« 暑いっ! | トップページ | わたしのゴルフも秋風が »

全英女子オープン終了/これぞリンクスゴルフ

全英女子オープンはスタート時、Ladies' British Open と呼んでいたそうで当時はイギリスに女子プロは数えるほどしかいなかったそうだ。

84年の全英女子オープンに、岡本綾子さんが記録の11打差をつけて優勝。翌年はアメリカのべッツィー・キング、その翌年の86年はイギリスのローラ・デービスが勝ち、フィールドの層も厚くなっていったのが分かる。

2001年から女子のメジャーチャンピョンシップになったが、その前もその後も優勝者は錚々たるメンバー。

同じコースで開催していた時期もあるが、近年は全英オープン開催の一級コースを使ってより興味深くなった。

2007年からは我が日本のリコー社がスポンサーになり、2016年まで契約更新したと聞きました。

メジャーになった頃は、えーこれがメジャー?という声もあったがトーナメントというのはだんだん格が出てくるものだと思う。

*

と前置きが長くなったが、金曜日が強風で競技中止になり、異例の日曜日36ホールプレーの決勝になった。

しかし、昔は全米オープンは男女とも最終日に36ホール回っていたのでしょ。どうってことないはず・・・と思ったが、何と過酷な悪天候になった。

朝の3ラウンド目はTV中継がなかったが、スコアボードを見るに、アンダーパーなら上出来のコンディションなのだろうと予想した。カーリー・ウェブがローウェストスコアの68。ほかに4人が71を出したのみ。

第4ラウンドはジーエイ・シンの10アンダー、カーリー・ウェブの7アンダー、インビー・パクの4アンダー、宮里美香の3アンダーでスタート。

しかし、シンの優勝は堅いと思っていた。

最終組がティーオフする時間が一番酷いコンディションだったそうだ。

出だしをドリプルボギーにしてキャディーのほうへ歩く時、シンがにこにこしているのには流石に驚いた。記者会見で誰もその時の心境を聞かなかったのは残念。

1番ホールはよほど風が強かったのだろう、下半身どっしり型、スイングテンポもゆっくりで安定しているシンもインビー・パクもスイングが乱れてラフに打ち込んだ。

リンクスコースは木が少ないし、TV中継のカメラアングルは意外と風の強さが伝わらないものだ。今日もギャラリーが傘を横に差し、体を小さくして風をやり過ごす姿を見て、その酷さが分かった。

TVに写るプレーヤーでは悪いゴルフをしている人はいなかったように思う。コンディションがあまりにタフ。またショットを打った瞬間に風が変わることもある。78や79は悪いスコアでなかった。

(普段なら・・?)ブータレたり、クラブを地面に叩きつけるタイプのプレーヤー達も休みなしの試練にミスショットで気落ちすることさえ許されない。

これこそゴルフだ。暖かい快晴のもと、320ヤードのドライバーを打ち、ウェッジでピンを攻め、6連続バーディだの7連続バーディにするのはゴルフじゃない。(笑) そういうのはコンピューターのゴルフゲームだ。

女子のゴルフは退屈だの、おもしろくないだの言うヤツは、今日こそ見るべきだった。

それからアジア人ばかり勝って、テレビを見る気がしなくなったという人達も、今日の中継を見たら、なにジンもかにジンもない、ゴルフはコースとの闘いで、それがいかに素晴らしいかわかったはず。

ジーエイ・シンのパーフォーマンスは言うに及ばず、9打も差をつけられたインビー・パクもシンに引けをとらないショートゲームとパッティングでタダモノではないプレーヤーだった。

美香さんのショートゲーム、あんなに上手い人とは知らなかった。最後はパットで差がついた印象を受けたが、パットがショートしていたからエネルギー切れだったのかも知れない。誰が責められようか。

Britishopen_sun_creamer_coldness Britishopen_sun_creamer_birdie18th_

それから先週9ホールに及んだプレーオフで、弱点のパットがそのまま出てシンに負けたポーラ・クリーマー。今日も短いパットを何度も外しながら、72・72を出したゴルフ力と根性。(画像右、18番で長いバーディパットを入れ、嬉しそうなクリーマー)

Britishopen_sun_webb

カーリー・ウェブとシンの差はパットだったと思う。第4ラウンドも9ホール、10ホールまで何度も素晴らしいスイングをし、良いアイアンショットを打っていた。良い位置につけてもパットが入らない。それがとうとうバック9で崩れだした理由と感じる。

彼女のスイングは素晴らしい。あのドライバーのスイング、アイアンのスイング、ラフからのウェッジのスイング。ぴかイチですなぁ。

Britishopen_sun_ai_3rdround

藍ちゃんは第4ラウンドはあまり写らなかったように思うが、最初の18ホールは73と良いスコアなので、体力切れで午後は体が回らなかったのかも知れない。無茶可愛い帽子。顔も可愛いが。(笑)

Britishopen_sun_shinflorianrodrigue Britishopen_sun_shin3rdshot18th

シンの新しいキャディーはフロリアン・ロドリゲスという名前。何と24歳のシンより年下だそうだ。初めて会ったのは7月のエビアン・マスターズ。先週からシンのバッグを担ぎ始め2戦2勝。何とラッキーなキャディーだろう。(画像右、18番3打目のシン。かなり暗い。よく終わったものだと思う)

先日も書いたが、シンは番手選択からコースマネージメントと自分の責任でやっているように見受ける。このキャディーの良い点は自分をリラックスさせてくれるところだそうだ。

ということで、久しぶりに見ごたえある女子メジャーだった。本物のリンクスコースはおもしろい。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« 暑いっ! | トップページ | わたしのゴルフも秋風が »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑いっ! | トップページ | わたしのゴルフも秋風が »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ