« 忘れた間に一月いぬる | トップページ | Phil the Thrill/フィル・ミケルソンPGA41勝目 »

「パーフェクトなスイングをしようと思うな」

今日帰宅するとき、金曜日とは言え午後4時だからまだラッシュは大したことないだろうと思ったら大間違い。

高速10号に乗ってすぐ405号に乗換える。それに入る高架の2車線が渋滞していて、合流地点は1車線に狭まるから地上からはるか高い空中でのろのろしか進まない。

先日の中国の事故、花火を積載した車が爆発、他の車も数十メートル下に落下したという悪夢顔負けの事故を思い出して、いや~~~な気分。

誰も好きな人はいないかも知れないが、わたしはただでさえ高所恐怖症で、高架に乗っていると思うだけで身がすくむのに、しばしビルを眼下に見るのは実に心臓に悪かった。

*

今日はマスク無しで外出。少しずつ症状も消えている・・・19日目の風邪の話。

消えた2週間を挽回しないといつまで経ってもコースに出られやしない。ということで今日もレッスン。

始めの数球はまるで当たらなかったが、えーっとどうやるんだっけ?テークバックで肩が入ってないなぁ、アドレスで頭かしげすぎてやしないか?・・と頭の中はもやもやで打っていた。

先生「パーフェクトなスイングをしようと思うな。」

メリー「はぁー。(苦笑)」

図星だ。

わたしはどちらかというとパーフェクショニストで、良いスイングする体力も筋力も運動神経も無いくせに、無意識に完璧なスイングを目指す傾向がある。

先生「そのとき、そのときで、ボールにベストなコンタクトが出来るように努めるんだ。」

とそのあと言われた。

メリー「はぁーベストなコンタクトね・・。」

1回、すーっとボールがクラブフェースを通り抜けるような感触で当たって気分良かったが、狙いより10ヤードも左へ飛んだ。

メリー「今の、良い当たりだったのに何で左に行ったんです?」

先生「スイングが悪いからだ。」

( ̄□ ̄|||

メリー「どこが悪かったんです?」

(いちいち聞く前に指摘して欲しいわ!)

先生「フォローで前に(飛球方向に)腕を伸ばさないからだ。」

あーそうか、ふむふむ。(何を今頃・・・呆れ)

その時とは別に、シャフトが体の前を通るときに両腕が縮んでしまっていることを指摘された。

後半は、大きくスイングすること、フォローで長く腕を放り投げるようにスイングすること、球の行方を気にかけずにそれをやることに集中。

だいぶ良くなってきた。

近年はよくコンパクトスイングやショートスイングが言われるけれど、レッスンで直されること以外に、わたしは大きなアークでスイングすることを目指している。

自分の歳になると体の柔軟性がなくなり、筋力は落ち、スイングはどんどん短く、ちまちま振るようになるからだ。

ということで、あと2、3回でコースに出たいもの。

*           *             *

Phoenixopen_fri_phil_15th_eagle Phoenixopen_fri_phil_17th3w

ミケルソンは今日も良いゴルフをして、最終ホールをダブルボギーにしたものの65、トータル17アンダー。

タイガーも先週初日1回と最終日1回ダボがあって、4打差で優勝している。

ロースコアが出るのは新しいドライバーで良いティーショットを打てるからだと宣伝を言っていたミケルソン。その通りだが、アイアンも素晴らしい。

12番ホール、214Yをピンハイ左4,5フィート。左バンカー、右池、奥池。同組のファウラーやダフナー、一組後ろのスネディカーのティーショットを見ると、そう容易なホールではないことが分かる。

15番の552Yも、下り傾斜か気温が高く乾燥してボールが飛ぶのかティーショット354ヤード。ほかの二人はそれほど行ってないから、やはりドライバー&シャフトがミケルソンのスイングに合ったのでしょうね。

セカンド192Y、ボールはピッチマークをつけ1バウンスで3フィートに止った。すざまじい。

依然として4打差の首位。

あの16番のうるささには閉口するが、この試合は年に一度のフェスティバルだから、これはこれで良いと思う。わたしはこういうコースは好みじゃないけれども。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 忘れた間に一月いぬる | トップページ | Phil the Thrill/フィル・ミケルソンPGA41勝目 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

ふふふ
アニカがルックアップするようになった頃を思い出しました
ツアールーキーの頃にはまだルックアップしていなかったんですよ
で、なんでするようになったのか?
たぶん引っ掛けてフックしないようにだと思うんです
時々右手を離して左手だけでフィニッシュする時あったんですよね
スウィングはいろんなシチュエーションでいろんな軌道を通って降りてくる
で、要はインパクトでフェース面がスクエアにコンタクトできることが大切ですよね
試行錯誤はあったと思いますがアニカにはルックアップする事で
ちょうど良い感じのインパクトが作れたのだと思います
計算上はスクエアにインパクトできればスライスしようがフックしようが
狙ったところに戻ってくるはずですからね~(笑)
で、セカンドショットの後の残りがおよそ2m位についていたんじゃあないでしょうか
バーディー取れるはずですよね(笑)

>Ezさん

アニカがルーキーの頃は後年のようなスイングでなかったとは知りませんでした。
そのころは仕事が変則で大してTV中継は見てなかったのです。
素人には望外のことですが、インパクトでフェースがスクエアに当たる天才は、
バイロン・ネルソンだったのじゃないかと見たこともないのにわたしは思っています。(笑)

アニカがツァーにいたのはもう遠い昔に感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れた間に一月いぬる | トップページ | Phil the Thrill/フィル・ミケルソンPGA41勝目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ