« デーブ・ストックトンのパッティングアドバイス | トップページ | ローリー・マックロイ2013年初勝利 »

映画『Gravity』(邦題『ゼロ・グラビティ』)

いろいろゴルフも活動していますが(笑)、昨日見た映画が期待以上に良かったし、日本公開は12月13日とYahooJapanにあったので先に書いておきます。なお公開日は各自でご確認下さい。

アメリカは11月第4木曜日がサンクスギビングデーで、早めのディナーを食べた後は、家族や友人で映画に行く人が多い。4連休だから、その翌日や週末に行く人も多いでしょうね。

昨日は娘と孫と3人で行ったが、駐車場が混んでいて驚いた。その多くが、『ハンターゲーム/Catching Fire』の客と思われる。わたしはハンターゲームやハリーポッターはとんと興味がない。あれは子供やティーンエージャーが見る映画だろうとわたしは思っているけれども。

*

『Gravity』はサンドラ・バロックとジョージ・クルーニーが宇宙飛行士役。

ストーリーは言えません。(笑) 下に公式予告編のトレラーをアップしておきます。

ストーリー以外で言えることは、サンドラ・バロックの身体がグッド・シェープで驚いた。女優だから当たり前・・・という基準を超して立派。相当鍛えてますな。49歳。

顔は誰しもいじっているし、若く見せるためのテクニックが進んでいるので、感嘆することはないが、身体の線、足の線というのは節制とトレーニングのたまものと思う。

彼女は94年の『スピード』(キエノ・リーブス)で知り、特別ファンでもなかったが、近年ではもっともお金を稼ぐ(本人のギャラ及び出演映画の売り上げも)女優だろう。

『ブラインド・サイド』でアカデミー主演女優賞を獲った。白人家庭が貧困家庭で育った黒人高校生の男の子を養子にし、ついにはNFLプロフットボール選手になるという実話を基にした映画。(わたしは見てない。)

彼女はアメリカ赤十字の公式サポーターで、各$1ミリオンをインド洋の津波、ハイチの地震、2011年の日本の東北大震災でも赤十字の災害救助基金などに寄付したということです。(ウィキピーディアによる)

ジョージ・クルーニーの演技はさすがと言えるものでした。

Gravityは御存知のように重力のことだけれども、実に上手いタイトルをつけたなと思う。良い映画だろうとは予想していたが、予想より良かった。見て後悔はしないと思う。

トレーラーを2つ。なおわたしは3Dで見た。たぶん3D版で見るべき映画でしょう。アメリカでは公開8週目だそうだが、全米で既に$300ミリオン、世界含めると$500ミリオンのグロスだそうだ。

もう1つ。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« デーブ・ストックトンのパッティングアドバイス | トップページ | ローリー・マックロイ2013年初勝利 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デーブ・ストックトンのパッティングアドバイス | トップページ | ローリー・マックロイ2013年初勝利 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ