« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ終了 | トップページ | BMWチャンピョンシップ2ラウンド目終了 »

肋骨が痛い(呆れ)

ゴルフとはまったく関係ないことでちょっと肋骨というか、まあその周り一帯を(?)痛めていたが、腕を挙げて触ると痛いという程度で何をするにも支障がなかった。

娘が週末と祭日はエクササイズのクラスがないので、運動代わりにゴルフをしたがり、彼女はウォーキングでもゴルフでも一人で行こうとしないから、暗くなって涼しくなってならいいわよと行ったわけです。

練習バッグに数本入れて歩きで。

1番100Y。練習バッグに7番が入っていたのでそのまま持ってきて、軽ーくスイングのつもりだった。

テークバック、振り下ろす、インパクトでぎゅーんと加速。

する予定が、

うぎゃーーーー、アイタタタ。

心の声。別に悲鳴はあげなかったが、痛かったー。スイングの途中で左わき腹辺りを何かで叩かれたような気分で、グリーンにも届かなかった。

チップは何ともなかった。ちなみに最近のわたしのゴルフはチップだけが取り得。

次はパー4。「ねぇー青から打とうよ。」←わたし。「なんで?」←娘。「18ホール回る時はスコア提出するからさぁ、後ろから回るとコースレートが高くなってハンディキャップが低くなるんだ。」

娘「ギャハハハハハ。図々しいわね、ママは。」

わたし「どっちにしろ短いコースだから、後ろから打ってもスコアは変わらないよ。せいぜい1打か2打。」

娘「そうだよね。打つクラブを変えるだけだもんね。」

ふーむ、そういう風に考えたことはなかったが、それもそうだ。

ということで、短いコースとは言え、わたしは飛距離がないからパー4ではドライバー、パー3のホールでも7Wからドライバーを使う。

それで2番のティーショット、ドライバー。またアイタタタ。

痛いといっても、その瞬間だけで後までひかないから、恐怖心はない。しかし、スイングの途中で痛みが襲うからスイング軌道を維持するのが難しい。(笑)

娘や孫を回るときは(昨日孫は父親と留守番を選択)、スコアなど気にしていられないので、打っては歩き、打っては歩きでいいやと止める気は毛頭なかった。

途中で考え付いて、バストが特別大きい女性や超太っていてお腹が出ている人などを想定して(汗)、クラブを体から離し、左腕も脇に付けないでスイングするとマシでした。

娘「大丈夫?肋骨が折れてるかも知れないよー。」と言ったが、それにしちゃあ彼女のほうがやる気満々でフロント9を終わっても、疲れるまでやろうよとバック9へ。

どんどん手打ちになり、何を打ってもグリーンにショートする。

やっぱりスイングをチェックしないとと、バックスイングをクラブを見上げながら型をやってそれから打ったらようやく番手の距離が出てグリーンオン。

アメリカはレイバー・デーの3連休だったが、最後の月曜日は割りと空いていてフロント9はそれでもティーで待つので1時間40分、バック9は1時間で回った。

コースマーシャルがハーフ終わった時に、バック9も回るのかと聞くので(消灯時間までに)間に合いそうになかったら途中で戻るというと、知らせに来るからということだった。17番を終わって彼が来たが、全ホール回ったというとびっくりしていた。どうも女は遅いと思われているのか、このコースに来る女が遅いのか・・。(笑)

初心者や長いコースはまだちょっというゴルファーが来るコースなので、ラフをもっと短くしないと、みんなボール探しにうろうろ。

娘もラフばかり歩くから、夜露でスニーカーがずぶ濡れ。中まで水が染みてきたと言っていた。(呆れ)

歩きのときはスコアカードを持たず、あとで思い出してつけるが、昨夜はダブルボギーが2箇所あったし、思い出せるスコアじゃなかった。(爆)

ということで、今日は何をしてもイタタイタタと言っております。

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ終了 | トップページ | BMWチャンピョンシップ2ラウンド目終了 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイッチェバンク・チャンピョンシップ終了 | トップページ | BMWチャンピョンシップ2ラウンド目終了 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ