« 「パーフェクトなスイングをしようと思うな」 | トップページ | また増えた! »

Phil the Thrill/フィル・ミケルソンPGA41勝目

昨日土曜日、フィル・ミケルソンの3ラウンド、最初の数ホールを見ていて彼の優勝を確信したので、昨日も今日も大して注視していなかった。

TVをつけてはいるが、ランチを作ったり掃除機をかけたり(笑)、その時間に見逃した部分は巻き戻して見る。その程度。

ドライバーの安定度もさることながら、あのアイアンショットは、急に崩れることは有り得ない。6打差で最終日に臨んで勝利を吹き飛ばすわけがない。

誰が言い出したのか、“Phil the Thrill”(フィル・ザ・スリル)がミケルソンのニックネームだ。

長くゴルフ中継を見てきた人は数々の記憶があると思うが、トラブルからリスキーなショットを選択して悪くてもボギーですむところをダブルボギーにする。

その最たるものが、2006年ウィングドフット開催の全米オープン、最終日最終ホール。つい先日も記者会見で、自分はときどき馬鹿な間違いをする、あの最終ホールの2打目もウェッジでフェアウェイに出すべきだったと言って記者達の笑いを誘っていた。

ちなみに、ミケルソンの記者会見はいつもおもしろい。ウィットに富み、ジョークが上手い。頭の回転が速い人だ。

今週NBCの解説者ジョニー・ミラーが言っていたが、ミケルソンはスピンを少なくするためロフトがないドライバーを使い(5.5度と人に聞いたが正確な情報か不明)、ボールを揚がらせるためアドレスで左肩を下げてスイングしていた。ゆえにショットが不安定だったという。

この新しいドライバー、RAZR Fit Xtremeはロフト9.5度でスピンレートが低く、よってスイングを細工せずに振れる。

急遽ブッチ・ハーマンに飛んできてもらい、その練習風景がゴルフチャンネルで写されていたが、ミケルソンのレベルも、アベレージアマチュアのレベルも、両肩をボールを軸にしてターンするように直されるのは同じなのだと非常に興味深く、一種感激するものがあった。

ラウンド後のインタビューで、「非常にナーバスになっていたから・・・云々」

なぜナーバスになっていたのかと聞かれ、「長いこと優勝していなかったらね。」

およそ1年前のペブルビーチ・プロアマで勝って以来だ。(来週)

タイガーとミケルソンはコースでの態度が正反対。ミケルソンは同伴プレーヤーの好プレーに大っぴらにジェスチャーで誉め、ギャラリーに親指を上げ、ロープに並ぶファンに触る。

ラウンド後のサインは、呆れるほど長い。

人というのはおかしなもので、そういった面が好きな人は大ミケルソンファンになり、それが鼻につくという人は何から何まで嫌いになる。

日本人には理解しがたいところかも知れないが、アンチタイガーファンはえてしてミケルソンファンで、逆もしかり。

タイガーもミケルソンも、この16,7年プロゴルフ界の人気を支えてきた巨人だと思う。両者、その才能とゴルフへの熱情、人気とも群を抜いている。

今シーズン始まって早々と両タイクンが優勝したということで、ますます楽しみだ。

Phoenixopen_sun_7thpar3_birdie Phoenixopen_sun_philsnedeker_7thpar Phoenixopen_sun_phil_18thgreen

7番パー3。グリーン右端にあるボールから右に食い込んだエッジぎりぎりのライン、長い上り、リッジ越えのパットを入れて予想外のバーディ(画像左)。そのあとバーディを入れたスネディカーとタッチするミケルソン(中)。18番グリーン、ギャラリーに応える。

flagリーダーボード

*            *           *

ゴルフ中継が終わり小1時間してNFLのスーパーボールが始まった。カリフォルニアのチームである49ersが精彩がないので寝こけてしまった。(爆)

途中で30分もスタジアムが停電するアホらしさ。危ない。開発途上国じゃあるまいし考えられない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 「パーフェクトなスイングをしようと思うな」 | トップページ | また増えた! »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ(*^_^*)
私もミケルソンがオーガスタでドラ二本作戦、しかもロフトが7度か6度、聞いて早速8.5度に変えた経緯あり、あれから二本作戦(8.5度と13度)を続けましたが・・・・。

76歳になった今年から10.5度で手堅いゴルフをしますが・・・(*^_^*)。
ところで、私はタイガーもミケルも好きですheart02

>palamentさん

ミケルソンは大胆な人ですよね。何のトーナメントか忘れましたが、ドライバーを全く持ってこなかった試合もありました。
白人と黒人ということもあると思うのですが、アメリカ人はどちかのファンでもう一人を毛嫌いする人も少なくないです。
ゴルフが好きな人なら、これだけのプレーヤーですから両方好きになるというか、どちらのゴルフも好きなのが普通と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「パーフェクトなスイングをしようと思うな」 | トップページ | また増えた! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ