« ついにラウンドレッスン | トップページ | 暑い12月 »

パター抜きのトワイライト@ランチョ

さっきまでアジアツアーのタイランド・オープン2日目の中継を見ていました。

遼くん、ホールが進むにつれ、スイングもテンポも良くなり、今日5アンダーのゴルフをしていたが、最終ホールでセカンドがグリーンに届かず、短いパーパットを外してボギー上がり。

飛距離を出すために長いドライバーに変えたと聞いたが、今日は飛んでいるようだった。今週は臨時のキャディーでいつもの人とは違うと解説者。いつものキャディーは、「リョーはホームで練習するとき1日8時間パットの練習をしている」と言っていたそうだ。誇張が入っているとしても、相当時間を割いているということでしょう。

彼もストロークが悪い時はすぐ分かる。テンポが早くなって、ジャブしたようなパットする。

*

今日はまたしても同じパターンで、ランチョにパットの練習に行ったが、芝が高く重いのでこんなグリーンで練習してもしょうがないと、トワイライトでコースに出ることにした。

小さい練習バッグに、カートバッグからクラブを移す。1W・5W・9W、8番アイアン、PW、ギャップウェッジ、SW。

1番、ドライバーのティーショットから、この前のラウンドレッスンで注意されたことを忘れ、トウ寄りすっぽ抜け風味。ボールに当たる前にソールで地面もかすった。

(★ダウンスイングで太ももの前に来るまでコックをほどかない・・という注意)

セカンド、5Wもわけわからん低空飛行で、しかしフェアウェイが乾いているので花道まで転がる。

空いていたので、ティーグラウンドに居たお兄ちゃんに先に一人で行ってもらった。飛ばしそうに見えたし背が高く、歩きじゃあついて行くのはきついと思ったので。

わたしがセカンドを打って歩いているとき、突如そのお兄ちゃんが次の2番ティーグラウンド下方のラフから出てきて、花道のわたしのボールを拾い、じーっと見て自分のゴルフバッグに入れた。

(-_-+)

自分のではないと分かって、戻してくれるかと思ったのに。

わたしのボールマークは派手です。

タイトリストDTsoloの、Titliestの文字を囲んで大きなハート型を赤で描いてある。反対側には、使い始めた月と年を入れてある。11月ならNOV 2013というふうに。

これでとるのは確信犯でしょ?(笑)

フェアウェイが上りで早く歩けないので遠くから声をかける。「それあなたのボール?わたしのだと思うんだけど。タイトリストのDT soloよ。」

彼は他にボールがないか付近を見回したあとgawk、バッグのポケットからボールを取り出し、もう一度見て、何も言わず放り投げた。

わたし、花道のボールをじーっと見下ろす。

あっけにとられたというか、何も言わないとはどういうのだろ。

それにわたしのボールが元々あった地点と違うでしょ。うーんと考えて、60cmばかり左に動かす。

お兄ちゃんはさっさとパットしてグリーンを去った。

わたし、SWでピンハイ右、7、8フィートへ。

下りパットだけど、こうグリーンが重くっちゃ、どのぐらい曲がりを読んだらいいんだろ?・・・・と考えながらバッグからパターを出そうとしたらパターが無い!

とてもてくてくクラブハウスまで戻り、駐車場へ行ってパターを取ってくる気がしないので何とか間に合わせることにする。

SWの下のエッジを使ってパットしたが、ぐにゃりと曲がるわ、カップ下40cmぐらい転がってしまうわでとんでもなかった。

*

2番女性にパー5で、コックをほどかないという注意を思い出し、ドライバーを打ったら左端のイエローティーから広いフェアウェイを斜めに横切って右ラフへ。

意味不明。

2ndgreen

3打目PWでグリーンの右フロント部分にかろうじてオン。上りのフックライン。今度は9Wでパットすることにした。短く持って、グリップがお腹につっかかるので、シャフトを左足の外に出して構える。カップ右、50cmに外したがセカンド入れた。

3rdgreen

3番パー3、奥ピンで5W。左足が滑り、ピン右下のラフ。上りのチップだがグリーンに乗ったら下り傾斜になる。カップ右かすめ、奥エッジまで転がってしまう。こういう時はパターやウェッジよりフェアウェイウッドのほうがいいかもと思った。30cmにつけてボギー。

9Wをパター代わりに使うのは意外と重宝した。コツは(笑)、ヒールを浮かし気味にする、ラインに真っ直ぐ押し出すストローク。パターを打つ時と同じテンポにするといいみたいです。9Wの金属の打感がわたしのパター(スコッティキャメロン・ニューポート)と似ていて距離感は困らなかった。

でも短いの以外は入らない。(笑)

5thfairway_divot

あとおもしろかったのは、5番パー4のティーショットがフェアウェイのディボットの先っぽに入っていて、さんざん考えたあげく5Wを短めに持ち、短いバックスイングとハーフショットぐらいのフォロースルーで打った。ショット自体は良かったがなぜか右ラフに残って花道に下りてこず。

5thgreen

きつい爪先上がりのラフからSWでピンハイ右へ。だいたいカップのほうへ寄って行くはずなのに、グリーンが重く夕方で露が降りてきているから湿っていてここで止ってしまった。こういうのはパターじゃないと、難しい。ま、このラインはパターでも入れたことないが。

ということで、先週のラウンドレッスンの甲斐なく、スイングは元の木阿弥でした。

あ、コースの途中で思い出したが、先週言われた注意がもう1つあった。

★ボールを打つまでは右足を動かさない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ついにラウンドレッスン | トップページ | 暑い12月 »

ゴルフ」カテゴリの記事

ゴルフラウンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついにラウンドレッスン | トップページ | 暑い12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ