« 第113回全米オープン前夜 | トップページ | 第113回全米オープン終了 »

第113回全米オープン2日目終了

アメリカでは木曜日と金曜日、各13時間のテレビ中継。今日は全部見た。(爆) 雷雨中断で1ラウンド目が2日間に渡ったプレーヤーも多く、誰がどのホールでどうしたのか記憶がごっちゃになってしまった。

今年の全米オープンは6996Yしかないコースであることと、雨量が多かったために球が止り、グリーンも柔らかいというので玄人からゴルフファンまで全米らしからぬロースコアが出ると予想した人が多かった。

USGAは優勝スコアがパー前後になることを好むといわれるが、近年はフェアウェイから離れるにつれラフの高さに段階をつけて刈ったり、ラフを大して深くしなかったりと、昔よりスコアが出る設定にしているとされる。委員長のマイク・デービスは甘ちゃんという批判の声もあるほどだった。

大会前の記者会見で、「風や天候はコントロール出来ないのだから、USGAがスコアをコントロールすることは不可能だ」とデービスは言っていたが、どうだか・・・。

木曜日は雷雨で3時間半も中断。再開後はグリーンはさらに柔らかくボールが止るようになり、今週ではもっとも容易なコンディションとみるプレーヤーが多かった。それでもメリオンはタフだった。

67の3アンダーがロースコア。ラウンド後のプレーヤー達の感想。

リッキー・ファウラー「(雨で)プレー距離は7400か7500Yあるよ。」

ポルター「タフなコースだよ。」

ミケルソン「今日が今週で一番容易なコンディションだろう。それでもみな苦しんでいたからね。」

ゴルフチャンネル解説のシャンブリー「フェアウェイが狭い。1981年の全米オープン時よりずっと難しい。」

同ノビロ「プレーヤー達はこういうタイプのコースに慣れていないんだよ。」

その67を出したミケルソンは大胆だ。

月曜日に雨で練習出来ないとみたミケルソンは急遽カリフォルニア、サンディエゴ近郊の自宅に戻ってしまった。ホームコースで練習したほうがいいと考えたのだ。そして水曜日、長女の中学校の卒業式に出席して、木曜日のスタートタイム1時間半前にコースに戻った。

飛行機の中で多少は寝ただろうが、強行スケジュールだ。1ラウンド目は最初の11番ホールでボギーにした以外、ショットもパットも良かった。3時間半中断している間、クラブハウスで昼寝したそうだ。

ミケルソンと同組の、スティーブ・ストリッカーも好プレー。

*

ということで、木曜日は午後スタートだったタイガー、中断のせいで4:44pmスタート。ここでまあ悪い予感はしたが(笑)、1番ホールのティーショットを打とうとするタイガーの顔を見て愕然。

ナーバスを絵を描いたような表情・・・予感通り、5Wのティーショットは右ラフへ。このラフから叩き出すショットを打ったあと、左腕を痛がる。3パットボギースタート。

このあとも、ラフから打つ度に明らかに痛みを堪えて顔をゆがめていた。

話は飛んで金曜日のラウンドのあとだが、痛みは左肘で、最初に痛みだしたのは優勝したプレーヤーズ・チャンピョンシップということが分かった。(どの程度のものか故障と言うレベルか不明。メモリアル・トーナメントの成績の悪さはその影響があったのかも不明)

プレー距離が長いためか、タイガーはよくドライバーを使いフェアウェイキープは良かった。ショートゲームがひどく、パットもメモリアルで悪かったのをまるで調整してきていないように見えた。

Thursday_tiger_11thleftrough

11番375Y。アイアンでのティーショットを左ラフへ。きついラフでフェースがとられたのかセカンドは大きく左に曲がる。打ったあと痛がるタイガー。

グリーン左ラフからヘリコプターショットでピン右4,5フィートへ。日没サスペンディドで、このパットは翌日に残して終わる。これは賢かったと思う。マックロイはパーパットを外してボギーにした。

*

Fri_tiger_1stround_17th

金曜日は朝7:15から再開。テレビ中継には写らなかったが、11番のパーパットを入れ、13番102Yでバーディ。17番でボギーにして73。

アダム・スコットは、木曜日にタイガーやマックロイを凌駕するショットとパットだったが、一晩明けると残り7ホールでボギー3つ、ダブルボギー1つとがらがら崩れ72。

2ラウンド目も、後半4連続ボギー。タイガーとマックロイが前日よりはるかにタフなコンディションと、きついピンポジションで我慢のゴルフを展開するなか、ほとんど場違いなほど悪かった。

タイガーのパットは2日目の相変わらず悪く、スピード切れでショートするかローサイドに流れることが多い。

マックロイは良いパットをし、ボールがよく転がる。

ようやくタイガーらしさが出たのが4番628Y。良いドライバーショットを打ったが、フェアウェイが右から左に傾いているので最後に左ラフへ入る。セカンドも左ラフだったが、3打目でたたき出してピン左下へ。このショットも凄かったが、このパット入れたのがタイガーの真骨頂。

ここからパットが良くなったように思う。次の5番502Yでは、グリーン下からのチップがショートして、上り右から左に曲がるパットが残る。このパーセーブパットを入れたのは見事。

最後の2ホール、9番219Yでも10番313Yでもバーディチャンスにつけたがパット入れられず。70。マックロイと同スコアでトータル3オーバー。

Fri_rorytiger_finishing

タイガー組は金曜日25ホールをプレー。普通の試合なら何でもないだろうが、全米オープン仕様ではくたびれよう。マックロイはさすがに若い。顔に疲れが出てない。(笑)

終わってみれば、ホーシェルの67は格段の好スコアで、ほかにアンダーパーを出したのは二人(ストリッカーとローズ)。70は非常に良いゴルフだった。

おそらく早いスタート組のほうがコンディションはタフだったのでは。夕方遅くになって風は完全に止っていた。

Fri_phil_4thhole

ミケルソン、スコアは72だが、彼もよく粘ってしのいだ。最終のバーディは見事。先週からパットが非常に良い。今週は悲願達成なるか。

*

マイク・デービスが「明日はスコアを出す日だ」と明言していたので、いくつかティーを前にし、ピンポジションを容易にするだろう。

63はどうか知らないが、誰か65,6を出すかも知れない。リーダーは1アンダーが二人。あと36ホールもあるのだから、ほとんどフィールドの半分はチャンスがある。(笑)

flagリーダーボード

(蛇足)

全米オープンTV観戦前にと水曜日にラウンド。木曜日はタイガーのゴルフにあまりに腹が立ち、夕刻フロント9を歩きで回った。(笑) 書くほどのこともないが、そのうちに書きます。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 第113回全米オープン前夜 | トップページ | 第113回全米オープン終了 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第113回全米オープン前夜 | トップページ | 第113回全米オープン終了 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ