« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最終ラウンド暑かった~

暑かったですよー。最高気温27℃だったそうだがもっと暑く感じた。湿度が異常に低くて、ロス各地に山火事注意報が出ている。湿度10パーセント以下。よって暑くても汗はまったく出ない。

しかし、たった今流れているニュースによると寒波でミシガン州からメイン州まで12万世帯で停電しているというから、12月に暑いほうがまだマシじゃないか。不平は言うまい。

*

やはりクリスマス浮かれムードで練習していなかったので、ショットが良いわけないと思っていたがその通りだった。

2番367Y女性にパー5のボギーはむっとした。3打目を8番アイアンで打って大ダフリ。グリーンすぐ下からのチップをトップした。アップ&ダウンどころか、2パットにするのも難しい長い下りパットになって。(ー_ー||

3番123Yはピンフロントだったが、イエローティーからならここはいつも7Wなので7W打ったら、えらい当たってグリーン左奥。あのパットは20ヤードぐらいあった。左から右に大きく曲がるはずのラインが一つも曲がらず、4m以上のパットが残ってしまった。

みんな苦笑している。ふん、外すと思うな。グリーンが重いので曲がりを減らし、右エッジでパットしたら入ったぁ~~~。ザマアミロ。

5番上り335Yは口惜しかった。セカンドの5Wがフェアウェイからポンポンと右ラフへ跳ねるのが見えたが、行ってみると右の木の真後ろ(それほど悪いショットじゃなかったのに)。グリーンセンターへもアングルがない。ラフからフェードが打てるとも思わなかったが、PWで一応フェードスタンスにして(笑)、グリーンのフロント部分にオンさせた。

賢いマネージメントだと同伴者に誉められた。(~ー~;)

奥ピン、重いグリーンの長い上りパット、思い切り打ったら強すぎて3m半ぐらい通り越し、とうとう3パット。あぁあぁあぁ。3パットって一番無駄だ。

次の6番パー4も2打目、3打目がミスショットでダボ。

7番308Y、1Wが右すくい打ち。右ラフからの2打目、木の枝が垂れ下がっていたのでそれに当たらないよう3Wで叩き出す計画が低空右スライスになってしまい、右ラフ。

そこから6番アイアンの低いチップショットが、ピンハイより少し下の右ラフ。

ピンがまためったに見ない、左寄りの傾斜の途中。下からなら難しくないが横からは非常に難しいピンポジ。

ボールはラフにぽっかり乗っていたので、フェース開いて柔らか~くピッチショット。グリーンに乗ってとろとろピンのほうへ転がる。Go!Go!と掛け声。それからカップのほうへ転がっていき、今度はGo in! Go in! 

カップ後ろからカポンと入りました。

ひぁっほ~~~~。

たまには運が良いときもなきゃあね。良いピッチショット打ったけど、言わずもがな入ったのはマグレです。

このパーは大きかった。

9番328Y。最近毎度ここのティーショットを左に引っ張る。フェアウェイはほぼずーっと右から左へ傾斜しているうえ、フェアウェイ左側は土手。ラフを刈ってラフ無し状態なので、かなり下まで転がってしまう。

9thgreen_s

今日も木の後ろからフェアウェイに戻す状況。でもアングルが広く開いていたので、3Wのハーフショット。右ラフへ。赤がわたしのボールがある場所。上りの50Yぐらいをギャップウェッジでピン右下6フィートにつけて、パーパット入れた!

フロント9は2740Y(パー36)、スコア44。

*

バック9へ回ったのがお昼ちょっと過ぎ。暑さに弱いわたしは人がパットする少しの間もなるべく木陰に立つように気をつけた。

乾燥しているから咳も度々出る。水、ゲータレイド飲みまくり。

10thgreen_s

10番上り344Y。3打目フェアウェイ左寄りから6番アイアン〇でオン。ファーストパットはまたしても強すぎ、2m余の横から左から右に曲がるセカンドパット入れて、まじ心臓に悪い。

11番371Y女性にパー5。イエローティーグラウンドは右端の虐げられた場所。ライは少し下り傾斜のつま先下がり、左側に上りのフェアウェイがそそり立つ、実にアンフェアな設定。

この前の二の舞は踏むまいと、左足をオープンにしてフェアウェイ左寄りを狙って思い切り振った。

11thgreen_s

3打目が下り傾斜の途中。6番アイアンを引っ張って左バンカー。馬鹿馬鹿馬鹿。7番アイアンでグリーンセンター狙うべきだった。画像はグリーン後方から。このバンカーからピン下2mに打ち、砂イチ入れてパー!やっほー!

このあと12番パー3の前にスナックショップがあり、暑くて頭も痛くなっていたので洗面所に行き・・・(ここだけの話ですが)ノースリーブのゴルフシャツを全部濡らして着直した。(笑)

ホリデーシーズン向けに真っ赤なシャツで、鏡で確認しても透けてる様子はなかった。(爆)

ホールアウトする前に完全に乾いていました。(恐るべき乾燥度)

ここからはパー3でパーにした以外は、パー4の2箇所でダボ。もう体が限界でした。

バック9、2904Y女性にパー37、スコア45。

トータル89

*

ランチョの練習場はフェンスの建て替えと、グラウンドを新しく造りなおす工事中。お役所仕事だから予定よりずるずると延びて、今年中には出来上がりそうも無い。

18thhole_drivingrange

18番ホールフェアウェイから練習場を見たところ。前より高くなったそうだが、よく分からない。フェンスの工事のため、コース側の木をたくさん伐採したので、ランチョが裸になったみたいで同じコースとは思えないホールもある。

18thgreen

18番グリーン左側から見た練習場。人工芝の緑が綺麗だ(笑)。みんな早く完成しないかと心待ちにしている。

12月26日、まだラウンドしようと思えば出来るが、これが年内の最終ラウンドになるかも知れない。

今日もパットでしのいだゴルフだった♪

パットの練習頑張るぞ、と。( ̄▽ ̄)

*

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ついにラウンドレッスン

いつから始めたか失念したが、少なくとももう2ヶ月はかかっていると思う。ランチョ練習場はフェンスの建て替え等の改造で、打席の目の前にネットを張った簡易練習打席にしている。

よって練習にも行っていないし、レッスンが受けられないのが何より困る。いや、そんなところでレッスン受ける人もいるようだが、わたしは嫌だ。

最近のラウンドはスイングもショットも超ひどいか、かなりひどいが続いていたが、アイアンがまあまあなのと何よりショートゲームとパットでスコアはそれなりにまとまっていた。

しかし、自分で練習しても腰が痛くなるばっかりで、ウッドのスイングを見てもらわないと好転しそうにない。

*

ということで、悪い点を直してもらおうとラウンドレッスンを受けることにした。先週の木曜日。

ロスのゴルファーはちょっと寒いと敬遠するから(ゴルフに限らず寒風が吹くとみんな外に出ない、昨日など洗車屋がガラガラだった)、先生と2サムで良かった。

ウッドを打つ前に毎回練習スイングをして、悪い点、直すことを言ってもらって打った。

まず直されたのは、

★左肩で押すようにバックスイングを始めるが、(いつまでもまっすぐ後方にテークバックせず)クラブを上げながら体をターンさせ、トップに来る頃には右ヒップをかなり回す。

(先生の言う通りに回すと右わき腹が痛かった。普段いかに手抜きのテークバックをしているか分かる。)

ひどいミスショットは打ちなおしたが、次はオリジナルのボールでプレー続行。

1stgreen_s

1番338Y。1W△、5W〇、SW〇、2パットボギー。アプローチのSWがちょっと大きかった。フェアウェイは右側。

2ndtee_s

2番367Y(ほんとか?)女性にパー5、イエローティーはむちゃ左にある。1W◎、5W×(左ラフへ)、3打目刈れたキクユグラスにちょこんと乗っていてボールにクラブをアドレス出来なかった←アドレスするとボールが動いたと思う。8番I◎、2パットパー。

3番123Y、クラブ選択に迷いがあり(爆)、9W×大ミスショット。自分の直感を信じるべきだわね。右ラフからの下り傾斜チップがショート。ダブルボギー。

4番445Y右ドッグレッグ。1W〇、馬の背のほぼ平らなライまで転がっていたが、爪先下がりのライからフェアウェイウッドを打つ練習のため、ボールを移動(笑)。

★爪先下がりでのウッドの打ち方。体重は踵、オープンスタンス、ボールに近く立つ。ゆっくりテークバック。テンポが早くならないように。縮こまったスイングをしないこと。

5W◎、芯食って快心だった。次の5W△、フロントエッジから少し下の花道からギャップウェッジでピンハイ右。3.5mぐらいかな、入れてパー!

5番335Y、1W〇、5W△、52度△、2パットボギー。

6番346Y、1W×、5W◎、9番I△、2パットボギー。

7thhole_s

7番308Y。先生はえらいミスショットでティーショットがこんなところに来た。こういう刈れた冬のラフも、その下がどうだか打ってみないと分からないから簡単ではないと思う。

わたし、7番1W×、5W〇、52度△←引っ張ってピン左上へ。グリーンが速かったら左ラフへ転がってしまうミスショットだった。こういうのはうらめしいミスだ。

パットは、グリーンは遅いが途中まで上り、左から右に曲がる頃から下り傾斜になる難しいパットをカップ上50cmにつけた。この50cmがまたカップ左外に打たなきゃいけない下りパットで、芯外したら絶対入らんってヤツ。我ながら入れたのは偉いと思った(爆)。ボギー。

8thgreen_s

8番150Y、白ティーやイエローティーはひな壇でも低いからグリーン面のほうが高くなって距離が長くなる、とわたしは思う。右寄りのバックピン、1W◎、ピン右下。バーディパットはスピード足りず。パー。

9thhole

9番328Y、1W△、左に引っ張る。刈れた左ラフを傾斜下まで転がっていった。木の後ろ、9番I〇、フェアウェイに戻す、8番I〇、ボギー。

スコア/555555535← 

フロント9:43(17パット)

★ドライバーのダウンスイング。グリップのコックを右太ももを通るまでとかず、そこから一気にインパクトまで振りぬく。

*

前に2サム、その前に3サムがいたが、コースが空いていたのだろう、ときどきもう1球打ったにもかかわらず、1時間40分ぐらいでフロント9を回った。先生は次のレッスンがあったので、ラウンドレッスン終了。

わたしは後ろから来た2サムと合流して、もうちょっと回った。

11thgreen

11番371Y(女性にパー5)、右端のイエローティーグラウンドは、爪先下がりで下り傾斜、フェアウェイは土手状の上りというひどいものだった。1W△、5W◎、5W◎、パー。3打目の5Wで、初めて先生に言われたスイングが出来たと思う。

「最近のわたしのゴルフがどんなか分かったでしょ?ショットは悪いんだけどショートゲームとパットでしのいでるだけです。」

先生「ああ、パットが良かったな。」

あとで考えたら17パットだった。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

2013年ワールドチャレンジ最終日

今日は娘と孫とイーストロスアンゼルスにあるアウトレットに買い物に行くので、ゴルフ中継はDVRをセットしていった。

帰宅して自分に部屋に入ると、ちょうどタイガーとザック・ジョンソンのプレーオフが始まるところだった。

なに?2打差のリードで勝てなかったの?5回も優勝している、自分の庭のようなコースで!? よほどひどいゴルフをしたのかと想像して、DVRで最初から見た。

いやいや、ショットは相変わらず良い。ザック・ジョンソンよりピンに近く打っているホールが幾つもある。

しかし、これでもかというほどパットが入らない。1番グリーンのファーストパットでスピードが足りないのを見て、これがおそらく1日続いたのだろうと推測できた。

2番パー5のイーグルパット、ショート。3番パー3の長いバーディパット、4,5フィートショート。4番パー4、下からのバーディパット、2転がりショート。5番パー5のイーグルパットもかすらなかった。

6番パー4、フェアウェイの138Yからピン下、8フィートに打ってパット右に外す。

9番パー4、ピンハイ左からスピードが足りない。

パットがショートするのは今週初日からずっとだ。

10番短いパー4、ザック・ジョンソンがフェアウェイ92Yからグリーンに打ったボールが花道に転がり戻り、ボギーにして9アンダーへ。タイガーは13アンダー。残り8ホール、4打差でリードしていたのを追いつかれるとは。

今週、タイガーが勝てないとしたらパットが原因だろうと最初から思っていたが、実にその通りになった。

一方、パットが上手いザック・ジョンソンは自ら「今週はパットが調子が良い」と言っているほどで、3パットがないのはフィールドで彼だけだという。初日は例年よりはるかに速いグリーンで、タイガーのみならずみな短いパットをポロポロ外していた。

土曜日は風が強く、これまたパットが難しかった。

バック9中盤から、ジョンソンがしぶとくパットを入れだして、じりじりと差を縮める。

14番パー4、タイガーはフェアウェイ178Y、9番アイアンでピンに大ショートするショットも悪かったが、とうとうここで3パットボギー。1打差になる。

タイガーは昨日3パットボギーを2ホールでしている。

ジョンソンは16番のアプローチがカップインしそうだったし、17番172Yのティーショットもピン上に打ち、転がり戻るときにカップインしそうだった。

ジョンソンの17番バーディでついにタイスコア。

18番の勝負はおもしろかった。ジョンソンは1Wでフェアウェイに打ち、タイガーは3Wを左土手ラフへ打つ。ものすごい爪先下がりからの2打目190Y、タイガーは右グリーンサイドバンカーへ。

ジョンソンのフェアウェイ真ん中159Yから、スライスして右バンカーのさらに右下のクリークに入れたのは何だったのか?下り傾斜のはずだから、クラブフェースが返らないうちにインパクトになったのか?

ドロップ地点からの4打目がカップ後ろからカップイン。パーで、13アンダー。

タイガーは右足がバンカー外のラフに出て足場が悪いバンカーショットだったが、カップ上につけてパーセーブ。

プレーオフ。

*

プレーオフに行ったのを見た瞬間、胸騒ぎがしたが(爆)、ティーショットをフェアウェイに打ったタイガー、セカンド179Yから7番アイアンでソフトにフェードを打つつもりが、フェードのかかりすぎでさっきと同じ右バンカーへ。

こういう場面で、解説のジョニー・ミラーがよく言うが、距離が2つのクラブの中間の場合、長いクラブで柔らかく打とうとするとえてして中途半端になりミスショットするそうだ。

わたしはタイガーが打つ前から、そのミラーの言葉を思い出して嫌な予感がした。

プレーオフでのバンカーショットは、レギュレーションの18番のときよりライは悪かったとタイガーが言っていたがいずれ再び良いバンカーショットを打って、ピン上へ。

ジョンソンはピン左へ打って、2パットパーで上がり、タイガーがこの短いパーパットを外して勝負あったり。ボールはカップの真ん中から入りそうにして左縁を半周して出た。

2011年、タイガーが2009年以来の久方ぶりの優勝をした時、ザック・ジョンソンがレギュレーションで18番のセカンドをカップイン。しかし、タイガーが18番でバーディパットを入れ、1打差でジョンソンに勝った。

今度はジョンソンが勝つ番でした。

*

15年目だったシャーウッドCCでの最後の試合、プレーオフまで行って勝てなかったのは無念残念だったろうが、たった18人のフィールド、12月で多くのプロがすでに休暇に入る時期、タイガー・ウッズ・ファウンデーションへの寄付目的の試合に毎年トッププロ達が出場してくれ、15年間で$25ミリオン集めたのは大成功と言えると思う。

この試合で集めた寄付金で、ロス近郊オレンジカウンティーのタイガー・ウッズ・ラーニングセンターを建てたという。すでに10万人の子供達が利用してきた。

今年は寒風が吹き、土曜日は雨も降り、最終日に気温は低めでもやっとゴルフ日和になったが、今日は新記録の2万5千人のギャラリーだったそうだ。みんな最後にタイガーのプレーを見るために現地観戦に行ったのは明らか。

じかに見た人、話に聞いた人、テレビで見た人、ロスのゴルフファンはタイガーがジュニアゴルファーの頃からホームタウン出身の天才ゴルファーとして誇りにしてきた。彼への愛着はひとかたならぬものがある。

タイガーへありがとうと言いたい。彼の支援してきた、これからも支援する子供達は、ロスの経済的に恵まれない子供達だ。彼らに学ぶ場、研究する施設を提供し、優秀で意欲がある子には奨学金で大学4年間の援助をする。

2013年の試合出場はこれで終了。

また来年も健康で活躍してくれることを祈念する。

ワールドチャレンジ・リーダーボード

最終日のハイライト

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガーのワールドチャレンジ現地観戦/その2

3ラウンド目も終わってしまいましたが、現地観戦レポート後編。一つ前の記事が前編です。

これは金曜日に行ったもので、写真は全て自分が撮ったものです。遠くからズームで撮ったし、曇天で画像は鮮明ではありませんがクリックすると大きくなるので興味がある方はどうぞ。テレビカメラとはまた違ったアングルからのコースなので中継で見るのとはイメージが違うホールもあると思います。

*

9thgree_groundcrew

5番ホールまでついて歩き、一度クラブハウスへ引きあげた時撮った9番グリーン。グラウンドクルーがグリーン上の葉っぱを吹き飛ばしている。この後、マックロイがバーディを獲って歓声が上がっていた。

タイガーは良い位置に打ったが、バーディパットはスピードが足りず。

ここからバック9へついて歩いた。

10thfairway

10番は短いパー4。ティーショットはだいたいティーグラウンドの周りにいても人の頭で見えない。ボールの行方も速過ぎてさっぱり目で追えない。アプローチショットを打つ前のタイガー。湧いたところを見ると近かったもよう。

10thgreen

10番グリーン、バーディパットを入れたあと、ギャラリーの拍手に応えるタイガー。

11thfairway

11番パー5、517Y。太陽が山の陰で暗いですが、11番フェアウェイ、左の白丸がマクドーウェルのボールで右がタイガーのボール。2オンして2パットバーディ。

12thgreen

12番パー3のグリーン。タイガーのボールはリッジの左側。イーグルパットはリッジを越えて下る難しいライン。スピードが足りず、早くから下に流れたが、6,7フィートのパーセーブパット入れた。見てる方が心臓に悪い・・・と隣のオジイサンと笑う。

Leaderboard_13thtee

13番ティーグラウンドの横にあるリーダーボード。12ホールで7アンダー、トータル8アンダーで首位ザック・ジョンソンと並ぶ。

13thtee16thtee_s

13番568Yのティーショットを打って降りてくるタイガー達。ここがやっかいだった。正面に見えるのが13番フェアウェイ。13番ティーグラウンドの左下には16番のティーグラウンドがある(赤矢印)。白い帽子は16番でティーショットを打つ前のスティーブ・ストリッカー。

13番のティーショットが終わり、16番のティーショットが終ってプレーヤー達がフェアウェイに降りていくまでギャラリーはここで足止めを食らう。ロープを外された頃にはタイガー達はフェアウェイのはるか彼方。グリーンにさえ間に合わないと思ったので断念。

これが大間違いだった。

*

人がマーシャルに聞いていたので、わたしもならって、13番ティーグラウンドから15番グリーン左の崖の上へ行く。かなりの人がすでにいた。ゴミ捨ての大きな箱が2台置いてあり、それと崖の端に間に立つ。崖の上には柵代わりにネットが張ってあった。

15thgree_roryfuryk

眼下の15番グリーンにはビル・ハスとウェブ・シンプソンがプレーしていき、次に誰かが左のピンにデッドに打ってボールは30cmワンバウンスして止る、凄いショットを打った。これはマックロイに違いないと思った。これを入れてバーディ。グリーンから歩き出て、左手前で待っていた女性と話していたが、ガールフレンドのカロライン・ウズニアッキだった!(プロテニスプレーヤー)

テレビ中継で見て分かると思うが、このコースのパー3のうち3つはグリーン奥や手前にギャラリーが入れない。どのパー3も難しいと思う。

タイガーはグリーン左奥へ打つ。(ティーグラウンドは見えないが、たぶんオナーだと思ったので) やがてタイガー達が眼下に。わたしはそのスコアボードを見て仰天!何と10アンダーになっているではないか。

そばに来た若い男の人に、「タイガー、10アンダーなの?わたし、見逃したわ。」

男「見逃した!?あなた、寝てたの?」と言われた。13番、14番で連続バーディだったそうだ。

<次がこの日のハイライトだった>

16番567Y。ティーショットは一番上のひな壇から打って、ボールの行方など見えるはずもないが、ほかの人のリアクションから見てナイスショットだった様子なので手を叩く。(笑)

ギャラリーのほとんどはとっくにホール左側のずっと先に行ってしまっている。タイガーとキャディが一番前のフロントティーのひな壇を降りてくる。すぐ横のロープの外に、たまたまわたしだけがいた。

ハーイ、タイガー!と手を振ったら、タイガーは大きな笑顔でこちらを見る。すかさずGood play!!と言ったわたしに、Yep!と答えた。

嬉し~~~~い。わははは。

わたしの後方から走ってきたインド人の夫婦の奥さんも、ハーイ、タイガーと手を振り、だんなさんもタイガー!と声をかけると、タイガーは再び笑顔を向け手を振っていた。

我々はたった3人だけそこにいて、ハッピーでした。(インド人夫婦と思ったのは人相からそうではないかと推定しただけです。)

これでタイガーは見納めかも知れないのだから、そんな日に2度もタイガーに至近距離から声をかける機会があって、2度ともナイスなリアクションがあったとは何とラッキーだろう。

16thfairway

16番フェアウェイ。シャーウッドCCは実に綺麗なコースだ。一番奥がグリーンだが、その前に2箇所クリークがある。

16thleftfairwaybk_gmac

ティーショットがポップアップしたように見えたマクドーウェルは左フェアウェイバンカーへ。ここから7番アイアンでフェアウェイに出した。

2オン狙いのタイガーは長いこと待っていたが、前の組のマックロイがこのホール「9」を叩いたからだった。タイガーはグリーンフロント部分にオン、2パットバーディで11アンダーへ。

18thfairway_roryfuryk

16番が終わるとギャラリーはほとんど18番フェアウェイのほうへ走る。ホール左上のラフの土手に立って撮ったので画像が斜めになった。フェアウェイにいるのはマックロイとフューリック。この写真を撮って、大急ぎで18番グリーン後方へ行く。

18thgreen_tigergmac_fw

18番グリーン。フェアウェイの2打目地点には既にタイガーとマクドーウェルがいる。この画面の右手には大きなテレビ画面と、さらにその右にはコンセッションスタンド(一番高い席のギャラリースタンド)があるが、人は少なかった。

18thgreen_tigergmac

18番グリーン。近くはなかったが良いショットを打った。このピンに近く打つのは難しかろう。

というわけで2ラウンド目は10バーディ、ノーボギーの62。自己のコースレコードタイ。11アンダー。

最後に素敵な経験をして、行った甲斐がありました。

今日3日目は雨上がりのあと、風が巻いてタフなコンディション。3パットボギーが2回もあったが、しぶとく粘ってザック・ジョンソンとともに18番をバーディで終えた。62のゴルフも良かったが、今日の72もこれはこれで見応えがあった。

最終日の明日は悪天候の予報が出ているのか、たった18人のフィールドで1番ティーと10番ティーを使ってのスタート。

タイガーとザック・ジョンソンの最終組は10:55am。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

タイガーのワールドチャレンジ現地観戦!その1

おそらくタイガーのプレーをこの目で見るのはこれが最後と思ったので、寒さも何のその、今日金曜日にトーナメント現地観戦に行ってきました。

なぜ最後かというと、リビエラCCでのLAオープン(ノーザントラストオープン)には2006年にインフルエンザの熱で棄権して以来、出場しなくなった。これからも出場しないでしょう。ロスでタイガーが見られる唯一の試合が、このワールドチャレンジだったが、ロス近郊のシャーウッドCCで開催は今年限り。来年からはフロリダ州オーランドへ移る。

タイガーがプロになって出場したLAオープンはほとんど毎年観戦に行ったと思う。まだ細かった、若かりしタイガーから見ている。こんな想いはわたしだけではないだろうが、ホームタウンから出たゴルファーというので、まるで小さい頃から成長を見てきたかのような、可愛さ、愛おしさがある。

冥途の土産に、じゃないが、死ぬ前にもう一度見ておかないとね。

*

見納めとばかり、実をいうとたくさん写真を撮ってきて、どーなのその常識の無さはと批難されてもしょうがないが、プレーヤーが写っているのはかなり離れたところからズームにして撮っており、スイングはフィニッシュのあと、パットは入れて歩き去ったあとにシャッターを押しています。

ほかに撮っている人もいたが、たいていの人は携帯のビデオで撮っていて、あれは全く音がしませんね。

マーシャルが写真を撮るなとか、カメラを引っ込めろと注意しているのは聞かなかった。このトーナメントはいつもギャラリーのお行儀が良い。

離れたラフから構えていたせいか、マーシャルに何度も写真を撮っているのを見られたが注意されなかった。プレーの邪魔にならない限り、一々言わなくていいと指導されているのかなと疑ったが、どうなんだろう。

*

初日はグリーンに霜が降りて1時間スタートが延期。今日もどうせそんなことだろうと、計画より遅れて着いたが、タイガーのスタートタイムの30分前到着。

練習グリーンにタイガーはいなかったので、練習場へ。見物人は意外と少なかった。(後で気がついたが、ミケロブ・ウルトラクラブという$70のチケットを買わないと練習レンジに入れないのでした。一番安価なグラウンドチケットは$50。)

打ちっぱなしの打席は非常に小さく、その向こう側でタイガーが一人チップの練習。内容はそこそこみたいだった。(←何を偉そうに。)

タイガーは打席に戻ってきてドライバーを2球、アイアンを1球で、練習を切り上げた。わたしが立っていて白い柵の内側を歩いてくる。わたしの目の前だ。

メリー「タイガー!」

と大きくもなく、が小さすぎない声で言って、手を振った。

タイガー、誰か知っている人かも知れないと思ったのか、目を上げ、わたしの顔を真っ直ぐ見る。その大きな丸い目! ティーンエージャーの頃のタイガーを思わせる可愛い目だった。(笑)

それから微笑んで頷き、歩き続けた。

最近はファンの声援に応え、帽子に手をあてたり、ファンが差し伸べる手に触ってあげたりするのを見るが、たった一人の声援にリアクションするとは知らなかった。

ばーさんが一人で67km高速ぶっ飛ばして来た甲斐があったわ。

*

忘れないうちに画像のホールやグリーンを特定したので、見た記憶も薄れないうちに書いておきます。なお、TV中継はDVRにとってあるがまだ見ていません。

1番パー4。ティーグラウンドは既に人でいっぱい。とても見えやしない。かなり左曲がりの短いホールで、アイアンかフェアウェイウッドでティーショットするなと思い、タイガーの2打目地点辺りと見当をつけて右ラフで待っていた。

メリー「えっ?タイガー、もう打ったの?」

隣のオジサン「ああ、グリーンのすぐ下まで行ったよ。昨日も同じところに打ったんだ。」

メリー「えーっ、私はここらが2打目だと思ったのにー。」

1stfairway_center

フェアウェイセンターにいるのはカメラクルー。タイガーとマクドーウェルがティーショットを打ったあと、歩いてくるのを撮っている。

1stfairway_gmactiger

マクドーウェルのボール。タイガーはフェアウェイ右寄り、グリーンのすぐ下。グリーンが上っているので、アプローチショットをピンにどのぐらいに打ったか全く見えないが、グリーン奥のギャラリーがワーッと湧いたので近く打ったことがわかった。タイガー達がパットするまでにグリーン横にたどり着けず。(笑)

2ndtee_tigergmac

2番531Y。ドライバーのティーショットは良かったようだが、少し右に行って、右のファーストカットラフ。マクドーウェルは昨日1日中半袖ゴルフシャツだけでプレーしていて呆れた。さすがノーザンアイルランド出身!

2ndfw

タイガーはフェアウェイ右、ギャラリーは左ラフを歩かされるから、遠い。このコースはギャラリーの歩くところに限りがあって、フェアウェイはどちらか一方側しか通れないことが多い。

2ndgreenwillowtrees

タイガーは2打でグリーン右エッジまで行った。曇っていて鮮やかじゃないが、右のクリーク沿いの柳が良いですね。

2ndgreen_tiger

エッジからパター使って、強すぎてカップをかなり通り越したが返しを入れてバーディ。

3rdgreen

3番198Y。タイガーもマクドーウェルも良いティーショットを打ったが、二人ともパット入れられず。

4thgreen_par5

4番456Y。3Wでティーショット。セカンドをピンへ2フィートに打つ。バーディ。

Leaderboard_5thtee

5番ティーグラウンドの横にあるリーダーボード。タイガー、4ホール終了で4アンダーへ。今日は働いているスタッフみんな寒くて気の毒だった。動きまわる仕事の人はいいが、定位置に立つマーシャル、入り口の受付で立ちっぱなしの人達。こういう山に近いコースは寒いときはとことん冷える。

わたしはコットンのとっくりセーターとゴルフ用フリースの上着、下はコーデュロイのズボン。マフラー、ニットの帽子は最初の1時間と帰るとき、シャトルバスを待つ間かぶった。シャカシャカ勢いよく傾斜を歩いたから寒くなかった。ときおり汗ばんで上着を脱ぎたかったが、我慢した。

5thtee

5番531Y。ドライバーのティーショット。タイガーはドライバーのシャフトを重く(100g)柔らかいものに替え、格段にコントロールが良くなったという。

5thfw_2ndshot_par5

おそろしやー、グリーンはフェアウェイから相当上っているうえ、バンカーが。タイガーのセカンドは少し右に行って右ラフ。ミスショットらしいミスショットはこれだけだったのじゃないか。グリーンは右から左に下り、チップが大きすぎてバーディを逃す。

Clubhouse

6番7番は以前、練習ラウンドの観戦に来た年に見たので、コーヒーも飲みたいことだし、バック9でまたついて回ることにして、一度クラブハウスのほうへ戻った。1番フェアウェイの下から見たクラブハウス。

さぼった間にタイガーは7番パー4と8番パー3でバーディと獲っていた。フロント9を31で折り返し。

*

今日はフロント9までのレポートにします。

7年ぶりに見たタイガーは、7年前から体型が変わっていない。テレビで見るようりスレンダー。

顔じゅうヒゲだらけのタイガーは年より老けてみえ、ヒゲを剃ると若く見えるとかねがね思っていたが、今週のタイガーはヒゲ無しで、実物を見ると38歳よりはるかに若く見える。

フラットTVは横に太く見えるのだろうが、キャディーのジョー・ラカーバもスレンダーなのには驚いた。

今週は練習ラウンドの映像を見たときからスイングが良いと思っていた。昨日は3,4フィート未満のパットを3回外しての71。ショットは悪くなかった。

今日のタイガー、スイングチェンジをして今回の改造は完成に近いのではないかと思わせた。ウッドといいアイアンといい、このスイングなら来年も相当勝つと思う。

ということで、また明日書きます。これからDVRで2ラウンド目を見ねば。

ノースウェスタン・ミューチュアル・ワールドチャレンジ・スコアボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ