« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

ノーザントラスト・LAオープン帰結とタイガーニュース

今年のLAオープンはめずらしく4日間天気にめぐまれた。ことに金曜日と土曜日は25℃と26℃。大した風も吹かず、連日スコア日和だったと言える。

この時期のロスは冬の雨季で、1月2月は雨も多い。今のPGAプロはボールのせいか異常に飛ばす人ばかりだが、リビエラは長いコース。雨が降ると格段にプレー距離が長くなり、悪名高いキクユグラスのラフが更にきつくなる。

初日から3日目までは64,5のロースコアが出ていたが、最終日、ついにコースがプレーヤーにリベンジする様相になってきた。

*

ツァー複数回優勝者やメジャー優勝者らが上位を占めていたので、3打差でリードしていたビル・ハスが勝てないとしたら、-9のウェブ・シンプソンやシャール・シュワッツェル、-8のルーク・ドナルドあたりが上ってくるかと思ったが、今週は予想通りにいかなかった。

中盤にかかると誰もかれもフェアウェイを逃し、セカンドでグリーンを逃し、サンデーバック9というがバック9に入る前からみな崩れていったのは、おもしろいほどだった。

Northerntrustopen_18thgreen_chirlie

最初にチャーリー・ベルジャンが18番ホールをバーディにして11アンダーで上がる。

この人ははっきり言ってけったいな人で、ミスショットを打ったりパットが外れると、駄々っ子のような仕草をする。去年PGAルーキーで11月にチルドレンズ・ミラクル・ネットワークホスピタル・クラッシック(長っ)という試合に優勝。

それまでのプロ歴は地方のミニツァーでプレーしていた。パニックアタックの病歴があり、その試合でも何度もフェアウェイやラフでへたっているシーンが見られた。

*

シャール・シュワーツェルも、フレドリック・ヤコブセンも1打及ばず、ジョン・メリンズのみがベルジャンとプレーオフへ。

去年からプレーオフは18番ホール→10番ホールが使われるようになった。

18番を両者パーにして、10番短いパー4へ。今日のヤーデージは313Yではなかったか。

ジョン・メリックはアイアンでティーショット。

Northerntrustopen_playoff_10thteesh

続くベルジャンはドライバー。彼はただでもロングヒッター。ティーショットは大きすぎてグリーン向こう側へ。

メリック、87Yからのセカンドショットをピン下へ。18フィート。

ベルジャン、キクユグラスのラフからのセカンドショットはグリーン左下のフリンジ。3打目はピン右上へ。

このグリーンは右から(フェアウェイからは手前側)から向こう側は傾斜している。ベルジャンはたった4フィート7インチのパットだったが、下りの速いパット。

Northerntrustopen_playoff_10thgreen

メリックが2パットパーとしたあと、ベルジャンはこのパットを外して勝負あったり。

ベルジャンは「10番はプレーオフにはタフだ。」「1万回まわってもどうやってプレーするのが良いのか分からないと思うよ。」「レイアップしてバーディとったし、レイアップしてボギーにもした。」「2回グリーン狙って2回ともボギーだ。」

と延々10番ホールの悪口を言って男を下げた。

まあコースに対する意見は分かれるかも知れないが、ジャック・ニクラウスがリビエラの10番は短いパー4では世界一のホールだと言っているのに、御存知ないらしい。

あの、キャディーがショットの度、後ろに立ち、パットにいたってはグリーンにはいつくばってベルジャンのラインが合っているか確認するのは例外なくゴルフファンが憤慨していた。

ということで、長い歴史があるLAオープンにロス出身のプロが勝つのは初めてだそうだ。ロス南ロングビーチ出身、リビエラのすぐ近くのUCLA大学出。UCLAのゴルフ部で何百回とプレーしたろう。

子供の頃、LAオープンを見に来て以来、この試合に出場するのが夢だったという。まして優勝出来るとは・・・と感無量の様子。

30歳(訂正)、2児の父親。PGA初優勝。

ノーザントラスト・LAオープンリーダーボード

*

もう一つ、ゴルフ関連のニュース。

アメリカはこの月曜日、プレジデンツ・デーの祭日。

よってオバマ大統領は、ゴルフバケーション中。ファーストレディーと娘さん二人はコロラドへスキー旅行。

土曜日はブッチ・ハーマン(元タイガーのコーチ)とその息子にゴルフレッスンを受け、コースにも出て一緒に回った。

Floridianyachtgolfclub

今日日曜日は、フロリダのパーム・シティーのザ・フロリディアン・ヨット&ゴルフクラブで、タイガー・ウッズ、リゾートのオーナーであるジム・クレーンやアメリカ貿易代表ロン・カークとラウンドした。(画像:これがクラブハウスらしい)

娯楽優先ということで、全員フロントティーから回り、タイガーは1番ホールでグリーンサイドバンカーからチップインバーディ、また14番378Yではドライバーでほとんどグリーンにオンしそうになるなど大統領を楽しませたそうである。

オバマ大統領はもうハーフ回ったが、タイガーは来週のアクセンチュア・マッチプレーに向けアリゾナに向かわなければならないということで18ホールのみでコースを出た。

ゴルフ場はメディア禁止。よって写真もない。

これらの情報は、ザ・フロリディアンのメンバーであるゴルフライターのティム・ローズフォルテがクラブハウスにつめてツイッターで流したもの。

Tim Roseforte Twitter

タイガーはノーコメントで去ったが、大統領とのラウンドの話はマッチプレー・チャンピョンシップの記者会見(火曜日)で話すそうだ。

素晴らしいゴルフバケーションになったことだろう。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ゴルフはハードなスポーツ 

ゴルフやったことがない人達が、「ゴルフはスポーツじゃない」「ゴルフは運動出来ないヤツがする遊び」などと、ゴルフを見下す気持ち丸出しで言うのは腹が立つ。

おまえもやってみろ。球に当たって何ぼ、まっすぐ打って何ぼ、そのうえスコアにして何ぼだぞ。

たかがチップの練習したぐらいで歩行困難になって、ゴルフの非情さに凹んでいる。(笑)

わたしは何事もせっかちで、歩くのもせかせか、ゴルフもちゃかちゃかと回る。時間がたっぷりあっても料理するのも大急ぎ。昨日チャイニーズマッサージに行って、終わると下半身の痛みが消え、すっかり忘れてモールを速足で歩いてハタと気づいてスローダウン。

しかし、100歩も歩くうちまた痛くなった。

今日娘にママは歩き方が悪いと言われた。腰が痛い時は特に踵に力が入り、ドスドスと大きな足音を立てるそうだ。

少しゆっくり上品に歩こうと鏡を見て練習。わははは

*

最近では、先週ペブルビーチ・プロアマで優勝したブランディト・スネディカーが肋骨を傷めているということで、来週のアクセンチュア・マッチプレーチャンピョンシップを棄権表明。

彼は今32歳だが、2011年終わりに右ヒップの手術を受け、2009年にも2ヶ月休んでいる。これも肋骨の怪我じゃないかと思う。

去年の終わりから今年にかけて最も活躍しているプレーヤー・・・人一倍練習したからの活躍だろうし、その人一倍の練習が故障の原因とも言える。

今ワールドゴルフランキング4位ですからね。

*

ここ2,3年、ツァーで苦闘しているカナダのマイク・ウィアー。2011年、ついに肘の手術をした。2,3週間前のインタビューで、まだ痛みはある、テークバックする時痛むのでそれと折り合うスイングに慣れようとしているところだと語っていた。

2010年からすざまじい数の予選落ち。2011年ツァーカードも失って、今年はPGAで招待選手枠でプレー。歴代賞金ランキング25位以内は、招待試合数に制限がないそうだ。(ウィアーは18位)

Mikeweir

今まで5試合に出場して、予選通過は2試合だが、復活してきているのが見て取れる。今週のノーザントラスト・LAオープンも出場。過去2勝している。

何か応援したくなるプレーヤーの一人です。頑張ってほしい。

この試合の入場チケットをくれると言われたが、今の右下肢の痛みではコースを歩くどころか、駐車場からコースまでたどり着けそうもないので遠慮した。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

見てきました・・

:

最初の2週間余は確かに風邪だったが、ここ1週間かそこら咳の質が変わって、これはアレルギーと思う。日本でいう花粉症。

数年前にアレルギーの咳が激しく止らなかったとき、肺の検査して喘息じゃないか調べてもらった。以後、出る年も春先の1,2ヶ月で出ない年もある程度。

寒暖の差が激しいし、風がある日も多く、冬だから雨も降る。花粉症は杉と決まったものではないようで、ゴルファーなどは夏草でも起こすらしい。

夕食後、抗ヒスタミン剤を飲んだので眠くて、キーボードの上に転がりそうです。

ということで、手短に。

*

ついに、待ちに待った、マーク金井さんのナイキVR-S Covertドライバーの試打レポートが出た。

彼は男性で、日本人ではロングヒッターのほうだろうと思うが、やはり試打インプレッションは参考になる。

GDOの記事 左下方に「打ってみると」「自分に合ったスペックは?」などがある。

採点グラフで、飛距離が4点になっていてちょっとがっかり。(笑)

操作性などほかの分野はどうでも良い、わたしは「飛ぶ」ドライバーを探しているだけだから。

昨日実物をゴルフショップに見に行ってきた。

この店は盗難防止に新しいクラブにはシャフトに、ゴム製クリップみたいなものが着いている。

それを考慮しても重い気がする。

お店のお兄ちゃんに、クラブ総重量を計ってみてくれるように頼んだ。

「315グラムです」

重っ!

Rogerdunn_clubshelf

「わたしには重すぎるわぁー」と左の棚から、右90度へ向きなおして別な棚を見る。

お兄ちゃん「男性用クラブですか?」

メリー「いいや、レディースよ。」

お兄ちゃん、一番上の右端に詰め込んであるナイキの赤コバートを抜き出し、「レディースのほうが軽いと思いますよ。」と奥の工房へ消える。

「299グラムです」

(-。ー|||

まだ重いよぉー。今使っているテーラーメイドSuperfastは280gちょっとだから、格段に重い。

28グラムや30数グラムなんていうグリップもあるから、グリップを交換すれば10数グラムは落ちると思うが。

「今腰が痛くて歩くのもやっとで試打も出来ないから、また来ます」と帰ってきた。

*

実を言うと、チップショットのあまりの全滅ぶりに、金曜日SWとギャップウェッジのレッスンを受け(打席マットで)、土曜日はチップ練習エリアで短いチップの練習をかなりやった。

常にほかの人が3,4人いたので、ゆっくりゆっくりやったのだけど、そのあとパットの練習もやって・・・・・(呆れ)

お天気良く、とっくりのセーターで汗かいて、疲れて10時間ぐらい寝た。(爆)

翌朝いきなり痛く、腰曲げてよろよろ歩く有様。

腰ではなくて(腰も痛いが)、右臀部が激しく痛み右下肢のあちこちにその痛みが駆け抜ける。

ひぃ~~~~~~~~~~

今日はチャイニーズマッサージに行って、ジムトーレーナーがやるようなストレッチまでしてくれてかなり気分が良かった。

*

Nike_womensvrscovertNike_womensvrscovert_crown

ナイキVR-Sコバートドライバーは、見た目が可愛い。色やデザインがキュート。

しかし、漠然とした勘だが、今のドライバーに比して特別飛ぶようには見えなかった。

マーク金井氏も飛距離4点しかつけてないし。(笑)

彼が飛距離5点満点にしているのが2,3あったと思うが、テーラーメイドSuperfastもその1本だったと記憶している。2010年型・・・わたしのと同じ。

あーあーああ、ここで行き詰った。

沈思黙考。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

これは売れるかもしれない

昨日午後は10.5℃、風も強くてすごく寒く感じた。打席を待つ間も飛んだり跳ねたりして動いていないと体が震えるようだった。

今日は14℃。平年より5度以上も低いが、陽射しが強かったのか日向でチップの練習やパットをしていると汗が出てきた。コットンのとっくりセーターがうらめしかった。

*

たしか2月4日に発売ということで、一般ゴルファーのレビューが出てないかネットで探し回っていた。

ネットオークションeBayでは、たくさんの出品にかなりbid(入札というのだ、知らなかった)が入っている。

何の話かというと、NIKEのキャビティーバックドライバー。VR-S CovertとVR-S Covert Tour。

単なる勘だけれども、去年11月この話を聞いたときに、これは売れるかもと思ったのだけど、やっぱりねぇ。

個人的にはキャビティーバックに特に魅力は感じないが、鮮やかな赤と西洋梨のシェープをしたヘッド、見た目が派手で可愛い。

数日前からナイキは新しいコマーシャルを流し出した。今度はマックロイの出演はなく、タイガーと素人ゴルファー達。

ドライバーが飛びすぎて前の組がグリーンにいるところへ打ち込んでは謝るというシナリオ。(笑)

最後はタイガーがパットしているところに打ち込まれる。打ったゴルファーの友達が、“He's coming.” タイガーがゴルファー達へ向かって歩き、男性二人がカートで逃げていく。

それからティーチングプロが試したビデオも2,3見つかった。この人は元PGAルーキー・オブ・ザ・イヤーで、現在ティーチングプロ。2球目で故意にトウ寄り、3球目でヒール寄りで打っている。

既に打ってみたという人の感想はポジティブなものばかり。注文して届くのを待っている人が多いようだ。

おそらく、わたしには重すぎるだろうが(何しろテーラーメイドのSuperfastというアメリカメーカーのクラブでは最軽量のドライバーを使ってきたので)、ショップに行ってみようと思う。

*

AT&TペブルビーチProAmは素人の醜いスイングやミスショットを見たくないので(今日はまたそのひどいスイングをスイング解析したりしてアホらしい)、ほとんど見てないが、フィル・ミケルソンがペブルビーチの18番ティーショットを左の海へ打ち込んだ。

ボールの行方を見にいこうと、崖を降りていったミケルソン、海草のついた岩で足を滑らせ仰向けに倒れた。見ていてこちらのほうが飛び上がりそうだった。

危ないところでした。尾てい骨骨折、あるいは頭を強打する可能性もあったような転びようだった。

何で降りていったか、カメラでは近くにキャディーも見えなかったが、キャディーの制止をきかずに降りたか、どうだったんだろう。最終トリプルボギーにしたがカットラインで予選通過。

首位タイのスネディカー、三度目の正直で今週は優勝なるか・・?

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

スコアカードとラウンド解析

昨日はラッキーでした。あらかじめ予想気温は調べておいたが、日中は17℃に上り途中1時間かそこら半袖でラウンド。

今日は一転、またしても終日曇天で、気温は一向に上がらず、娘と寒いね寒いねの連発。AT&TペブルビーチProAmも寒そうだった。アマチュアのスイングを見るのは嫌いだから、TVはつけっぱなしで見てなかったが。

*

今頃になってこのコースのサイトでスコアカードを見つけたのでせっかくだから、書き込みました。(笑) マウスで書き込むから字が汚くてすみません。「6」が難しかった。

↓クリックすると大きくなりますが、niftyのブログは別窓で開けません。

Sepulveda_balboa_feb6th_2013_s

今日見ていて思いだしたが、ここはパー3ホールが3箇所しかない。忘れていたうえ、回っているときも忘れていた。(爆)

黒数字がスコア。14番パー4のトリプルボギーはESC(日本でいうコントロールスコア?)は、「6」になる。(下段に女性のパー数とホールハンディキャップが記載してあるので、下に書いた。)

なお、プレーしたのは白ティーから。このティーは2,3年まで赤でレディースティーだった(ランチョも同様)。ペンキで色を塗り替えた(笑)。レギュラーティーは青。バックが黒。

黄色のフォワードティーは最近新設、去年試したが状態劣悪で打ちづらいのでやめた。

*

緑丸印がティーショットでフェアウェイキープしたホール。15ホール中12ホールで80%、飛距離を考えると別に喜ぶほどのことはない。

8番389Yは、ティーグラウンドがハゲちょろけのうえ濡れていて左靴が滑って、右ツリーラインへ行ったもの。右カート道のように見えたが舗装してなかったのでカート道と見なせずそのままプレー。

木の枝や葉っぱが垂れている下を抜くため、ダートから3Wでパンチアウトしてローショットを打った。タイガーかと思ったわ。(爆爆) 上手く打てたが、左ラフまでつき抜け、残り距離が長すぎてダブルボギー。

<解析>

★昨日の記事で、延々とウェッジの悪さを書いたが・・・。

ギャップウェッジやSWの距離から4打かかったホール:

4番パー3、7番パー4、10番パー4、14番パー4の4箇所。

★ティーショットの悪さから挽回出来ずにWボギーにしたホール:

4番パー3(ドライバー)、8番パー4の2箇所。

☆チップの寄せワンパーのホール:

11番パー4と15番パー4の2箇所。

☆ドライバーでのティーショットの距離

まともに当たったものでは155Y~180Y(1回だけ)

ま、こんなところです。

明日からギャップウェッジとSWのスイング矯正に励む所存です。(爆)

*            *             *

日本では60年代、イタリアのカンツォーネ、フランスのシャンソンやポップスがよくヒットしました。カンツァーネなどは日本人の情感に合ったのじゃないかと思う。

“アルディラ”

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

ハッピーゴルフ/2ラウンド目2013年

ハッピーゴルフという言葉はないが、ハッピーなときはコースに出ないとね。昨日息子宅に次男が生まれたので、おめでたいってことで風邪もものかは、ゴルフに行ってきました。

うちの辺りは晴れていたのに、高速を北に上ると向こうの空は雲が低く落ちている。うっとうし~~~~~い。

と思ったら駐車場に着くと陽が燦々で速攻UVプロテクションの帽子をかぶった。

まだスイングを矯正をしている最中、コースに出てもいいんだか分からないが、風邪引き歴3週間。もういい加減うちにいるのもアキアキしてきた。

ということで、まあ何とかなるだろう。

レッスンは全てアイアン。8番アイアンまでしか打ったことないので、ウッドが不安だったんだけど、「ウッドもアイアンで教わったスイングと同じはず」と自分に言い聞かせた。

1番371Y。ドライバーも5Wもまあまあで、3打目8番アイアンをダフったぁ!

何なの?

SWでのチップも大ショート。っていうか方向もずれてる。4m以上のパット入れてボギー。ふぅー。

レッスンで言われたスイングを実践しようと、それだけに集中した。

心配したウッドはかなり良かった。ミスショットもあったが、総じてゆっくり良いスイングが出来たと思うし、フェアウェイ真ん中に打ったホールが多かった。

何が足を引っ張ったか。

SWですよ。考えられないミスの連続。

4番パー3、172Y。左下ラフからSWをトップ、奥ラフまで転がる。次のチップは下り傾斜でピンを大きく通り越す。Wボギー。

7番365Y。3打目ギャップウェッジを大ダフリ つぎ、SWでまたショートあ~ああ~ああ~。エッジからパーで寄せてWボギー。

10番362Y。3打目ギャップウェッジはショット自体は☆印だった。エッジを蹴上がらずわずかにショート。つぎー、SWでトップ。グリーンのてっぺんから長い下りパットを寄せてWボギー。

まだまだ続く・・・・。

14番366Y。セカンドがライがひどく(濡れたベアグラウンドが乾いてコチンコチンのコンクリート状態)5W×、3打目でまだ7Wを打つ始末。グリーンに少しショート。そこからまたしてもSWをトップ。奥ラフまでいって・・・このホール終われないかと思った。トリプル。

とうとう最終ホールまで引き摺った。337Y、ティーショットと2打目は悪いながらもグリーン左下まで来た。そこからSWがショート。パターで寄せてかろうじてボギー。

馬鹿も休み休みにしろっていうか、どうしてこんなことになっちゃったのか分かりません。

スコアリングクラブっていうけど、おそらくギャップウェッジとサンドウェッジのミスで4打落としたと思う。

が、スイングを直しているところだから、どっかがお留守になるのは仕方がないのかも知れない。

病み上がりなので、しんどくなったら無理せず途中でやめるつもりだったけど、同伴の3人のうち2サムの紳士がスローだったにも関わらず、最後まで回れて自分でも驚いた。

フロント9/3331Y(女性にパー38)、スコア49(16パット)

バック9/2784Y(パー35)、スコア43(14パット)  

Total 6115Y、CR75.0 Slope126

Balboa_5th_s Balboa_5th_goose_s

(左)5番482Y。ここの4打目、PWがレッスン時に言われたスイングが出来たと感じた。カップをかすりそうになってピン右上へ。

(右)なぜかこのコースは来る度にグースが増えている。繁殖期なのか、ギーギー、クークーとうるさかった。

Balboa_13thgreen_s

13番134Y、右斜めからのアゲンスト。7Wでピンに飛んでいったが、バンカー上空で左に落ちた。爪先上がりのバンカーショットは何とか出た。

パットは左に引っ張ったのや右にプッシュしたときもあったが、短いのは一度も外さなかったし、長い上りや下りをカップ回りに寄せたりと内容は良かった。

マスクをしてコホッコホッ、ゼイゼイ言いながらパットの練習はちょこちょこ行っていたので・・・だから咳が治らないのよね。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

Phil the Thrill/フィル・ミケルソンPGA41勝目

昨日土曜日、フィル・ミケルソンの3ラウンド、最初の数ホールを見ていて彼の優勝を確信したので、昨日も今日も大して注視していなかった。

TVをつけてはいるが、ランチを作ったり掃除機をかけたり(笑)、その時間に見逃した部分は巻き戻して見る。その程度。

ドライバーの安定度もさることながら、あのアイアンショットは、急に崩れることは有り得ない。6打差で最終日に臨んで勝利を吹き飛ばすわけがない。

誰が言い出したのか、“Phil the Thrill”(フィル・ザ・スリル)がミケルソンのニックネームだ。

長くゴルフ中継を見てきた人は数々の記憶があると思うが、トラブルからリスキーなショットを選択して悪くてもボギーですむところをダブルボギーにする。

その最たるものが、2006年ウィングドフット開催の全米オープン、最終日最終ホール。つい先日も記者会見で、自分はときどき馬鹿な間違いをする、あの最終ホールの2打目もウェッジでフェアウェイに出すべきだったと言って記者達の笑いを誘っていた。

ちなみに、ミケルソンの記者会見はいつもおもしろい。ウィットに富み、ジョークが上手い。頭の回転が速い人だ。

今週NBCの解説者ジョニー・ミラーが言っていたが、ミケルソンはスピンを少なくするためロフトがないドライバーを使い(5.5度と人に聞いたが正確な情報か不明)、ボールを揚がらせるためアドレスで左肩を下げてスイングしていた。ゆえにショットが不安定だったという。

この新しいドライバー、RAZR Fit Xtremeはロフト9.5度でスピンレートが低く、よってスイングを細工せずに振れる。

急遽ブッチ・ハーマンに飛んできてもらい、その練習風景がゴルフチャンネルで写されていたが、ミケルソンのレベルも、アベレージアマチュアのレベルも、両肩をボールを軸にしてターンするように直されるのは同じなのだと非常に興味深く、一種感激するものがあった。

ラウンド後のインタビューで、「非常にナーバスになっていたから・・・云々」

なぜナーバスになっていたのかと聞かれ、「長いこと優勝していなかったらね。」

およそ1年前のペブルビーチ・プロアマで勝って以来だ。(来週)

タイガーとミケルソンはコースでの態度が正反対。ミケルソンは同伴プレーヤーの好プレーに大っぴらにジェスチャーで誉め、ギャラリーに親指を上げ、ロープに並ぶファンに触る。

ラウンド後のサインは、呆れるほど長い。

人というのはおかしなもので、そういった面が好きな人は大ミケルソンファンになり、それが鼻につくという人は何から何まで嫌いになる。

日本人には理解しがたいところかも知れないが、アンチタイガーファンはえてしてミケルソンファンで、逆もしかり。

タイガーもミケルソンも、この16,7年プロゴルフ界の人気を支えてきた巨人だと思う。両者、その才能とゴルフへの熱情、人気とも群を抜いている。

今シーズン始まって早々と両タイクンが優勝したということで、ますます楽しみだ。

Phoenixopen_sun_7thpar3_birdie Phoenixopen_sun_philsnedeker_7thpar Phoenixopen_sun_phil_18thgreen

7番パー3。グリーン右端にあるボールから右に食い込んだエッジぎりぎりのライン、長い上り、リッジ越えのパットを入れて予想外のバーディ(画像左)。そのあとバーディを入れたスネディカーとタッチするミケルソン(中)。18番グリーン、ギャラリーに応える。

リーダーボード

*            *           *

ゴルフ中継が終わり小1時間してNFLのスーパーボールが始まった。カリフォルニアのチームである49ersが精彩がないので寝こけてしまった。(爆)

途中で30分もスタジアムが停電するアホらしさ。危ない。開発途上国じゃあるまいし考えられない。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ