« チップショットの薀蓄・・・(^0^; | トップページ | アマチュアゴルファーの平均スイングスピード »

べスページ・ブラック余話と先週のツァー

日本から人が来ていて忙しく、先週のザ・バークレーズは金曜日は中継全て見たが、土曜日そこそこ、日曜日は朝のみ、タイガーが最初の数ホールでボギーとバーディーを繰り返すあたりまでしか見てない。

開催のべスページ・ブラックは、アメリカで最も好きなコース。直には見たこともないのが残念である。

べスページ・ブラックはニューヨーク州の州立コースであり、2002年に全米オープンが開催された時は画期的出来事と見なされた。誰でもプレー出来るわけだが、ニューヨーク州の住人以外がプレーする唯一の方法は、駐車場に徹夜で待ち、朝方になると順番券をもらい上手くすれば回れるというもの。

2002年の全米オープン以来、飛躍的に来る人が増えたのだろう。NY州住人でさえ1ヶ月に一度以上はプレー出来ない制限が出来たそうだ。

州外から空の旅でNY入り、あるいは周辺の州から交代で運転してブラックコースをラウンドしに来るという人達も多いようだ。

Barclays_bethpageblack

02年の全米開催の頃、ブラックコースにあるこのサインが有名になったが、サインを無視する人はどこにでもいる。

目撃者談によると、日本人4サムがスタートホールから4人ともラフに入れてボールが見つからず(実際すっぽり入るので非常に見つけにくいそうだ)、後続組をティーで詰まらせ、コースマーシャルがせかしたらしいが、3番ホール(パー3)で2,3組も待たせるにいたって、4人はプレーをやめさせられたそうだ。

あちらのほうに住んでいた日本人ゴルファーの話によると、ニュージャージーやニューヨークのパブリックコースはプレーペースにやかましく(それが当たり前だが)、守れないゴルファーには罰則が厳しいという。

わたしの推測だが、べスページ・ブラックコースはハンディキャップ4,5のゴルフ力は要るのじゃあるまいか。

一人だけ下手が混じっているのと、4人とも下手なのでは大違いだし、行けば何とかなるだろうと思うツァーリストゴルファーは少なくともボールを拾って先に進む割り切りがないと迷惑だ。

*

ニューヨークのゴルフファンは・・・ニューヨーク州開催といってもニューヨークの住人だけがギャラリーとは決まってないが、考えられないことをプレーヤーに言う。

2002年の全米オープンでは、ショットの前に10何回もワグルするガルシアに、

“Hit the damn ball!”という非情な声が飛んだ。(早く打てよー!)

あれにはガルシアの異常なワグルにいらいらしていた人達も同情した。品がないことこの上ない。

先週は、土曜日の午後、コースは乾きグリーンが異常に速くなった。全部で74個の3パットがあったそうだ。

Barclays_tiger_sat

タイガーは4回も3パットしていたが、ファーストパットが大きくカップを越したときや、セカンドパットを外したとき、ギャラリーから「また3パットだな」とか「(3パットの)予想は当たった」という声。ビール飲んで酔っ払っているのだろう、声が大きい。

日曜日はさらにひどかった。アメリカではゴルフチャンネルでタイガーのティーオフより前から中継が始まった。

タイガー、1番のティーショット、ドライバーで大きく左に曲げる。チーピンフックか。ボールはアイスクリームやレモネードを売っているスタンドの前。

Barclays_tiger_sun_1sthole

救済を受け、ボールをドロップ。ここからのセカンドを打つ前に、マーシャル達が何度もギャラリーに注意を促した。写真を撮らないでくれ、静かに、動かないでくれ。

にもかかわらず、クラブを上げた途端、ガシャガシャという大きなカメラのシャッター音。ボールはグリーン左手前ラフへ。タイガーは左前方のギャラリーに振り向いていたが時すでに遅し。

ラフからのチップもショート(これは責められないものがある。故意にショットを妨害されたのは明らかなのだから)、ボギースタート。

すぐ次でバーディにしては、また次にボギー。何とかイーブンパーでフロント9を終えていたが、そのあとバック9は見てないがティーショット、アプローチと全て崩れていったように思える。

Barclays_tiger_sun_off1stgreen

現地にいたゴルフ業界にいる人の話によると、土曜日はギャラリーで追い出されたのがかなりいたらしい。日曜日はさらに警官を増やし警備を厚くし、それでも12人かそこらは追い出されたそうだから、ニューヨークのギャラリーの行儀の悪さは相当なものだ。(画像は1番グリーンから2番ティーへ歩くタイガー)

*

Barclays_sun_watneygarcia_4thgreen Barclays_watney_birdie18th_sunday

というわけで、FedExプレーオフシリーズ第1戦、ザ・バークレーはニック・ワトニーが優勝。土曜日の彼とガルシアのプレーを見ていて、この二人のどちかが優勝すると思っていたが、18番グリーンでバーディは見事な勝ち方だった。

ザ・バークレーズ、リーダーボード

彼は今季不調で、この優勝でもライダーカップのポイントが30位。今週のドイッチェバンク・チャンピョンシップ終了後に4人のキャプテンピック(キャプテンが選手のポイントに関係なく選ぶ)が発表されるが、既にチームになった8人より以下の9位からはここ数ヶ月鳴かず飛ばずのプレーヤーもいるので、選択は頭が痛いところだろう。

ちなみに、ヨーロッパチームはキャプテンピックが2名。ホゼ・マリア・オラザバルがイアン・ポールターとニコラス・コルサーツを指名した。

なおプレーオフシリーズ第2戦、ドイッチェバンク・チャンピョンシップは金曜日が初日になる。(月曜日がレイバー・デーの祭日のため)

125人出場の第1戦から100人の出場者に振り落とされる。

*          *           *

Canadianwomensopen_lydiako_sunday

驚愕のアマチュア優勝は、LPGAカナダ女子オープンのリディア・コー。去年アレキサス・トンプソンが16歳で優勝したが、コーはLPGA最年少記録更新の15歳。

アマチュアのLPGA優勝は1969年のジョーアン・カーナー以来!カーナーはフロリダ州パームビーチの自宅でテレビを見ていたそうだ。

コーは今年、まだ14歳のとき、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ女子オープンというトーナメントに優勝。プロトーナメント優勝の最年少記録。

彼女は韓国生まれ、ゴルフの才能を見出され6歳でニュージーランドに移住。

20代はおばさんの時代になった観がある。(笑)

カナダ女子オープン、リーダーボード

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

« チップショットの薀蓄・・・(^0^; | トップページ | アマチュアゴルファーの平均スイングスピード »

プロツァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チップショットの薀蓄・・・(^0^; | トップページ | アマチュアゴルファーの平均スイングスピード »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ