« ドローのスタンスで真っ直ぐ打つ | トップページ | 藤圭子逝去のニュースに想う »

練習場で落ち込む思い

平日の夜4日も娘はエクササイズに行くので(2日空手、2日ボクシングthink)、わたしが孫と一緒に過ごす。もう宿題を見ることも、何か世話することもないが、安全上、姿が見えるところで過ごさせる。どんな安全かというと、もし侵入者があっても分からないと困るからだ。そのぐらい気をつけて暮らすのがロスアンゼルスというわけです。

誰もいない家に留守番させるなど、論外のことだ。だからロスの子育ては手がかかる。

孫は小学校を卒業し、この夏中学生になった。6年生から8年生までが中学。中学生といっても年齢は11歳。ちなみにロスの学校は先週新学年がすでに始まった。

*

このごろ気温は心地良いが日中は陽射しが強いので、練習は夕方遅くか夜に行く。今夕、孫を誘ったら「パットするの?」と聞いたものの、めずらしく同行するという。

孫はとびとびではあるが幼稚園からゴルフレッスンを受けさせていた。自意識が出るにつれ嫌になったようで、近年はだましてもすかしても行こうとしなかった。

背が高くなったので、大人用のパターを買ってやったばかりだったのに。久々にひっぱりだしたそのパターに、まだくっついたままの値段のシール。$129に目がいってむっとした。消費税入れたら、$140余したろう。

家を出る前から孫に嫌味を言う。

「あんたがゴルフしなくなって残念だわ。このパターに140ドル以上も払ったのに!」

孫はにやにやしている。この子は口答えしたり、利口ぶったことを言わないから賢い。(笑) 

練習グリーンで、グリップの握り方を忘れていないかだけチェック。あとは好きにさせた。わたしは別なカップでパットする。

ふと見ると、8フィートぐらいをころころころ、ボーン!ころころころ、ボーン!と、カップのセンターから入れている。

「イエーイ、2回連続だぁ!」と孫。

「あんたは天才に違いない。」と人目もはばからず、大げさに誉める。わたしは半袖シャツにノースリーブのウィンドブレーカーだけで、風が吹いて寒い。

「パットしていると寒いからボール打ちに行こう」と誘うと、孫はあっさり賛成した。終わり際もまたパットを入れている。小さい頃、長いパットを入れる度、先生が1ドル札をご褒美にくれていたから、パットになると1球入魂で集中する癖がついているんだ。(笑)

Odysseydivine1 Odysseydivine_grip

オデッセイのディバインDivineという、女性専用に出されたパターで33インチ。さっき家で撮ったので照明が悪いが、きれいなパターです。グリップの大写し。握ってみると特別太くはないが、スコッティキャメロンのピンのグリップより太いと思う。感触がしょっとりして、手になじみやすい。

オデッセイ独特の、白の樹脂がフェース。たぶんすごく打ち易いパターと思う。

*

さて、練習場打席で、マットの上に出るか出ないかの低いゴムティーを入れた。わたしのPW(マグレガーのフォージドアイアン)。球を打つのは去年のいつか以来なので、何も言わないつもりで、グリップの仕方だけ直す。孫はパターの握り方でどのクラブもグリップする癖がある。 

クラブフェースを極端にクローズにしてボールに置くので、それもセットアップの仕方を教える。

ひぉえーっ!

スイングを全然忘れてない。先生に教わったそのままのスイング。

背が伸び、力がついてきているから、ビュイーンと振る。レッスンを取っていたころは、こんなに振ったことは一度もない。 

一発きれいな当たりが出たとき、わたしと同じぐらいのキャリーだった。

(ー_ー|| 

ときどき空振りするが、そのスピードが・・・。

孫はウッドを打つのが好きなので、今度は9Wを打たせる。 

「これは9番ウッドで簡単だからね、今までと同じように打てばいいのよ。」

ぶんぶん振って、トップしたり頭叩きしていたが、当たったのはキャリーで100ヤードぐらいか。 

わたしは辺りかまわず褒めちぎる。「ここのいる人達1000人よりあんたのほうが良いスイングよ。」

(当たり損ないでも、good swingと誉める。当たらないのは、ボールに遠すぎて立っていたり、ボール位置が悪かったりが原因でスイング自体は当たるときも当たらないときも同じスイングをしているから、ウソではないのだ) 

孫はぎちぎちにグリップを握り、しばらくすると疲れる。椅子に休ませて、今度のおばあちゃんの番。

「おばあちゃんが打ってる間、見ないでね。おばあちゃんのは悪いスイングだから。」 

後ろ打席の若い男性が、息をのんでいる気配。笑いをこらえたのかしらん?ひひひ

1,2球PWを打つが当たらない。 

「これだけ長年やっててこんな球しか打てないんだから、ひどいもんだわ。」とぶつぶつ。

9番アイアンに移り、しばらくしてようやくまあまあの球が出る。ふと椅子の孫を見ると目をつぶっている!!(爆)

8:15pmになり、打ち切れないボールをご迷惑をかけた後ろ打席のお兄ちゃんにあげて帰宅した。 

球を打つのも1年ぶりぐらい、その前も何ヶ月も打ったことがなかったろう。体が大きくなっただけで、これだけ振れるようになるんだから、何だかなぁ、わたしが老骨に鞭打って衰退を止めようと努力したって無駄じゃないかと感じて、ちょっと落ち込んだ。

ま、運動代わりと思ってやろう。

ゴルフは結構良いエクササイズと思うのよと孫に言うと、「うん、エアロビクスみたいだ」

う~~~~~~む

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ドローのスタンスで真っ直ぐ打つ | トップページ | 藤圭子逝去のニュースに想う »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドローのスタンスで真っ直ぐ打つ | トップページ | 藤圭子逝去のニュースに想う »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ