« 霧のランチョ後半/16ラウンド目 | トップページ | 冬は欲たれない »

全クラブを同じリズムで・・という説

さっき車に物を取りに外へ出たら寒くて心臓まで冷気が届きそうだった。

家に入って外気温を調べると13℃。13℃ってこんなに寒かったっけ?

日本のゴルフブログを読むと、もうすさまじい。いでたちからして、ダウンジャケットやダウンベスト、モコモコのレッグウォーマーとニットの帽子に耳当て。ほとんどそうまでしてゴルフせんでもという世界。

2℃でそれほど寒くなかったと書いている人もいた。ポーラベアだ。

察するに年代なのだろう。元気が良い人達は20代か30ちょっと過ぎのようだ。(服装と髪型から推測すると)

*

昨日見つけたブログ。九州在住のティーチングプロの男性で、どのクラブも同じリズムで振ることを推奨しておられた。

これはよく言われることで別に目新しくないのだけど、彼はそれが完璧に出来ている。

レッスンDVDのために撮影したドライバーとアイアンのスイングを、2つ映像を重ねたもの。本人もあまりの(シンクロの)見事さに、驚いたそうだ。

それから別項で、リズムは人それぞれで、何事もせっかちで早口、歩くのも早い人はスイングリズムも早くて構わない、のんびりして何でもゆっくりする人はスイングリズムもゆっくりになると書かれていた。

これは超高速テークバックで有名なニック・プライスも同じことを言っていた。

*

わたしのスイングの最大の欠点は、テークバック高速、ダウンスイング高速でボールを見ろと言われても見る間がないように早すぎること。

全クラブを同じリズムで、ということになれば、わたしが唯一ゆっくりスイング出来るのはパターだ。

それで今夕練習場へ行って試したのは、テークバックをパットする時のようにゆっくり始めること。いやパットする時のようにではなく、パットのつもりでテークバックする。

パットのつもりでテークバックするとボールをよく見ていられる。それからボールを真上から見ていることに気がついた。(じゃあ今までボールをどこから見てたんだろう?coldsweats01

パットのつもりでテークバックする、つまりゆっくりスイングになるということで、これで頑張ってみよう。

今日は最少の球数でショートアイアンのみ。

*

それとは関係ないことを探していて偶然見つけたトム・カイトのスイングレッスン。言語は英語ですが、下に出てくる訳が中国語です。

カイトが若いからかなり昔のものでしょう。良いスイングしてますねー。

“How to swing your golf club”

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 霧のランチョ後半/16ラウンド目 | トップページ | 冬は欲たれない »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧のランチョ後半/16ラウンド目 | トップページ | 冬は欲たれない »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ