーとほとんど変わらない172Yで風アゲンスト、右半分はバンカーが口をあけ、開口部が狭く、ひどい目にあった。(爆)

6th

6番397Y(女性にパー5)。前のパー3でドライバーがスライスしたので、このティーグラウンドで前が空くまでストレッチしたり、スイングの型を復習したりしていた。ドライバー打った瞬間、馬鹿っ飛びする気がした。万が一にも前の2サムに当たらないよう、充分前に行ってから打ったけど、足元に届くかとヒヤヒヤした。ここは190Y以上行ってたと思います。

最後にギャップウェッジをダフり、ボギーにした。(笑)

7th_flag

7番332Y。このドライバー(キャラウェイHotXレディース10.5度)を買って初めて芯で打った。いや芯かどうか知らないが、真ん中で打った気がした。ああいう感触は初めて。これがベストショットだったが、ボールまで歩いてみると前の6番ホールのほうが長かったと思う。185Yちょっとかな。

飛距離が落ちる一方で何とか歯止めをと、ドライバーを買い換えたが、最近では当たったときでも167か168ヤードぐらい。それも1日に1度か2度であとは150Y155Yがざらでした。

これじゃあどのコース回っても苦しくて。風がフォローだった分を差し引いても良い当たりをすれば飛ぶことがわかって嬉しい。

9th

9番337Y。このホールのフェアウェイが道路から見えて綺麗だなと思った。後ろ姿の男性。彼は背も高く飛距離がある。短いパー4は前の組がグリーン上に行くまで待っていた。同伴者全員プレーが早くゴルフエチケットも良くてラッキーでした。

An_4th_flag

比較として、この写真は元旦に回ったニクラウスデザインのコース、5番ホール。冬季割引なのかこのコースのいつものグリーンフィーより安かったが、それでも$100も払ってこのコンディション!

予報通り雨は降りましたが、おしめりにもならなかった雨量。しかしここ数日は太平洋からの風で湿度が高く、気温も低いのでコースのためには良いと思う。

*

アイアンがどうもこうもならず、9番アイアンはティーアップしてさえ大ミスショットだった。わたしもゴルフでは次々努力事項が出てきて退屈しない。(苦笑)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

オメガ・ドバイデザートクラシック4日目

日本からアメリカのトーナメントをライブで見るのはきついと言いますが、わたしは暇人だから良いとしてもアメリカから中近東のトーナメントを見るのも楽じゃない。ドバイはロスより12時間早い。

4ラウンド目のタイガーは9:53のスタートだったので最後の数ホールはテレビに写ると思ったのだが、ヨーロッパツァーはそんな甘いことはしない。(笑) タイガーとて下位でテレビに流す価値もないようなゴルフをしていると写してもらえないのだ。最終ホールを僅かに写したのみ。

例によってゴルフチャンネルのタイガー・トラッカーのツイッターを追う。

ざっと書いておきましょう。タイガーは5アンダースタート。

1番パー4。ティーショット、1Wはフェアウェイへ。2打目、ピンへ15フィート(4.5m)。もちろん逃す。今週は中ぐらいの距離のパットも入れてない。

2番短いパー4。1Wで良いティーショット。2打目がグリーンをオーバー。パーセーブ。

3番パー5。ティーショットは右ラフへ。「2日続けて、このパー5をワヤにした」とタイガー・トラッカー氏もおかんむり。パー。

4番パー3。ティーショットがまたしても大きすぎた・・・そうだ。パー。

5番パー4。ティーショットはフェアウェイキープ。2打目はグリーンオン。20フィート(6m)のパットはローサイド。パー。

6番パー4。ティーショットはファーストカットラフ。2打目はグリーンに乗ったがピンに50フィートもショート。2パットパー。

タイガー・トラッカーのツイートする間隔が長くなる。盛り上がるタネもなく、うんざりなのだろうと想像する。(笑)

7番パー3。良いティーショットでピンへ13フィート(3.9m)。パットは一転がりショート。「ショットは良いが、パットがしょうもない」

Omegadubai_sun_8th_tigerpablo

8番パー4。“Smoking drive”(ドライバー大当たり)。(2打目はグリーンを逃したらしい)ひどいチップで5フィートのパーパット外す。4アンダーへ。

(画像はタイガー・トラッカー氏が撮ったもの。8番のティーショットを打ってフェアウェイに向かうタイガー、左から2番目。一番左は同伴者のパブロ・ララザバルじゃないかと思う。オレンジシャツの大男は今週のタイガー警備係り。)

9番パー4。このホールでは初めてグリーンにパーオン。2パットパー。

フロント9、フェアウェイキープが7ホールのうち6箇所、グリーンパーオンが6ホール、16パット(←ツァープロがハーフ16パットはものすごく悪い)。

10番パー5。ティーグラウンドで長く待つことが多くなったそう。1Wのティーショットはフェアウェイへ。“He splits fairway with drive and rifles iron to 30 feet”(表現が詩のようだ。「ドライバーでフェアウェイを裂き、30フィートへアイアンを撃ちはなつ」ってとこか。)

イーグルパットはカップにはじかれ、バーディ。-5へ。

11番パー3。ティーショットを14フィート(4.2m)へ。パットはかすりもせず。パー。

12番パー4。フェアウェイを右に逃すが2パットパー。

この頃夜中の0時半。スカイスポーツは放送を始めるが、トーナメントの歴史やドバイの街の急激な発展ぶりなどを紹介。ドバイ訪問者はヨーロッパ人が多かったためゴルフをしたがる。何もない砂の上で、人が練習場のマットを敷いてボールを打っているシーンや、砂の上でパットするシーンが写る。涙ぐましい。(わたしだってするだろう)

13番パー5。2打目が池に入ったが、パーセーブ。

0時45分から最終組のマックロイとギャラカーのティーオフから写すが、依然としてタイガーは写らない。

14番パー4。ティーショットが右ラフ。ボギー。4アンダーへ。

15番パー3。ティーショットがバンカーへ。パーパットがカップにはじかれボギー。3アンダー。

16番パー4。2打目を7フィートへ(2.1m)。バーディ。4アンダーへ。

17番短いパー4、325Y。ここはホールインワン(ダブルイーグル)を出すと賞金$2.5ミリオンがもらえる。タイガー、1Wのティーショットはグリーン左のパームツリーをかすって落ちる。SWで3フィートにつけバーディ。5アンダーへ。

18番パー5。1Wでナイスドライブ。2打目で初めてタイガーがテレビに写る(2日間で初めてですよ)。フェアウェイウッドでグリーンに打ち、グリーン深いところに止る。ピンは右フロントで50フィートから2パットバーディ。6アンダーへ。

71。トータル6アンダー。

同組のララザバルは18番で池ポチャしたのではないかと思うが、ダボでタイガーと同スコアになる。終わって握手しているとき、タイガーもララザバルも大きな笑顔。おそらく気が合って楽しく回るだろうと思っていたが、その通りだったもよう。

ララザバル、自分のツイッターで土曜日に「ワールドNo1のタイガー・ウッズと同組になる。デザート・スイング(ヨーロッパツァー中近東シリーズのこと)のナイスな終わり方になるだろう。」

日曜日のラウンドが終わって「今日はナイスな1日だった。タイガーと一緒に回るのはほんとに楽しかった。彼はゴルファーとして以上に、良い人だ。」

若いプレーヤーにとってはタイガーは子供の頃から憧れのゴルファーだったわけで、またその記録から雲の上の存在だろう。同組で回ってみて、意外ときさくで会話も楽しいタイガーを発見して驚くようですね。若いプロが初めてタイガーと回ると似たような感概を表す。

*

タイガーがホールアウトした後、ほどなく目も開けていられなくなり(笑)、最終組マックロイとギャラカーが6ホール終了あたりで寝てしまった。

マックロイはギャラカーに2打差後ろでスタート。大して良いプレーはしていなかった。ギャラカーのほうは、この試合で去年勝っているのに、プレッシャーからか昨日までのゴルフとは全く違うショットで、ボギーを重ねる。

しかし、その頃、アメリカ人のブルックス・ケプカ、デンマークのトービヨン・オールセンなどもほんの1,2ホール先をプレーしていたので、まだまだ誰が来るかわからない、マックロイが勝つと決まったものでもないと思っていました。

Omegadubai_gallacher_18th_winningmo

朝PCを開けてびっくり。ギャラカーがフロント9で3オーバーにしたにもかかわらず、バック9は4バーディ。既にアルゼンチンのエミリアーノ・グリロが15アンダーでホールアウトしていたので、パー上がり16アンダーで終わらねばならぬところ、見事パーパットを入れて2年連続優勝。

Omegadubai_sun_gallacherson

今週初日と2日目、タイガーやマックロイと同組になってテレビにたくさん写るまで彼のことはまったく知らなかったが、飛距離もあるし、ウェッジやショートアイアンをピンに打ってくることすごかった。

マックロイもティーショットの不安定さが、最終日はついにスコアに反映してオーバーパーを叩いた。しかし去年の悪い頃に比べてスイングは好調時に戻っていますね。彼の次の試合は、2月19日からのWGCアクセンチュアー・マッチプレーだそう。

ミケルソンとアダム・スコットは既にマッチプレーには不出場を表明しています。タイガーも出ないだろうと言われているが、公式発表はまだありません。

ドバイデザートクラシック・リーダーボード

*

ついでに書いて何だけれど、ケビン・スタドラーが悲願のPGA初優勝。「悲願」はわたしが勝手につけただけど、優勝後の記者会見をみても悲願だったような雰囲気はない。(笑) 勝つチャンスを何度もフイにしてきたが、そろそろ勝っていい人だったと思う。わたしはお父さんのクレッグ・スタドラーのファンでした。昔何回も日本に来ていたと思います。

松山英樹、ついこの前まで故障で出場を見合わせたり、成績が奮わなかったりだったのに、早くも好プレーでした。

スイングもパットも良い。ちらっとしか見ていないが(この試合は酔っ払いの学生や若い人がギャラリーに多く騒々しいからあまり見ない)、早いグリーンで最終日はパットが慎重すぎて、スピードが足りずにローサイドの切れることが多かったように思う。

最終日も入れにいって、それが入る日に優勝するのでしょうね。

WM・フェニックスオープン・リーダーボード

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2014スーパーボール・ハーフタイムショー/ブルーノ・マーズ

ブルーノ・マーズは好きなエンターテイナーですが、今日開催のNFLチャンピョンシップ、スーパーボールのハーフタイムショーでパーフォーマンス。

さっそくYouTubeに出ていたので削除されないうちにアップしておきます。なお、オメガ・ドバイデザートクラシック最終日については後ほどアップします。

11分ぐらいに出てくるのは海外に派遣されているアメリカ軍が家で見ている家族や妻にメッセージを言っているところです。

こういうのを見るとすぐ胸につまる。

*

オメガ・ドバイデザートクラシック2日目3日目終了

2ラウンド目、タイガー組のプレーは最初から最後まで見ました。終わったのが朝5時過ぎだったかな。(昨日)11時まで寝坊したが、その日の晩が持たなかった。(笑)

Omegadubai_fri

いやはやタイガーファンでいるのも楽じゃない。徹夜して見て、オーバーパーの73はむっとした。本人はもっとむっとしていると思うが。1ラウンド目は特にティーショットがひどく、しかしショートゲームとパットで68にした。2ラウンド目はショットは依然として悪く、ショートゲームで拾えず、とうとうオーバーパーにしたという印象。

タイガーの自分のプレーの表現が超おもしろい。ツァープロ間で使う用語や、どうもタイガーが発明したらしい言葉もあります。

“I've been hitting hot pulls and every one of those things has some serious heat to it which is nice but I just need to get it online. I would rather hit the hot pull than the big flame-out, crop duster to the right.”(2ラウンド後のインタビュー)

この日、タイガーのティーショットが左のウェイストエリア(デザート/砂漠とテレビは呼ぶから可笑しい)に行ったのをカメラがずっと追っているホールがあったが、フックするのではなくボールはストレートに左に飛んでいた。これをタイガーは“hot pull”と名づけている。(笑)

(中略) 大きく曲がって右に行くショットより(左へ真っ直ぐの)“hot pull”を打つほうが良い。

高いスライスのことを、名づけて、crop duster農薬の空中散布)(爆)

ちなみにガールフレンドのリンゼイ・ボンによるとタイガーはすごくおもしく、笑わせることばかり言うそうだ。

またわたしの疑い通り、オフには練習をしていなかったのを認めるコメントも。

“I took a long break there and didn't really do anything much. Just trying to get my body organized and that part has materialised and that's nice. Now just need to get the game to come around. ”

長い休みを取ってその間、大して何もしてない。ただ身体を調整するよう努めて、元に戻したからそれは良かった。(大胆に意訳しましたが、肉体をオーガナイズするとは知らなかった・・・笑)

去年後半は腰痛をだましだましプレーしたとわたしは見ています。

ということで2ラウンド目はテレビ中継があったので、プレーのレポートは省略。

*               *

3ラウンド目は現地8:50amという早いスタートで、アメリカの放送枠やイギリスのスカイスポーツ局の放送枠を調べても早い時刻の中継はなかったのです。テレビ中継がなければインターネットのライブストリームで流れることもないわけです。

泣く泣く(笑)、現地からのレポートではおそらく一番速くて確かな、ゴルフチャンネルが派遣している“Tiger Tracker”に頼ることにした。これはタイガーが出場するどの試合にも、一人がロープ内に入り、毎ショット毎パット、ツイッターで伝えます。誰がやっているかは公表しない。

タイガー・トラッカー担当は今まで同じ人ばかりではなかったと思うが、最近の人は上手いです。元プレーヤーじゃないかと思う。ショットやスイングの描写の仕方が、プロと思わせる。ゴルフチャンネルは元プレーヤー、短いPGA歴で大した戦績のない人、主には下部ツアーでプレーしていた人などをかなり雇っている。

3ラウンド目の各ホール、簡単にプレーbyプレーを書いておきます。タイガーは3アンダーでスタート。

1番パー4。1Wのティーショットは右ラフ。2打目バンカーへ。3打目バンカーショットがグリーンオーバー。グリーン奥からチップインパー。

2番短いパー4(訂正)。1Wがフロントバンカー、ショットは良かった(タイガー・トラッカー曰く)。バンカーからピンへ12フィート(3.6m)、2パットパー。

Omegadubai_sat_3rd_rightdesert

3番パー5。1Wはフェアウェイセンターへ。2打目右砂地。4打目のチップは大きすぎでボギー。2アンダーへ。

4番パー3。ティーショットが大きすぎバンカーへ。寄せワンパー。

Omegadubai_sat_5thtee

5番パー4。1Wが左ラフ。フェードで良いショット打ったが、フェードしきれず。2打目ちょっと後ろを打ったかグリーンへショート。寄せワンパー。

6番パー4。1W、良い当たりでフェアウェイセンター。2打目、ピンへ5フィート(1.5m)。バーディ、3アンダーへ。

7番パー3。バーディパットはカップかする。パー。

Omegadubai_sat_8thfairway

8番459Y。ティーショットは弾丸フェード(bullet fadeとタイガー・トラッカー氏)でフェアウェイセンター。2打目、少しフェード(baby fade)で、バーディ。4アンダーへ。

9番パー4。フェアウェイウッドのティーショットは右ラフ。2打目大きすぎ。3打目のチップはカップを15フィート越す(4.5m)。2パットボギー。3アンダーへ。

フロント9、35(パー35)。

*

10番パー5。1Wは右砂漠。2打目、フロントバンカー。バンカーから5フィート(1.5m)につけてバーディ。4アンダーへ。

11番パー3。グリーンセンターへオン、2パットパー。

12番パー4。1Wは良いフェードだったが左ラフ。2打目は5フィートへ、バーディ。5アンダーへ。

13番パー5。フェアウェイウッドでのティーショットはフェアウェイセンターへ。2打目、バンカーへ。番手1つ短かったのかもしれないとタイガー・トラッカー氏。バーディパットは曲がらないままで2パットパー。

14番パー4。フェアウェイウッドでのティーショットはフェアウェイを通り越した。2打目低い弾丸ショットでグリーンに蹴あがる。2パットパー。

15番パー3。ティーショットは少し(スイングが)深くなった。しかしグリーンオン。2パットパー。

16番パー4。横風の中、良いティーショットだったが短いラフへ。2打目、風に少し流されグリーンオン。2パットパー。

17番短いパー4。ティーグラウンド詰まっていた。タイガーと同組のミッコ・イローネン(フィンランド)がロングヒッターで有名なアルバーロ・クイロスに「レイアップする?」と聞く。クイロス「あーするとも。」(冗談だろの意)

タイガーは1Wで大きな当たりだったがグリーンへ少しショート(前の日はピンハイ左砂漠だった)。チップを5フィートへ。この1.5mのバーディパットを外したぁー!!

「4」のスコアに、わたしはヨーロッパツァーのライブリーダーボードが間違いかと思った。(タイガー・トラッカーのツイッターが17番の結果をツイートしなかったのは彼も怒っていたのだろう。(笑)

Omegadubai_sat_17th_driveablepar4

17番ティーグラウンドで座って待つタイガー。背中上部の大きいことハンパじゃない。

18番パー5。ドライバーは大きな当たり(タイガーも怒っていたに違いない)、フェアウェイへ。セカンドはグリーンオン、ピンまで25フィート(7.5m)。イーグルパットは6フィート超える。この6フィートも外してパーで終わる。

70、トータル5アンダー。フェアウェイヒット7/14、グリーンヒット13/18、29パット。

ラウンド後のインタビューで、「今日はたくさんチャンスを無駄にした」とタイガー。

ほんと、こういう終わり方は後味が悪い。

(昨日は中継が始まってほどなく寝てしまったのでトップグループのプレーは数ホールしか見ていません。)

*

タイガーは37位タイ、最終ラウンドスタートは9:53。スペインのパブロ・ララザバルと。このヨーロッパツァー中近東シリーズの第1弾アブ・ダビHSBCチャンピョンシップで優勝している。童顔の30歳。

まだ中継時間を調べてないが、このスタート時間なら最後の数ホールは写るのではないかと思う。

またタイガーはここから火曜日にインドに出発。友達のインド出身プロ、アルジャン・アトワル(タイガーがオーランドに住んでいた頃、アイルワースGCでしょっちゅう練習ラウンドを共にしていた人)が、長いことぜひインドに来てくれと言っていたらしいが、オーランド開催のイベント、タビス・カップでタイガーと会ったインド自動車会社HERO MotorのCEOと18ホール一緒に回るそうです。すごいですね。イベントではなく外部の人を入れないプライベートラウンドだそうだ。

回るコースはインドオープン開催コース。

オメガ・ドバイデザートクラシック・リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ