« アブ・ダビHSBC、落胆の1ラウンド目(笑) | トップページ | 今週はファーマーズインシュアランス・オープン »

アブ・ダビHSBC2日目予期せぬ展開

昨日は22℃になったと書いたと思うが、今日は午前中から背中がジリジリするような陽射しと気温。1時ごろで25.5℃まで上りました。

いや~~~~、嬉しい嬉しい。風邪ももう峠は越した感じなので近所の郵便局まで運動代わりに歩いたら頭がカンカンしてきた。

声が相変わらずダメで、ほぼ会話出来ないので不自由でしょうがない。

*

日本は何時に中継があったのか知らないが、もし録画してこれから見ようと思っている人は、ここは読まないで下さい。

激動の2ラウンド目でした。

そりゃタイガーが出ているのだからライブ放送で見たい。

ロスの真夜中から。

マックロイもタイガーも2ラウンド目で持ち直して、マックロイも予選通過するだろうと予想していた。やはり才能が違うから。

タイガーは近年開けてみるまで分かりませんのゴルファーになったので、どんな予想もしなかった。

1番ホール410Y。マックロイは昨日よりずっと良いスイングをしているように見える。タイガーのみ3Wでティーショット。右ラフ。2打目はせいぜいショートアイアンだったろうが、これも右に飛んでグリーン右ラフ。

レポーターの一人が運が悪いと言っていたが、ライが良くない。チップはクラブがボールの下をくぐり大ショート。パット入れられずボギースタート・・・とまるで素人ようなミス。

こういう光景は見たことある。何でもないところからミスを重ね安易にボギーを出す。

嫌~~~~~な予感。

2番600Y。タイガー、ドライバーのティーショットが右ラフ。セカンド、クラブを変えたが5Wか、これも右ラフ。ボールが全く見えず、かなりきついラフ。バミューダグラスがクラブにまとわりつく。ショートしてフロントバンカー。

バンカーショットは良くないが、まあまあ。パーパット外して、パー5でボギー。

このホールもタイガーのゴルフIQはどこへ行ったのかというひどさ。ティーショットでフェアウェイを外したら、次のショットの優先順位はまずフェアウェイに戻すことだろうが、こう次々にミスしたらボギーも当然の報い。

このころ、イタリアの星19歳マテオ・マナセーロが今日68でホールアウト、トータル4アンダー。

3番セカンドがグリーンオーバーしたがパーセーブ。

4番パー3はフェードを打つスイングは良いように見えたが、大きすぎて奥バンカー。ここまでまだ一度もレギュレーションでオンしていない。ボギー。

最初の4ホールでボギー3つ、トータル3オーバー。

イーブンパーでスタートして、アンダーにするどころか逆行が止らない。

5番469Y。ローリーは左ラフ、タイガーは右の木があるエリア。まともなゴルフしているのはカイマーだけだ。

Abudhabi_2ndr_tiger_5thhole  Abudhabi_2ndr_tigerkaymer_5thhole

ボールが砂地にもぐって自分のものか確認出来ないというので、同組のカイマーを呼んでボールを掘り出して確認。

 

そこから左にチップで出して、結局ボギーにする。このホール、3人全員ボギー。タイガーが4オーバー、マックロイが5オーバーと悲惨というかみっともないというか、ほかのプレーヤーが写るたび、彼らは同じコースをプレーしているのだろうかと不思議になる。

7番194Y。タイガーはウェッジやショートアイアンでグリーンを逃すのに、ロングアイアンはめったにミスしない。池越えのこのホールもフロントエッジにランド、ピン後方7フィートに止る。キャディーと笑顔になっていたが、このバーディパットを外す。

ショックーーーーーーッ

マックロイはまたボギーでついに6オーバー。わたしはタイガーのスコアが3オーバー、4オーバーになっても予選通過するスコアにはもってくると信じて疑わなかったが、ここらでマックロイはやはりダメかもと感じる。

8番パー5、タイガーは2打目を右の大きなバンカーに入れボールからグリーンまで距離があり、バンカーからピンまでいくらも距離がないという難しい状況で、高いバンカーショットを打ちピン後方3フィートにつける。バーディ。前のホールといい、このホールといい、流れが変わってきた観がある。

・・・と思ったら、11番で5Wのティーショットが天ぷら。昨日のドライバーでの100Yティーショットのあとも、下を向いてがっくりのボディーラングエージだったが、このあとも自分にむかついたような苦い表情。そりゃそーだ。

このあと14番パー4、15番パー3、16番パー4で3連続バーディ。やっと振り出しのイーブンパーに戻す。あ~~~~見てるほうも疲れる。

14番はセカンド236Yもあって、ピンハイ右に打ったが、あれは多分3番アイアンでしょ。ロングアイアンはいまだにツァー一番なんだけどねー。

さすがタイガー、これだからタイガーを見るのはやめられない・・・と礼賛した途端、17番のティーショットはドライバーでスナップフック。

しかし、このホールはフェアウェイの右も左も池なのに、なんでみんなドライバー打つのかしら、長いのでしょうね。

ここも池に入らなくて運が良かった。カート道のさらに外側のウェイストエリア。セカンドで右ラフ、3打でオンしたが、長いパーパットを入れられずボギー。

しかし、予選カットラインは終始2オーバーだったから、このボギーでも1オーバー。最終ホールはパー5だから、バーディか悪くてもパーで予選通過は間違いないだろう・・・とTVレポーターも言っていた。

18番567Y、ドライバーは左ラフへ、打ったあとタイガーが顔をしかめる。3打目は136Yからピン下へかなりショート。バーディパットは良いラインだったが最後にカップの右横で止る。パー。

73、トータル1オーバーで2日間ひどいゴルフだったものの予選通過は確実。週末は1日1日、良くなっているだろう、少なくともタイガーのゴルフが見られる。

Abudhabi_2ndr_tiger_5thhole_illegal

ホールアウト後、ほどなく5番ホールのドロップがルール違反、よって誤所からのプレーとなり2打罰。このホールはトリプルでスコア75。トータル3オーバーで予選落ちという報告で、TVブースの中のアナウンサー、レポーターもショックが隠しきれない様子。

なおこのルール違反に関する説明が早くもUSGAサイトのルールに載っていた。タイトルがおかしい。

scissorsOur Experts Exlain

タイガーはこのルール違反に関して11番のティーショットを打ったあと、ルールオフィシャルから知らされたそうである。

Abudhabi_2ndr_tiger_finishinground

ゆえに、18番ホールでバーディに出来なかった時点で予選落ちすることは分かっていたのだ。あとで考えたら、ホールアウトしてギャラリーに帽子をとり、謝意を示すとき全く笑顔がなかったのが納得出来る。

私見では、5番ホールの処置は全面的にタイガーの落ち度だと思う。ルールオフィシャルを呼ぶべきだった。

知る限り、タイガーがプロ入りしてルール抵触したことは一度もないと思う。毎ショット、毎パット、TVに写されるタイガーだ。

わたしは興味深く思った。ゴルフというのは、油断すると足元を掬われる。何十年の経験者も、何十勝のレジェンドも、一瞬の油断で考えられないミスをする。

良い勉強になったろう。

もう一つの見方は、タイガーたるもの、予選通過ギリギリの線をさまよっているから2打罰が決定的な差になってしまうのだ。カイマーのように4アンダーだったら、2打罰で2アンダーでもまだ週末の目はある。

ゴルファーというのは過ぎたことは忘れるものだ。プライベートジェットですぐに発ったというが、既にサンディエゴへの準備にかかっているだろう。

鳴り物入りのタイガーとマックロイのシーズンデビューだったが、誰も夢想だにしなかった展開で両者予選落ちとなった。何とドラマチックな。(笑)

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« アブ・ダビHSBC、落胆の1ラウンド目(笑) | トップページ | 今週はファーマーズインシュアランス・オープン »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アブ・ダビHSBC、落胆の1ラウンド目(笑) | トップページ | 今週はファーマーズインシュアランス・オープン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ