« テレビ/日本滞在記3 | トップページ | ますます乱れるドライバーショット/ハーフラウンド »

ツァー情報/4月末

日本のツァーが見たいと思うことがあるが、先週もそんな試合だった。ブログで書いておられる方がかなりあったので、ジャンボ尾崎の初日62は興奮する快挙だったに違いない。

Jpga_jumboageshoot_rough_4_25 Jpga_jumboageshoot62_4_25_2013 Jpgat_jumboageshoot_green_4_25

 

(画像、あちこちから拝借)

JPGAの選手プロフィールによると尾崎さんは80年代前半は成績が奮わなかったとあるが、80年代半ばから後半だろうか、わたしがテレビ中継を見ていた頃は強い印象しかなかった。

実は自分がゴルフ始める前からゴルフ中継を見始め、見ているうちにコースにはパー3、パー4、パー5のホールがあって、パー数より1打良いのがバーディ、1打悪いのがボギーというゴルフの仕組みを何となく覚えた。(野球もプロ野球中継を見て同様に覚えた。)

その頃見て記憶にあるのが尾崎さんと外国人ゴルファーではグレッグ・ノーマン。もちろん中嶋さんや青木さんも多数勝っている時代だったし、クールなデビッド・イシイもいた。ポパイこと倉本さんも出てきたとき。

何しろゴルフの知識がなかったから、記憶といってもそんな程度だ。

多くの男性ゴルファーが、ジャンボ尾崎の飛距離と豪快なスタイルに心酔したのは想像に難くない。

アメリカで古い世代のゴルファーには日本人プロというとジャンボ・オザーキにイサオ・エイオーキにトミー・ナカジマーの名前が出てくる。名前だけではなく、誰々が勝ったときの全英オープンで、トミーはどうしたこうしたと覚えているから恐れ入る。また、試合観戦にいってジャンボのドライバーショットを見たという人もいる。

(女性ではもちろんチャコ・ヒグチとアヤコ・オカモート)(近年ようやく、アイ・ミヤゾトがファンに定着)

いつぞや日本滞在中のゴルフ中継で尾崎さんの歩き方を見て、この腰痛(坐骨神経痛?)は半端じゃないなと思った。

近年、試合途中で棄権もしばしばのようですが、たゆまぬ努力と勝利への執念は今の世代のプレーヤーには無いものでしょう。

アメリカのゴルフチャンネルでも報道され、記事になった。

*

そのあと、松山英樹が優勝するところがまた盛り上がったことと思う。(笑) 日本人なら誰だって日本人プレーヤーに勝ってもらいたいに決まっている。

アジアアマチュアで、14歳のグアン・ティアンランに負けたのは口惜しかったろう。賞金王になったらまたマスターズに出場出来る。頑張ってもらいたい。

Tsuruyaopen_matsuyama1

しかし、21歳はどんな顔でも可愛い。(いえ、決して不細工と思っているわけではありません) 181cmとJPGAに書いてあるが、大きいのが良い。

*

さてアメリカPGA、来週はウェルス・ファーゴ・チャンピョンシップ。タイガーは故障のとき以外毎年出場していたが、今年は不出場。理由は報道されていない。

開催コースのクエール・ホローのグリーンの状態が非常に悪く、特に8番と10番はパット出来るコンディションではないという。

それも理由の一つかも知れないし、タイガーは毎年マスターズのあと3週間休むが今年のツァースケジュールは3週間目がウェルス・ファーゴの週になっているためと憶測する人もいる。

ローリー・マックロイがマスターズ以来の出場。ミケルソンもプレーする。

やはりタイガーがいない週でも、ここらが出てこないとツァーも地味め。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« テレビ/日本滞在記3 | トップページ | ますます乱れるドライバーショット/ハーフラウンド »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビ/日本滞在記3 | トップページ | ますます乱れるドライバーショット/ハーフラウンド »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ