« 2014年新春第1弾ニクラウスコースその1 | トップページ | ミドルアイアンが打てなくちゃ »

2014年1ラウンド目ニクラウスデザインコースその2

昨日帰宅直後は、どのホールも似たようなホールで思い出すかしら?と危ぶんだが、画像を見たらほとんど全ホール覚えていたので、それも良いコースという証拠でしょう。

最近日本でも同じシステムを導入しているコースがあるらしいですね。7番ホールに行ったときカートのGPS画面にランチ注文が出てきて、フロント9を上がったあとスナックショップで食べ物を受け取る。ロスでは前が詰まっていない限り誰もランチ休憩しないので、プレーしながら食べることになる。わたしが注文した山盛り様ハムサンドウィッチはちょっと難しかった。

ではバック9のホールとプレー。フロント9も各ホールの画像をアップしているので良かったら一つ前の記事をどうぞ。なお画像はクリックすると拡大します。

*

An_10th_ball_2

10番299Y(白390Y)。ここもフェアウェイが上って下ってでブラインドティーショット。1W◎、息子さんが「グッドショット!」と言ってくれたのでフェアウェイキープだろうと想像する。結果的にフェアウェイ左めでグリーンを狙いやすくて良かった。ほとんどのピンがこのホールのようにバンカーの後ろ、いつもこんなピンポジションなのかしらね。聞けば良かった。8番アイアン◎。

下りファーストパットで、慎重に距離を考え、途中で止るかと思うほどとろとろとろとろいつまでも転がりカップ横でパー。恐ろしい速さだ。

An_11th_ball

11番202Y(白271Y)。1W×、体が泳いでとんでもないスイングだったのに、乾燥したフェアウェイでここまで転がっていた。冬場は例年こうなのか、去年の記録破りの雨の少なさゆえか、フェアウェイは枯れ芝、乗用カートで踏まれ硬くてフェアエイウッドが打ちにくかった。

セカンド、SWが大きすぎた。ファーストパットは3mも通り過ぎ、返しを入れてパー。心臓に悪い。

An_12th_flag

12番100Y(白109Y)。画像は打ち終わってティーグラウンドからグリーンに向かう途中で撮った。ティーグラウンドから見るとパー4のフェアウェイのようでグリーンに見えない。どう見ても上っているので5番アイアンで打ったら大きすぎ、長いひょうたん型グリーンの奥ラフにこぼれていた。6番Iでピンハイ、7番Iでピン下だったろう。ボギー。

An_13th_fairwaybunker

13番399Yパー5(白448Y)。ここもブラインドショット。前方に見えるポットバンカーの右も左もフェアウェイのようだが、左のほうが安全だろうという第六感で(笑)、バンカーの左を狙う。1W◎、バンカー左の土手を転がり上った。(冷や汗) セカンド5W△、アプローチは52度◎、3パットボギー。(泣)

An_14th

14番106Y(白151Y)。男性陣は二人とも良いティーショットでピン周辺へ。レディースティーからは右のこぶが結構プレッシャーになる。

An_14th_3balls

同グリーンのクローズアップ。7番アイアン◎。(ピン下、遠いのがわたしのボール) めでたくファーストパットは上りにつけたのに今度は大ショート。2m半ぐらいを入れてパー。やれやれ。

An_15th_flag

15番322Y(白394Y)。1W◎、5W〇、アプローチ約40YSW◎、2パットボギー。飛距離がないのも良いことかも知れないと思った。グリーンが硬くて速いのに、こんなピン、SWかギャップウェッジじゃないと打てませんよ。

An_16th_ballflag

16番425Y(白493Y)。1W×、右ラフへ。疲れてきたのかここからティーショットで姿勢を維持出来なくなる。セカンド5W☆(本一快心)、残り115Y左足下がり、グリーンは砲台でバンカー群が囲んでいる。9Wで右寄りのバンカーへ。これは作戦が悪かった。刻むか右に逃げてチップショット打つほうが利口だと思う。ボギー。

An_17th_flag

17番248Y(白344Y)。GPSのイラストによるとドライバーではフェアウェイを突き抜けると思ったので3Wでティーショットしたら、スライス。( ̄□ ̄||

ボールはころころと無情にも右へ右へと転がる。このフェアウェイバンカーの先のほうへ入った。お父さんは同じバンカーの手前のほう。フラットなライだったので厚かましく9W。ショットは×だったがフェアウェイを転がっていた。SW〇、長いセカンドパット入れてボギー。

An_18th_ballflag

18番266Y(白363Y)。1W×、目の前の右フェアウェイバンカーへ。(情けないッ!) 8番アイアン×、7番アイアン〇。

赤丸がわたしのボール。ところが乗用カートはここに入れず、右のカート道に止めなければならない。したがってGPSでの距離表示もずっと右のカート道からピンまでになる。8番アイアン1本持参したわたしは、あちゃーっと思った。PWで充分な距離。仕方なし8番Iを短く持ってハーフショットしようと企んだら、中途半端なスイングになってグリーン右寄りにランド。右にころころでピンハイ右ラフ。

ホリデーにツァーで来るゴルファーや、レクレーションナルゴルファーが多いだろうに、このピン!? うんと奥で池寄りでした。

わたしは池に向かってのピッチショット。トップしたら一巻の終わり・・・って初心者みたいな心配してもねぇ。(爆)

集中力ふりしぼってベタピンにつけ、ダブルボギー。

バック9はレディースから2367Y、スコア43。

おかしいな、後半のほうが自分として良いゴルフしたように感じたが、1打差は前半でバーディがあったからでしょう。

4899Y、トータル85。パットは数えたくないがたぶん36。(恥)

*

コースまで約50km。元旦で朝は特に交通量が少なく、久しぶり130km/hぐらい飛ばした。往路30分弱、復路31分。

父子に聞くと、金曜日土曜日はコースが混むが日曜日はそうでもないそうだ。平日はゴルファーが少ないらしい。

グリーンフィーは高くてもわたしがプレーするなら日曜日だろう。平日、行きはよいよいで帰りは1時間かかるのじゃないか。

画像で見ても分かるように山がすぐそこのコース。夏は灼熱でしばしば山火事が起こる地域。冬は冷え込み、朝方は零下にも下がる。

2013年は記録破りの雨量の少なさのせいか、あるいは冬はいつもあんなものなのか、高級パブリックコースにしてはフェアウェイの状態が悪かったのが驚きでした。

ラフは無いに等しいぐらい短い。いつもそうなのかしら。

このコース、どこが所有しているのだろうか。日本人が多いとは聞いていたが、フロントに2人日本人従業員。回っているのも日本人が多いように思った。わたしのちょっとあとに日本人が2グループ来ていたが、日本からのお正月休みゴルファーかな。

石川遼がアメリカでプレーし始めたころ、ロス入りしてここで練習をしていたそうだけど、今はたぶんメンバーコースを持っているだろうから来ないかも知れない。

ゴルフ中継で言っていたが、遼くんはアメリカのウェストコース、イーストコーストとフロリダの3箇所にうちがあるのだそうですよ。

古いタイプのコースが好きなわたしには、ここは好みじゃないが、グリーンが腹立たしいのでまた行ってみたいと思う。(笑)

コースサイトはこちら

*

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2014年新春第1弾ニクラウスコースその1 | トップページ | ミドルアイアンが打てなくちゃ »

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

>メリーさん
新年あけましておめでとうございます。
元旦からラウンドとは素晴らしい、日本では元旦に開いているコースは無いかも?
あっても少ないです。
コースの写真を拝見すると・・緑色♪
平坦に見えますね~ラフが浅いのは嬉しいかも・・・
速いグリーンの上からのパット♪スリル満点ですね(笑)
OUT42+IN43=85、バーディ在り♪
今年の初打ちとしては、好かったのでは??

>Bogey-Donさん

今年もよろしくお付き合い下さい。
わたしが日本でゴルフしている頃は元旦はどこも休業で、
ある年正月2日にラウンドしましたが地面が凍っていてウェッジが跳ね返されました。

ここは短い距離からのティーでもコースがタフですから、自分には80台なら良いスコアだと思います。
しかしパットが口惜しくて口惜しくてですねー。
これから板の間でパットの練習しようかと思いました。(笑)
またグリーンのリベンジに行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年新春第1弾ニクラウスコースその1 | トップページ | ミドルアイアンが打てなくちゃ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ