« WGCマッチプレー第1ラウンド番狂わせのマッチ | トップページ | ロングパターとベリーパターのルール改正大騒動 »

WGCマッチプレー終了とアカデミー賞授賞式

1回戦の記事を書いたあと、すっかり尻切れトンボになっていたが、毎日中継は見ていた。午後は自分の練習や買い物に行くものだから、帰宅してDVRを見てゴルフサイトを読んでいるとあっという間に夜中過ぎ。

まあタイガーが活躍していれば毎日書いたに違いないが。coldsweats01

今日はゴルフが終わったらアカデミー賞まで見て、夜は更けるばかり。近年はアカデミー賞にノミネートされるような映画はあまり見ないが、レート指定が“PG”で子供映画の印象があった“Life Of Pi”に興味を覚え、一人で行った。11部門でノミネートされたそうで、監督賞を始め4部門で獲得。

監督アング・リーは台湾人で大学からアメリカに来た人。映画は子供映画どころか、見ごたえがあって受け取り方によってはいくらでもディープになる。見終わってむしろずっしり来る映画だった。

主演男優賞は“リンカーン”役のダニエル・デイ・ルイス。これはもう発表を待つまでもなく確定だったろう。良い俳優ですね。昔から好きだった。映画はまだ見てない。

助演女優賞が“レ・ミゼラブル”のアン・ハザーウェイ。これも開ける前から明白だった。

アニメーション映画は“Brave”。これは孫と見に行ったが良い映画で、大昔を題材にしながら今様の時代の趨勢を上手く入れて、いまどきの子供映画はよく出来ている。

オリジナル脚本賞は、“Dijango Unchained”のクエンティン・タランティーノ。パルプ・フィクションを越える作品を作れるとも思えないが、彼は映画界からも映画ファンからも愛されているように思う。ハリウッドのサクセスストーリー。高校中退、9年生で中退というから日本なら中学3年生。5年間、ビデオショップで働いていた。

咳もかなり収まったことだし、映画も見にいかねば。(笑)

*             *              *

しかし、今年のマッチプレーは最初から最後まで異常な寒さに見舞われた。標高が高いところにあるマウンテンデザートというので、稀には寒波が来て冷え込むこともあるらしいが、雪が消えたあとも週を通して気温は上らずじまい。

今日朝7時からのセミファイナルマッチは気温6.6度、強い風は3度未満だったそうだ。

いくら若いアスリートでも、朝7時じゃあ肩も回るまいとちょっと気の毒。優勝賞金$1.5ミリオンダラーだから、そりゃ我慢する。(笑)

セミファイナルに残ったのはジェイソン・デイ、マット・クーチャー、イアン・ポールター、ハンター・メイハン。

正直言ってジェイソン・デイがここまで勝ち上がってきたのは驚き。ヤングガンと期待されたが1勝だけで成績が伸びず。去年は故障や第一子の誕生があったが、今年はもう一度ゴルフに集中すべき時と本人。まだ25歳。

中継中たびたび解説のジョニー・ミラーがデイはものすごくダウンスイングが速いとネガティブな意味で言っていた。まあ早い話が、何でも満振りすると言っているのだ。

同じオーストラリア出身のPGAチャンピョンシップ優勝者スティーブ・エルキントンがツィッターを持っており、彼の歯に衣着せぬ口調が大好きで愛読している。(笑)

デイは速く振り過ぎる、3分2スイングをするべき。人に聞かれ、デイは「(色々な)ショットを持っていない」と答えている。ショットの種類を持っていないということ。

セミファイナルでマット・クーチャーに4&3で負けたが、3位決定戦ではイアン・ポールターに1UPで勝った。ポールターは普段からティーショットが乱れだすと、修正がきかない傾向がある。低温で強風の酷いコンディション、少しの軌道のずれが最悪の結果になる。

*

クーチャーとメイハンの決勝マッチ。

去年のマッチプレーに優勝したメイハンは、決勝マッチの4番ホールでクーチャーに勝たれ1ダウンになるまで、過去11マッチ、169ホール連続でダウンになることがなかったというだからすざまじい。

バーディチャンスはパットが入らず、グリーンは逃しで8ホールであっという間に4ダウンになった。

メイハン10番11番でホールを獲り、2ダウンに縮めたが、良いプレーをしてもクーチャーも負けずとバーディを獲る。時折突風も吹く厳しいコンディションで、後半ハーフのうちメイハンがバーディ4つ、クーチャーがバーディ3つ獲っているのだから、素晴らしいゴルフをしていたと言える。

Wgcmatch_sun_kuch15thhole Wgcmatch_sun_kuchmahan

クーチャーが2UPとリードしていたとは言え、運の差で17番ホールが最後になった。同じようにドライバーでのティーショットが右フェアウェイバンカーに入ったが、クーチャーのライは良く、メイハンのボールは下4分の1ぐらいが砂に沈んでいた。

後半はひっくり返るかと思わせるメイハンの追い上げで一方的勝負にならずにすんだ。

Wgcmatch_sun_kuch_trophy Wgcmatch_sun_kuchfamily

マット・クーチャーはこれでPGAツァー5勝。ここ2,3年は特に安定したプレーヤーで去年のプレーヤーズ・チャンピョンシップに優勝して、一つ格をつけた。これほどショートゲームが上手い人とは知らなかった。

 

右の画像、パパとママがキスしているのを左側の息子が笑顔で見上げていて可愛い。クーチャーはいつもニコニコしてコースで短気を起こしているところも見たことがない。絵にかいたようなファーミリーだ。

 

ということで雪で始まり強風で終わった、アリゾナのマッチプレーだったが来週は暖かいフロリダ州で、ホンダクラシック。タイガーとマックロイも出場。今度こそ4日間ゴルフを見たいもの。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« WGCマッチプレー第1ラウンド番狂わせのマッチ | トップページ | ロングパターとベリーパターのルール改正大騒動 »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WGCマッチプレー第1ラウンド番狂わせのマッチ | トップページ | ロングパターとベリーパターのルール改正大騒動 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ