« メリー版ゴルフ界10大ニュースその3/2012年 | トップページ | 汗かいた18ラウンド目/2012年 »

メリー版ゴルフ界10大ニュースその4/2012年

天気予報じゃあそんなことは言ってなかったが、昨日早暁雨音で目が覚めるほどの強い雨が降った。雨量が多かったのかランチョの練習場は終日クローズ。パットの練習に行った。

今日は今日とて、誰かがドアをこじ開けようとしているのかと思うような強風。今週末も雨の予報。ロスアンゼルスといえども中々ゴルフ日和がないこの頃。

<10大ニューストップ4>

近年無かったことなので、やはりローリー・マックロイのメジャーを含むPGA4勝、ヨーロッパツァー最終戦での優勝という活躍を挙げたい。

最近ゴルフメディアもゴルフファンも、どんどん視野が短期になっていると思う。

例えばマックロイにしたって、3月のホンダ・クラシックに勝ったときは、今季のメジャー全てで優勝争いするだろうと煽られたが、マスターズで40位タイ、プレーヤーズ・チャンピュンシップ(5月)、メモリアル・トーナメント(6月)、全米オープンで予選落ち。全英では60位タイ。

今度はスランプと決めつけられ、果ては成功に驕っただの、世界トップテニスプレーヤーのガールフレンドと行動を共にしすぎだの、言いたい放題だ。

どの試合だったか忘れたが、ドライビングレンジでコーチがマックロイのバックスイングの軌道を修正しているところがTVに写った。試合の週にそんなことを直されているようじゃあ・・・と思ったが、スイングもショットも1日毎に良くなって結局優勝した。

それがマックロイの才能と強さと思う。

タイガーが優勝から遠ざかっていた2年、多数回優勝するプレーヤーが出ていなかった。マックロイのPGA4勝、ヨーロッパツァー1勝は素晴らしいシーズンだったことは確かだが、わたしは過去の多数優勝者を調べていてあきれ返った。

記憶しているVJ・シンの強さ。2003年4勝、2004年9勝(PGAチャンピョンシップ含む)、2005年4勝。

彼は63年2月生まれなので、上記は全部40歳過ぎての記録。

タイガーの話を出すともう切りがない。複数回優勝の年だけあげてみる。

97年3勝、99年8勝(訂正)、2000年9勝(御存知メジャー3勝)、2001年から2003年まで各5勝、2005年6勝、2006年8勝、2007年7勝、2008年4勝(膝の故障及び全米オープン後の手術で7試合しか出場していない)、2009年6勝(訂正coldsweats01)。もちろんヨーロッパツァー、アジアツァー、ジャパンツァーは含まず。

キチガイ沙汰の数字だ。(笑)

マックロイがタイガーと比べられたくないと言うのも肯ける。

しかし、彼は未知数のおもしろさがある。23歳は23歳だ。この先20有余年のキャリア。見ものですね。

Mcilroy_racetodubaieuropeantourgolf

最終戦ドバイで優勝。ヨーロッパツァー・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー。世界ランキングも次位に大きな差でナンバー1。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« メリー版ゴルフ界10大ニュースその3/2012年 | トップページ | 汗かいた18ラウンド目/2012年 »

ゴルフ」カテゴリの記事

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メリー版ゴルフ界10大ニュースその3/2012年 | トップページ | 汗かいた18ラウンド目/2012年 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ