« 冬は欲たれない | トップページ | 14年ぶりのロデオ・ドライブ »

わたしを見ないでー!

前回の更新でオレゴン州ポートランド郊外のショッピングモールでの無差別銃撃のことを書いたが、同じ週の金曜日に東部のコネチカット州でスクール・シューティングがあった。(学校での無差別銃撃を “school shooting” という)

昨日はショックで何をしても気もそぞろだった。1日中ニュースを見ていて落ち込んできたのでゴルフチャンネルに変えてみたが、ゴルフ中継も頭に入ってこず1,2分でやめた。

日本でも大きく報道されたと思うし、ここでは書かないでおく。

*

わたしのゴルフの話。

まだしつこく、「飛ぶドライバー」はないかと探しているが、とりあえず、冬のゴルフ(or 地面が濡れて転がらない日のゴルフ)用に、うんと簡単で(←そんなドライバーはありゃあせんって)、ロフトがあってキャリーが出る(スイング次第でしょーよ)ドライバーはないかといつものゴルフショップへ行った。

デモクラブや下取りのレディースクラブが入っている樽を見回す。

ちょっと惹かれていたキャラウェイのRAZRを、(現ドライバー)テーラーメイドSuperfastと比べた。RAZRのほうが短くて重い。グリップに近いほうを人差し指と親指でつまんで持ったり、逆さにしてヘッド近くのシャフトをつまんで持ったり、まあ色々して比べるんだけど(笑)、どっちが重いかぐらい分かる。

中古は選ぶほどの本数さえ無いと、新しいクラブが並んでいる棚を見る。

レディースのドライバーは棚がたった1つしかなくて、ドライバーは上から3段のみ。いかにクラブメーカー&小売店がレディースクラブに不熱心か分かろうというもの。

もうこれだけでわたしはムッとする。

キャラウェイのRAZR blackというのがたった170ドルで、もう型落ちになるので値下げしているのか、それにしてもドライバーにしては安すぎる。

「何か質問ありますか?」と聞いてきた店員のお兄ちゃんに、

「このドライバーは何でこんなに安いの?」

店員「このドライバーは調節出来ないからです。キャラウェイ派ですか?」

メリー「いや、ウッドは全部テーラーメイドなんだけど・・」

店員「こっちのドライバーだと(下の段のテーラーメイド、ロケットボールズを指す)、このネジで調節出来るのです。こっちに回すと13.5度になるし。」

メリー「あーそうなの?」

店員「こっちの(キャラ、RAZR black)は、ゲーム・インプルーブメント・クラブですね。」

(ゴルフ雑誌の創作か、初心者や下級者向きの易しいとされるクラブをゲーム・インプルーブメント・クラブと称す。ここ数年で使われだしたと思う)

何を、意味も分からず受け売りのフレーズ使ってるんだ?馬鹿たれが。

上手いゴルファーは、ロフト角やらフェース角やら調節せずとも、ストレート、フェード、ドローが打てるし、ティーの高さを変えて弾道を打ち分けられるんだ。

いちいち、カチャカチャとネックのネジを回して変えねば打てないほうが下手だろう。

このお兄ちゃんは比較的最近入っていたヤツだが、かねて見下したような目で人を見るから気に食わん。

ゲーム・インプルーブメントクラブなんてことはキャラウェイは言ってないぞ。

運動系だからゴルフショップに就職したのか、ちょっと話してもとてもゴルフを知っているとは思えない。ゴルフする店員は、クラブの話してもコースの話してもレベルを越えて共感する。

仕事変えろ。

ということで、やっぱり見つからない。こう体力、ゴルフ力落ちてるのにお金の無駄かとも思うが、来年新発売のドライバーが出てきたらまた考えよーっと。

*

今日は終日寒かった。ピーカンの晴天で、こうまで気温が上らないのも珍しい。

日中でも寒いから練習はやめようと思ったが、このまま家に帰るのももったいないと(何が?)、ショップのあとランチョに行って練習。

20数人ぐらいしかいなかった。女はわたし一人happy01。クリスマス前は女の人はショッピングで忙しいのだわね。

PWから8番までと9番ウッド持参。

パターのつもりでゆっくりテークバックと、アドレスでアゴを沈めないことと、トップの位置で右ヒップを一押し回すことと、両腕とクラブを自分の体の前を通してから右足を上げることを気をつけた。(爆)

7,8球打った辺りで、1球良い球が打てた。近年めずらしきこと。

そーしたら・・・・、

後ろの打席のオジサンが・・・・・、

わたしの打席真後ろにあるベンチに座り・・・・・・、

ショットを眺めだした!

もーいやぁだぁあああああああ。

わたしは眺めるほど上手じゃないのだから・・・・・、

練習場でさえまともに当たらなかったが、今日たまたまちょっと当たっただけで・・・・、

頼むよー・・・・・・見ないでよぉおおおおおお。

見るからに人の善さそうな人相のアジア人男性で、わたしは「緊張するから真後ろで見ないで下さい」とはとても言えなかった。

2球ほど見て、自分の打席に戻って打ち始めた。横目で見るも、ミスなく打ってるじゃないのぉー。わたしよりよっぽど上手いでしょ?

わたし、最後の20球ほどになって、SWで打ち始めた。

男性、また後ろのベンチで座って眺めだす。

25ヤードぐらいのチップするつもりで、シャンクして目の前の隔壁に激突!

「ぎゃーっはっはっはっは」←メリー

男性も、アハハハハと笑う。

笑顔がまた善人そのもの。彼は良いご主人、良いお父さんに違いない。

メリー「あなたが見てたからよー。わたしナーバスになっちゃって!」

打ち終わって、あなたが打っていたドライバーは何ですかと聞いたら、本間だそうだ。金色のクラウン。

メリー「あー本間。高いんでしょう?」(日本人主婦丸出し)(爆)

クラブを差し出して、打ってみてと薦める。「もう1本のほうはセイコーSヤード。両方打ってみて」と熱心におっしゃる。

「いいえ、ほんとに結構です。でも薦めてくれてあなたはナイスな方ですね。」

わたしはドライバーで20cm手前のマットや地面をこすったりすることは珍しくないゴルファーなのに、人様のドライバーなんか打てようか。

こういう善い人もいるのだ。世の中捨てたもんじゃない。(^-^)v

*              *             *

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 冬は欲たれない | トップページ | 14年ぶりのロデオ・ドライブ »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬は欲たれない | トップページ | 14年ぶりのロデオ・ドライブ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ