« サンドウェッジ MP-T11 使い心地 | トップページ | ツァー情報10月 »

新罵詈雑言/ゴルフの「うそ」

よく言われることのなかで、「うそ」だと思うこと。

<我流スイング>ツァープレーヤーの場合

ゴルフ中継でプロの誰々は一度もコーチについたことがなく、自分だけで会得したスイングとあたかもそれが立派なことのように言うが、これは「うそ」だと思う。

高名なコーチにはついたことがない、あるいは特にレッスンフィーを払って教えてもらったことはない・・かも知れないが、ゴルフは周りの誰かがやっていたから始めたはず。

お父さん、お爺ちゃんが多いだろう。

ジュニアゴルファー、大学ゴルフ部、テレビにビデオにフィッティング機器。

ゴルフ黎明期じゃあるまいし、我流スイングは「うそ」だ。

*

<入れにいったので3パットした>素人の場合

これは最も信じ難い理屈と思う。こんな屁理屈は「うそ」だ。

第一に、パットは入るか入らないかだ。

第二に、パットは入れにいくものである。

第三に、パットはラインとスピードだ。セカンドパットを入れられないような場所や距離に打つのはラインとスピードが正しくなかったからだ。アグレッシブに入れにいった当然の帰結ではない。

ついでに言うなら、「入れにいったので3パットになった」とは何たる貧相な言い訳だろう。

*

<ゴルフは飛距離じゃない>

「大うそ」だ。

プロの場合。ザック・ジョンソンやグレーム・マクドーウェルが、長いパー4のセカンドをハイブリッドやフェアウェイウッドで打つのを見たら、ゴルフは飛距離ということが明確だ。彼らは飛距離以外の分野で優れているからメジャーを勝ったのだ。

素人の場合。「ゴルフは飛距離じゃない」と言いたがるゴルファーに飛距離のしょぼい人はいない。

ゴルフはティーショットで飛距離を出し、フェアウェイをキープして、ウェッジをピンに打ち、パットを入れるという難しいスポーツなのだ。

*

<スランプ>素人の場合

スランプは「うそ」というより存在しないが正しい。

安定して好調な期間が続いたあと不調に陥ることがスランプだろう。

週に2,3回練習するのがやっとの素人ゴルファーは一定のゴルフ力を維持出来ないだけだ。

スランプと称するのはおこがましい。

*            *            *

見たことがあるかも知れませんが(自分がアップしたかもcoldsweats01)、稀なビデオ。BBC放送の「ワンクラブ・チャレンジ」 テレビをベータで録画、それから落としたもので画像が悪いです。

出場者はセベ・バレステロス、リー・トレビノ、青木功、ニック・ファルドー。セベは5番アイアンらしい。1984年、彼が全英オープンに勝った年。そのあとの夏か秋かだろう。途中オープンでの12番ホールが出てくる。(セベは白いゴルフシャツ)

チームプレーでセベとトレビノが組んでいる。セベ、33歳。若くて笑顔がキュートですね。(涙)

こういうイベントをやればいいのにと思うが、今の若いゴルファーはこんな才能はなかろう。

グリーン周りからのチップはヒールを浮かせてトウ寄りで打ち、パットではクラブフェースのうんと下、トップするように打っている。青木さんもポットバンカーから横向きに上手く出していますね。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« サンドウェッジ MP-T11 使い心地 | トップページ | ツァー情報10月 »

ゴルフ」カテゴリの記事

罵詈雑言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンドウェッジ MP-T11 使い心地 | トップページ | ツァー情報10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ