« 藤圭子逝去のニュースに想う | トップページ | ゴルフはそこそこ »

フェデックス・プレーオフ/第一弾ザ・バークレーズ

タイガーが優勝を逃した試合で、これほどおもしろかったのもめずらしい。

水曜日のプロアマで、腰のため後半のハーフはボールを打たずチップとパットだけしていったという報を聞いて、う~む、こりゃそう軽いことはあるまいと思っていた。記者会見ではホテルのベッドのマットが柔らかすぎたと言っていたが(笑)、腰の凝りは長いこと潜在していたからだろう。

木曜日は8:16のスタート。これが雷雨警報で2回も中断する。いつ再開するかわからず、ウォームアップのかけられる時間が未定では、これも腰痛持ちにいいわけがない。2回目の再スタートは夕刻で、結局長時間にわたる1ラウンド。

木曜日午後スタート組が、金曜日朝に持ち込んだので、金曜日午後のタイガー達は13ホールで日没。今度は土曜日7:30から残り5ホール消化。

Friday_tiger_1sthole_signingglove Friday_tiger_6thtee 

金曜日が一番ひどかったか。ティーショットのフェアウェイキープ率が57%、グリーンヒットが50%。すでに腰痛があるのは明らかだった。腰が張って柔軟性がなくなっているとき、傾斜ライ、バンカーショットはますます堪える。また腰が張っているから切れが悪く、ラフやフェアウェイバックに行く。悪循環。(笑)

69で終えたのはタイガーならではと思えた。(画像は金曜日)

土曜日の3ラウンド目は、カップのボールを拾うとき、毎度ゆっくりかがんでいた。フロント9の3ボギーを、8番パー5のバーディから好転させ、13番16番でバーディ。

18番、ここは常に難しいパー4。少し右曲がり。土曜日は490Y。ティーショットを打ったあと、のけぞるようにして痛がる。セカンドをピン上に打ち、バーディチャンス。 

CBSのスポーツアナウンサー、ジム・ナンツが、「後半の数ホール、いくつも良いショットを打ってきた。これはそのご褒美のバーディになるだろう。」と言い終わらないうちにカップイン。ナンツ「イエス!!」(このアナは何でもセンチメンタルに言って可笑しい)。

 

1日我慢のゴルフを見てのバーディ上がりは、ファンを喜ばせた。ネバーギブアップ、転んでも転んでも立ち上がる、タイガーの真骨頂だった。(だからタイガーはやめられない。happy01

 69、トータル8アンダーにして首位と4打差の4位タイ。 

*

今や誰の目にもタイガーが腰痛を堪えてプレーしているのは明らかだったが、首位と4打差でもタイガーの前には3人しかいない。優勝争いに加わったと、大いに盛り上がる。

<注>以下のPGATビデオは音が大きいので気をつけて下さい。画面が大きすぎてすみません。

5番427Y。バーディ。

 

 

*

 

6番538Y。セカンドを左ラフに打ち、跳ねてボールはヘスキューへ。良いチップしてバーディ。

*

8番617Y。レイアップから3打目118Y、PWで。同組のケビン・チャッペルのインサイドに打って、バーディ。11アンダーへ。

*

腰は何とか痛みと炎症を抑えられているかに思えたが(勿論毎ラウンド後セラピーを受け、推測であるが炎症を抑える薬と痛み止めは飲んでいたろう)、12番のティーショットで出た。ポールにつかまってストレッチ。

13番563Y。3Wでのティーショットはフェアウェイ。残り253Y、フェードは大きく左へ引っ張り、汚水に見える汚い池へ。(普段はカメラに写らないところか知らないが、ちょっとあれは汚すぎる)打った直後、崩れ落ちるタイガー。あれはバック・スパズム spasmだそうだ。痙攣。筋肉が硬くなったあと、攣るやつですね。見ているほうも辛い。3回も見せています。

*

15番461Y。ティーショットを左へスキューへ。セカンドも左バンカー。ここらはもう腰が回らないから左へ引っ張っているわけで、ミスショットもしょうがない。というか、よく打ちますな。ボギーで8アンダーへ落とす。

16番299Y。短いパー4。3Wでグリーン下へ。バーディ。

*

Sunday_tiger_17thteeshot Sun_tigerkevinchappell_17thhole

左は17番ティーショットを打ったあと。右、17番を歩くタイガーと同組のケビン・チャッペル。チャッペルは土曜日62のコースレコードを出したが、今日はバック9で41も叩いて、気の毒というか、良い勉強になったろう。

17番セカンドをピン下5フィート余に打って、バーディ。ひぃーっ、執念っちゅうか根性っちゅうか。もう見てるほうが根性がない。

*

最終をバーディで11アンダー。大昔にホールアウトしたアダム・スコットとのプレーオフに持ち込める。

ティーショットは引っぱたき打ちに見えたがフェアウェイ。セカンド190Y。キャリーで190Y飛んでしまい、グリーン後ろ。グリーンに到達する前は窪み、上りになってグリーン。難度9.5のパットだったろう。

はぁー、惜しかったぁー。あと一転がり足らず。あの落胆ぶり、あの口惜しがりよう。タイガーの内部に、あれがある限り、彼はまだまだ勝つだろう。

タイガーホールアウト後、残りのゴルフはないがごときに、テレビブースはタイガー礼賛。ゴルフチャンネルのゴルフセントラルでもタイガーの話ばかりで、優勝者に失礼なほどだったが、圧巻のタイガーチャージだった。

ラウンド後のインタビューで、プレーオフ第2弾、来週のドイツェバンクチャンピョンシップ出場はまだ分からないと言っていた。PGAチャンピョンシップでも練習場でクラブにつかまって腰をストレッチする映像があったし、ある程度の期間抱えていたのだろうと思う。

長引かせて、深刻な故障に繋がらないよう、大事にしてもらいたい。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 藤圭子逝去のニュースに想う | トップページ | ゴルフはそこそこ »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

メリーさん、タイガーの久しぶりのサンデーバックナインのチャージを見て興奮しました、すごい根性の強さを発揮してましたよね。いや~さすがにタイガーでした。ただ腰は心配です、長引かせて後で重大な症状を残すのだけはだけは避けてほしいです。

>志保さん

すごかったですねー。13番で崩れ落ちたときは、棄権するかと思いました。
解説者も視聴者もそう思った人が多かったらしいです。
わたしも腰痛持ちでゴルフしてきましたから、歩き方などタイガーの体の動きで、
どのぐらい痛いか、硬くなっているか分かる気がしました。
今週も出るつもりのようですよ。

私も13番では棄権だと思いましたが立ち上がってから何事もなかったように歩いていましたよね、精神力の強さを感じました。私も腰が悪いので同じ思いでした。今週出るのは決定のようです、出るからには優勝を目指すのでしょうからプレーが楽しみです。日本では9時40分ぐらいからです、ゴルフネットワークの放映まではShot・Trackerで追いかけていますが寝不足です(笑)

>志保さん

すっかり忘れていましたが(最近ショートメモリーでthink)、タイガーのファンデーションTWFがドイッチェバンク・チャンシップの大会運営もしているのですね。
療養がいる故障でない限り、出るでしょう。
PGATのネットライブはマーキーズグループを18ホール追うときと、決まった2ホールのプレーを中継するときとあrのですが今週はどうだか分かりません。
わたしもテレビを見ながらでも、ショットトラッカーはつけっぱなしにします。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤圭子逝去のニュースに想う | トップページ | ゴルフはそこそこ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ