« ポテンシャル | トップページ | 予定変更ランチョパーク・パー3へ »

理想と理念

昨日月曜日フィニッシュになった日本オープンは、(週の)総入場者数が1万人を割ったとYahooに書いてあったが、ゴルフ業界の方のブログによると5日間で3000人だったそう。えーっ、そんなに少なかったの、と画像を検索した。試合の画像自体も少なかったが、なるほど人が写ってない。

ギャラリーの駐車場が雨で状態が悪く、月曜日は車での来場禁止にしたのでしょ?ただでも2大スターが不出場、残るプレーヤーでは人気薄の男子ツァーで、天候にまでたたられたんでは厳しかったですね。

ナショナルオープンというのに、残念だ。

*

理念で言えば、松山英樹も石川遼も出るべきだろう。イギリスのThe OpenやアメリカのUSオープンをみても分かるように、一国のスポーツのナショナルオープンは、一段格が違う、国民も出場者も敬意を持つ試合のはず。優勝者は歴史に名が残る。

今年からPGAツァーは、10月から新シーズン、来年のフェデックスカッププレーオフまでを区切りとするので、両者とも可能な限り試合に出て賞金を稼ぎ、早いこと来年(2014年~2015年)のツァーカードの安全ラインに到達しておきたいのが不出場の大きな理由と想像する。

現実的な話、去年まではフォールシリーズと呼ばれ、賞金額がボーダーラインのプレーヤー達がしのぎをけずる試合だったのだから、トッププレーヤーはまず出場しない。当然フィールドの層の厚さが違う。

PGAツァー出場優先にした石川遼と松山英樹を批難する意図はない。将来は変えるのではないかという気もする。

日本オープンには毎年出場し、最多優勝記録でも作る気概で臨んだらおもしろかろう。何たって、21歳と22歳ですから、あと25、6回は出場出来る。

日本オープン歴代優勝者の古い黒白写真と、短い解説を読むのも興味深い。

第1回(1927年)から第41回(1976年)の優勝者

第42回(1977年)から第77回(2012年)の優勝者

80年代から90年代前半は、ジャンボ尾崎さんと中島さんが交互に獲っている観があってすさまじい。

松山英樹と石川遼にもそんな日が来ると、再びゴルフ界も盛り上がるかも知れないが、ま、当分日本には帰りますまい。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ポテンシャル | トップページ | 予定変更ランチョパーク・パー3へ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポテンシャル | トップページ | 予定変更ランチョパーク・パー3へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ