« ツァー情報/5月末 | トップページ | メモリアル・トーナメント終了 »

タイガー44/メモリアルトーナメント3R終了

ただの勘だが、今週はタイガーの優勝がない気がしていた。組み合わせを見て、あちゃーと確信を深める(笑)。キーガン・ブラッドレーと組んでイライラしないのはフィル・ミケルソンぐらいじゃないか。いや、そのせいにするつもりは毛頭なくて、悪い予感がますます強くなっただけ。

初日は、パットが入らず、内容よりスコアが悪かった。チップショットがよくない。2日目、フェアウェイキープが14ホール中13ホールでスコアは2オーバー。タイガーのゴルフの真髄からしたら信じ難い。

TV中継前に終わってしまったのでPGAサイトのショットトラッカーでフォローしていくが、5フィートぐらいから3パットが2回あったのじゃないか。

テレビではグリーンがスティンプメーター13か14、それでこの風だ、と言う。アマチュアならまったくパット不可能なグリーンだろう。予選落ちした中国のカンラン・グアンが、「グリーンが稲妻みたいに速い」と言っていたそうだ。

*

土曜日は金曜日にホールアウト出来なかったプレーヤーが早朝に残りホール消化。タイガーの3ラウンド目は9:50、10番ティーからのスタート。

寝ぼけ頭でヨーロッパツァーの中継を見ていると、下に各ツァーのスコアがテロップで出る。

PGA メモリアル タイガー +7

何かの間違いかと思い、PCでリーダーボードを開け、ゴルフメディアサイトを見る。

ハーフ44と大騒ぎになっているではないか!

各ホール、ショットトラッカーで何が起こったかチェックしていく。ティーショットは良い。ハザードに打ち込んだのもツリーラインに行ったものもない。

2打目、3打目でグリーンを外している。ウェッジと思える距離でも外し、グリーンサイドのラフからのチップはグリーン横断しているのもある。

2010年、2011年、ツァー復帰、スイング改造、怪我と続き、ウェッジでグリーンに打てなかった頃の悪夢の再来か。しかし、あの頃はひどかったですな。

悪天候を予期し、3サムで1番と10番に分かれてスタートも早かった。

ゆえに録画中継。中継が始まってみれば、タイガーのスタートから写している。実際見ると、スイングも悪くない。グリーンへ打つアイアンはむしろゆっくりで素晴らしいテンポで振っている。

Memorial_sat_tiger_12th1 Memorial_sat_tiger_12thbk Memorial_sat_tiger_12th2

12番174Y、8番アイアン。ボールを追う目つきから、ショット自体はミスショットではなかったと思うが、ショートしてバンカーの手前アゴへ。右ピン方向へ打てず、左に出す。そこから3打かかりダボ。他のプレーヤーがパットアウトしたあと、池のほうへ歩いていったがボールを池に投げ込んだらしい。

 

コースレポーター「タイガーのボールはすごくスピンすることに気がついたんだ。」 

「ああ、だからショートするね。」と解説のファルドー。

 ほんの少しのミスが風で大きくぶれ、また風のジャッジが悪く、番手不足あるいはショットの選択ミスでショート。

スイングが悪く致命的なミスショットをしたのが、15番の2打目、5番ウッド。あれだけ左へ行くミスを嫌って、徹底したフェード打ち、よもミスしても右へ逃すべくスイングを変えてきたにもかかわらず、あの左ひっかけ。

よほどむっとしたのだろう、隣ホールからの3打目はグリーンにも届かず、下り傾斜のチップはフロントエッジまで転がり、そこから3パットのダボ。

18番は2打目をフェアウェイ左から165Y、8番アイアンの高い球はグリーン前のスロープに当たり転がり戻る。

ここからのチップがどうも理解出来ない。明らかに60度でしょう。ロブショットを打って、ピン下にランド、グリーン下へ転がり戻って、元の場所より遠くなる。

もう1度、今度はバンカー左端越えのロブショット。ピン上へ5フィートへ。鏡のように速い下りパット、止らずピン下11フィートへ。この返しを外してトリプル。素人がスティンプメーター14でパットしたらああだろうな。いや、11でも下りパットなら、パット出来ないのじゃないか。

といういう風にプロ歴初のハーフ44はかくして生まれた。(笑)

フロント9に入り、2連続バーディでスタートも、CBS放送の時間からは写らず、最終9番ボギーでホールアウト後、表情が固いままザック・ジョンソン、ジム・フューリックと握手する姿が写る。

今週チップショットが全てロブショットばかりなのは意図があるのだろうか。こんな風が強い日は、出来るだけ転がすチップが良いに決まっている。

全米オープンを2週間後に控え、大いに発見するところがあった、今日の79だろう。好調が続いたところで、ゴルフにしっぺ返しをされるがゴルフの深み。

風は昨日、今日ほどではないが、明日は雷雨中断の予報が出ており、3サム、両ティースタート。さて誰が辛抱勝ちするか。

タイガーのスコアカードとスタティスティック

メモリアルトーナメント リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ツァー情報/5月末 | トップページ | メモリアル・トーナメント終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

タイガー44の記事読みました。どうも彼は、メリオンの全米オープンを狙っているようですね。ラフをのばした小さなグリーンでは、ロブショットは必須なのでしょう。練習だけでは、不十分で試合の中の緊張した状態でのロブショットを試しているのでしょう。メリオンは、1960年の世界アマでジャック・ニクラウスが66,67,68,68のトータル269で優勝しており、タイガーは、ひそかにそのスコアを破ることを狙っているのだと思います。もちろん1960年と今ではメリオンも改造されて昔よりずっと難しくなっているのですが、ゴルフ用具も著しく進歩して、昔のスティールシャフトにパーシモンと糸巻きボールとは、全く性能が違います。タイガーは、メリオンを試験台にして、若き日のジャック・ニクラウスと自分は、どちらがゴルフが上手いのか試そうとしているのです。メリオンは、昔は、よく全米オープンをやっていたのですが、1981年を最後にその距離の短さから開催されていませんでした。アメリカのゴルファーならメリオンに憧れを持つのは、当然で、タイガーもそうなのでしょう。32年ぶりに開催されるメリオンでのUSオープンに何としても勝ちたいと思っており、メモリアルの44は、彼としては、その準備なのでしょう。

>飯村さん

はじめまして。
ロブショットに関してはわたしもそう思っています。
飯村さんのおっしゃるように、試合で打ちたかったのかも知れません。
メモリアルトーナメントに来る日の火曜日、メリオンで初めて練習ラウンドしたのですが、
記者会見で再びメリオンに行くかと聞かれて、「どのホールでどこに打たなければならないかわかったから、もう行く必要はない。そのショットを家で練習するだけだ」と言っていましたから。

269はすごいスコアですよね。先週ゴルフチャンネルで、71年の全米オープンの3時間編集版をやっていたので興味深く見ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツァー情報/5月末 | トップページ | メモリアル・トーナメント終了 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ