« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 肋骨が痛い(呆れ) »

ドイッチェバンク・チャンピョンシップ終了

昨日娘が急にゴルフをしようと言うもので、近所にナイターゴルフに行った。久しぶりに18ホール歩きで回り、睡魔抗いがたく寝てしまった。

FedExプレーオフシリーズは、PGAチャンピョンシップが終わったあと、ゴルフ中継の視聴率が取れないのでPGA理事トム・フィンチェムが考えた苦肉の策。良いシステムとも思えなかったが、毎年ポイントシステムやフォームが改善された。

近年、殊にトッププレーヤー達は賞金のために多数の試合に出る必要がないのと、他ツァーにアピアランスマネーを貰って出場することなどにより、メジャー4試合、WGCの試合以外に揃って出場する試合がない。

例えば上記の試合以外で、タイガーとミケルソン両方とも出場する試合が幾つあったろう。

このプレーオフシリーズはPGAツァーメンバーになっている限り出場資格があり、ヨーロッパツァーからローリー・マックロイやリー・ウェストウッドも参加することになって更におもしろくなった。世界のトッププロが4週間出場する。

*

第2戦目のドイッチェバンク・チャンピョンシップで、フェデックスポイントの上位70位までが次に進める。バッバ・ワトソンのようにこれで予選落ちしても、これまでのフェデックスポイントが高ければ、70位以内が維持出来る。(彼は現在10位)

ということで、最終日はウーストハイゼン19アンダー、マックロイ16アンダー、タイガーとダスティン・ジョンソンが13アンダーでスタート。

わたしの素人予想では、22アンダーには行くと思った。過去2回、22アンダーの優勝スコアが出ている。

タイガーは9アンダーを出す必要がある。出ないスコアではないと思うが彼のパットゆえ無理と思った。(初日の64も、62を出せたゴルフだった)

ラウンド後のインタビューでのタイガー。17ホール終了で20アンダーにするのが目標だったそうだ。それで最終ホールでバーディ狙いにするか、イーグル狙いにするかのオプションにする。少なくともプレーオフに行くチャンスはあると考えたそうだ。

うーん、惜しかった。

17番ホールでマックロイとウーストハイゼンが予想外の悪いプレーで両者ボギー。20アンダーと19アンダーに落とす。

最終日のタイガーは良いゴルフをした。初日と2日目にスコアを出しても週末は「叩く」と言われたタイガー。調べてみるとPGAチャンピョンシップと先週のバークレーズと2試合続いた。その前のWGCブリジストンでは週末60台、優勝したAT&Tナショナルも60台だ。

タイガー・ウッズでいるのも楽じゃない。何でも誇張して報道され、批評される。土曜日にオーバーパーを叩くなどプロ人生の終わりなのだ。(笑)

*

最後はパットだと言ってしまえばおしまいだが、マックロイは今週パットで勝ち、タイガーが勝てなかった最大の理由はパットだろう。

マックロイ、先週のバークレーズではパットで得たストロークで75位、ワンパット数69位タイ、ラウンド平均パット数で69位タイ。ほとんど予選通過者のフィールドでドベでしょう。

今週同じスタティスティックが、2位、1位、1位。

最終日のタイガー、このぐらい入れないとどの試合も勝てません・・というパットが3つあったと思う。

Deutschebank_mon_5thgreen 

3番201Y、バンカー背後のピンへ9フィートに打ったとき。12番461Y、セカンド167Yからピン左7,8フィート。このパットもスピード足りず。17番421Y、セカンド147Yから10フィートへ。これはひどいパットだった。カップに触りもせず。

スローの再生を流したが、パターフェースがインパクトでピヨンと動いていた。( ̄□ ̄;

ショートパットは200%の進歩。(笑) 特に最終日は5フィート以内を一度も逃さなかった。去年も今年もこの距離のパットを外すのではないかとヒヤヒヤして見ていたのだから信じられない話だ。

Deutschebank_mon_tigerdj_to4thhole 

ドライバーショットは格段に良くなった。TVはしまいにティーショットを写さなくなったが、セカンドがいつもフェアウェイからで距離も出ていた。同組で回ったダスティン・ジョンソンが今週飛距離1位で平均316Y。タイガーは313.6Yで3位。フェアウェイキープ率71.4%(15位タイ)。飛距離2位はロバート・ガリガスの315Y(彼はフェアウェイキープ率が悪い)

 Deutschebank_mon_tiger_chip7thhole Deutschebank_mon_tiger_7th 

最終日のタイガー、ショートゲームはノーミス。解説のジョニー・ミラー、「タイガーほどグリーン周りからのショットの種類を持っているプレーヤーはいない」と絶賛。画像は7番585Y、グリーン右ラフ、下り傾斜からのチップ。カップインしそうに見えたがカップ下を転がった。

ドローショットだけども、ティーショットのドローは打っていたようだ。ティーショットを写さないことも多かったので何ホールでドローを打ったか不明だが、12番では3Wで少しドロー。

Deutschebank_mon_tiger_8thteeshot アイアンはドローでピンへ打てたホールは無かったのでは・・?8番210Y、7番アイアンで。ピン左下にランド、バウンスして左奥ラフへ。ドローでインパクトのあと、もう一押しクィッと肩を左に回したが、あれで左過ぎたのか・・・?

ということで2打及ばずの惜しい3位だったが、強いタイガーにあと少しのところのゴルフまで来ていると感じる。今年3勝してこの表現もおかしいが、このあと少しを乗り越えればタイガーロアでコースに地響きがする日が来ると思う。

*

ウーストハイゼンは3日目、17番のティーショットで右胸の腕の付け根辺りを痛め、最終日のたびたび胸を押したり腕を回したりしていた。

チーピンフックやスライスやおそらくその影響もあったろうと思う。大したことがなければいいが、いずれ素晴らしいスイングの良いプレーヤーです。

マックロイはいろいろなところで昔のタイガーを思い出させる。24,5歳までのタイガーでしょうか。高い球でピンそばに止め、ショートゲームが上手いのでグリーンを外しても確実にパーセーブしてくる。コースに出ると怖さ知らず。アグレッシブに攻める。

タイガーほどの安定度がないのが違いか。今季PGA3勝目。うち1つがPGAチャンピョンシップというメジャー。この2年でメジャー各1勝だからタイガーを狙える位置のプレーヤーがついに出てきた。これから20数年で(!)マックロイが何を達成していくか、興味津津です。

たぶんタイガーの現役は目撃できると思うが(そう願いたい)、マックロイにいたっては自分は生きていられるか、ボケずにゴルフを見ているかの年月ですから、いやはや・・。

リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 肋骨が痛い(呆れ) »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ3日目終了 | トップページ | 肋骨が痛い(呆れ) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ